新潟MFホニの去就問題にFIFAが介入…契約解除を認める2018.05.10 10:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽去就問題が揺れているアルビレックス新潟MFホニだが、国際サッカー連盟(FIFA)が契約解除を認めたようだ。ブラジル『グローボ』が報じた。▽昨シーズン、クルゼイロから加入したホニは、明治安田生命J1リーグで32試合に出場し7得点を記録していた。しかし、今冬にクルゼイロとボタフォゴとの間の移籍交渉に絡むとされ、新潟のキャンプに不参加。ブラジル復帰が濃厚とみられていたものの、3月30日に新潟が選手登録を行っていた。

▽『グローボ』によると、互いの主張が食い違っているホニに対し、FIFAが他クラブとの交渉を認めたとのこと。ホニはコリンチャンスと3年契約での交渉をしていたが、今回の決定により移籍交渉を再開できるようだ。

▽ホニの代理人であるセルヒオ・リベイロ氏は、ホニが度のクラブでもプレーできることを保証されたとのこと。しかし、この決定は暫定的なものであるという。

▽また、2017年1月にクルゼイロから新潟へ移籍した際は、1年間のレンタル移籍だったとのこと。しかし、新潟は別の契約が3年間有効だと主張しているとのことだ。しかし、代理人はこの別の契約に関しては認めていないと主張している。

▽代理人は、「ホニは1年間レンタルされ、このレンタル契約の延長は別の契約に依存していた。しかし、それは起こらなかった」と主張。さらに、「クルゼイロがボタフォゴと選手の契約交渉をするほど、ホニはクルゼイロとつながっていた」とし、「FIFAは全ての情報を認識している」と語っている。

▽昨シーズン終了後から揺れたホニの去就問題。ついに、決着がつきそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

新潟が選手移籍の誤報を謝罪…DFソン・ジュフンは慶南FCへの完全移籍ではなく契約満了

アルビレックス新潟は10日、同日に慶南FC(韓国)への完全移籍を発表した韓国人DFソン・ジュフン(24)に関して、完全移籍の事実がなかったことを発表。謝罪した。 新潟は、10日の午前中に2014年からプレーするソン・ジュフンの完全移籍を発表。しかし、その事実はなく、契約満了による退団であると再度発表した。 今回の誤った情報の発表に関して、「誤った発表をご案内したことに関しまして、サポーターの皆様、ご関係者様には多大なるご迷惑をおかけいたしました。訂正してお知らせするとともに、深くお詫び申し上げます」とクラブ公式サイトを通じて謝罪。なお、ソン・ジュフンは移籍先を探している段階とのことだ。 ソン・ジュフンは、韓国の建国大から2014年に新潟へ入団。2015年からは水戸ホーリーホックで2シーズンプレー。2017年に復帰していた。2018シーズンは明治安田生命J2リーグで23試合に出場していた。 2019.01.10 15:58 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FC、大宮でもプレー…チョ・ヨンチョルが8年ぶり新潟復帰!「胸の高鳴りを抑えることができない」

アルビレックス新潟は10日、慶南FC(韓国)から元韓国代表MFチョ・ヨンチョル(29)を獲得したことを発表した。 チョ・ヨンチョルは、2007年に蔚山鶴城高校から横浜FCに入団。その後、2009年にアルビレックス新潟に完全移籍し、3年間のプレーを経て、大宮アルディージャへ。2年間半主力としてプレーし、カタールSC、蔚山現代を経て、兵役のため尚州尚武FCに加入。昨シーズンは公式戦13試合に出場していた。 5年ぶりJリーグ復帰、そして8年ぶり新潟復帰が決まったチョ・ヨンチョルは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「皆さん、お元気でしたか。このたび、新潟への移籍が決まり、久しぶりに新潟サポーターの皆さんにご挨拶することができて、心より嬉しく思います」 「しばらく離れてはいましたが、心のふるさとのような新潟を片時も忘れず、遠くから応援していました。今季から再びチームの一員になり、J1昇格をかけて皆さんと一緒に戦えると思うと、胸の高鳴りを抑えることができません。皆さんと交流できるその日を、指折り数える気持ちで待っていますよ。それでは、これから皆で頑張ってまいりましょう!」 2019.01.10 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

新潟DFソン・ジュフン、慶南FCに完全移籍

アルビレックス新潟は10日、DFソン・ジュフン(24)が慶南FC(韓国)に完全移籍することを発表した。 ソン・ジュフンは2014年に韓国の建国大学校から新潟に入団。5年目を迎えた昨シーズンは明治安田生命J2リーグに23試合出場した。 慶南への完全移籍が決定したソン・ジュフンは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントした。 「この度、慶南FCに移籍することになりました。昨シーズンの目標であったJ1昇格を果たすことができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。移籍することになりましたが、これまで以上に努力して、いい選手になります。これからも新潟の活躍に期待して、応援していきたいと思います。今まで本当にありがとうございました」 2019.01.10 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

新潟、ブラジル人FWフランシス&MFサムエル・サントスを獲得!

アルビレックス新潟は9日、ブラジル2部のECサンベントに所属するFWフランシス(28)とMFサムエル・サントス(28)の加入内定を発表した。 ブラジル出身のフランシスは、母国のヴォトラチーFCでプロキャリアをスタート後、ボタフォゴ、ヴィトーリア・ギマランイスなど同国複数クラブでプレー。新潟は「力強い縦への突破が魅力のアタッカー。前線からの積極的な守備も持ち味」だと特徴を紹介している。 同じくブラジル出身のサムエル・サントスは、パルセイラスでプロキャリアをスタート後、ボタフォゴやポルトガルのマリティモ、フィゲイレンセなどでプレー。特徴は「ロングパス、ショートパスとも精度が高く、個人技で局面も打開できるMF」だと紹介している。 新潟への加入が内定した両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆フランシス 「新潟のサポーターの皆さんこんにちは。皆さんに伝えたいことは、今とても熱いものが込み上がっていること、そして新潟で戦えることへの幸せな気持ちだということです。 新潟の皆さんと喜びを分かち合えるようなプレーをしたいと思います。新潟に関わる皆様と共に、いいシーズンにしましょう!がんばろう!新潟!」 ◆サムエル・サントス 「新潟のサポーターのみなさんこんにちは。新潟のためにプレーできるチャンスをいただき、とても幸せです。そして、早くサポーターの皆さんの前でプレーしたいと思っています。私の持っている強い気持ち、戦う姿勢、すべてを新潟の目標達成のために捧げます。今年のリーグ戦が我々にとって素晴らしいものになるように。いこうぜ!新潟!」 2019.01.09 16:15 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟、DF西村竜馬と契約満了…昨季山形へレンタル

アルビレックス新潟は8日、モンテディオ山形に期限付き移籍していたDF西村竜馬(25)と2019年2月1日以降の契約を締結せず、2018シーズンをもって契約満了とすることを発表した。 新潟の下部組織出身の西村は、ブラジルでのプレーやJAPANサッカーカレッジ、アスルクラロ沼津を経て、2016年に新潟に入団。山形へは2017年8月から期限付き移籍で加わっており、昨シーズンは明治安田生命J2リーグ8試合に出場していた。 西村は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆DF西村竜馬 「新潟ユースからトップ昇格後、アルビレックス新潟の選手として何一つ結果を残すことができませんでした。ブラジルへの武者修行や育成型期限付き移籍など、僕の成長できる環境を提供していただいた関係者各位の皆様、ありがとうございました」 「ユースチームでは、高校入学と同時に、人としてもサッカー選手としても成長させていただきました。ユース加入後、経験のなかったセンターバックというポジションを一から指導していただいた、片渕さん、入江さんには今でも感謝しかありません。プロサッカー選手になれると思っていなかった僕に、夢や希望を与えてくださった皆様、本当にありがとうございました」 2019.01.08 15:02 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース