現役最後のファイナル前に…ブッフォンが今季を振り返る「とても長く、エモーショナルだった」2018.05.09 19:24 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
9日に行われるコッパ・イタリア決勝戦で、ミランと激突するユベントス。主将のジャンルイジ・ブッフォンは、ファイナルへの意気込みを語った。

4年連続の国内2冠を目指す王者ユベントスは、「スタディオ・オリンピコ」でミランとの決勝戦に挑む。

今季限りで現役引退を示唆しているブッフォンは、コッパ・イタリアがキャリア最後の決勝戦になる可能性もある。40歳のキャプテンは、今季を振り返りつつファイナルへの意気込みを示した。

「(今年は)難しい年だった。11月からは、エモーショナルで、長く、多くのことがあったね。最近、朝起きたときに自分自身に問いかけるんだ。『お前は世界で最も強い男か、それとも最も弱い男か、最も汚い男か』ってね。答えはまだわからないよ……」

「トロフィー獲得に自信を持っているよ。カップ戦のファイナルでは、疲労は関係ない。我々もミランと同じボートの上だ。言い訳を探すことはない」

「ユーベの強みは、厳しい状況に追い込まれてすべてを失ったように見えても、相手に強烈な打撃を与えられる点にある」

現役最後とみられるファイナルを戦うブッフォン。23年にも及ぶ偉大なキャリアの中、自身通算24度目のタイトルを獲得することは出来るのだろうか。


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース