ドイツ代表に痛手…ノイアーの今季中の復帰はなし…ぶっつけ本番でW杯か断念か2018.05.10 00:01 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは今シーズン中に復帰する可能性は絶望的なようだ。同クラブを率いるユップ・ハインケス監督がドイツ『キッカー』で明かした。

▽バイエルンとドイツ代表の絶対的守護神であるノイアーだが、昨年9月中旬に中足骨を骨折。今季終盤戦での復帰が見込まれていたものの、当初より経過が悪く復帰が遅れていた。先月に入ってようやくトレーニングに復帰したものの、今季残り試合で復帰する可能性は絶望的なようだ。

▽ハインケス監督はフランクフルトとのDFBポカール決勝の出場に関しては「まだ可能性がある」と語った一方、ノイアーが今季のリーグ最終戦となるシュツットガルト戦を欠場すると語った。

▽なお、ノイアーは今週に行われたインタビューで「ワールドカップでプレー可能かどうかは現時点でわからない。ただ、試合への復帰なしでワールドカップに行くことはできないと思う。自分とドイツ代表チームにとって正しい決断をしたい」と、自身の状態次第ではW杯出場を諦める可能性も語っていた。

▽その一方で、先日にドイツ代表でマネージャーを務めるオリバー・ビアホフ氏は、ノイアーがたとえ正GKとしてプレーできなくても精神的な支柱として23人のメンバーに入れる可能性も示唆している。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、ドグラス・コスタ獲得検討か…114億円準備

▽イギリス『サン』は、マンチェスター・ユナイテッドがバイエルンに所属するブラジル代表FMFドグラス・コスタ(27)の獲得を検討していると報じた。 ▽卓越したテクニックを武器に新進気鋭のドリブラーとして名を馳せるドグラス・コスタは昨夏、買取オプション付きのレンタルでバイエルンからユベントス入り。移籍初年度ながら47試合6得点14アシストの活躍を見せ、セリエA7連覇に貢献した。 ▽ユベントスは昨夏、バイエルンとレンタル料700万ポンド(約10億1000万円)+完全移籍オプション額3300万ポンド(約48億円)で合意。ユナイテッドはユベントスが買取りを見送った場合、7900万ポンド(約114億9000万円)を支払う用意があるという。 2018.05.26 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ミュラーが語るバロンドール有力候補は?「世界中が新たな選手を待っている」

バイエルンFWトーマス・ミュラーは、リバプールが26日に行われるレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝に勝利すれば、モハメド・サラーがバロンドールの有力候補であると『ミラー』に語った。<br><br>サラーは今季より加入したリバプールでリーグ戦において32ゴールを挙げ、38試合制でのプレミアリーグ新記録を樹立。プレミアリーグ年間最優秀選手、PFA(イングランド・プロサッカー選手協会)年間最優秀選手に選出された。<br><br>バロンドールは2007年に当時ACミランに所属していたカカが受賞して以降は、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナFWリオネル・メッシがそれぞれ5度ずつ獲得。2人の選手により10年間タイトルが独占されている状況にミュラーは、エジプト代表ストライカーが新たな受賞者になる可能性があると主張した。<br><br>「モー・サラーはとても印象的だと思うよ。もしリバプールがチャンピオンズリーグを優勝すれば彼が有力候補さ。世界中が新たなバロンドーラーを待っているんだ。レオ・メッシとロナウドは飛び抜けている。でもサラーの今季のパフォーマンスもまた飛び抜けていた。彼にも大きなチャンスがあると思うよ」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.05.25 22:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ビダル、ユーベ復帰を強く希望か

▽イタリア『カルチョメルカート』は、バイエルンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(31)が古巣ユベントスに復帰することを強く希望していると報じた。 ▽2011年から2015年までユベントスでプレーしたビダルは、ファイターぶりを生かして、その間に4度のセリエA制覇や1度のコッパ・イタリア優勝に貢献。2015年夏からバイエルンに活躍の場を求め、そのドイツでも3度のブンデスリーガ制覇を経験するなど、不動の地位を確立した。 ▽しかし、そのビダルはバイエルンとの契約が2019年までとなっている。先日、元イタリア代表MFアンドレア・ピルロの引退試合でユベントス時代の元同僚であるDFジョルジョ・キエッリーニや、MFクラウディオ・マルキジオらと再会。自身の代理人に復帰希望をユベントスに伝えるよう要請したという。 ▽また、バイエルンはシャルケからドイツ代表MFレオン・ゴレツカの加入が内定。そのため、同じポジションを主戦場とするビダルの出場機会に影響を及ぼす可能性がある。そういった状況を把握するユベントスは現在、別のターゲット確保に動いているものの、1つの選択肢としてビダルの復帰を考慮している模様だ。 2018.05.25 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

【2017-18ブンデスリーガ・ベストイレブン】6連覇のバイエルンから6選手を選出

▽2017-18シーズンのブンデスリーガが終了しました。そこで本稿では今季のブンデスリーガのベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆ブンデスリーガベストイレブン GK:ウルライヒ DF:パパスタソプーロス、ナウド、フンメルス MF:キミッヒ、ミュラー、フォクト、ハメス・ロドリゲス FW:ウート、レヴァンドフスキ、ベイリー GKスベン・ウルライヒ(29歳/バイエルン)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_88_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:29(先発回数:29)/失点数:26 /出場時間:2610分 ▽CLレアル・マドリー戦では敗退につながる凡ミスを犯して悪い印象を残してしまったが、リーグ戦では守護神ノイアーの代役を見事に全うしていた。決して少なくないピンチをウルライヒのセーブで救われたシーンは幾度もあった。バイエルンの優勝に間違いなく貢献した一人だった。 DFソクラティス・パパスタソプーロス(29歳/ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_89_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:30(先発回数:28)/得点数:2/出場時間:2374分 ▽ドルトムントから唯一の選出とした。大半の選手が水準以下のパフォーマンスに終わっていた中、ディフェンスリーダーであるパパスタソプーロスは、経験値の乏しいDFアカンジやDFザガドゥらを携えて奮闘していた印象だ。ただ、そのパパスタソプーロスも契約延長を固辞してアーセナル行きが濃厚と見られており、ドルトムントとしては頭の痛い問題が続く。 DFナウド(35歳/シャルケ)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_90_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:34(先発回数:34)/得点数:7/出場時間:3060分 ▽大ベテランの域に達したが、フルタイム出場で大車輪の活躍を見せた。テデスコ監督の下、3バックの中央を任されたナウドは、本職でないスタンブリらをうまく統率するとともに攻撃時のセットプレーで存在感を発揮。7ゴールを挙げ、チームを攻守両面で支えた。 DFマッツ・フンメルス(29歳/バイエルン)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_91_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:26(先発回数:25)/得点数:1/出場時間:2213分 ▽バイエルンの守備の要として十分なパフォーマンスを発揮。例年泣かされる負傷もなくコンスタントにプレーし、チームを後方から支えた。相棒では新たにジューレと組む機会が増えたが、問題なくディフェンスラインを統率した。 MFヨシュア・キミッヒ(23歳/バイエルン)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_92_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:29(先発回数:26)/得点数:1/出場時間:2331分 ▽重鎮ラームが引退した中、右サイドバックの穴を埋める以上の活躍を見せた。本職でないながら持ち前の器用さを活かして攻守にそつなくこなし、1ゴール12アシストと攻撃の起点としても十二分に機能した。 MFケビン・フォクト(26歳/ホッフェンハイム)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_93_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:31(先発回数:31)/得点数:1/出場時間:2790分 ▽ホッフェンハイムの守備の要。もともとはボランチが本職だが、3バックの中央を任され、期待に応えている。194cmの長身で空中戦に強いうえ、フィードも正確でナーゲルスマン監督の戦術を忠実に体現している存在だ。 MFハメス・ロドリゲス(26歳/バイエルン)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_94_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:23(先発回数:19)/得点数:7/出場時間:1623分 ▽レアル・マドリーからレンタルで加入したコロンビア代表MFは、7ゴール11アシストと多くのゴールシーンに絡んだ。その創造性は王者バイエルンにおいても群を抜いており、違いを生み出せる存在だ。日本と対戦するワールドカップを前に非常に厄介な存在となっている。 MFトーマス・ミュラー(28歳/バイエルン)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_95_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:29(先発回数:22)/得点数:8/出場時間:1962分 ▽アンチェロッティ体制下とは別人ではないかと思われるパフォーマンスを見せ付けた。ハインケス監督就任によって本来のゴールへの嗅覚を取り戻したミュラーは、8ゴール16アシストと大暴れ。昨季から続いていた不振が嘘のような活躍を見せた。 FWマルク・ウート(26歳/ホッフェンハイム)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_96_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ブンデスリーガ出場試合数:31(先発回数:24)/得点数:14/出場時間:2176 ▽ホッフェンハイムのダイナミックな攻撃を支えた立役者。推進力が売りのアタッカーはブンデスでキャリアハイとなる14ゴールをマーク。アシストも8つ決め、飛躍のシーズンとなった。ホッフェンハイムにCL出場権をもたらし、来季はシャルケでプレーする。 FWロベルト・レヴァンドフスキ(29歳/バイエルン)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_97_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:30(先発回数:24)/得点数:29/出場時間:2169分 ▽好不調の波が非常に少ないゴールゲッター。コンスタントにゴールを積み重ね、バイエルンを6連覇に導いた。ハメス・ロドリゲス同様、ワールドカップでは日本の前に立ちはだかる。 MFレオン・ベイリー(20歳/レバークーゼン)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_98_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:30(先発回数:25)/得点数:9/出場時間:2219分 ▽本来はFWだが、ヘルリッヒ監督の下で左ウイングバックを任された。ゴールから遠ざかったはずだが、持ち前の爆発的なスピードを生かしたドリブルを駆使し、9ゴール6アシストと目に見える結果を残した。 2018.05.24 21:01 Thu
twitterfacebook
thumb

【ブンデスリーガ・シーズン総括】最優秀選手はレヴァンドフスキ!

★ハインケス緊急登板でV時回復のバイエルンが敵なしの6連覇 ▽圧倒的な戦力を誇るバイエルンが順当に6連覇を成し遂げた。2季目を迎えたアンチェロッティ体制下で出だしに躓いたバイエルンだったが、9月に見切りを付け、2012-13シーズンに3冠に導いた老将ハインケス監督を招へい。ここからV時回復した王者はリーグを無双し、第10節で首位に立って以降、1度も首位の座を明け渡すことなく5試合を残して6連覇を成し遂げた。 ▽バイエルンの対抗馬が今季も現れなかった中、混戦のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを制したのはシャルケ、ホッフェンハイム、ドルトムントとなった。シャルケは32歳のテデスコ新監督が手腕を発揮。1部初挑戦だった上、多くの主力を入れ替えた中、DFナウドを軸としたチーム編成が見事にハマり、4シーズンぶりのCL出場権を手にした。 ▽3位に滑り込んだのも若手指揮官率いるホッフェンハイムとなった。2年半前に監督に就任した現在30歳のナーゲルスマン監督率いるホッフェンハイムはヨーロッパリーグ(EL)を戦いつつの難しいシーズン前半を送ったが、シーズン後半に怒涛の追い上げを見せ、昨季の4位を上回る3位でフィニッシュ。昨季は予備予選で涙を呑んだクラブ史上初のCL出場を決めている。 ▽最終節で辛くも4位に踏み留まったのはドルトムント。ボス新監督の下、スタートダッシュに成功したものの10月に入って急失速。守備の脆さを突かれ、失点がかさんだ。その後、12月にケルンを解任されていたシュティーガー監督によって守備が幾分か改善され、のらりくらりの戦いぶりだったが、最低限の4位フィニッシュでCL出場権を手にすることに成功した。 ▽逆にあと一歩でCL出場に手が届かなったのがレバークーゼン。クラブOBのヘルリッヒ新監督の下で攻撃サッカーを標榜したが取りこぼしが多く、リーグ戦一本に集中できるアドバンテージを生かしきれなかった。レバークーゼン同様、ELに回ることになったライプツィヒはCLとの兼ね合いに苦しんだシーズンとなった。 ▽残留争いではDF酒井高徳とFW伊藤達哉のハンブルガーSVがついにクラブ史上初の降格を喫し、FW大迫勇也のケルンが5シーズンぶりの降格となった。一方でFW武藤嘉紀のマインツは武藤のシーズン終盤の活躍もあって残留を勝ち取っている。 【最優秀選手&監督】 ★最優秀選手 ◆FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_82_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3年連続30ゴールには惜しくも届かなかったものの、29ゴールを奪って3度目のブンデス得点王に輝いた。ライバルのオーバメヤンが移籍したことで張り合いのない得点王争いとなったが、さすがの決定力で他の追随を許さなかった。シーズン後半戦はワグナーの加入もあって良好なコンディションを保ってプレーできたことも大きかった。 ★最優秀監督 ◆ユップ・ハインケス(バイエルン)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_83_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アンチェロッティ監督の解任を受けて急遽バイエルンの監督に就任した73歳の名将を選出。4年前にバイエルンを3冠に導いた後に監督業を引退していたハインケス監督だが、そのブランクを感じさせず、不協和音が生じていたチームを見事に立て直して見せた。ハインケス監督就任後、ミュラーとハメス・ロドリゲスが見違えるようなパフォーマンスを発揮したこともバイエルンの独走に拍車がかかった。 【期待以上】 ★チーム ◆シャルケ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_84_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は不振に陥り、6シーズンぶりに欧州カップ戦出場を逃したシャルケだったが、新進気鋭の指揮官であるテデスコ監督を招へいしたことが吉と出た。3バック採用やMFマックス・マイヤーの中盤アンカー起用など、柔軟な采配でチーム力を上げたチームは、混戦のCL出場権争いを制すに至った。 ★選手 ◆FWミッチー・バチュアイ(ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_85_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽冬にチェルシーからレンタルで加入したストライカーは、イングランドでくすぶっていた才能を見事に発揮した。リーグ戦10試合で7ゴールを奪い、ドルトムントの復調を後押しする存在となった。シーズン終盤、負傷で戦列を離れたが、自身の価値を取り戻す移籍となった。 【期待外れ】 ★チーム ◆ケルン&ハンブルガーSV<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_86_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季5位と躍進し、25年ぶりに欧州カップ戦出場を果たしたケルンが5季ぶりに降格となった。昨季チーム内得点王のモデストが移籍したチームは深刻な得点力不足に陥り、未勝利が続いた。シュティーガー監督解任後、ようやく前半戦最終戦で勝利を手にしたが、後半戦に入ってもエンジンがかからなかった。また、近年残留争いを常に強いられていた名門のHSVもついにクラブ史上初の降格となった。3度の監督交代も実らず、キャプテンを務めた酒井高は、不名誉なクラブの歴史に名を刻んでしまった。 ★選手 ◆MFマハムド・ダフード(ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_87_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ボルシアMGで台頭した22歳のMFは、最後までドルトムントに馴染むことができなかった。ギュンドアンを彷彿とさせるプレースタイルで攻撃面でアクセントを付けられるタイプのプレーメーカーだが、その持ち味を発揮することはできなかった。ブンデスリーガでの先発は11試合に留まった。 2018.05.24 21:00 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース