イタリア代表、マンチーニ招へいにラストスパート…弁護士と細部調整へ2018.05.10 23:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は、ロベルト・マンチーニ監督の招へいに着々と準備を進めている様子だ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽ロシア・ワールドカップ出場を逃したイタリア代表は次の世代に向けて準備を始めている。新監督選びは慎重に進められてきたが、最近になってロシアでゼニトを率いているマンチーニ監督に絞った様子だ。

▽今回の『ガゼッタ』紙の報道によると、FIGCは指揮官の恋人で弁護士でもあるシルヴィア・フォルニーリと接触。10日と11日で契約の細部を詰めることになるとのこと。この話し合いを済ませたあとで、マンチーニ監督を雇っているゼニトとの交渉に入る見通しだと伝えられている。

▽FIGCのアレッサンドロ・コスタクルタ氏は、今月20日に新監督を発表するとしていた。交渉はまとまるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ネドヴェド氏、今季のユーヴェに期待…C・ロナウド獲得には「イタリアサッカー全体にもプラス」

ユべントスのパヴェル・ネドヴェド副会長が13日、ユべントス公式チャンネル『ユベントスTV』のインタビューに応じ、セリエA開幕戦に向けて意気込みを語ったほか、新加入の選手に言及した。<br><br>「ユーベの目標は決して変わらない。唯一、重要な言葉は勝利すること。これはいつも会長が言っていることだ。どこでも勝つ。あらゆる試合に勝つということ。我々にとって勝利は重要であり、まずキエーヴォ戦からそれを証明したい」<br><br>今夏、レアル・マドリーから世界最高峰のC・ロナウドが加入。12日にヴィラル・ペローザで行われたユベントスB(プリマヴェーラ)との試合では早速、初得点を挙げた。<br><br>「ユヴェントスはヨーロッパにおいて、さらに前進したはずだ。彼をここに連れてくることができたのは最高だ。チームの将来だけでなく、イタリアサッカー全体にもプラスアルファをもたらしてくれるだろう」<br><br>続いてリバプールから加入したMFエムレ・ジャンについても触れ、C・ロナウドの陰に隠れて過小評価されていると主張した。<br><br>「彼について話が出ることはほとんどないが、幹部にとって重要な補強だった。ヨーロッパ各国のビッグクラブが獲得を狙っている中、我々の下へ連れてくることができた。彼は戦術面、技術面ともに完璧で、ボール技術に非常に長けた典型的なドイツ選手と言える。皆さんも彼がチームにとっていかに重要であるか分かるようになるだろう」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.14 20:49 Tue
twitterfacebook
thumb

DAZN、セリエA放映権を取得 CR7加入のユーベ開幕戦を独占生配信

▽スポーツ・チャンネル『DAZN(ダゾーン)』は14日、2018-19シーズンのセリエA放映権を獲得したことを発表した。 ▽ユベントスが圧倒的強さで7連覇中のセリエA。そのセリエAの放送権を取得したDAZNは、8月18日の開幕節から毎節最大7試合を配信し、そのうち1試合を独占ライブ中継する。 ▽また、今夏にレアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得したことで沸くユベントスの開幕戦は、独占ライブ中継が予定されている。 ▽そのほか、『DAZN(ダゾーン)』は、2018-19シーズンのプレミアリーグやリーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグの放映が決定している。 ◆セリエA開幕節 対戦カード ▽8/18(土) 《25:00》 キエーボ vs ユベントス 《27:30》 ラツィオ vs ナポリ ▽8/19(日) 《25:00》 トリノ vs ローマ 《27:30》 パルマ vs ウディネーゼ ミラン vs ジェノア エンポリ vs カリアリ ボローニャ vs SPAL サッスオーロ vs インテル サンプドリア vs フィオレンティーナ ▽8/20(月) 《27:30》 アタランタ vs フロジノーネ<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.14 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

元ミラン監督、ガットゥーゾを羨む「クラブは私を守ってくれなかった。彼はラッキー」

元ミラン指揮官のクリスティアン・ブロッキ氏は、イタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じ、古巣のミランについて語った。<br><br>ブロッキ氏はミランの下部組織出身で、トップチームでは合計6年間、プレーした経験を持つ。引退後は、下部組織のアリエーヴィやプリマヴェーラを指揮。2015-16シーズンには、解任されたシニシャ・ミハイロヴィッチに代わってトップチームの監督に就任すると、日本代表MF本田圭佑も指導した。だが昨シーズン、同じくプリマヴェーラから昇格した現指揮官のジェンナーロ・ガットゥーゾと比較し、自身はクラブに守られず、運に恵まれていなかったと語る。<br><br>「考えても無駄だ。監督は技術や知識だけの問題ではない。運も必要になる。適切なタイミングで適切な場所にいる必要がある。若い者に限らず、監督は守られるべきだと思う。私のいたときは違った。リーノは運に恵まれた。彼は私にとって弟のような存在であり、嬉しく思う。ミランや代表での経歴を考えれば、彼には相応しい待遇だと思う。ただ私の場合は違ったけど&hellip;」<br><br>またミランのレジェンドであるパオロ・マルディーニ氏が今夏、幹部として古巣に復帰したことを喜んだ。<br><br>「熱気があって良い。世界レベルの重要な選手や将来性の豊かな選手が加入した。それにパオロ・マルディーニのような不可欠な存在が戻ってきた。非常に大切で重要な人物であり、熱気も増した。彼が戻って来て、喜んでいる。レオナルドと同じく、偉大なプロフェッショナルであり、忠誠なチームメートだった。彼がまたミランのために働いてくれるは嬉しい」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.13 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ、名門ミラン復活へ自信「ユーベに追いつくのに時間は多くかからない」

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾは、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じ、王者ユベントスとの実力差を埋めていけるはずだと自信を見せた。<br><br>ミランは11日、サンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリーとの親善試合に臨み、1-3で敗れた。ガットゥーゾは試合終了後、課題を指摘した。<br><br>「昨年、最大の欠点は美しいサッカーをしながらも結果を持ち帰れないことだった。今日は素晴らしい試合をしていたのに残念だ。この点については改善する必要がある。46分や91分に失点しないよう取り組んでいかなければならない。交代でクオリティが落ちたと言うのは簡単だが、実際はそうではない。ミランでプレーする者なら準備ができていなければならない。いつでもだ」<br><br>またミランの闘将は、セリエA7連覇中の王者ユベントスとの力の差を認めているが、それほど遠くない将来、追いつくことは可能だと考える。<br><br>「パフォーマンスは良かったし、チームは精神的にも状態が良く、良いプレーができている。全体的に私は非常に満足している。戦力は上がっているが、ユベントスとの差は非常に大きい。だが若いチームだし、正しい道を進んでいると思う。この調子で進んでいけば、差を埋めるのにそれほど多くの時間はかからないだろう」<br><br>最後に、今夏、ユベントスから加入したFWゴンサロ・イグアインに対し、苦言を呈している。<br><br>「普段の練習から信頼されるようにならなければならない。チームメートを追い払うのではなく、鼓舞するように努めるべきだ。やって来てからこんな調子だ。だが彼だけの力では、どこにも行けない」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.13 14:56 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがユーベデビュー戦で早速ゴール!

▽今夏、レアル・マドリーからユベントスに電撃移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが12日に行われた新天地でのデビュー戦で早速ゴールを決めた。 ▽先月10日にクラブとセリエAレコードを更新する総額1億1200万ユーロ(約146億円)の移籍金で、ユベントスに加入したC・ロナウド。その後、ロシア・ワールドカップ後の休暇に戻った同選手だが、先日からクラブに合流し新シーズンに向けて調整を進めていた。 ▽そして、12日にはユベントスのオーナーを務める『フィアット』創業家のアニェッリ一族のルーツがあるヴィッラール・ペローザで行われたユベントスのプリマヴェーラとの親善試合で待望のユベントスデビューを飾った。 ▽C・ロナウドは出戻りのボヌッチやジャンらその他の新戦力とディバラやドグラス・コスタら主力と共に先発組に入り、センターフォワードで出場。そして、試合開始8分にはハーフウェイライン付近でボールを持ったベルナルデスキのロングフィードに完璧に抜け出すと、最後はボックス内でGKとの一対一を制してデビュー戦で早速ゴールを記録。1万5000人のユベンティーノの前できっちりアピールした。 ▽その後、前半終了までの45分間プレーしたC・ロナウドはオーバーヘッドで2点目を目指すなど、精力的なプレーを見せて新天地でのデビュー戦を良い形で終えた。 ▽なお、試合はC・ロナウドの先制点とディバラの2ゴール、マルキジオのゴールなどでトップチームが5-0のスコアでプリマヴェーラの若手にきっちり勝利している。 2018.08.13 03:45 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース