イタリア代表、マンチーニ招へいにラストスパート…弁護士と細部調整へ2018.05.10 23:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は、ロベルト・マンチーニ監督の招へいに着々と準備を進めている様子だ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。▽ロシア・ワールドカップ出場を逃したイタリア代表は次の世代に向けて準備を始めている。新監督選びは慎重に進められてきたが、最近になってロシアでゼニトを率いているマンチーニ監督に絞った様子だ。

▽今回の『ガゼッタ』紙の報道によると、FIGCは指揮官の恋人で弁護士でもあるシルヴィア・フォルニーリと接触。10日と11日で契約の細部を詰めることになるとのこと。この話し合いを済ませたあとで、マンチーニ監督を雇っているゼニトとの交渉に入る見通しだと伝えられている。

▽FIGCのアレッサンドロ・コスタクルタ氏は、今月20日に新監督を発表するとしていた。交渉はまとまるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

「なぜガットゥーゾは分からない?」ミラン元会長ベルルスコーニ氏が不満を吐露

セリエC(イタリア3部)モンツァのオーナーのシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が、古巣であるミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾを批判した。イタリアメディア『ANSA通信』が伝えている。<br><br>ベルルスコーニ氏は先日、ミラノ近郊に拠点を置くモンツァを買収。約1年半ぶりにサッカークラブ経営へと乗り出した。しかし今でも31年間にわたり名物会長として活躍した古巣ミランのことが頭を離れないようだ。2トップの後ろにトップ下の選手を置くフォーメーションを好む元会長は、1トップが主流のガットゥーゾの戦術に物申した。<br><br>「ガットゥーゾのミランは1トップでプレーしていても好きか? いや、私は嫌いだ。(ゴンサロ)イグアインは、ミランが長年、必要としていたストライカーと言える。だがなぜ、スソのようなセカンドトップのサポートをつけないのか理解に苦しむ」<br><br>ベルルスコーニ氏はセリエAへの興味を否定しつつ、21日に行われるインテルとのミラノダービーを観戦するようだ。<br><br>「私はサッカーが大好きなんだが、セリエC限定だよ。今はセリエAについて何も分からない。興味があるのはモンツァだけだ。ダービーは、ミランのフォーメーションや戦術にガッカリしながらテレビで観戦するつもりだよ。(2トップが良いことは)私でも分かる。(カルロ)アンチェロッティや(ファビオ)カペッロでもわかることなのに、なぜ現指揮官には理解できないのだろうね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.15 15:35 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルSD、イカルディへのオファーをけん制?「選手も協力的」と契約延長を示唆

インテルのピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)が、イタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じた。主将でエースのFWマウロ・イカルディとの契約延長を検討していることを明らかにしたほか、インテルの展望についても語った。<br><br>昨シーズン、ラツィオのFWチーロ・インモービレとともにセリエA得点王の座に輝いたイカルディには、これまでもヨーロッパの複数のビッグクラブが獲得に関心を示してきた。冬の移籍市場に向けて、マンチェスター・ユナイテッドが25歳FWに熱視線を送っているとの情報も報じられたが、インテルSDは契約更新の可能性を示唆し、オファーをけん制した。<br><br>「我々としては、契約を更新し、条件を調整したいと考えている。向こう(イカルディ)側も協力的だ。だが契約は3年間あるので急ぐ必要はない。数日間で決めることもできるし、数カ月かけて決めることもできる。問題ではない」<br><br>またアウジリオSDは、インテルの目標がチャンピオンズリーグ(CL)において16強に進出することであると明かした。<br><br>「以前の目標はCL出場権の獲得だったが達成できた。CLで16強にたどり着くためにあらゆる手を尽くすつもりだ。(指揮官ルチアーノ・スパレッティへの)プレゼントは、3月時点でもこの重要な大会において勝ち残っていることだろう。いずれにせよ監督はプレゼントを必要としていない。我々は強いチームであることを認識している。(21日のミラノ)ダービーでもそれを証明したい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.13 15:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ゼンガがセリエBのベネチアの監督に就任

▽セリエBのベネチアは12日、ワルテル・ゼンガ氏(58)を監督に任命したことを発表した。 ▽現役時代にイタリア代表やインテル、サンプドリアの正守護神として活躍したゼンガ氏は、引退後にステアウア・ブカレストやレッドスター・ベオグラード、カターニャ、パレルモ、サンプドリアなどを指揮。カターニャ時代には元日本代表FW森本貴幸を指導していたことでも知られている。直近では昨季クロトーネを指揮していたが、途中就任でセリエA残留を果たすことはできなかった。 ▽ゼンガ新監督の下で再スタートを切るベネチアは、6試合を終えて1勝1分け4敗の16位に沈んでいる。 2018.10.12 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベDF、渦中のC・ロナウドの様子を語る「あれだけ騒がれてるが落ち着いている」

ユベントスのDFアンドレア・バルザーリがトリノで行われたイベントに出席し、同僚であるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて語った。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が11日、報じている。<br><br>バルザーリは、今夏レアル・マドリーから加入したC・ロナウドについて言及。2009年のレイプ疑惑への嫌疑がかけられながらも、冷静さを保ち、プロフェッショナルな姿勢を貫いているポルトガル代表FWの様子を伝えた。<br><br>「あれだけ外野で騒がれているが、今のところ落ち着いているように見える。良い状況とは言えない中、ピッチでは偉大なプロフェッショナルであり、ウディネでも素晴らしいゴールを決めてそれを証明した。僕らの多くがまだ獲得したことのないタイトルを経験済みの彼がチームにもたらしてくれることを願っている」<br><br>またユーベDFは、今シーズン公式戦全勝と絶好調のユベントスについても語った。<br><br>「素晴らしいパフォーマンス、素晴らしい雰囲気でスタートできた。全試合に勝利することは決して簡単ではない。連勝し、成長を続けていくことは非常に難しいことだと思う。だがこのチームなら、すべての目標を達成することができるはずだ」<br><br>「チャンピオンズリーグでは2度決勝で敗れたが、ヨーロッパの舞台で納得できる成績を残してきた。C・ロナウドの加入もあり、かつて夢であったものが目標よりもさらに身近なものになった。今年こそは優勝できるのではないかと感じている」<br><br>さらに5月のサウジアラビア戦以降5試合勝利のないロベルト・マンチーニ率いるイタリア代表についても自身の見解を示した。「まだチームのベースができていないような印象を受けたが、面白いイタリアだった。マンチーニは明確な考えを持っていて、将来に向けてチーム作りをしている」と擁護した。<br>提供:goal.com 2018.10.12 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「カッサーノが戻って来る!」久々のテストマッチで3アシスト、エンテッラ加入が間近に

意中のクラブであるセリエC(イタリア3部)エンテッラの練習に参加している元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、久々に実戦でプレーした。11日、『Goal』の取材により明らかになった。<br><br>2016年夏に当時の所属先であるサンプドリアで構想外となって以降、長らく実戦から遠ざかっていたカッサーノだが、かねてから加入を熱望していたエンテッラへの練習参加が認められ、久々となるテストマッチに挑んだ。対戦相手はアマチュアクラブのリヴァロレーゼとあり、エンテッラがゴールを量産し9-2で勝利した。<br><br>元イタリア代表FWは、終盤に25分間プレー。自身で決定機を決めることはできなかったが、3アシストを記録しまずまずのパフォーマンスを見せた。<br><br>カッサーノは先日、「(エンテッラのアントニオ・ゴッツィ)会長のためなら何でもやれる。あと3~4週間でコンディションが整うと思う。俺なら短時間でベストに持っていける」などと話し、エンテッラでのプレーに意欲を示していたが、順調に調整が進んでいることを言葉通りに示した。<br><br>昨夏、ヴェローナを1カ月足らずで退団して以降は引退発言やその撤回を繰り返すなど、去就や言動が注目されてきた元イタリア代表FWだが、残すは契約の正式発表のみとなる。『Goal』イタリア編集部も「カッサーノが戻って来る」と綴り、ファンタントニオ(カッサーノの愛称)の復帰に期待を寄せている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.12 17:26 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース