チアゴ・シウバが偉大なジェスチャー! 大健闘3部のレ・ゼルビエ主将を招きクープ・ドゥ・フランス優勝杯を共に掲げる2018.05.10 01:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)の偉大なるキャプテン、ブラジル代表DFチアゴ・シウバが8日に行われたクープ・ドゥ・フランス決勝後に見事な振る舞いを見せた。フランス『Le Parisien』など複数メディアが伝えた。

▽今シーズンのクープ・ドゥ・フランス決勝は、大会3連覇中のPSGと3部所属ながら圧巻の快進撃を見せたレ・ゼルビエという、“ダビデとゴリアテ”の戦いとなった。試合はMFロ・セルソ、FWエディンソン・カバーニのゴールによってPSGが順当に2-0の勝利を収めたものの、世界屈指の巨人相手に見せたレ・ゼルビエの選手たちのパフォーマンスは素晴らしいものだった。

▽そして、レ・ゼルビエの健闘に心を打たれたPSGのキャプテンは、トロフィーリフトの際に粋な演出を見せた。チアゴ・シウバは、トロフィープレゼンターを務めたフランスのエマニュエル・マクロン首相からトロフィーを受け取る前に、レ・ゼルビエのMFセバスティアン・フロンションの元を訪れて、自身と共にトロフィーリフトを行うことを提案。この粋な申し出にフロンションは感激した様子を見せると、マクロン首相も心からの拍手でチアゴ・シウバの申し出を称賛した。

▽そして、優勝チームと準優勝チームのキャプテン同士のトロフィーリフトにはいつも以上に盛大な拍手が捧げられた。

▽この美しいチアゴ・シウバからの申し出に関して、バルセロナのDFサミュエル・ユムティティの子供時代の親友としても知られるフロンションは、「とてもしゃれた振る舞いだった。彼らは本当に偉大なプレーヤーを持った偉大なチームだよ」と称賛のコメントを残している。

▽なお、『Le Parisien』の伝えるところによれば、今回の美しいトロフィーリフトを演出したのはPSGのクラブ幹部であるジャン=クロード・ブラン氏だったという。同氏はアシスタントコーチのズマナ・カマラ氏を通じて、レ・ゼルビエ側に今回のプランを伝えてそれをチアゴ・シウバが実行に移していたとのことだ。

▽また、過去にもリヨンやナントといったクラブが今回のPSGと同様に両チームでのトロフィーリフトを行っていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ユーベ退団のマルキジオにブッフォンが… Jリーグ行きは夢物語か

▽イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ(32)の新天地は、フランスになるのかもしれない。フランス『le10sport』が報じた。 ▽下部組織時代を含めてユベントスで在籍25年間の長期キャリアを築いたマルキジオ。17日にクラブとの契約解消が発表され、今後の去就に注目が集まっている。事前の報道で行き先の候補としてJリーグの噂も取り沙汰されたが、そのほかにもベティスやセビージャが関心を示しているとみられる。しかし、ベティスとセビージャはそれぞれ他のターゲットを最優先事項に掲げており、マルキジオの獲得に消極的だという。 ▽そこで、新たな候補として浮上したのが、パリ・サンジェルマン(PSG)とマルセイユのリーグ・アン勢だ。その中でも、PSGにおいてはユベントス時代の僚友であり、今夏にパリ行きを決断したイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが去就に揺れるマルキジオに声をかけているという。 2018.08.20 16:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ブッフォンも胸熱? ウェア息子と共にテュラム息子と対戦!

▽パリ・サンジェルマン(PSG)の元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(40)が18日に行われたリーグ・アン第2節のギャンガン戦で特別な経験をした。 ▽PSGは18日のギャンガン戦を3-1で逆転勝利し、リーグ開幕2連勝を達成した。同試合に先発出場したブッフォンだが、同試合では“リベリアの怪人”として知られたジョージ・ウェア氏の息子、FWティモシー・ウェア(18)が同じく先発で出場した。さらに、対戦相手のギャンガン戦では元フランス代表DFのリリアン・テュラム氏の息子、FWマルクス・テュラム(21)が先発でプレーしたため、パルマ時代に共闘したテュラム氏、その当時ミランで活躍したウェア氏の息子と競演を果たすことになった。 ▽なお、かつての同僚テュラム氏の息子マルクスをきっちりシャットアウトしたブッフォンは試合後にはユニフォーム交換も行っていた。 ▽1990年代のセリエAファンにとっては未だに活躍するブッフォンの健在ぶりと共に、当時セリエAを席巻したスーパースターの息子2人の競演に思わず胸を熱くしたことだろう。 2018.08.19 23:40 Sun
twitterfacebook
thumb

英代表DFダニー・ローズはPSGへ? 移籍金70億円で決着か

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、引き続きトッテナムに所属するイングランド代表DFダニー・ローズ(28)獲得に動いているようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽2007年にリーズ・ユナイテッドからトッテナムに加入したローズ。イングランド代表として戦ったロシア・ワールドカップでは、5試合に出場して同国の28年ぶりベスト4進出に貢献した。しかし、クラブでは主力の座を確保することができず、昨シーズンもケガの影響もあり、プレミアリーグ10試合の出場に留まっている。 ▽出場機会の確保に苦しむローズに関しては今夏の移籍が取り沙汰されており、これまではシャルケへのレンタル加入が濃厚と伝えられていた。しかし、シャルケは17日にモロッコ代表DFハムザ・メンディル(20)をリールから完全移籍で獲得したと発表。これにより、ポジションの被るローズからは撤退することになったと『エクスプレス』は報じている。 ▽そして、代わりに有力候補に躍り出ているのが、以前から関心を示しているPSGだ。シャルケの撤退によりローズの獲得資金はやや落ち着き、5000万ポンド(約70億円)で決着する可能性があると推察されている。 2018.08.19 17:30 Sun
twitterfacebook
thumb

フィリペ・ルイスが移籍を志願 3年契約でPSG入りか

▽スペイン『マルカ』は、アトレティコ・マドリーに所属するブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)が移籍を志願したと報じた。 ▽伝えられるところによれば、フィリペ・ルイスに対しては、以前からパリ・サンジェルマン(PSG)の監視下に。先のUEFAスーパーカップで先発から外されたことに不満を募らせ、アトレティコ・マドリー退団の意思を固めた模様だ。 ▽PSGはフィリペ・ルイスに対して、既に3年契約のオファーを打診。今シーズン限りでアトレティコ・マドリーとの契約が満了を迎えるフィリペ・ルイスもこのオファーを受け、36歳までプレーすることを視野に入れているという。 ▽今夏に見事な立ち回りで補強を完遂させたアトレティコ・マドリー。フィリペ・ルイスが去るとなれば、左サイドバックの適任者がDFリュカ・エルナンデスだけとなるが、ディエゴ・シメオネ監督の決断はいかに。 2018.08.19 07:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ドラクスラー、ドイツ期待の若手に押し出され退団?

▽ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(24)に、パリ・サンジェルマン(PSG)退団の可能性が浮上している。フランス『Le10 Sport』が報じた。 ▽ドイツ代表としても37キャップを誇るドラクスラーは、シャルケ下部組織で育った後、ヴォルフスブルクを経て、2016年1月からフランスの強豪PSGでプレー。しかし、全体的なレギュラーとして君臨することは叶わず。昨シーズンは公式戦47試合5ゴール10アシストを記録したが、プレー時間は2630分(約30試合相当)に留まった。 ▽『Le10 Sport』によると、PSGのトーマス・トゥヘル監督は今夏シャルケから加入した期待の若手、U-21ドイツ代表DFシロ・ケフラー(21)を守備的MFとして育てる構想を持っているようで、押し出されるような形でドラクスラーのプレー機会が減少する可能性が高いという。そのため、クラブの上層部がドラクスラー売却を考慮しているとのことだ。 ▽移籍先の候補としては、古巣シャルケをはじめ、ライプツィヒ、そして元ライバルクラブであるドルトムントが挙げられている。しかし、未だオファーは届いておらず、依然として不透明な状況だ。 2018.08.18 21:10 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース