リバプール、トップ4を逃してもCL制覇で来季も出場確定2018.05.08 12:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州サッカー連盟(UEFA)は、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に、プレミアリーグの上位4チームは出場できることを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

▽今シーズンのプレミリーグは、マンチェスター・シティが圧倒的な強さを見せて早々と優勝を確定。しかし、2位以下は混戦となっており、来シーズンの欧州カップ戦の出場権争いが混沌としている。

▽現在2位はマンチェスター・ユナイテッドで勝ち点77、3位はリバプールで勝ち点72、4位はトッテナムで勝ち点71、5位はチェルシーで勝ち点69となっている。なお、リバプールは1試合消化が多い。

▽そのリバプールは、今シーズンのCLで決勝に進出。3連覇を目指すレアル・マドリーとビッグイヤーを懸けて戦う。

▽プレミアリーグは上位4チームに来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権が与えられ、5位のチームにヨーロッパリーグの出場権が与えられるが、リバプールはトップ4を逃す可能性がある。しかし、CLを制すれば、来シーズンのCL出場権を手にできる状況だ。

▽UEFAは声明を発表。リバプールが優勝した場合は来シーズンのCL出場権を確保されるとし、国内リーグの上位4チームも出場できると明かした。

「チャンピオンズリーグのタイトルホルダーは、国内リーグで出場権を獲得しなくとも、グループステージでのポジションを保証されている」

「リバプールの特別なケースは、チャンピオンズリーグのタイトルホルダーとして国内リーグでの出場権獲得を持っていない場合です。その場合は、5チームが参加することとなります」

「CLタイトルホルダー、国内リーグの優勝チーム、2位、3位、そして4位のチームです」

▽UEFAはこのルールを2005年に導入。リバプールはチャンピオンズリーグを制したものの、プレミアリーグでは5位になっていた。本来であれば出場権を得られない状況だったが、2005-06シーズンはエバートン、リバプールともに出場を果たしている。

コメント

関連ニュース

thumb

アリソン加入&ミニョレ残留で…カリウス、ベシクタシュへの2年間ローンが決定的

▽リバプールのドイツ人GKロリス・カリウス(25)のベシクタシュへのレンタル移籍が決定的となっているようだ。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 ▽2016年にマインツからリバプールに加入したカリウス。昨シーズン守護神としてチャンピオンズリーグ(CL)決勝まで導いたものの、決勝戦のレアル・マドリー戦では2失点に絡む信じがたいミスを犯してしまうと、プレシーズンでも不調が騒がれ、大きく評価を落としている。 ▽今夏リバプールにはローマからブラジル代表GKアリソン・ベッカーがGK歴代最高額で加入。さらにカリウスよりも序列が低いとみられていたベルギー代表GKシモン・ミニョレは、退団の噂が取り沙汰されていたものの、リバプールの要求額1200万ポンド(約17億円)に達したオファーがなく、残留が決定的とみられている。 ▽そんな中、カリウスのベシクタシュ行きの可能性が浮上。今回伝えられるところによると、2年間のレンタル移籍が決定的となっており、21日中にも取引が完了する予定のようだ。また、契約には同選手のパフォーマンスに応じて、買取義務が発生する内容が含まれているようだ。 2018.08.21 10:09 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールが10人のパレス撃破で開幕連勝! ミルナーPK弾にマネ連発で2試合連続の完封勝利《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第2節、クリスタル・パレスvsリバプールが20日にセルハースト・パークで行われ、アウェイのリバプールが2-0で勝利した。 ▽開幕戦でそれぞれフルアム、ウェストハムを破ったパレスとリバプールによる開幕連勝を懸けた一戦。今夏の積極補強で優勝候補に挙がるリバプールはウェストハムとの初戦を昨季得点王のサラーや新10番マネのゴールなどで4-0の快勝。新戦力のGKアリソンやナビ・ケイタ、シャキリらも早速デビューを飾った。昨季苦手としたアウェイでの開幕戦に向けては開幕戦と同じ先発メンバーで臨んだ。 ▽戦前の予想通り、アウェイのリバプールがボールを保持して押し込み、自陣で守備を固めるパレスがザハとベンテケの2トップにタウンゼントのスピードを生かしたカウンターで応戦する形の入りとなる。 ▽3トップの個人技にケイタの積極的な仕掛けでチャンスを窺うリバプールは自慢の攻撃陣が幾度かボックス内に侵入する場面を作るが、数的優位を生かした守備で応対する相手の守備をあと一歩で崩し切れない。18分にはDFサコーのクリアミスを奪ってサラー、32分にもケイタの浮き球パスに反応したサラーに決定機もこれをモノにできない。 ▽一方、完全に押し込まれてなかなか前に出られないパレスも25分に相手のミスからゴールに迫る。ケイタの不用意なバックパスをボックス付近で奪ったベンテケがタウンゼントに繋ぐと、タウンゼントがカットインから左足のミドルシュート。だが、このシュートはクロスバーの上部を叩く。 ▽このパレスの決定機をキッカケに試合はより拮抗した展開となり、互いに攻め合う状況がしばらく続いていく。すると、0-0でハーフタイム突入と思われた前半終了間際に試合が動く。44分、ボックス中央でゴールを背にして反転を試みたサラーをDFサコーが足をかけてしまうと、やや大げさな倒れ方に見えたもののPKが与えられる。これをキッカーのミルナーが冷静に決めリバプールが1点リードで試合を折り返した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽互いに選手交代なしで迎えた後半も最初の決定機はリバプールに訪れる。49分、カウンターからロバートソンの斜めのラストパスに反応したサラーはGKとの一対一を決め切れないが、こぼれ球を回収したサラーからのマイナスパスをゴール前のケイタがダイレクトシュート。だが、これは枠の左に外れた。 ▽一方、早い時間帯に追いつきたいパレスは52分、ボックス手前やや右の好位置でFKを得ると、これをキッカーのミリボイェビッチが枠の右隅に飛ばすが、GKアリソンの好守に遭う。それでも、徐々にザハやワン=ビサカのフィジカルとスピードを生かしたカウンターが機能し出すと、ベンテケやザハらがフィニッシュに顔を出し始める。 ▽なかなか追加点が奪えないこう着した状況を脱したいリバプールはミルナーに代えてヘンダーソンを投入すると、75分に試合の行方を左右するアクシデントが発生。リバプールのカウンターの場面で味方のワンタッチパスに反応したサラーが完璧に最終ライン裏へ抜け出すと、ボックス手前でDFワン=ビサカが後方から倒してしまい、決定機阻止でレッドカードが掲示された。 ▽1点のリードに加えて数的優位を手にしたリバプールはここからゲームコントロールを優先しながら相手が前に出てきた際には自慢のカウンターで2点目を目指す。84分にはボックス左でマネが入れたクロスをサラーが頭で合わすが、GKヘネシーのワンハンドセーブに遭う。 ▽その後、試合終盤にかけてはホームチームのパワープレーに晒されて押し込まれたリバプールだったが、試合終了間際の93分には相手CKのこぼれ球を拾ったサラーの自陣からのラストパスに抜け出したマネがDFファン・アーンホルト、GKをドリブルでかわし高速カウンターを完結。新10番の2試合連続ゴールで試合を完全に決めた。10人のパレス相手にPKと試合最終盤のカウンターによる2点と苦戦を強いられたリバプールだったが、2試合連続のクリーンシートで開幕2連勝を達成した。 2018.08.21 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

最終候補はC・ロナウド、モドリッチ、サラー! UEFA欧州最優秀選手賞最終候補発表

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は20日、2017-18シーズンのUEFA欧州最優秀選手賞最終候補3名を発表した。 ▽昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグに参加したクラブの監督、コーチら80名とヨーロッパ各国のジャーナリスト55名によって選ばれる同賞。 ▽最終候補3名には今夏レアル・マドリーからユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが選出された。 ▽同賞を歴代最多の3度受賞しているC・ロナウドは、昨季のCLでレアル・マドリーでの3連覇に貢献。さらに、昨季CLでは15ゴールを記録し6年連続得点王という偉業を成し遂げていた。 ▽一方、そのC・ロナウドのマドリーの元同僚であるモドリッチは同じくCL3連覇に大きく貢献。さらにクロアチア代表のキャプテンとして臨んだロシア・ワールドカップ(W杯)では、同国史上最高位の準優勝に貢献し、自身も大会最優秀選手にあたるゴールデンボールを受賞していた。 ▽また、昨夏リバプールに加入したサラーはプレミアリーグで得点王となる32ゴールを記録するなど、昨シーズンの公式戦52試合で44ゴールを挙げる圧巻の活躍を披露。チームのリーグ4位フィニッシュに加え、CL準優勝に大きく貢献していた。 ▽なお、同日に発表された女子のUEFA欧州最優秀選手賞最終候補3名はヴォルフスブルクのデンマーク代表FWペルニール・ハーダー、リヨンのノルウェー代表FWアーダ・ヘーゲルベリ、リヨンのフランス代表MFアマンディーヌ・アンリが選出された。 ▽男女のUEFA欧州最優秀選手賞は8月30日にスイスのニヨンで行われるCLグループステージ抽選会の場で発表される。また、今回発表された男子のUEFA欧州最優秀選手賞の4位から10位までのランキングは以下の通り。 ◆2017-18シーズン、UEFA欧州最優秀選手賞最終候補 -.FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー&ユベントス/ポルトガル) -.MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア) -.FWモハメド・サラー(リバプール/エジプト) 4.FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/フランス) 72pt 5.FWリオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン) 55pt 6.FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス) 43pt 7.MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー) 28pt 8.DFラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー/フランス) 23pt 9.MFエデン・アザール(チェルシー/ベルギー) 15pt 10.DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリー/スペイン) 12pt 2018.08.20 22:50 Mon
twitterfacebook
thumb

昨季CL痛恨ミスから約3ヵ月…カリウス、ベシクタシュ行きへ?

▽リバプールのドイツ人GKロリス・カリウス(25)に、ベシクタシュにローンで移籍する可能性が浮上した。イギリス『ミラー』が報じている。 ▽リバプールには今夏、ブラジル代表GKアリソン・ベッカーがGKの歴代最高額となる6250万ユーロ+出来高1000万ユーロの総額7250万ユーロ(約94億9000万円)の移籍金でローマから加入。押し出される形で、昨シーズンにメインでゴールマウスを守ったカリウスは第2GKとして扱われる見込みとなった。 ▽リバプールには現在、2013年夏にサンダーランドから加入して以来守護神を務めていたベルギー代表GKシモン・ミニョレも控えている。3人のゴールキーパーを抱えているという問題を解決するため、これまでの報道ではカリウスよりも序列が低いミニョレの移籍が取り沙汰されていた。 ▽しかし、ナポリ移籍が有力されていたミニョレは、セリエAの移籍市場が閉まるまでに退団せず。『ミラー』によると、今度はカリウスのレンタルでの獲得に関してベシクタシュがアプローチを始め、ユルゲン・クロップ監督も同選手の放出、ミニョレ残留のプランを考慮しているという。 ▽カリウスは昨シーズン、守護神としてクラブをチャンピオンズリーグ(CL)決勝まで導いた。しかし、迎えたレアル・マドリー戦で2失点に絡む信じ難いミスをしてしまう。敗戦の一因として挙げられており、そのミスは大手各紙に大きく取り上げられていた。 ▽CL決勝後、クロップ監督は「彼は脳震盪を抱えていた」「打撃によって影響を受けた。100%そうだ」などと擁護する言葉を口にしている。しかし、プレシーズンでも不調が騒がれるなど、大きく評価を落としているカリウスは、5月26日に行われた運命のマドリー戦からわずか約3ヵ月で、“CLファイナル守護神”から“放出候補”に挙げられるまでになってしまったようだ。 2018.08.20 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

セルビア代表MFグルイッチがリバプールからヘルタにレンタル移籍

▽ヘルタ・ベルリンは19日、リバプールのセルビア代表MFマルコ・グルイッチ(22)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。背番号は「15」を着用する。 ▽2016年のリバプール加入以降、これで3度目のレンタル移籍となったグルイッチは、ヘルタ・ベルリンの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「本当に嬉しいよ。ヘルタはビッグクラブだし、ブンデスリーガにはいつも憧れていた。他にもオファーがあったけど、ヘルタほど僕を欲しがっているクラブはなかった。できるだけ早く、僕がチームの助けになるところを見せたいよ」 ▽2013年にセルビアの名門レッドスターでプロデビューを果たしたグルイッチは、その後2016年にリバプールに移籍。移籍後はすぐにレッドスターやカーディフにレンタルされ、昨季の後半からはカーディフでリーグ戦13試合に出場し、プレミアリーグ昇格に貢献した。 ▽また、世代別の代表では2015年にU-20ワールドカップで優勝。ロシア・ワールドカップでもメンバーに選ばれたが出場機会なかった。 2018.08.20 01:45 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース