神戸との打ち合いを制した湘南がPOへ望みをつなぐ! 前回対戦のリベンジを果たした鳥栖がダービでルヴァン初勝利!!《YBCルヴァンカップ》2018.05.09 22:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップのグループD第5節の2試合が9日に行われた。▽ノエビアスタジアム神戸で行われたヴィッセル神戸(3勝1分け/1位)vs湘南ベルマーレ(1勝1分け2敗/3位)は、3-4で湘南が勝利した。

▽敗戦でもプレーオフステージ進出の可能性がある神戸と、プレーオフステージ進出へ望みをつなぎたい湘南の一戦。序盤からハイプレスを仕掛ける湘南は5分、相手陣内左サイドでボールをカットした表原がドリブルでボックス左まで持ち上がりシュート。

▽ポゼッションサッカーを掲げる神戸に対し、ハイプレスがハマった湘南は21分に決定機。ボックス左手前でパスを受けた野田隆がカットインからシュートを放つと、相手DFにディフレクトしGK前川の反応が遅れたが、ボールは右ポストを直撃した。

▽なかなか攻撃のリズムが作れなかった神戸だが、29分に先手を取る。味方とのワンツーでボックス右まで侵攻した松下がクロスを供給。レアンドロに当たったこぼれ球をアンドレ・バイアがクリアするも、再びレアンドロに当たったボールがゴールへ。これはGK後藤が弾くも、こぼれ球が齊藤に当たりそのままゴールに吸い込まれた。

▽先制を許した湘南だが、すぐさま反撃に転じる。33分、梅崎の左CKをアンドレ・バイアがヘディングでゴール左に流し込んだ。さらに直後の35分には、野田隆とのパス交換でボックス左に侵入した表原が冷静にゴール右隅に流し込み、逆転に成功した。

▽迎えた後半、1点を追う神戸は北本を下げて那須を投入。さらに54分、野田樹を下げて増山をピッチに送り込んだ。しかし、再びスコアを動かしたのは湘南だった。56分、ドリブルでボックス右深くまで侵入した金子の折り返しをゴール前で受けた野田隆が素早いターンから左足を振り抜くと、このシュートがゴールに突き刺さった。

▽反撃に出たい神戸は59分、バイタルエリアでボールを受けた増山のパスでゴール前に抜け出したレアンドロがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。それでも神戸は72分、松下の左CKをレアンドロがヘディングで流し込み、反撃の狼煙を上げる。

▽しかし、直後の73分に湘南は右サイドでボールキープした石原がドリブルでボックス右から侵入。マイナスの折り返しを供給すると、宮の股を抜いたボールを最後は梅崎が押し込み、再びリードを広げた。

▽試合終盤、やや疲れの見え始めた湘南に対して猛攻をかける神戸は93分、バイタルエリア右でパスを受けた増山が鋭い仕掛けからボックス右まで侵攻。冷静にゴールネットを揺らしたが、反撃はここまで。4-3で打ち合いを制した湘南が、ルヴァンカップ4試合ぶりの白星でプレーオフステージ進出へ望みを繋いだ。一方、敗戦した神戸だが、グループ2位以内が確定し、プレーオフラウンド進出が決まった。

▽そして、グループDのもう1試合、ベストアメニティスタジアムで行われたサガン鳥栖(0勝1分け3敗/4位)vsV・ファーレン長崎(2勝1分け1敗/2位)の九州ダービーは、2-1で鳥栖が勝利した。

▽試合が動いたのは34分、小野のスルーパスに反応した河野がボックス内で島田に倒されPKを獲得。河野のPKはGK増田が右手一本で弾くも、こぼれ球に反応した石井が左足で蹴り込み、鳥栖が先制に成功した。

▽迎えた後半、1点を追う長崎は幸野を下げてベン・ハロランを投入。対する鳥栖は67分に河野をさげて池田をピッチに送り出した。

▽すると71分、再びスコアを動かしたのは鳥栖。右サイドからカットインした石井がボックス右に切り込むと、ボックス内で田代に倒されPKを獲得。このPKを小野がゴール右隅に確実に決め、鳥栖が待望の追加点を奪った。

▽リードを広げられた長崎は84分に反撃。スローインをボックス左で平松が落とすと、これを受けた碓井が加藤に倒され、PKを獲得。このPKを碓井がゴール中央に決め、1点を返した。

▽結局、試合はそのまま2-1で終了。ホーム開催のダービーで前回対戦のリベンジを果たした鳥栖が、ルヴァンカップ初勝利を飾った。

ヴィッセル神戸 3-4 湘南ベルマーレ
【神戸】
OG(前29)
レアンドロ(後27)
増山朝陽(後47)
【湘南】
アンドレ・バイア(前33)
表原玄太(前35)
野田隆之介(後11)
梅崎司(後28)

サガン鳥栖 2-1 V・ファーレン長崎
【鳥栖】
石井快征(前34)
小野裕二(後26)
【長崎】
碓井鉄平(後39)

コメント

関連ニュース

thumb

DAZNをお得に視聴しよう! Jリーグ全54クラブが対象の「DAZN年間視聴パス」が販売開始!

▽DAZNは、9月29日(土)からJリーグ全クラブを対象とした「DAZN年間視聴パス」の販売を開始することを発表した。 ▽「DAZN年間視聴パス」は、通常よりも安く12カ月間の視聴が可能となり、クラブ指定の店舗などで利用できる2000円のクーポン券も付与される。今回から、各クラブのシーズンチケットホルダーやファンクラブ会員以外の方も購入することが可能となり、より多くのサッカーファンが活用できるようになった。 ◆約4000円もお得に! ▽これまでは、税抜きで2万1000円で販売されていた「DAZN年間視聴パス」だが、今回は1万9250円に値下げ。さらに、2000円のクーポンが付くため、約4000円もお得になっている。 ▽また、「DAZN年間視聴パス」の購入金額の一部は、クラブの強化費用として各クラブに還元されるため、自身が応援するクラブを直接サポートすることも可能だ。 ◆既存のDAZNユーザーも利用可能 ▽販売期間は、9月29日(土)から、2019年3月31日(日)までとなり、コード入力期限は2019年4月14日(日)まで。新シーズンのJリーグはもちろんのこと、その他のサッカーやスポーツも楽しめるようになる。 ▽また、既存のDAZNユーザーも利用可能となるが、「DAZN for domcomo」を利用されている方や、Apple App Store、GooglePlay内課金、Amazonアプリ内課金にてお支払いの方、DAZNの利用を一時的に停止中(ポーズ機能を利用中)の方、・スポナビライブ特別割引価格にてご登録をされた方、Spotifyキャンペーンにてご登録をされた方は対象外となる。 ◆各クラブの発表を参考に! ▽申し込みは、各クラブのホームページやオンラインショップ、スタジアム、Jリーグ公式オンラインストア「J.LEAGUE ONLINE STORE」などで可能。Jリーグ全54クラブが対象となっているため、自身の応援したいクラブで購入しよう。 ■「DAZN 年間視聴パス」概要 【名称】DAZN 年間視聴パス 【金額】19,250円(税抜) 【販売期間】 2018年9月29日(土)~2019年3月31日(日) ※コード入力期限は2019年4月14日(日)までとなります 【対象者】 既存のDAZNユーザーの方/新規でDAZNにご登録いただく方 ※今回より、シーズンチケットホルダーやファンクラブ会員以外の方にもご購入いただけるようになりました ※過去にDAZN年間視聴パス/ハーフシーズン視聴パスをご購入・利用いただいている方は現存のアカウントを引き続きご利用いただけます 以下の方は、本サービスのご利用対象外になります ・DAZN for docomoをご利用中の方 ・Apple App Store、GooglePlay内課金、Amazonアプリ内課金にてお支払いの方 ・DAZNの利用を一時的に停止中(ポーズ機能を利用中)の方 ※ポーズ機能を解除するとご利用いただけます。 ・スポナビライブ特別割引価格にてご登録をされた方 ・Spotifyキャンペーンにてご登録をされた方 【特典】 各クラブご指定の店舗などでご利用いただける2,000円分クーポン券 など ※お渡し時期は各クラブによって異なります 【申込方法】 具体的な購入方法や決済方法は各クラブのホームページ、またはお問い合わせ窓口にてご確認ください 【販売場所】 Jリーグ 全54クラブ 各クラブ指定オンラインショップ 各クラブオフィシャルショップ 各スタジアム Jリーグ公式オンラインストア「J.LEAGUE ONLINE STORE」 2018.09.26 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸の情報漏洩疑惑…イニエスタ欠場情報投稿者の所属クラブが謝罪

▽関東サッカーリーグ2部に所属するエリース東京が25日、Jリーグ機密漏洩に関して謝罪した。 ▽神戸は、23日に埼玉スタジアム2002で行われた明治安田生命J1リーグ第27節で浦和レッズと対戦。だが、神戸のDF高橋峻希が試合前、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの欠場など先発メンバーの情報を知人に漏洩したとされ、Jリーグ規約に抵触する疑いが取り沙汰されている。この一件について、神戸は25日に調査開始決定を報告。調査結果等については、改めて報告することを併せて伝えている。 ▽今回の声明によると、高橋と浦和ユース時代に同僚であったエリース東京所属のMF田仲智紀がツイッターを通して神戸のアンドレス・イニエスタ欠場など先発メンバー情報を投稿した模様。同クラブを運営するNPO法人エリースフットボールクラブ代表を務める小宮敏裕氏が、以下のように謝罪している。 「この度、エリース東京所属選手であります、田仲智紀が『Twitter』を経由し、事前にJ1リーグ所属『ヴィッセル神戸』様の一部選手情報を試合当日メンバー発表前にツイートしてしまったことに関しましては、各方面の皆さまにご迷惑をお掛け致しました事、大変申し訳ありませんでした」 「本人もことの重大さに気が付き、早急に削除いたしましたが時すでに遅く(5分後に削除)情報漏洩となってしまったことは、当クラブといたしましても深刻にとらえております。今後の対応につきましては、『ヴィッセル神戸』様ならびに「関係者」様へのお詫びと、再発防止策につきまして、当クラブ役員会(理事会)にて早急に対応させていただき、本人への罰則処分(クラブ規律より)も併せまして、追って本HP上でご報告申し上げます」 「この度は誠にご迷惑をお掛けいたしまして、申し訳ありませんでした」 2018.09.26 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸とイニエスタの前途に期待すること/六川亨の日本サッカーの歩み

▽週末はJリーグの取材がルーティンとなっている。先週末の日曜は浦和対神戸の試合を取材した。往路、高速で事故渋滞に巻き込まれたため、埼玉スタジアムに着いたのは試合開始1時間を過ぎていたが、到着そうそう知り合いの記者から「イニエスタはベンチにも入っていないので、帰った記者もいますよ」と教えられた。さすがに帰りはしなかったものの、今シーズン最多となる5万5689人のファン・サポーターもがっかりしたことだろう。 ▽そして、それ以上にがっかりしたのが試合内容だった。8位神戸対9位浦和の試合だから仕方ないのかもしれないが、両チームともただパスを回すだけで、シュートまで持ち込むことができない。「今シーズン見た中で最低の試合内容だな」とつぶやくと、隣に座っていたサッカー専門誌の編集長も「そうですね」と同意してくれた。 ▽浦和はペトロヴィッチ監督が去り、柏木ら主力も高齢化したため、19歳の橋岡をスタメンで起用するなど若返りを図りつつ、オリヴェイラ監督の下カウンタースタイルへとモデルチェンジ中だ。それがハマったのが興梠の2点目であり、武藤の3点目だった。 ▽柏木のタテパス1本から興梠が抜け出し、GKの鼻先でコースを変えるシュートは興梠らしいゴールだった。そして武藤は、自陣ペナルティーエリア内で武藤を抜こうとした高橋からボールを奪うと、至近距離ながらGKの頭上を抜く鮮やかなループシュートを決めた。 ▽問題は神戸である。ボールポゼッションで浦和を上回ったが、それは浦和がブロックを作って守備を固め、カウンター狙いだったからに過ぎない。自分たちで「ボールを握った」のではなく、「持たされていた」に過ぎない。にもかかわらず、アバウトなパスミスでボールを失うなど、パスをつないでいても「どう崩すのか」という攻撃の意図がまるで見えない。 ▽イニエスタがいないため仕方がないのかもしれない。そのため前線に長沢とウェリントンという長身のストロングヘッダーを起用したのだから、シンプルにクロスを上げてもいいのだが、その精度が低い。ポドルスキは彼らの高さを生かすクロスを入れていたが、彼1人ではどうしようもない実力差を感じた試合だった。 ▽この試合を、就労ビザの関係でスタンドから三木谷オーナーと見守ったリージョ新監督も、自身の前途が多難だと思ったのではないだろうか。神戸がバルサ化を目指すのは理解できる。そのためのイニエスタでありリージョ監督であり、ピケの獲得も狙っていると噂されている。しかし数人のOBでバルサ化できるほどサッカーは簡単ではない。 ▽バルサがバルサなのは、メッシを始めほとんどの選手が各国の代表でもトップクラスというクオリティーの高さにある。翻って神戸の日本人選手に代表クラスは皆無である。正直、「このメンバーでよく8位にいるな」というのが久しぶりに神戸の試合を見て抱いた印象だった。 ▽ロシアW杯など短期決戦の大会では、ボールを保持するポゼッションサッカーよりもカウンターかセットプレーの方がゴールの確率は高まる傾向にある。しかし欧州の各国リーグではバルサやレアル、マンチェスター・C、バイエルンのようにポゼッションサッカーで相手を凌駕しているという事実もある。 ▽今後、神戸がどういうサッカーを選択するのか。イニエスタというビッグネームを獲得した効果は5万人を越える観客を動員したことでも証明された。本来ならダゾーンから優勝資金を得た川崎Fや、首都圏の浦和、FC東京、G大阪といった大企業がバックにあるクラブがビッグネームを獲得してリーグを活性化するべきだろう。 ▽かつてC大阪はフォルランというビッグネームを獲得しながら結果が伴わずに降格した例もある。神戸の、三木谷オーナーのチャレンジが成功することが、Jリーグの活性化につながることを期待しているのは私だけではないだろう。なんだかんだと言っても、目の離せないイニエスタであり神戸でもある。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.09.25 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ファン・ウィジョに漂う救世主のオーラ 復帰後連発、ガンバ連勝/編集部コラム

▽ガンバ大阪に所属する韓国代表FWファン・ウィジョの姿が一段と神々しい。約1カ月間の韓国代表合流から帰還後、明治安田生命J1リーグで2試合に出場して2得点。21日に行われたフライデーナイトJリーグの第27節、清水エスパルス戦で相手のオウンゴールを誘発したシュートを含めると、実質3得点の活躍だ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180925_17_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽待望の復帰を果たした韓国人ストライカーの活躍により、今年の春先から続く不振で降格圏に沈むG大阪も、第26節の神戸戦で今シーズン初のアウェイ戦白星、続く清水戦で今シーズン初の3連勝を達成。長らく負傷欠場が続いたMF今野泰幸の復帰や、MF小野瀬康介とFW渡邉千真の今夏加入組のフィット具合も相まり、ついに降格圏脱出の道筋も見えてきた。 ▽そこで、ファン・ウィジョの代表合流に伴う離脱決定時の「チームが苦しい状況で離れることになりますが、その分代表できっちりと結果を残し、またガンバに合流します」とのコメントがふと頭の中を過ぎった。開幕からチームトップのスコアラーとして攻撃陣をリードしてきたファン・ウィジョは、シーズン途中での長期的なG大阪離脱を経て、さらなる進化を遂げて帰ってきたのではないか。そう感じたからだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180925_17_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽そのファン・ウィジョはG大阪を離脱後、U-23韓国代表のオーバーエイジ枠でアジア競技大会に参戦。大会後の代表ウィークでA代表として2試合の国際親善試合を戦った。特に、アジア競技大会では2度のハットトリックを含む9ゴールで大会得点王に輝き、兵役免除となる金メダルに貢献。一緒にオーバーエイジ枠で出場したFWソン・フンミン(トッテナム)をも凌ぐ存在感だった。 ▽だが、調べてみたところ、ファン・ウィジョに対する大会前の韓国での評価は芳しくなく、城南FC時代の恩師でU-23韓国代表を率いるキム・ハクボム監督による“コネ選出”ともファンから揶揄されるなど、懐疑的な意見が大半を占めたとのこと。ただ、優勝報告で韓国に一時帰国した際は、大活躍のファン・ウィジョをヒーローとして崇める声が挙がるほど評価が一変したという。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180925_17_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽そういった逆境下で結果を残したことがファン・ウィジョの進化に繋がったのだろう。実際、レヴィー・クルピ前監督の後をシーズン途中で受け継ぐ宮本恒靖監督も、復帰初戦のヴィッセル神戸戦で逆転弾を挙げたファン・ウィジョについて、「より効率的なプレーというか、点に直結するような場所でのプレーが増えた。(攻撃の局面での判断が)少し速くなった」と話している。 ▽もちろん、ファン・ウィジョの一時離脱は、J1残留争いの真っ只中にいるチーム的にも相当な痛手だった。それはファン・ウィジョが離脱後もイマイチだったJ1戦績(5試合で2勝1分け2敗)が物語る。だが、国レベルのシビアな戦いに長く身を置いたことでストライカーとしての感覚が研ぎ澄まされ、凄みもさらに増した姿で、G大阪に帰ってきた。今のファン・ウィジョならG大阪の英雄になれる。 《超ワールドサッカー編集部・玉田裕太》 2018.09.25 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

JFA、イングランドサッカー協会とパートナーシップ再締結!

▽日本サッカー協会(JFA)は24日、イングランドサッカー協会(FA)とのパートナーシップ協定を再締結した。25日に公式サイト上で発表されている。 ▽JFAは、24日の16時45分にFAとのパートナーシップ協定再締結に調印。日本側では田嶋幸三会長、イングランド側からはグレッグ・クラーケ会長が代表して出席し、ロンドンの在英国日本国大使館で式が行われた。JFAはこの締結により、両者の関係をさらに強固にし、両国のサッカー発展のため、さらなる相互協力を積極的に図っていく、としている。 ▽協定内容としては、『コーチ育成、グラスルーツプログラム』、『女子サッカー』、『ユースリーダーシップ』、『審判』、『障害者及びパラリンピックサッカー』、『IT』、『セキュリティ』、『技術的交流』、『人的交流』、『各カテゴリーにおける試合開催』、『国際貢献事業の協働』の11項目が列挙。期間は、調印日から1年間(最長3年間)と発表されている。 2018.09.25 17:50 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース