【ブンデス最終節プレビュー】HSVの奇跡の降格回避は? 熾烈なCL出場権争いも決着2018.05.11 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節はハンブルガーSVがフランクフルトに完敗し、ヴォルフスブルクもライプツィヒに完敗したため、HSVの前節での降格は辛くも免れた。一方で武藤がゴールを奪って勝利したマインツの残留が決まっている。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではシャルケの2位が確定し、4季ぶりにCL出場権を獲得している。3位ドルトムントはマインツに敗れたものの得失点差で後続を上回っており、4位ホッフェンハイムとの直接対決で1点差以内での敗戦でもCL出場権を確保できる状況だ。ここ3試合勝利のない5位レバークーゼンはホッフェンハイムが引き分け以下に終われば、逆転での4位フィニッシュの芽が出てくる。注目の最終節は土曜日の22:30に一斉開催となる。

▽まずは残留争いから。前節フランクフルト戦では相手のカウンター戦術にまんまとハマり、完敗を喫した17位HSV(勝ち点28)。そのHSVは9位ボルシアMG(勝ち点47)とのホーム戦に臨む。クラブ史上初の降格を避けたいHSVが残留プレーオフに回るには勝利して16位ヴォルフスブルク(勝ち点30)が降格の決まっているケルンに敗れることが条件。勝利すればEL出場権獲得の可能性があるモチベーションのあるボルシアMGにまずは勝利し、吉報を待ちたい。運命の一戦に向けて酒井高と伊藤は共に先発予想となっている。

▽CL出場権争いでは4位ホッフェンハイム(勝ち点52)と3位ドルトムント(勝ち点55)の直接対決が行われる。後続との勝ち点差が3あり、ホッフェンハイムとの得失点差が3、5位レバークーゼンとの得失点差が6あるドルトムントとしては2点差を付けられての敗戦を喫しないことがCL出場権獲得への条件。優位な状況を生かして試合を進められるかが鍵となる。前節を欠場した香川はベンチ入りが濃厚のようだ。

▽同勝ち点のホッフェンハイムがドルトムントと戦う中、5位レバークーゼン(勝ち点52)は13位ハノーファー(勝ち点39)とのホーム戦に臨む。何も懸かっていない相手に対し、確実に勝利してホッフェンハイムの躓きを期待したい。6位ライプツィヒ(勝ち点50)も可能性は残しているが、ホッフェンハイムとレバークーゼンが共に敗戦することが条件となってくるだけに2年連続でのCL出場は厳しくなっている。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照

◆ブンデスリーガ最終節
▽5/12(土)
《22:30》
ヴォルフスブルク vs ケルン
シャルケ vs フランクフルト
マインツ vs ブレーメン
ホッフェンハイム vs ドルトムント
ヘルタ・ベルリン vs ライプツィヒ
ハンブルガーSV vs ボルシアMG
フライブルク vs アウグスブルク
バイエルン vs シュツットガルト
レバークーゼン vs ハノーファー

コメント

関連ニュース

thumb

伊藤達哉、先発で違い見せるも途中交代…HSVはスコアレスドローで4戦負けなし《ブンデスリーガ2部》

ブンデスリーガ2部第10節が21日に行われ、ハンブルガーSV(HSV)とボーフムが対戦した。<br><br>HSVは酒井高徳と伊藤達哉が揃って先発。伊藤は左サイドで先発したが、なかなか攻撃は機能せず。HSV全体としてもチームで連動した攻撃を見せる回数は数えるほど。<br><br>それでも伊藤は徐々にエンジンがかかり始め、カットインからのシュートなどで存在感を示していく。HSVが得点の匂いをさせて前半を終えた。<br><br>後半も伊藤がエネルギッシュな働きを見せるが、63分にはスタミナ切れと判断されてか、途中交代。その後、攻め続けるHSVと体を張って守るボーフムという構図が続く。しかし、最後までスコアは動くことなく、スコアレスドローで終了した。<br><br>HSVはリーグ戦4試合負けなしとし、勝ち点1を分け合う結果となっている。なお、酒井高徳はフル出場を果たした。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.21 23:30 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 9月17日は、ブンデス得点王に輝いた元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWのバースデー

◆セルゲイ・バルバレス 【Profile】 国籍:ボスニア・ヘルツェゴビナ 誕生日:1971年9月17日 現役時所属クラブ:ドルトムント、ハンブルガーなど ポジション:FW 身長:188㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 9月17日は、元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のセルゲイ・バルバレス氏だ。 ▽母国のベレス・モスタルというクラブの下部組織で育ったバルバレス氏は、1992-93シーズンにハノーファーでプロデビュー。その後、ウニオン・ベルリン、ハンザ・ロシュトク、ドルトムント、ハンブルガー、レバークーゼンとドイツのクラブのみを渡り歩いて現役生活を終えた。主将も務めたハンブルガー所属当時の2000-01シーズンには、31試合22得点を記録しブンデスリーガ得点王にも輝いている。 ▽大柄な体格でゴール前に君臨しつつも、視野の広さや秀でたテクニックでアシストも多く記録したバルバレス氏。同氏は多くの警告を受けていたことでも有名だ。ブンデスリーガ通算ではレッドカード計4枚、イエローカード計75枚を受け取っており、これは問題児として知られたシュテファン・エッフェンベルク氏に次ぐ数字だという。 ※誕生日が同じ主な著名人 バカリ・コネ(元サッカー選手) ビスマルク(元サッカー選手/ヴェルディ川崎、鹿島アントラーズなど) 舞行龍ジェームズ(サッカー選手/川崎フロンターレ) オリヴィエ・ブマル(サッカー選手/横浜F・マリノス) ベルンハルト・リーマン(数学者) 蝶野正洋(プロレスラー) 石川遼(ゴルファー) 宇佐美蘭(タレント) 中村アン(タレント) 北山宏光(アイドル/Kis-My-Ft2) なかやまきんに君(お笑い芸人) 2018.09.17 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井高徳、HSVの主力選手流出阻止で一役買っていた?「一緒に2部へ行くことを勧めた」

ハンブルガーSV(HSV)に所属する元日本代表DF酒井高徳は主力選手2人の残留にあたって決定的な役割を果たしていたかもしれない。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』が同選手のコメントを紹介した。<br><br>クラブ史上初のブンデスリーガ2部でのシーズンを過ごすHSVだが、酒井と同様、MFルイス・ホルトビーやアーロン・ハントといった主力選手たちがそれぞれ新契約にサイン。その経緯について、酒井はこのように明かしている。<br><br>「2人とはシーズン後に話しましたね。たくさんのメッセージを送り合い、状況について意見交換をしました。僕はクラブに残ることを決めていたので、一緒に2部に行くことを勧めました。アーロンもルイスもものすごいクオリティーを持つ強力なプレーヤーです。ピッチに立てば違いをつくり出してくれる選手たちですからね」<br><br>今シーズンからはキャプテンマークを返上した酒井に代わってハントが新主将に就任。それでもクリスティアン・ティッツ監督が&ldquo;静かなボス&rdquo;と呼ぶ酒井は今後もFW伊藤達哉ら若手たちの面倒を見ていくという。<br><br>「若い選手たちとは定期的に話していますよ。サッカーに限らず、色々についてです。年上の選手としては若手をサポートして、助けになってあげなければいけませんからね。このような役割は好きですよ。チームはこのようなことをすることでしか団結しません」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.07 22:35 Fri
twitterfacebook
thumb

韓国代表ファン・ヒチャンがHSVにレンタル!日本代表伊藤達哉、酒井高徳と同僚に

▽ハンブルガーSVは31日、ザルツブルクの韓国代表FWファン・ヒチャン(22)を、1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽2015年1月に浦項スティーラースからザルツブルクに加入したファン・ヒチャンは2015-16シーズン途中にオーストリア・ブンデスリーガでデビュー。その翌シーズンにレギュラーを掴み、ここまでの公式戦86試合で29ゴール7アシストをマークしている。 ▽2016年に韓国代表デビューを果たしたファン・ヒチャンは、ロシア・ワールドカップでは全3試合に出場。現在はU-23韓国代表としてアジア競技大会に参加しており、U-23イラン代表戦を除く5試合に出場し2得点を奪う活躍を見せ居ている。同代表は、9月1日にU-21日本代表と決勝戦に挑む。 ▽なお、今季はブンデスリーガ2部を戦うHSVには、日本代表FW伊藤達哉と同代表DF酒井高徳が在籍。1シーズンでの1部昇格を目指して、現在は第3節を終えた時点で2勝1敗の3位に着けている。 2018.08.31 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがセルビア代表MFコスティッチ獲得! HSVで躍動した左利きの好アタッカー

▽フランクフルトは20日、ブンデスリーガ2部のハンブルガーSVからセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽母国のFKラドニチュキでプロキャリアをスタートしたコスティッチは、オランダのフローニンヘン、ドイツのシュツットガルトを経て2016年にHSVに加入。卓越した左足の技術と優れたアジリティ、創造性を武器に左右のウイングを主戦場に主力として活躍。昨季はリーグ戦30試合に出場し5ゴール1アシストの数字を残していた。 ▽また、2015年にデビューを飾ったセルビア代表ではここまで通算26試合に出場し2ゴールを記録。ロシア・ワールドカップではグループリーグ全試合に出場していた。 2018.08.21 00:30 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース