ザンクト・パウリ、特別ユニ着用で復帰直後に負傷の宮市亮を激励2018.05.08 10:59 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ザンクト・パウリが、長期離脱から復帰した直後に再び負傷を負った元日本代表FW宮市亮にエールを送った。

▽2015年夏にアーセナルからザンクト・パウリに移籍した宮市。しかし、加入直後に左ヒザ前十字じん帯を断裂してしまうと、続く昨年6月末にも右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負った。

▽そんな中、今年3月末にテストマッチで復帰。ところが、4月28日にBチームの一員として昨年5月以来となる公式戦出場を果たすと、開始13分で負傷交代。クラブの報告によると、4月30日のMRI検査の結果、右ヒザ前十字じん帯を断裂した可能性が高いことが判明し、3日に関節鏡診査のため帰国させたことを伝えていた。

▽チームメイトに再び悪夢が襲ったザンクト・パウリ。すると6日に行われたブンデスリーガ2部の第33節ビーレフェルト戦の試合前に選手たちが特別ユニフォームを着用してピッチに登場。そのユニフォームには、宮市亮の背番号「13」と日本語名、その上には「YNWA=You´ll never walk alone(君は一人ではない)」と書かれていた。

▽さらに、ザンクト・パウリの公式ツイッター(@fcstpauli)は、そのユニフォームの写真と共に、同一戦でファン・サポーターによって掲げられたとされる「私たちはあなたと共に歩き続ける」と日本語で書かれた横断幕も紹介している。

コメント

関連ニュース

thumb

宮市亮、復帰戦翌日の試合にも45分間出場…順調な回復ぶりに同僚も歓喜「本当にうれしい」

7日、ドイツ4部フレンスブルク戦とのテストマッチで実戦復帰を果たしたザンクト・パウリFW宮市亮は、8日にはデンマーク強豪ブレンビーとのプレシーズンマッチにも出場。試合後のコメントをドイツ紙『ビルト』が紹介した。<br><br>昨夏6月に右ひざの前十字じん帯を断裂で長期離脱を余儀なくされた宮市は、4月末の2軍のリーグ戦で公式戦復帰。その一戦では13分に右ひざを痛めた様子で負傷交代を強いられ、再び重傷を負ったことが懸念されていた。しかし、一旦帰国した宮市はインスタグラムで「幸いなことに前十字靭帯は切れておらず、再建した靭帯の周りに少し炎症が起きていただけでした」と報告。新シーズンに向けて6月25日に始動したクラブに戻り、数日間の個人練習を経て先日からはチーム練習を再開していたところだ。<br><br>そして、そんな宮市は7日の試合(6-1)で後半開始から45分間プレーし、実戦復帰を果たすと、翌日にコペンハーゲンで行われたブレンビー戦(0-3)にもハーフタイムから出場。試合後、『ビルト』に対して「プレーできてうれしいです。問題ないです。痛みも感じませんでした」とコメント。この試合ではセンターFWとして起用されたことについて「通常はウィングでプレーするので、僕の通常のポジションではなかったですね。なので、少し難しかったです。でも一生懸命やれました」と手応えをつかんだ様子で語った。<br><br>一方、マルクス・カウチンスキ監督は「我々はメニュー毎、ドキドキしていたので、まず彼に何もなかったことを喜んでいる」と安堵した様子をうかがわせつつ、「彼にとって、プレーするのは良いこと。今日の45分間もね。ミラクルを期待しているわけではない。彼は良い動きを見せてくれた」と言及。「スプリントや突破の最後の局面ではまだ足りない部分がある。だが、それは問題ない」と時間を与える構えを強調した。<br><br>チームメイトたちもまた、宮市がピッチに立っていることに歓喜を覚えている模様。DFフィリップ・ツィーライスは「リョウがプレーしていることを僕やほかのみんながどれだけ喜んでいるか、言葉すら見つからないよ。昨シーズン、彼が十字じん帯を断裂したといったニュースには、ショックを受けたね。でも彼のプレーする姿を見れることを、僕たちは本当にうれしく思っている。みんなリョウがどれほど苦しんできたのか知っているからね」とチームメイトの復帰への喜びを語った。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.09 18:50 Mon
twitterfacebook
thumb

宮市亮がテストマッチで実戦復帰!独メディア「監督は新たなオプションを喜んでいるだろう」

ブンデスリーガ2部ザンクト・パウリに所属するFW宮市亮は、7日に行われたテストマッチに出場し、実戦復帰を果たした。<br><br>昨年6月末には右ひざの前十字じん帯を断裂で長期離脱を余儀なくされていた宮市は、4月末にはザンクト・パウリ2軍の4部リーグでの試合に出場。公式戦復帰となるはずのこの一戦では13分に右ひざを痛めた様子で負傷交代を強いられ、前十字じん帯を再び断裂した可能性が高いと見られていた。<br><br>しかし、その後日本に帰国した同選手だが、5月の末には自身のインスタグラムで「日本での検査の結果、幸いなことに前十字靭帯は切れておらず、再建した靭帯の周りに少し炎症が起きていただけでした」と報告。新シーズンに向けて6月25日に始動したクラブに戻り、数日間の個人練習を経て先日からはチーム練習も再開している。<br><br>そして、ザンクト・パウリはそんな宮市を7日に行われた4部フレンスブルク戦、8日に臨むブレンビー戦に向けた遠征メンバーに招集。その1戦目に後半開始から出場し、6-1での大勝を収めるなか1アシストを記録した。<br><br>ドイツメディア『リーガ2』は、宮市はこの試合で「彼特有の強みを見せた」とそのプレーを評価。「マルクス・カウチンスキ監督は攻撃陣における新たなオプションが与えられることを喜んでいるだろう」と伝え、「日本人選手のドリブル能力とスピードはザンクト・パウリに必要」と宮市に対する期待をうかがわせている。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.07 22:53 Sat
twitterfacebook
thumb

朗報! 宮市亮、前十字じん帯に問題なし! 「来季に向けて頑張ります!!」

▽ザンクト・パウリに所属する元日本代表FW宮市亮が負傷の診断結果を報告している。 ▽2015年夏にアーセナルからザンクト・パウリに移籍した宮市は、加入直後に左ヒザ前十字じん帯を断裂。続く昨年6月末にも右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負った。そうした中、今年3月末にテストマッチで実戦復帰し、4月28日にはBチームの一員として昨年5月以来の公式戦出場を果たしたものの、13分に右ひざを負傷交代。その後のMRI検査で右ヒザ前十字じん帯を断裂した可能性が高いことが判明し、関節鏡での診査のために7日に帰国していた。 ▽そんな中、宮市は25日にインスタグラム(ryo381)を更新し、検査の結果、前十字靭帯は断裂しておらず、炎症が起きていただけだったことを報告。来シーズンでの復活に向けて準備していくことを明かした。 「日頃から応援して下さる皆様、私事で毎度お騒がせしてすみませんが、日本での検査の結果、幸いなことに前十字じん帯は切れておらず、再建したじん帯の周りに少し炎症が起きていただけでした。沢山のメッセージ本当にありがとうございました! 来シーズンに向けて引き続き頑張ります!!」 2018.05.25 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ザンクト・パウリ、前十字じん帯断裂の疑いのある宮市の帰国を発表…

▽ザンクト・パウリは3日、FW宮市亮が検査のために帰国することを公式ツイッターで発表した。 ▽2015年夏にアーセナルからザンクト・パウリに移籍した宮市は、加入直後に左ヒザ前十字じん帯を断裂。続く昨年6月末にも右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負った。 ▽その後、今年3月末にテストマッチで実戦復帰。4月28日にBチームの一員として昨年5月以来の公式戦出場を果たしたものの、13分に右ひざを負傷し交代を余儀なくされていた。 ▽その後のMRI検査の結果、右ヒザ前十字じん帯を断裂した可能性が高いことが判明。クラブは3日に診断の確定のためにミュンヘン近郊の専門医による関節鏡診査を受ける予定を伝えていたが、3日に公式ツイッターで以下のような声明を発表した。 「宮市とコーチ陣、メディカルスタッフで協議した結果、クラブは宮市の希望に応じ、彼を7日に帰国させる決定をした。宮市は今週中にも関節鏡での診査、そのほかの手当てを受けるだろう」 2018.05.04 00:01 Fri
twitterfacebook
thumb

宮市亮の重傷に同僚や監督も心を痛める「リョウがどれだけハードワークしてきたか…」

ブンデスリーガ2部ザンクト・パウリは先日、FW宮市亮の負傷について「右ヒザの前十字じん帯を再び断裂した可能性が高い」と発表。チームメイトや監督は動揺を隠せない様子でコメントを残している。<br><br>2015年夏にアーセナルからザンクト・パウリに移籍した宮市は、加入直後に左ヒザ前十字じん帯を断裂すると、昨年6月末には右ヒザの前十字じん帯を断裂。今年3月末にようやくテストマッチで実戦復帰を果たし、4月28日には2軍の試合で昨年5月以来となる公式戦に出場したが、13分に右ヒザを痛めた様子で負傷交代を余儀なくされた。<br><br>その負傷についてクラブは4月30日に「右ヒザの前十字じん帯を再び断裂した可能性が高い」と発表。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』は「宮市は引退危機に直面」と題した記事で「日本人選手はブラウンヴァイス(チームカラー)の下で3度目の十字じん帯断裂を負い、25歳の若さでキャリアの終わりに迫る」と伝えた。<br><br>ザンクト・パウリでは加入当時から親しくしていたDFラッセ・ソビーヒは同紙で、「診断が本当だったら、彼にとって大惨事としか言えない」と言及。前回の負傷後、リハビリに励んでいた同僚の姿を振り返りながら、「ここに来るために、リョウは何カ月間もどれだけハードワークしてきたのか&hellip;」と無念の思いを口にした。<br><br>今シーズン途中に就任したマルクス・カウチンスキ監督だが、宮市をこれまで実戦復帰を果たした3月のテストマッチでしか起用していない。だが「我々は全員、非常に悲しんでいる」とのコメントを残し、宮市が「できるだけ早く戻れるため」、クラブ側は今後も全力でサポートする構えを取ることを強調した。<br><br>なおクラブの声明によると、診断が確定すると見られるのはミュンヘン近郊の専門医による関節鏡での診査を受ける3日とのこと。宮市は地元紙による現役引退の予想を、覆せるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.02 19:02 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース