PSG、4連覇で2年ぶり国内3冠を達成! 今季限りで退任のエメリが有終の美《クープ・ドゥ・フランス》2018.05.09 08:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クープ・ドゥ・フランス決勝のレ・ゼルビエ(フランス3部)vsパリ・サンジェルマン(PSG)が8日に行われ、PSGが2-0で勝利。この結果、PSGが同大会4連覇を飾り、今シーズン国内3冠を達成した。▽今大会の9試合を勝ち抜く快進撃を見せて、初の決勝進出を果たしたフランス3部リーグのレ・ゼルビエと、リーグ・アンとクープ・ドゥ・ラ・リーグを制してすでに2冠を達成したPSGが激突した。

▽試合は今シーズン限りでウナイ・エメリ監督の退任が決定しているPSGが序盤からレ・ゼルビエを押し込む。5分、ボックス右に侵攻したムバッペがクロス。ここは相手DFにブロックされたが、ボックス手前にこぼれたボールをロ・セルソが左足でシュートを放つ。しかし、左ポストに嫌われてしまう。

▽直後にもロ・セルソがポスト直撃のシュートを放つなど、3部リーグの相手からチャンスを作り続けるPSG。迎えた26分、この日すでに2度ポストに阻まれていたロ・セルソが先制点を奪う。ロ・セルソがボックス手前やや右でモッタからパスを受けると、巧みなタッチで中央に切れ込んで左足シュート。これがゴール左隅に突き刺さり、PSGが先制に成功する。

▽1-0で試合を折り返すと、リードするPSGがレ・ゼルビエを畳み掛ける。50分、ボックス左のロ・セルソからのクロスをゴール前右のマルキーニョスが中央に折り返し、最後はムバッペがゴールネットを揺らした。しかし、VARの末、マルキーニョスが折り返した際に手に当たっていたとの判定でゴールが取り消されてしまう。

▽それでも攻勢に出続けるPSGは73分、ボックス内でスルーパスの受けてGKをかわそうと試みたカバーニが倒されてPKを獲得。これをカバーニ自らが右足を振り抜いてゴール左隅を狙うと、GKの手で触られるもゴールに吸い込まれ、
PSGが2-0とリードを広げることに成功する。

▽苦しい状況となったレ・ゼルビエは試合終了間際、カウンターを発動。味方のスルーパスに抜け出したクチュリエがボックスを飛び出したGKトラップをボールを前方に転がしてかわしたが、最後のところでチアゴ・シウバに防がれてしまい、ゴールを奪うことができず。

▽結局試合は2-0で終了。PSGが同大会4連覇を飾り、2年ぶりとなる国内3冠を達成した。
コメント
関連ニュース
thumb

「少しの間嫌いになるかもね」アンリ、親友ヴィエラとの指揮官として初対決に意気込む

モナコのティエリ・アンリ監督が、かつての盟友との対戦を前に意気込みを語った。<br><br>リーグ・アンは16日に第17節の延期分が開催される。現在19位と苦しむモナコは、ホームに8位ニースを迎え、&ldquo;コートダジュール・ダービー&rdquo;に臨むことになる。<br><br>今回の一戦は、指揮官の対戦に大きな注目が集まっている。アンリ監督とニースのパトリック・ヴィエラ監督は、アーセン・ヴェンゲル氏が率いるアーセナルで無敗優勝を達成するなど、数多くのタイトルを獲得。さらに、フランス代表としては1998年にワールドカップも制すなど、ともに数々の栄光を収めてきた。<br><br>フランス紙『レキップ』は、16日付けの一面に&ldquo;Sons of Wenger(ヴェンゲルの子供達)&rdquo;という言葉とともに両者の写真を掲載。指揮官としての初対決をへ向け、大きな盛り上がりを見せている。<br><br>会見に臨んだアンリ監督は、かつての盟友について以下のように語った。<br><br>「彼は友達であり、私が憧れる男でもある。選手としてだけではなく男としてね」<br><br>「だが、これはモナコとニースの対戦であることが最も重要な事だ。少しの間、お互いを嫌いになるかもね」<br><br>なお、モナコには先日MFセスク・ファブレガスが加入。ヴェンゲル政権下のアーセナルでプレーした3選手の姿を、同じピッチで拝めることになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 21:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「これからもPSGとともに…」カバーニ、チェルシー行きが報じられるもフランスで幸せと強調

パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、チェルシー行きの噂が流れているものの現状に幸せを感じていると話した。<br><br>今冬の移籍市場が開幕した1月上旬から、ストライカーの獲得を目指すチェルシーがカバーニの獲得に興味。ウルグアイ代表FWの獲得に向けてPSGに5000万ポンド(約70億円)を支払う意思があったと考えられていた。過去にはネイマールとの不仲説が報じられ、退団に大きく傾いていたとされる同選手だが『Goal』に対して、フランスの地でプレーすることに喜びを感じており、今後も同チームの一員としてプレーしたいとの考えをあらわにした。<br><br>「フットボールだけではなくて、人生においても、人として常に成長しようと努力し、目標を持つ必要があると思う。僕の目標は毎年同じだ。勝利すること、100%のコンディションを維持すること、PSGとともにできる限り歩み続けることだ。個人的に難しい時期を送っているけれど、ハードワークを続けることだけが成功や結果につながる唯一の方法だと思う。常に100%で取り組み、チームメイトのためにベストを尽くしたい」<br><br>「アップダウンのある困難な時だとしても、僕を妨げるものは何もない。なぜなら選手である限りキャリアの中で我慢するときは誰にだって必ず訪れるとわかっているからだ。チームを助けたいと考えているからこそ、ゴールを奪えない状況に満足できないのは当然だ。ゴールを奪うことはセンターフォワードとしての僕に課された役割だ」<br><br>昨夏に就任したトーマス・トゥヘル監督の下、PSGはここまでリーグ戦で無敗を維持し、2位以下に勝ち点13差をつけて独走。ここ7年間で6度目のリーグ・アン制覇もすでに手中に収まっていると考えられている。さらに、チャンピオンズリーグでも強豪ひしめくグループを首位で通過するなど好調をキープする。これを受け、カバーニは今シーズンよりチームを率いるドイツ人指揮官の手腕を称賛した。<br><br>「コーチがチーム内のポジティブな雰囲気を作り出している。それに、フィールド内外で選手たちが少しずつ今まで以上に繋がりを持てるように彼が管理している。これは簡単なことではない。でも、僕たちは団結していると感じているし、友達のような気分だ。僕たち全員はこの状態が続いてほしいと願っている。ゆっくりだけれど、確実にチームとしてさまざまな局面に向かい合うことができている。このことが僕たちをさらに上のレベルへ導いてくれると信じている」<br><br>一方で、9日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ準々決勝では、ギャンガンに1-2で敗れて6連覇の夢が潰えた。この敗戦についてカバーニは「フットボールでは起こり得ること」と話し、以下に続けた。<br><br>「ときどき全員が揃って戦えるけれど、ある時には何人かの選手が出場できず、代わりの選手を必要とするときがある。これは至って普通のことだ。2019年の始まりに過ぎないし、僕たちはウィンターブレイクを取っていた。カップ戦での戦いは終わったけれど、シーズン前半でチャンピオンズリーグのグループリーグ突破を決め、リーグ戦では首位を走っている。他のチームも良くなっているけれど、僕たちだってこれからも力をつけていけるはずだ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 19:11 Wed
twitterfacebook
thumb

アンリとの共闘を決断したセスクが意気込む「僕は準備ができている」

チェルシーからモナコへと完全移籍した元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)が、移籍の決意を語った。クラブ公式サイトが伝えた。 バルセロナのカンテラ(下部組織)で育ったセスクは、16歳だった2003年にアーセナルへ移籍。8シーズンにわたって同クラブで活躍すると、2011年にバルセロナへ復帰。その後、2014年にチェルシーに加入していた。 今シーズン限りでチェルシーとの契約が切れるセスクは、マウリツィオ・サッリ監督の下で出場機会も限られており、移籍を決断。アーセナル時代のチームメイトであった、ティエリ・アンリ監督が率いるモナコへの移籍を決断した。 セスクはモナコ移籍についてコメント。若手選手が多いチームで、自身の経験を還元できると強調。また、下から2番目となる19位の降格圏に位置しているモナコを救うために来たと意気込みを語った。 「モナコに加わることができてとても嬉しい。若い選手が多いチーム、そして新たな監督は、僕にとって新しいプロジェクトだ」 「たくさんの議論があった。そして、ティエリ・アンリとも話をした。彼は本当に僕に来て欲しいと言った。そこに違いがあったんだ。僕は今ここにいる。この挑戦を一緒にしたい」 「僕の経験は、若い選手が成長し、高いレベルに進歩して行くことを助けられると思う。その昔、僕は彼らのような立場にいたので、彼らと一緒に忍耐強く戦える選手だ」 「僕は何をすべきか、トップレベルで若い選手がどうすべきかを知っている。このチームは大きな可能性を秘めている。だから、彼らを助けることができるし、僕たちが一緒に何かを勝ち得れば、それは完璧なことだろう」 「僕はチームの一員となり、スタートさせることが待ちきれない。チームは微妙な状況に立たされている。ただ、状況が改善するように、僕たち全員が良くなりたいと思っている。その変化を早めるため、あらゆることをする」 「監督が僕をすぐに必要とするならば、僕は準備ができているし、そこにいる。日曜日にマルセイユと対戦すると言う素晴らしい試合がある。フランスでのキャリアをスタートさせるには、絶好の機会だね」 2019.01.13 11:18 Sun
twitterfacebook
thumb

大会5連覇中のPSGがリーグ最下位ギャンガンに敗れ8強で敗退…国内カップ連勝は43試合でストップ…《クープ・ドゥ・ラ・リーグ》

パリ・サンジェルマン(PSG)は9日、クープ・ドゥ・ラ・リーグ準々決勝でギャンガンと対戦し、1-2で敗戦した。 大会6連覇を目指すPSGがリーグ・アン最下位に低迷するギャンガンをホームで迎え撃った一戦。カバーニ、ヴェッラッティを除きほぼベストメンバーを起用したPSGは立ち上がりから相手を押し込む。だが、背後に抜け出す形からの決定機をネイマールやムバッペ、ディアビらが生かしきれない。 ゴールレスで迎えた後半、マルキーニョスとディ・マリアをハーフタイムで下げてカバーニ、ヴェッラッティを同時投入するが、61分にはムニエのボックス内でのファウルでPKを献上。だが、この場面ではキッカーのマルクス・テュラムがクロスバーの上を大きく越えるシュートミスで失敗し事なきを得る。 すると直後の63分にはPKを献上したムニエが右サイドの高い位置から絶妙なクロスを入れると、これをファーサイドのネイマールが頭で合わせてようやく先制に成功する。 これでPSGの勝利は堅いと思われたが、ここからまさかの展開を強いられる。82分、ボックス内に抜け出したココをDFベルナトが後方から倒してしまい、この試合チーム2つ目のPKを献上。これをキッカーのエングバコトに決められて同点に追い付かれると、試合終了間際の後半アディショナルタイムにはDFケーラーがボックス内でテュラムを倒してチーム3つ目のPKを献上。これをこの試合2度目のキッカーを務めたテュラムに今度は決められてしまい、まさかの1-2での逆転負けとなった。 なお、この敗戦によりPSGは大会6連覇の夢が潰えると共に国内カップ戦における連勝が43試合でストップ。また、痛恨のPKを献上したケーラーは今季PSGが公式戦で与えた10個のPKの内、1人で4個を献上するまずいパフォーマンスで多くの批判を浴びることになった。 同日行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ準々決勝ではレンヌとのPK戦を制したモナコ、2部ル・アーヴルを破ったボルドーがベスト4進出。また、前日に行われたリヨン戦を制したGK川島永嗣所属のストラスブールも4強に駒を進めている。 2019.01.10 13:25 Thu
twitterfacebook
thumb

スイス調査機関が選手価値ランキングを発表、1位はPSG所属の若手FW…メッシは7位、C・ロナウドは19位

スイスのサッカー関連調査機関CIESフットボール・オブザーバトリーが、現在の選手価値ランキングを発表した。<br><br>同機関の調査で、1位となったのはパリ・サンジェルマン(PSG)に所属する20歳の若手FWキリアン・ムバッペで、適正とされる移籍金額は2億1850万ユーロ。トッテナムFWハリー・ケインが2億30万ユーロでそれに続き、3位はPSGのFWネイマールとなった。<br><br>また、ともに30歳を超えるバルセロナFWリオネル・メッシ、ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドは、それぞれ7位、19位に甘んじる結果となった。<br><br>獲得のために1億ユーロを超える移籍金が必要とされたのは27選手で、その内16選手がプレミアリーグでプレー。リーガ・エスパニョーラが5選手、セリエAが3選手、リーグ・アンが2選手、ブンデスリーガが1選手と続いている。<br><br>CIESフットボール・オブザーバトリーが発表したランキングのトップ20は以下の通り。<br><br>1位 FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)2億1850万ユーロ<br><br>2位 FWハリー・ケイン(トッテナム) 2億30万ユーロ<br><br>3位 FWネイマール(パリ・サンジェルマン) 1億9700万ユーロ<br><br>4位 MFラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ) 1億8580万ユーロ<br><br>5位 FWモハメド・サラー(リヴァプール) 1億8430万ユーロ<br><br>6位 MFパウロ・ディバラ(ユヴェントス) 1億7190万ユーロ<br><br>7位 FWリオネル・メッシ(バルセロナ) 1億7120万ユーロ<br><br>8位 FWロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド) 1億6200万ユーロ<br><br>9位 MFフィリペ・コウチーニョ(バルセロナ) 1億5700万ユーロ<br><br>10位 MFレロイ・サネ(マンチェスター・シティ) 1億5520万ユーロ<br><br>11位 FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー) 1億5520万ユーロ<br><br>12位 MFデレ・アリ(トッテナム) 1億5020万ユーロ<br><br>13位 FWロベルト・フィルミーノ(リヴァプール) 1億4560万ユーロ<br><br>14位 FWサディオ・マネ(リヴァプール) 1億3740万ユーロ<br><br>15位 MFガブリエル・ジェズス(マンチェスター・シティ) 1億3460万ユーロ<br><br>16位 MFベルナウド・シウバ(マンチェスター・シティ) 1億3320万ユーロ<br><br>17位 MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド) 1億3030万ユーロ<br><br>18位 MFエデン・アザール(チェルシー) 1億2900万ユーロ<br><br>19位 FWクリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス) 1億2720万ユーロ<br><br>20位 FWウスマン・デンベレ(バルセロナ) 1億2030万ユーロ<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.08 00:46 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース