香川が最終節で復帰へ、ドルトムントが「出場可能」と発表2018.05.11 01:59 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントのMF香川真司が12日に行われるブンデスリーガ最終節ホッフェンハイム戦で復帰するようだ。ドルトムントの公式ツイッターが「香川とゲレイロは出場可能」と発表している。

▽香川は2月10日のブンデスリーガ第22節ハンブルガーSV戦で左足首を負傷。そこから約2カ月半戦列を離れ、4月29日に行われた第32節ブレーメン戦でリーグ戦10試合ぶりにベンチ入りしていた。しかし、今月2日に再び同箇所を痛め、5日の第33節マインツ戦は欠場していた。

▽再離脱したことを受け、ロシア・ワールドカップのメンバー入りを危惧する報道もあったが、本人が9日に自身のツイッターで練習に参加したことを報告していた。

コメント

関連ニュース

thumb

香川真司は新監督の構想外か…ドルトムントの開幕戦遠征メンバーから外れる

ドルトムントは20日、DFBポカール1回戦でグロイター・フュルトと対戦する。しかし、日本代表MF香川真司は、この遠征に帯同しなかったようだ。地元紙『ルール・ナーハリヒテン』が伝えている。<br><br>20日の国内カップ戦で、2018-19シーズンをスタートさせるドルトムント。今季からルシアン・ファーブル体制となり、2012年以来のブンデスリーガ制覇を目指して長いシーズンを戦うことになる。<br><br>しかし、重要なシーズン開幕戦で、香川がプレーすることはないようだ。『ルール・ナーハリヒテン』は「ファーブルは最初の厳しい決断を下した」とし、29歳MFが遠征メンバーから外れたことを伝えている。<br><br>ユリアン・ヴァイグルやヤコブ・ブルーン・ラーセンについては負傷の影響で外れたようだが、ヌリ・シャヒン、ダン=アクセル・ザガドゥ、そして香川については理由は明らかとなっていない。なお、負傷明けのラファエル・ゲレイロは帯同するようだ。<br><br>香川が遠征から外れた理由は明らかとなっていないが、コンディションに問題がない状態で外れたとなれば構想外の可能性もある。トルコのベジクタシュから熱心なオファーが届いているという日本代表MFは、ドルトムントを離れる可能性があるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.08.20 07:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ベジクタシュ、香川かゲッツェを獲得へ…ドルトムントが容認した選手と年俸交渉に

ベジクタシュは香川真司だけでなく、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェも獲得候補として見ているようだ。トルコ『Fanatik』が報じた。<br><br>ベジクタシュは今夏、日本代表MFの獲得に全力を注いでいる。すでに一度オファーを送っており、2度目のオファーも準備しているという。そんな中、ベジクタシュは香川のライバルでもあるゲッツェをリストアップし、2人のうち少なくとも一人は確保したい意向のようだ。<br><br>ドルトムントと交渉のテーブルに着き、クラブが許可するどちらかの選手を獲得する見込み。レンタルという形で、買い取りオプションも付帯すると伝えられる。しかし、問題は年俸になるという。<br><br>香川は400万ユーロ(約5億円)、ゲッツェは700万ユーロ(約8億8000万円)をドルトムントで受け取っているとされる。いずれにしても、ベジクタシュが払える額ではなく、いくらか減らす必要が出てくるという。これらの交渉がまとまった時、移籍が合意に達する見込みだ。<br><br>提供:goal.com 2018.08.19 18:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ドラクスラー、ドイツ期待の若手に押し出され退団?

▽ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(24)に、パリ・サンジェルマン(PSG)退団の可能性が浮上している。フランス『Le10 Sport』が報じた。 ▽ドイツ代表としても37キャップを誇るドラクスラーは、シャルケ下部組織で育った後、ヴォルフスブルクを経て、2016年1月からフランスの強豪PSGでプレー。しかし、全体的なレギュラーとして君臨することは叶わず。昨シーズンは公式戦47試合5ゴール10アシストを記録したが、プレー時間は2630分(約30試合相当)に留まった。 ▽『Le10 Sport』によると、PSGのトーマス・トゥヘル監督は今夏シャルケから加入した期待の若手、U-21ドイツ代表DFシロ・ケフラー(21)を守備的MFとして育てる構想を持っているようで、押し出されるような形でドラクスラーのプレー機会が減少する可能性が高いという。そのため、クラブの上層部がドラクスラー売却を考慮しているとのことだ。 ▽移籍先の候補としては、古巣シャルケをはじめ、ライプツィヒ、そして元ライバルクラブであるドルトムントが挙げられている。しかし、未だオファーは届いておらず、依然として不透明な状況だ。 2018.08.18 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG行き噂のヴァイグル、値段上昇 ドルトが63→94億円に設定

▽ドルトムントがドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(22)の移籍金を釣り上げた。イタリア『カルチョメルカート』がフランスのレポートをもとに報じた。 ▽ドイツ代表として5キャップを誇るヴァイグルは2015年夏、移籍金250万ユーロで1860ミュンヘンからドルトムントに加入。広い視野とパスセンスが魅力の守備的MFとして、公式戦通算127試合2得点1アシストを記録している。 ▽そのヴァイグルを巡っては今夏、パリ・サンジェルマン(PSG)や、マンチェスター・シティが関心。中でも、過去にドルトムントで師事を仰いだトーマス・トゥヘル監督が今シーズンから率いるPSG行きが有力視されている。 ▽既報で5000万ユーロ(約63億1000万円)でヴァイグルの移籍を容認するとされてきたドルトムントだが、より利益を求めて売却額を見直した様子。新たに7500万ユーロ(約94億7000万円)の値段を設定したという。 2018.08.18 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、FWの獲得に白旗?「国際クラスの選手を獲るのは不可能に近い」

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは今夏、センターフォワードの獲得を実現できないかもしれない。クラブのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)が地元紙『ルールナハリヒテン』で認めている。<br><br>ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが今年1月にアーセナルに渡る前からその代役を務められるセンターFWを探していたと言われるドルトムント。今夏も連日、チェルシーからミヒ―・バチュアイ(&rarr;1年間の期限付きでバレンシアに移籍)の再レンタル、ユヴェントスのモイーズ・ケーンやフルミネンセのペドロの獲得などが盛んに報じられ、さらに最近では元ケルンのアントニー・モデストからの&ldquo;逆オファー&ldquo;も話題を呼んでいるところだ。<br><br>しかし、ツォルクSDはこれまでフォワードの獲得について問われると「その選手に関して100%の確信がない限り、獲得をすることはない。フォワードを獲るために、フォワードを獲るようなことはしない」との構えを強調し続け、現時点においては最前線の補強を見送る可能性も考えられるようだ。<br><br>『ルールナハリヒテン』では特にアタッカーに対する移籍金の高騰は「極端」と話す同SDだが、新選手の獲得は「意義があることが決定的」とコメント。続けて「FWのポジションは現在の移籍市場で、最も複雑なポジションにあたる」との見解を述べ、「正直に言わなければならない。現在、国際レベルのフォワードを獲得することはドルトムントにとって不可能に近い」とまで認めている。<br><br>プレシーズンマッチでは本業は2列目のマルコ・ロイスやマキシミリアン・フィリップが1トップを務めたが、ルシアン・ファーヴル監督が就任したドルトムントはセンターFWを迎え入れないで新シーズンに臨むことになるのだろうか。<br><br><br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.16 06:10 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース