イタリア代表、マンチーニ招へいにラストスパート…弁護士と細部調整へ2018.05.10 23:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は、ロベルト・マンチーニ監督の招へいに着々と準備を進めている様子だ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽ロシア・ワールドカップ出場を逃したイタリア代表は次の世代に向けて準備を始めている。新監督選びは慎重に進められてきたが、最近になってロシアでゼニトを率いているマンチーニ監督に絞った様子だ。

▽今回の『ガゼッタ』紙の報道によると、FIGCは指揮官の恋人で弁護士でもあるシルヴィア・フォルニーリと接触。10日と11日で契約の細部を詰めることになるとのこと。この話し合いを済ませたあとで、マンチーニ監督を雇っているゼニトとの交渉に入る見通しだと伝えられている。

▽FIGCのアレッサンドロ・コスタクルタ氏は、今月20日に新監督を発表するとしていた。交渉はまとまるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ボヌッチ、FFPでEL出場権剥奪の場合今夏にミラン退団か…

▽ミランに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチは、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反でミランがヨーロッパリーグ(EL)出場を逃した場合、ミラン退団の可能性があるようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽今季のセリエAを6位で終えて来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得したミランだが、欧州サッカー連盟(UEFA)は先日、ミランに対するファイナンシャル・フェアプレー(FFP) に関する和解協定の申請を却下したと発表。 ▽今後の制裁に関しては移籍市場での活動やメンバー登録の制限から、UEFA主催大会からの除外まで、幾つかの可能性があり、最悪の場合EL出場権を剥奪される可能性もある。 ▽『フットボール・イタリア』によれば、イタリア『スカイ』の記者アレッサンドロ・アルチャート氏が、「FFPによりミランがELを逃した場合、ボヌッチが退団するという最悪のシナリオになる」と伝えており、制裁次第で守備の要を失う可能性があるようだ。 ▽2017年の夏にユベントスからミランへ加入したボヌッチは、今シーズンのセリエAで35試合、コッパ・イタリア5試合、ヨーロッパリーグ9試合に出場。ディフェンスリーダーとして最終ラインの主力センターバックに君臨していた。 2018.05.26 05:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ボローニャがドナドーニ監督の退任を発表、3シーズン連続で残留に導く

▽ボローニャは24日、ロベルト・ドナドーニ監督(54)の退任を発表した。 ▽2015年10月にボローニャの監督に就任したドナドーニ監督は、3シーズン連続でチームを残留に導き、一定の結果を残していた。そのドナドーニ監督に対してジョーイ・サプート会長は次のように公式サイトでコメントした。 「私はドナドーニを優秀な監督と見ていた。彼とそのコーチたちはクラブへの献身さを持ち、重要な貢献を果たしくれた。だが、ここで3年を過ごし、サイクルが終わったと感じた。今後の彼のキャリアが最高のものであることを願っている」 ▽なお、後任は現在セリエBのヴェネツィアで指揮を執り、セリエA昇格プレーオフを戦っているフィリッポ・インザーギ監督が濃厚とのことだ。 2018.05.25 05:21 Fri
twitterfacebook
thumb

早くも火花!? アッレグリ、アンチェロッティを歓迎

▽ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、ナポリを率いることが決まったカルロ・アンチェロッティ監督とSNS上でメッセージを交換した。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』などが伝えている。 ▽マウリツィオ・サッリ監督が退任となるナポリは、アンチェロッティ監督を後任に迎えた。アンチェロッティ監督にとっては9年ぶりのセリエAで、早くも注目を集めている。 ▽アンチェロッティ監督は、ミラン時代にチャンピオンズリーグ優勝2回、スクデット1回など、輝かしい功績を残した。アッレグリ監督はアンチェロッティ監督が去ったあとにミランで1回、ユベントスでは4回のスクデットを経験している。 ▽アッレグリ監督はアンチェロッティ監督との対戦を待ちわびているようで、「アンチェロッティ、イタリアにお帰りなさい! セリエAは我々のカルチョの優れたものを取り戻した」とツイートで歓迎した。 ▽これを受けてアンチェロッティ監督は、「ありがとうマックス(アッレグリ)。君と対戦できることは誇らしいことだ」と返信している。 ▽イタリアを出てチェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリー、バイエルンといった世界のビッグクラブを率いたアンチェロッティ監督は、イタリア国内で最高レベルの指導者だと認識されている。アッレグリ監督は国内で抜群の成績を残しているが、アンチェロッティ監督との評価をひっくり返す機会には恵まれなかった。今季接戦を演じたユベントスとナポリの監督対決は、大きな注目を集めそうだ。 2018.05.25 01:40 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFAがミランに対してFFPに関する和解協定の申請を却下! EL出場権剥奪の可能性も…

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は22日、UEFAが定めるファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反の可能性があるミランに対して、FFPに関する和解協定の申請を却下したと発表した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』ら複数メディアが伝えている。 ▽ミランは2017年、中国人実業家のリー・ヨンホン氏を中心とする合弁企業『ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク』が、ミランを運営する『フィニンヴェスト』から7億4000万ユーロ(約965億円)でクラブを買収した。 ▽しかし、UEFA側はミランがアメリカのヘッジファンド『エリオット・マネジメント』から、巨額の利子が伴う3億ユーロ(約392億円)の資金を借り入れ、昨夏の移籍市場で新戦力獲得に約2億ユーロ(220億円)以上をつぎ込んでいることを理由に、クラブ経営の安定性を疑問視していた。 ▽そして、UEFAは「連盟のクラブ財務管理機関(CFCB)は、ACミランについて、ファイナンシャル・フェアプレー規定に対する違反、特に収支均衡の義務違反で審議委員会に諮ることを決めた。借金の借り換えと、2018年10月を期限とする支払額に関して、不透明な部分が残っている」と、FFPに関する和解協定の申請を却下する旨の発言を行った。 ▽なお、今後の制裁に関しては移籍市場での活動やメンバー登録の制限から、UEFA主催大会からの除外まで、幾つかの可能性がある。今季のセリエAを6位で終えて来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得したミランだが、最悪の場合出場権を剥奪される可能性もある。 ▽今回のUEFAの発表を受けて、ミランのマルコ・ファッソーネCEOは「想像がつくと思うが、彼らの発表に驚いているし、非常に苦々しく思っている。はっきり言って、和解協定は結べるものと思っていた」とコメント。UEFAの決定が予想外のものだったと語っている。 2018.05.23 16:12 Wed
twitterfacebook
thumb

セリエA観客は増加傾向、ユベントス&インテルは大声援の後押し受ける

▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、今季のセリエAの観客数のデータを紹介した。 ▽ホームゲーム1試合平均の観客数が最も多かったのはインテルで5万7529人。ミラノダービーとユベントス戦では満員にもなっている。ミランが5万2690人で続き、3位がナポリで4万3050人だった。 ▽7連覇を達成したユベントスは、1試合平均3万8948人で4位だ。それでも、「平均観客数÷キャパシティ」は94%で、20チーム中トップだった。こちらは2位がSPALで93%、3位がカリアリで91%だ。 ▽地元トリノに限らず全国的にユベントスが人気だということは、今年のデータでも明らかだった。各会場のシーズン最多観客試合が対ユベントスというクラブは「11」。2番手がインテルの「3」という事実からも、圧倒的な差があったことがうかがえる。 ▽最も空席が目立ったのはキエーボvsボローニャ。「観客数÷キャパシティ」が23%だった。キエーボは「平均観客数÷キャパシティ」が38%で20チーム中ワーストとなっている。 ▽巨大なオリンピコを本拠地とするラツィオは、キエーボに次ぐワースト2位の47%となっている。ただ、チームの好調はファンをスタジアムに向かわせており、シーズン終盤に向けて観客数は右肩上がりとなった。 ▽『ガゼッタ』によると、全体としての観客動員数は前年比で10%増えたとのこと。良い流れを来季以降につなげられるだろうか。 2018.05.23 06:30 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース