神戸との打ち合いを制した湘南がPOへ望みをつなぐ! 前回対戦のリベンジを果たした鳥栖がダービでルヴァン初勝利!!《YBCルヴァンカップ》2018.05.09 22:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップのグループD第5節の2試合が9日に行われた。▽ノエビアスタジアム神戸で行われたヴィッセル神戸(3勝1分け/1位)vs湘南ベルマーレ(1勝1分け2敗/3位)は、3-4で湘南が勝利した。

▽敗戦でもプレーオフステージ進出の可能性がある神戸と、プレーオフステージ進出へ望みをつなぎたい湘南の一戦。序盤からハイプレスを仕掛ける湘南は5分、相手陣内左サイドでボールをカットした表原がドリブルでボックス左まで持ち上がりシュート。

▽ポゼッションサッカーを掲げる神戸に対し、ハイプレスがハマった湘南は21分に決定機。ボックス左手前でパスを受けた野田隆がカットインからシュートを放つと、相手DFにディフレクトしGK前川の反応が遅れたが、ボールは右ポストを直撃した。

▽なかなか攻撃のリズムが作れなかった神戸だが、29分に先手を取る。味方とのワンツーでボックス右まで侵攻した松下がクロスを供給。レアンドロに当たったこぼれ球をアンドレ・バイアがクリアするも、再びレアンドロに当たったボールがゴールへ。これはGK後藤が弾くも、こぼれ球が齊藤に当たりそのままゴールに吸い込まれた。

▽先制を許した湘南だが、すぐさま反撃に転じる。33分、梅崎の左CKをアンドレ・バイアがヘディングでゴール左に流し込んだ。さらに直後の35分には、野田隆とのパス交換でボックス左に侵入した表原が冷静にゴール右隅に流し込み、逆転に成功した。

▽迎えた後半、1点を追う神戸は北本を下げて那須を投入。さらに54分、野田樹を下げて増山をピッチに送り込んだ。しかし、再びスコアを動かしたのは湘南だった。56分、ドリブルでボックス右深くまで侵入した金子の折り返しをゴール前で受けた野田隆が素早いターンから左足を振り抜くと、このシュートがゴールに突き刺さった。

▽反撃に出たい神戸は59分、バイタルエリアでボールを受けた増山のパスでゴール前に抜け出したレアンドロがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。それでも神戸は72分、松下の左CKをレアンドロがヘディングで流し込み、反撃の狼煙を上げる。

▽しかし、直後の73分に湘南は右サイドでボールキープした石原がドリブルでボックス右から侵入。マイナスの折り返しを供給すると、宮の股を抜いたボールを最後は梅崎が押し込み、再びリードを広げた。

▽試合終盤、やや疲れの見え始めた湘南に対して猛攻をかける神戸は93分、バイタルエリア右でパスを受けた増山が鋭い仕掛けからボックス右まで侵攻。冷静にゴールネットを揺らしたが、反撃はここまで。4-3で打ち合いを制した湘南が、ルヴァンカップ4試合ぶりの白星でプレーオフステージ進出へ望みを繋いだ。一方、敗戦した神戸だが、グループ2位以内が確定し、プレーオフラウンド進出が決まった。

▽そして、グループDのもう1試合、ベストアメニティスタジアムで行われたサガン鳥栖(0勝1分け3敗/4位)vsV・ファーレン長崎(2勝1分け1敗/2位)の九州ダービーは、2-1で鳥栖が勝利した。

▽試合が動いたのは34分、小野のスルーパスに反応した河野がボックス内で島田に倒されPKを獲得。河野のPKはGK増田が右手一本で弾くも、こぼれ球に反応した石井が左足で蹴り込み、鳥栖が先制に成功した。

▽迎えた後半、1点を追う長崎は幸野を下げてベン・ハロランを投入。対する鳥栖は67分に河野をさげて池田をピッチに送り出した。

▽すると71分、再びスコアを動かしたのは鳥栖。右サイドからカットインした石井がボックス右に切り込むと、ボックス内で田代に倒されPKを獲得。このPKを小野がゴール右隅に確実に決め、鳥栖が待望の追加点を奪った。

▽リードを広げられた長崎は84分に反撃。スローインをボックス左で平松が落とすと、これを受けた碓井が加藤に倒され、PKを獲得。このPKを碓井がゴール中央に決め、1点を返した。

▽結局、試合はそのまま2-1で終了。ホーム開催のダービーで前回対戦のリベンジを果たした鳥栖が、ルヴァンカップ初勝利を飾った。

ヴィッセル神戸 3-4 湘南ベルマーレ
【神戸】
OG(前29)
レアンドロ(後27)
増山朝陽(後47)
【湘南】
アンドレ・バイア(前33)
表原玄太(前35)
野田隆之介(後11)
梅崎司(後28)

サガン鳥栖 2-1 V・ファーレン長崎
【鳥栖】
石井快征(前34)
小野裕二(後26)
【長崎】
碓井鉄平(後39)
コメント
関連ニュース
thumb

ACL参戦の鹿島から離脱した三竿健斗と鈴木優磨、Jリーグアウォーズ参加

▽Jリーグは10日、鹿島アントラーズに所属する日本代表MF三竿健斗と同代表FW鈴木優磨の「2018Jリーグアウォーズ」参加決定を発表した。 ▽三竿と鈴木はUAEで行われるFIFAクラブ・ワールドカップに出場予定だったが、それぞれケガで遠征メンバーに帯同せず、「2018Jリーグアウォーズ」参加が決まった。 ▽「2018Jリーグアウォーズ」は18日に横浜アリーナで開催。両選手は共に優秀選手賞を受賞しており、Jリーグ最優秀選手賞およびベストイレブンに選ばれる可能性がある。 2018.12.10 18:10 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FMのFWウーゴ・ヴィエイラ、MFオリヴィエ・ブマルが契約満了

▽横浜F・マリノスは10日、ポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラ(30)、カメルーン代表MFオリヴィエ・ブマル(29)の契約満了を発表した。 ▽ウーゴ・ヴィエイラは、2017年にセルビアのツルヴェナ・ズヴェズダから加入。1年目に明治安田生命J1リーグで28試合に出場し10得点を記録。ルヴァンカップで5試合出場3得点、天皇杯で5試合出場5得点を記録した。 ▽2年目となった今シーズンは、J1で31試合に出場し13得点を記録。ルヴァンカップでは10試合に出場し5得点を記録し、チームを決勝まで導いた。また、天皇杯では3試合で4得点を記録している。 ▽ブマルは、中国の遼寧宏運足球倶楽部から今シーズン加入。J1で15試合に出場し2得点、ルヴァンカップで4試合に出場し1得点、天皇杯では1試合に出場していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FWウーゴ・ヴィエイラ 「長くプレーしたいと思えたチームを離れるのは辛いことですが、たくさんの素晴らしい思い出を持ち帰ります。ファン・サポーターの皆さん、チームメイト、クラブスタッフの皆さん、今まで本当にありがとうございました。これからは、いちサポーターとしてマリノスを応援します。一度トリコロールの仲間になった私は永遠にトリコロールの一員です!」 ◆MFオリヴィエ・ブマル 「日本で最高の素晴らしい経験が出来ました。なかなか試合に絡めなかったので、自分としてはチームの力になれたかどうかは非常に心許なくはありますが。日本という国、日本人との関わり方を学ぶことができた、とても楽しい一年間でした。ファン・サポーターの皆さん、本当にありがとうございました」 2018.12.10 17:20 Mon
twitterfacebook
thumb

磐田、社長交代内定を発表! 新代表取締役社長に現・取締役小野勝氏

▽ジュビロ磐田は10日、株式会社ジュビロの代表取締役社長の交代が内定したことを発表した。 ▽今回の発表によると、現在取締役を務める小野勝氏が代表取締役社長に新たに就任。現在の代表と利子麻薬社長である木村稔氏は、取締役マネジメントアドバイザーに就任する。 ▽なお、今回の社長交代については12月14日開催予定の取締役会にて正式決定される。 ▽小野取締役は1981年4月にヤマハ発動機株式会社に入社。その後、同社執行役員やYamaha Motor Vietnam Co.,Ltd 取締役社長、ヤマハ発動機株式会社 CS本部長、同社上席執行役員、顧問を経て、2018年6月に株式会社ジュビロの取締役に非常勤として勤めていた。 2018.12.10 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和、U-18日本代表GK石井僚らユース所属3選手のトップチーム昇格を発表!

▽浦和レッズは10日、ユース所属のMF池髙暢希(18)、GK石井僚(18)、DF大城蛍(18)の来シーズン昇格内定を発表した。 ▽池髙はSSSジュニアユースから浦和ユースに加入。U-15、U-17日本代表にも選出された経験を持つ身長173㎝、体重63㎏のアタッカー。クラブは同選手の特徴を「ドリブルの突破力とキックの精度が高い」と紹介している。石井は上州FC高崎から浦和ユースに加入。U-15、U-17、U-18日本代表にも選出された身長191㎝、体重84㎏のゴールキーパー。クラブは「長身を生かしたしなやかなプレーとシュートストップの範囲が広くキックの精度も高い」と紹介している。大城は、Wウィング沖縄から浦和ユースに加入。身長180㎝、体重72㎏のディフェンダーだ。クラブは「身体能力を生かしたボール奪取能力に優れる」と紹介している。 ▽来シーズンのトップチーム昇格が内定した3選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆池髙暢希 「小さいころから夢であったプロサッカー選手になれること、浦和レッズという偉大なクラブで来季からプレーできることがとても嬉しいです。ここまで来られたのは家族の支えがあったからです。そして、今まで所属してきたチームの監督やスタッフのみなさんの指導を受けさせてもらえたからだと考えています。本当にありがとうございます。いつでも謙虚に貪欲にやっていきます。少しでも早く試合に出場し、チームの勝利に貢献できるよう全力で取り組んでいきますので、応援よろしくお願いします」 ◆石井僚 「小さいころからの夢であったプロサッカー選手を浦和レッズでスタートさせることができ、大変嬉しく思います。今まで自分がお世話になった方々への感謝の気持ちを忘れずに日々努力し、1日でも早く埼玉スタジアムですばらしいファン・サポーターのみなさんの応援を背にプレーして、勝利に貢献できるようにがんばります。応援よろしくお願いします」 ◆大城蛍 「小さいころからの夢であったプロサッカー選手になることができとても嬉しく思います。これまでに自分を育ててくれた方やクラブ、そして両親に本当に感謝しています。プロサッカー選手としての自覚、責任を持ち、プレーで恩返ししていきたいです。1日でも早く埼玉スタジアムでプレーし、チームの勝利に貢献できるよう日々努力していきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」 2018.12.10 16:25 Mon
twitterfacebook
thumb

天皇杯準Vの仙台、渡邉晋監督の続投発表 「ともに熱く戦いましょう」

▽ベガルタ仙台は10日、渡邉晋監督(45)の来シーズン続投を発表した。 ▽渡邉監督は2014年4月から仙台を指揮。今シーズンは明治安田生命J1リーグで5位以上の目標に及ばなかったものの、就任以降最高位の11位でフィニッシュした。そして、天皇杯でもクラブ初の決勝に進出。惜しくもクラブ初タイトルとはならなかったが、1年を通じて一定の成果を残した。 ▽来シーズンが6年目の指揮となる渡邉晋監督は続投決定を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメント。来年のさらなる飛躍を誓った。 「2018シーズンも多くのご支援、ご声援をいただき、ありがとうございました。そして、来シーズンもチームを指揮するチャンスをいただいたことに心から感謝を申しあげます。今は選手とチームの確かな「成長」、同時に乗り越えなければならない「壁」を感じています。天皇杯準優勝の悔しさを胸に、その大きく分厚い壁に「挑戦」する覚悟です。ともに熱く戦いましょう。2019 Shine Together!」 2018.12.10 15:05 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース