インテル、若手2選手と新契約締結!2018.05.12 03:02 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは11日、U-19ベルギー代表MFシャン・エマーズ(18)とU-19イタリア代表DFダビデ・ベッテッラ(18)の2選手と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽2015年に母国のヘンクからインテルの下部組織に加入したエマーズ(写真)はトップチームデビューこそないものの、幾度かベンチ入りを経験している将来有望なセントラルMFだ。

▽一方、インテル生え抜きのベッテッラはエマーズ同様にトップチームデビューを果たしていないものの、イタリアの世代別代表で常に主力を担う本格派のセンターバックだ。

コメント

関連ニュース

thumb

モドリッチ、自身がインテル移籍を画策したとの報道に「歴史的に馬鹿げたことだ!」

今夏の移籍市場でインテルに加わる可能性が報じられたMFルカ・モドリッチだが、移籍を画策したのが自分自身であるとの報道を真っ向から否定した。<br><br>今夏にインテル移籍が盛んに報じられたモドリッチだが、レアル・マドリーが年俸アップを含めた契約内容の改善を約束したことで、結局は残留を決めている。その後レアル・マドリーは、インテルがモドリッチに無断で接触したことを国際サッカー連盟(FIFA)に訴えたとされる。<br><br>そしてイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、レアル・マドリーの訴えを受けたFIFAが、モドリッチから事情を聞いたことを報道。同紙曰く、クロアチア代表MFはFIFAに対して、インテルとコンタクトを取るよう代理人に持ちかけたのが自分自身であると説明し、インテル加入を希望した理由には同胞のMFイヴァン・ペリシッチ、MFマルセロ・ブロゾヴィッチ 、DFシメ・ヴルサリコと一緒にプレーしたかったことを挙げたという。<br><br>しかしながらモドリッチは、自身がインテル移籍を求めたという『ガゼッタ』の報道を真っ向から否定した。『インスタグラム』でその報道を紹介しつつ、次のように述べている。<br><br>「歴史的に馬鹿げたことだ!」<br><br>なおモドリッチは、19日のリーガ・エスパニョーラ開幕節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのヘタフェ戦では後半から出場。ピッチに入る際には、レアル・マドリーファンから温かな喝采を送られている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.08.20 22:50 Mon
twitterfacebook
thumb

2年ぶりにセリエA復帰のボアテング、インテルに勝利し歓喜「苦しめられたが完璧」

2年ぶりにセリエAに復帰したサッスオーロのMFケヴィン=プリンス・ボアテングは19日、開幕戦でルチアーノ・スパレッティ率いるインテルに勝利し、喜びの声を上げた。<br><br>ラス・パルマス、フランクフルトを経て今夏、ボアテングはサッスオーロに加入した。開幕戦となったホームでのインテル戦では、1-0で勝利。昨シーズン、12月上旬まで無敗の快進撃を演じたスパレッティのチームから白星をもぎ取り、2年ぶりのセリエA復帰を最高の形で迎えることができた。<br><br>「戻って来られて嬉しく思う。素晴らしい試合ができた。インテルは強豪であり、苦しめられた。だが楽しむことができればと思っていた。チームメート全体で喜びたい。僕の考えでは、この戦い方は完璧だ。スペインでも1年間、こんな感じでプレーした。僕は少々、アンラッキーな部分もあったが、勝てたことが重要だ。良いプレーを見せて、昨シーズンより成績を上回ることができればと思う。ビッグクラブ相手でも勝利し、楽しむことができるよう、クラブはかなりの投資をしたんだ」<br><br>サッスオーロ指揮官のロベルト・デ・ゼルビは、『スカイ・スポーツ』のインタビューで、ボアテングについて言及。CFで起用したことについて説明したほか、元ミランMFの加入がチームにとって大きなプラスになると強調した。<br><br>「私があのポジションを考案したわけではない。ラス・パルマスでも同じように起用されていた。プレッシャーを受けたときに頼りになる選手がいるのは有益だ。それに本物のワントップのように攻撃ができる。彼を獲得できて幸運だ。技術面だけでなく人間性を見ても付加価値と言える。彼は敏感で、他のチームメートのサポートもしてくれる。外国人選手が多く加入したが、彼がトレーニングについて説明してくれている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.08.20 13:55 Mon
twitterfacebook
thumb

まさかの黒星発進となったインテル…指揮官「エリア前にブロックを組まれては難しい」

インテルは19日、セリエA開幕戦でサッスオーロと対戦し、0-1と敗れた。試合後『DAZN』のインタビューに応じたルチアーノ・スパレッティ監督は敗戦を悔やんでいる。<br><br>いよいよ開幕を迎えたセリエA。今季チャンピオンズリーグの舞台に戻ってきたインテルは、今夏ラジャ・ナインゴランやステファン・デ・フライら即戦力を複数選手獲得し、新シーズンをスタートさせた。<br><br>しかし、意気込んで臨んだ開幕戦は苦いものに。27分にドメニコ・ベラルディのゴールを許すと、最後まで得点を奪えず。0-1と黒星スタートになった。<br><br>試合後、スパレッティ監督は敗戦を悔やんでいる。<br><br>「試合後にはいつも言いたいことがあるが、審判はすべて良かった。相手は良いゲームをした。カウンターが良かったね。自分たちの試合をしなければならなかったが、このようなピッチ状況なら簡単にボールを失ってしまう。そしてカウンターで攻撃するのであれば、物事がさらに容易になる」<br><br>そして、左サイドバックのDFダルベルトを擁護。失点からより厳しい状況になったと明かしている。<br><br>「チームは広くプレーしなければいけなかった。セカンドボールは数回しか拾えず、ライン間のスペースでプレーするのも、エリア前にブロックを組まれては難しい。失点後、状況はより難しくなった」<br><br>黒星スタートとなったインテルは、次節26日に本拠地ジュゼッペ・メアッツァでトリノと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2018.08.20 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

低調インテル、格下相手にまさかの黒星スタート《セリエA》

▽インテルは19日、セリエA第1節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗戦した。 ▽昨季セリエAで4位となり、7季ぶりにチャンピオンズリーグ出場権を手に入れたインテルは、スパレッティ体制2季目となる中、新戦力ではラウタロ・マルティネス、デ・フライ、アサモア、ポリターノの4選手をスタメンで起用した。 ▽新戦力のK・ボアテングやディ・フランチェスコをスタメン起用してきたサッスオーロに対し、フラットな[4-4-2]で臨んだインテルは4分にピンチ。ブラビアに抜け出されGKと一対一となるが、ハンダノビッチが好守で凌いだ。 ▽サッスオーロの出足の鋭さに押し込まれる入りとなったインテルは、21分にようやくイカルディがゴールを脅かすシーンを生み出すも、25分にPKを献上する。カウンターを受けてディ・フランチェスコのドリブル突破を許すと、ミランダがボックス内で倒してしまった。このPKをベラルディに決められ、インテルは先制を許してしまう。 ▽失点したインテルはイカルディのミドルシュートでGKを強襲したものの、攻め手のない状況が続く。43分にはボックス左でアサモアが仕掛けて倒されたが、ノーファウルの判定が下され、1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半からダウベルトに代えてペリシッチを左サイドに投入したインテルは、アサモアを左サイドバックに下げた。そのインテルがポゼッションする展開となると、60分にポリターノのミドルシュートで同点ゴールに近づいた。 ▽65分にK・ボアテングのボレーシュートで脅かされたインテルは直後、左サイドからのペリシッチのクロスにイカルディがボレーで合わせたシュートは枠の上に外してしまう。 ▽ゴールが遠いインテルはL・マルティネスに代えてケイタを投入。しかし、終盤にかけても一向にギアが上がらず低調なまま時間が経過していく。90分にようやく決定機を生み出したが、FKからデ・フライの放ったヘディングシュートはGKコンシーリのファインセーブに阻まれ、0-1で敗戦。格下相手にまさかの黒星スタートとなっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエA観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.20 05:29 Mon
twitterfacebook
thumb

シャルケ、インテルで構想外のポルトガル代表10番獲得に関心?

▽シャルケがインテルに所属するポルトガル代表MFジョアン・マリオ(25)の獲得に動いているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽先のロシア・ワールドカップでもポルトガル代表の10番として全4試合に出場したジョアン・マリオ。一方、クラブでは2016年夏からインテルに所属しているものの、目立った活躍は披露できず。昨冬には、ウェストハムにレンタル移籍。 プレミアリーグ13試合に出場して2ゴール1アシストを記録していた。 ▽伝えられるところによると、インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は今シーズンもジョアン・マリオを戦力として考えておらず、売却を希望しているとのこと。そんな中、シャルケが同選手のローンでの獲得に関心を寄せているが、インテル側は買取オプションを付帯させたいようだ。 ▽現在日本代表MF乾貴士が所属するベティスやセビージャも関心を示していることが伝えられているが、ポルトガル代表10番の新天地は果たしてどこになるのだろうか。 2018.08.19 15:05 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース