香川が最終節で復帰へ、ドルトムントが「出場可能」と発表2018.05.11 01:59 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントのMF香川真司が12日に行われるブンデスリーガ最終節ホッフェンハイム戦で復帰するようだ。ドルトムントの公式ツイッターが「香川とゲレイロは出場可能」と発表している。

▽香川は2月10日のブンデスリーガ第22節ハンブルガーSV戦で左足首を負傷。そこから約2カ月半戦列を離れ、4月29日に行われた第32節ブレーメン戦でリーグ戦10試合ぶりにベンチ入りしていた。しかし、今月2日に再び同箇所を痛め、5日の第33節マインツ戦は欠場していた。

▽再離脱したことを受け、ロシア・ワールドカップのメンバー入りを危惧する報道もあったが、本人が9日に自身のツイッターで練習に参加したことを報告していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ドルトムント、そ径部のケガで離脱中のDFアカンジは手術回避! それでも復帰は“春頃”に…

ドルトムントは14日、そ径部のケガで離脱中のスイス代表DFマヌエル・アカンジに関して手術を行わず、保存治療で回復を目指す意向を明かした。 アカンジは昨年12月18日に行われたデュッセルドルフ戦でそ径部を負傷。負傷直後は軽い程度のケガと思われていたが、後に想定外の重傷であることが判明した。 当初、ケガの完治に向けて手術を選択し、今季中の復帰が絶望的と報じられていたが、今回の発表によって最悪の事態は回避された。 しかし、ドルトムントはアカンジの復帰プランに関して、「少しの休養を経てゆっくりと段階的にリハビリを進め、春までに完全復帰を目指す」と説明。そのため、復帰は最短でも3月以降になる見込みだ。 昨年1月にスイス屈指の名門バーゼルからドルトムントに加入したアカンジは、186cmの恵まれたサイズに加え、スピード自慢のアタッカーに走り負けないスピード、高水準の両足のキック精度と20代前半ながら完成度の高いセンターバック。 今季はルシアン・ファブレ監督の下でディフェンスリーダーに指名されると、ここまで公式戦18試合に出場し1ゴールを記録している。 2019.01.15 01:51 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ボカの逸材CBバレルディを獲得! スペイン2強との争奪戦制す

ドルトムントは14日、ボカ・ジュニアーズからU-20アルゼンチン代表DFレオナルド・バレルディ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「18」に決定。契約期間は“長期”とのみ伝えられている。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は1200万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額1500万ユーロ(約18億6000万円)程度になるという。また、契約期間は2024年6月30日までの5年半となる見込みだ。 187cmのセンターバックのバレルディは2018年に入ってトップチームデビュー。ここまでリーグ戦5試合に出場している。ボカ・ジュニアーズにおいて大きな実績を残せていないものの、攻守両面で高いポテンシャルを誇る逸材センターバックにはバルセロナとレアル・マドリーからの関心も伝えられていた。 スペインの2強との争奪戦を制して逸材確保に成功したドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は以下のようなコメントを残している。 「レオナルド・バレルディの移籍に関しては当初、来夏を予定していた。しかし、今回それを前倒しすることにした」 「レオナルドは非常に賢いセンターバックで強靭な守備を誇る。同時に高いビルドアップ能力でパスゲームに貢献可能だ。彼が我々のクラブを選んでいくれたことを嬉しく思うし、彼が将来的にそのタレント力で我々を助けてくれることを確信している」 2019.01.15 00:08 Tue
twitterfacebook
thumb

急転ボルドー移籍が浮上した香川真司、ドルトSDが「知らない」と否定

リーグ・アンのボルドーへの移籍が急浮上したドルトムントのMF香川真司だが、ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が否定した。ドイツ『ルール・ナハリヒテン』が報じた。 今シーズンはドルトムントでの出場機会に恵まれず、今冬の移籍希望を口にしている香川。スペインへの移籍を希望していたが、突如としてフランスへの移籍が報じられた。 フランスのジャーナリストであるエリック・バレール氏が自身のTwitter(@ebarrere70)で香川がボルドーへと移籍すると投稿。半年間のレンタル移籍で基本合意しているとしていた。 しかし、この件についてツォルクSDは「私はその件について知らない」と否定した。 香川はスペインへの移籍を希望しているものの、EU圏外の選手となるため、外国人枠の問題がついてくる。今冬の移籍には、外国人枠が少なからず足かせとなり、外国人枠がないリーグに移籍するのが現実的と見られている。 ドルトムントに残留しても出場機会がない香川だが、果たしてどこに移籍するのだろうか。 2019.01.14 15:53 Mon
twitterfacebook
thumb

香川真司にフランスの名門ボルドー行きが急浮上!クラブ間は既に半年レンタルで合意か

ボルシア・ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は、今シーズン後半戦をフランスのボルドーで過ごすことになるかもしれない。フランス『beIN Sport』の記者が伝えている。<br><br>ルシアン・ファヴレ監督の下で出場機会を得られず、ドルトムントからの移籍を希望する香川だが、ここにきてレンタルでリーグ・アンの名門ボルドーに加わる可能性が浮上。『beIN Sport』のエリック・バレール氏によると、クラブ間では6カ月間の期限付き移籍で基本合意に至っているという。<br><br>ボルドーはリーグ・アン第18節消化時点で勝ち点22を獲得して13位に位置。経験豊富な攻撃的MFを探しているとみられる同クラブだが、香川本人とはまだ合意に達していないとのこと。今冬でのスペイン移籍の意思を度々口にしてきた同選手は以前、セビージャからの関心が伝えられていたが、この話は具体的に進んでいないとみられる。<br><br>ボルドーへのレンタルが実現すれば、マルセイユのDF酒井宏樹、ストラスブールのGK川島永嗣、そして先日トゥールーズに加わったDF昌子源に続いて、同リーグでプレーする4人目の日本人選手となる。香川の選択に注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.13 22:14 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデスベストイレブン】首位ドルトムントから7選手を選出!

2018-19シーズンのブンデスリーガ前半戦が終了しました。そこで本稿では今季のブンデスリーガの前半戦ベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆ベストイレブン GK:ビュルキ DF:キミッヒ、ジューレ、アカンジ、アクラフ MF:サンチョ、ヴィツェル、ロイス、T・アザール FW:アルカセル、レヴァンドフスキ GKロマン・ビュルキ(28歳/ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:16(先発回数:16)/失点数:16 /出場時間:1440分 スイス代表でチームメートのヒッツを第2GKに迎えた刺激がビュルキにとってプラスに働いているようだ。ほぼ実力の変わらないヒッツの加入により緊張感を高く保ったビュルキは例年のような凡ミスがなく、安定したゴールキーピングを続けた。 DFヨシュア・キミッヒ(23歳/バイエルン)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:1/出場時間:1530分 前半戦、全試合でスタメン出場を果たした。チームが本調子でない時にあっても、キミッヒは常にハイレベルなプレーを見せていた。昨季に続いて右サイドバックでスタートした中、不調に陥ったチームを復調させるべくダブルボランチの一角としてもプレー。そこからチームは復調し、キミッヒも7アシストを記録している。 DFニクラス・ジューレ(23歳/バイエルン)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:16(先発回数:15)/得点数:1/出場時間:1374分 バイエルン移籍2年目のジューレがディフェンスリーダーに成長した。ドイツ代表コンビのフンメルスとJ・ボアテングが負傷がちでプレー面でも精彩を欠く中、頑強なフィジカル通りケガなくコンスタントにピッチに立ち続けたジューレはソリッドな守備を披露し続けた。 DFマヌエル・アカンジ(23歳/ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:13(先発回数:13)/得点数:1/出場時間:1125分 これまでのドルトムントのディフェンスリーダーだったパパスタソプーロスが抜けた中、昨季途中バーゼルから加入したスイス代表DFが存在感を強めた。新加入のディアロ、若手のザガドゥらとコンビを組んでリードし、ドルトムントの守備を支えた。 DFアクラフ・ハキミ(20歳/ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:12(先発回数:12)/得点数:1/出場時間: 1073分 レアル・マドリーからレンタルで加入した新進気鋭のサイドバックは、新天地でその才能を大きく開花させている。本職は右サイドバックながら左サイドバックでも推進力あるオーバーラップでドルトムントの攻撃の重要なオプションとなっている。 MFジェイドン・サンチョ (19歳/ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:17(先発回数:10 )/得点数:6/出場時間: 1021分 イングランドの次代を担う至宝がドイツで輝きを放っている。6ゴール8アシストとコンスタントにゴールに絡み、違いを生んでいる。左右のウイングで持ち前のドリブルスキルを生かした突破を見せ、ロイスと共にドルトムントの攻撃を牽引していた。 MFアクセル・ヴィツェル(29歳/ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:17(先発回数:16)/得点数:1/出場時間: 1433分 中国から2000万ユーロを支払って迎え入れただけの価値があった。4大リーグでのプレーは初めてだったが、ベルギー代表MFの実力に疑いの余地はなかった。中盤底の位置からダイナミックにボールに関わり、攻守にチームを支えた。 MFマルコ・ロイス(29歳/ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:11/出場時間:1483分 負傷さえなければこれだけの結果を残すことを改めて証明した。後半戦も彼の活躍がドルトムントの浮沈を左右する。 MFトルガン・アザール(25歳/ボルシアMG)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:9/出場時間: 1523分 着実に実力を付けているエデン・アザールの実弟が9ゴール6アシストとリーグ屈指のスタッツを残した。兄を髣髴とさせる身のこなしで左サイドからのカットインが脅威となっている。ボルシアMGが3位と躍進したのは彼の成長があったからに他ならない。 FWパコ・アルカセル(25歳/ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:12(先発回数:5)/得点数:12/出場時間:502分 バルセロナで燻っていた男がドイツの地で輝きを放った。出場時間はコンディションが万全でなかったことから限られたが、圧巻の決定力を見せつけ12ゴールを挙げて得点ランクトップに立っている。途中出場が多かったが、一瞬の隙を突いてゴールを仕留める集中力の高さを幾度も発揮し、首位に立つチームを牽引する働きを見せた。 FWロベルト・レヴァンドフスキ(30歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:16(先発回数:16)/得点数:10/出場時間:1429分 ワールドカップでは不発に終わったものの、周りのサポートに恵まれるバイエルンでは流石の存在感を示した。10ゴール5アシストを記録し、今季もブンデス最高のストライカーであることを証明している。例年通りスランプに陥ることなくコンスタントにゴールに絡み続け、本調子でなかったバイエルンを牽引して見せた。 2019.01.13 18:01 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース