酒井高徳&伊藤達哉所属のHSV、現体制の続投を決定…所属リーグ問わず新契約締結の見通し2018.05.11 22:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
酒井高徳、伊藤達哉らが所属するハンブルガーSV(HSV)率いるクリスティアン・ティッツ監督は、今後も同チームの指揮を執ることが明らかになった。10日にベルント・ホフマン監査役会長と監督本人が認めた。

HSVは第33節消化時点で17位に位置。ティッツ監督が就任した3月中旬からチームは入れ替えプレーオフに回れる16位との勝ち点差を7から2へと縮め、クラブ史上初の2部降格回避への望みを残すことが可能に。ボルシアMGとのホームマッチ(12日)を勝ち切ると同時にヴォルフスブルクがケルンに敗れた場合、16位に位置を上げられるという状況で最終節に臨むことになる。

そんな大一番を前に、ティッツ監督は新シーズンでの所属リーグを問わずHSVの監督を務めることを決定。ホフマン監査役会長はHSV公式ウェブサイトを通じて「監査役会と取締役会は、いずれのリーグでもクリスティアン・ティッツとの仕事を続けることで合意した」と明かした。ティッツ監督も「取締役会と非常にポジティブな話し合いができた」と語り、「詳細についてはシーズン終了後に詰めていくことになる」と今季限りで満了となっていた現行契約を更新する見通しだと伝えている。

FW伊藤やMFマッティ・シュタインマンといった若手を積極的に起用し、MFルイス・ホルトビーやFWボビー・ウッドと前体制では戦力外となっていた選手たちを復調に導いたティッツ監督。主将・酒井にも厚い信頼を寄せていることを度々口にしてきたドイツ人指揮官だが、続投が決まった中で、HSVは最終節でどのような戦いを見せるのだろうか。


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース