ガットゥーゾ、ユヴェントスに4発大敗で「ミスの代償を払った。受け入れなければ」2018.05.10 14:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督はユベントスにコッパ・イタリア決勝で敗れ、強くなって戻ってくることを誓った。イタリア『Raiスポーツ』が報じている。

ミランは9日、コッパ・イタリア決勝でユベントスと対戦。試合は前半をゴールレスで折り返したが、後半に4失点を喫して0-4でタイトルを逃した。ガットゥーゾは4点差というスコアが内容を反映したものではないと語っている。

「フットボールはこういうものだ。結果はパフォーマンスを反映していないが、ミスの代償を支払わされた。56分間は我々はやらなければならないことをやり、ユベントスも我々に問題を生じさせなかった。しかし、我々は自分たちのミスでこうした結果を招いたことを受け入れなければならない」

続けて、「私はまだ若い監督だ。学んでいる最中でもある。ミスも犯すし、そこから学んでいくんだ」と語り、自身も成長している最中であると認めた。


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース