神戸との打ち合いを制した湘南がPOへ望みをつなぐ! 前回対戦のリベンジを果たした鳥栖がダービでルヴァン初勝利!!《YBCルヴァンカップ》2018.05.09 22:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップのグループD第5節の2試合が9日に行われた。▽ノエビアスタジアム神戸で行われたヴィッセル神戸(3勝1分け/1位)vs湘南ベルマーレ(1勝1分け2敗/3位)は、3-4で湘南が勝利した。

▽敗戦でもプレーオフステージ進出の可能性がある神戸と、プレーオフステージ進出へ望みをつなぎたい湘南の一戦。序盤からハイプレスを仕掛ける湘南は5分、相手陣内左サイドでボールをカットした表原がドリブルでボックス左まで持ち上がりシュート。

▽ポゼッションサッカーを掲げる神戸に対し、ハイプレスがハマった湘南は21分に決定機。ボックス左手前でパスを受けた野田隆がカットインからシュートを放つと、相手DFにディフレクトしGK前川の反応が遅れたが、ボールは右ポストを直撃した。

▽なかなか攻撃のリズムが作れなかった神戸だが、29分に先手を取る。味方とのワンツーでボックス右まで侵攻した松下がクロスを供給。レアンドロに当たったこぼれ球をアンドレ・バイアがクリアするも、再びレアンドロに当たったボールがゴールへ。これはGK後藤が弾くも、こぼれ球が齊藤に当たりそのままゴールに吸い込まれた。

▽先制を許した湘南だが、すぐさま反撃に転じる。33分、梅崎の左CKをアンドレ・バイアがヘディングでゴール左に流し込んだ。さらに直後の35分には、野田隆とのパス交換でボックス左に侵入した表原が冷静にゴール右隅に流し込み、逆転に成功した。

▽迎えた後半、1点を追う神戸は北本を下げて那須を投入。さらに54分、野田樹を下げて増山をピッチに送り込んだ。しかし、再びスコアを動かしたのは湘南だった。56分、ドリブルでボックス右深くまで侵入した金子の折り返しをゴール前で受けた野田隆が素早いターンから左足を振り抜くと、このシュートがゴールに突き刺さった。

▽反撃に出たい神戸は59分、バイタルエリアでボールを受けた増山のパスでゴール前に抜け出したレアンドロがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。それでも神戸は72分、松下の左CKをレアンドロがヘディングで流し込み、反撃の狼煙を上げる。

▽しかし、直後の73分に湘南は右サイドでボールキープした石原がドリブルでボックス右から侵入。マイナスの折り返しを供給すると、宮の股を抜いたボールを最後は梅崎が押し込み、再びリードを広げた。

▽試合終盤、やや疲れの見え始めた湘南に対して猛攻をかける神戸は93分、バイタルエリア右でパスを受けた増山が鋭い仕掛けからボックス右まで侵攻。冷静にゴールネットを揺らしたが、反撃はここまで。4-3で打ち合いを制した湘南が、ルヴァンカップ4試合ぶりの白星でプレーオフステージ進出へ望みを繋いだ。一方、敗戦した神戸だが、グループ2位以内が確定し、プレーオフラウンド進出が決まった。

▽そして、グループDのもう1試合、ベストアメニティスタジアムで行われたサガン鳥栖(0勝1分け3敗/4位)vsV・ファーレン長崎(2勝1分け1敗/2位)の九州ダービーは、2-1で鳥栖が勝利した。

▽試合が動いたのは34分、小野のスルーパスに反応した河野がボックス内で島田に倒されPKを獲得。河野のPKはGK増田が右手一本で弾くも、こぼれ球に反応した石井が左足で蹴り込み、鳥栖が先制に成功した。

▽迎えた後半、1点を追う長崎は幸野を下げてベン・ハロランを投入。対する鳥栖は67分に河野をさげて池田をピッチに送り出した。

▽すると71分、再びスコアを動かしたのは鳥栖。右サイドからカットインした石井がボックス右に切り込むと、ボックス内で田代に倒されPKを獲得。このPKを小野がゴール右隅に確実に決め、鳥栖が待望の追加点を奪った。

▽リードを広げられた長崎は84分に反撃。スローインをボックス左で平松が落とすと、これを受けた碓井が加藤に倒され、PKを獲得。このPKを碓井がゴール中央に決め、1点を返した。

▽結局、試合はそのまま2-1で終了。ホーム開催のダービーで前回対戦のリベンジを果たした鳥栖が、ルヴァンカップ初勝利を飾った。

ヴィッセル神戸 3-4 湘南ベルマーレ
【神戸】
OG(前29)
レアンドロ(後27)
増山朝陽(後47)
【湘南】
アンドレ・バイア(前33)
表原玄太(前35)
野田隆之介(後11)
梅崎司(後28)

サガン鳥栖 2-1 V・ファーレン長崎
【鳥栖】
石井快征(前34)
小野裕二(後26)
【長崎】
碓井鉄平(後39)
コメント
関連ニュース
thumb

A代表デビューの鈴木武蔵「悔しい」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は22日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦(同12位)に臨み、0-1で敗れた。 FW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)不在の1トップとして先発A代表デビューを果たしたFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)。不発に終わったコロンビア代表戦を振り返り、次を見据えた。 ◆鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌) ──代表デビュー戦を振り返って 「前半、良い試合ができていただけに悔しいですね。PKで失点して負けたので」 ──自身のプレーを振り返って 「相手を外す場面があって、特に前半はクロスも来ていたので、ああいうのにうまく合わせて決め切りたかったです」 ──中島翔哉のクロスから良い場面があったが 「クロスは『チャンスがあるな』と思っていました。相手サイドバックの身長が低かったので、そこは意識してプレーしました」 ──相手最終ラインとの駆け引きも印象的だったが 「試合が始まってから相手が食いついてくるし、ラインも高かったので、奪った後に『チャンスあるな』と思っていました」 ──もう少し後ろから自身を狙ったボールが欲しかったか 「欲しかったですね。相手も僕らのビルドアップのところでハメにくる守備をしてきていたし、そこでひとつ外せればチャンスに繋がるけど、奪われてしまう場面があったので、そういうところを改善していければ、前線の動きも生きてくると思います」 「苦し紛れのパスだけじゃなく、ビルドアップでちょっと剥がしたところで駆け引きしていければ、もっとチャンスになってくると思うので、改善していきたい」 2019.03.23 01:51 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京、下部組織4選手を2種登録

FC東京は22日、U-18チームに所属するU-15日本代表GK彼島優(15)、U-17日本代表DF大森理生(16)、DF岡哲平(17)、U-17日本代表MF角昂志郎(16)の4選手がトップチーム登録(2種)となったことを発表した。 足立区出身の彼島と世田谷区出身の岡はFC東京U-15深川で、武蔵村山市出身の大森はFC東京U-15むさしで成長。練馬区出身の角は東京武蔵野シティFCU-15からFC東京の下部組織に移った。 今回登録された4選手は、日本サッカー協会第2種チームに所属しながら、Jリーグの公式戦に出場することが認められる。 2019.03.22 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌、筑波大MF高嶺朋樹の来季加入内定を発表! 展開力、ボール奪取能力のあるボランチ

北海道コンサドーレ札幌は22日、同日に筑波大学蹴球部所属のMF高嶺朋樹(21)との仮契約を結び、2020年シーズンからの新加入が内定したことを発表した。 高嶺はU-12からU-18年代まで札幌の下部組織に所属した後、筑波大に進学。札幌は、177cm、74kgという体格の同選手の特徴を「ボランチからの展開力と、精度の高い多彩なキック。1対1での守備が強く、ボール奪取能力が高い」と評している。 高嶺は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆MF高嶺朋樹(21) 「来季から北海道コンサドーレ札幌に加入することになりました筑波大学の高嶺朋樹です」 「北海道コンサドーレ札幌という、歴史があり、私自身、下部組織に9年間所属し成長させて頂いた思い入れのある素晴らしいクラブでプロサッカー選手としてのキャリアを歩めることを嬉しく思います」 「これまで応援、支援を頂いた家族をはじめ、指導者の方々、友人、関わってくださった全ての人に感謝しています。この感謝を胸にプロサッカー選手として夢や希望を与えられるようピッチ内外で日々精進していきます。1日でも早く北海道コンサドーレ札幌の力になり、『北海道とともに世界へ』を体現できる選手になれるよう頑張りますので応援よろしくお願いします」 「最後になりますが、筑波大学蹴球部の方も応援していただけると幸いです」 2019.03.22 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京、来季加入内定の“法政のメッシ”MF紺野和也が特別指定選手に承認

FC東京は22日、法政大学に在学するMF紺野和也(21)がJFA・Jリーグ特別指定選手として承認されたことを発表した。 既に来シーズンからの加入で内定している紺野は、身長161㎝、体重58kgの左利きMFで“法政のメッシ”としても注目を集める逸材。FC東京は「ドリブルが得意な攻撃的MF。ボールを前に運ぶ推進力に優れており、特にゴール前での得点に絡むプレーが魅力」と紹介している。 紺野は、クラブ公式サイトを通じて以下の様にコメントしている。 ◆MF紺野和也 「今シーズンから少しでも多く試合に出場し、東京の勝利に貢献できるよう全力で頑張ります。応援よろしくお願いいたします」 2019.03.22 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

やっかみなのか真実なのか、それは数字が教えてくれる!? の巻/倉井史也のJリーグ

ワタクシってば取材熱心なものですから、日本代表ウィークでもちゃんとJクラブに顔を出してるワケですよ。で、そうしたら今週試合がなくてホッと一息ついてるクラブ関係者からこんな声ってのが聞けたんです。 「だってさ、まだ4節じゃん。ここで首位に立ってたからって優勝できるわけじゃないんだし!!」 ひがみ? ねたみ? それとも真実? ってことでちゃんと調べてみましたよ。 2005年 第4節首位 FC東京 優勝チーム G大阪 2006年 第4節首位 横浜FM 優勝チーム 浦和 2007年 第4節首位 名古屋 優勝チーム 鹿島 2008年 第4節首位 鹿島 優勝チーム 鹿島 2009年 第4節首位 新潟 優勝チーム 鹿島 2010年 第4節首位 鹿島 優勝チーム 名古屋 2011年 4試合終了時首位 仙台 優勝チーム 柏 2012年 第4節首位 仙台 優勝チーム 広島 2013年 第4節首位 横浜FM 優勝チーム 広島 2014年 第4節首位 鹿島 優勝チーム G大阪 2015年 第4節首位 浦和 優勝チーム 広島 2016年 第4節首位 川崎 優勝チーム 鹿島 2017年 第4節首位 神戸 優勝チーム 川崎 2018年 第4節首位 川崎 優勝チーム 川崎 なな、なんと!! J1が18チーム構成になってから、4試合を消化したところで首位に立っていたチームが優勝したのは、2008年の鹿島と2018年の川崎だけ!! つまり14シーズンで2回ってことは確率14パーセント。あれ? これって意外と高くない? ってことでFC東京のみなさん、おめでとうございます!!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.03.21 13:15 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース