CL&EL決勝の審判団が決定! レアル・マドリーvsリバプールはセルビア人審判のミロラド・マジッチ氏!2018.05.07 21:07 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州サッカー連盟(UEFA)は7日、2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝とヨーロッパリーグ(EL)決勝を裁くレフェリーを発表した。

▽今月26日にキエフ(ウクライナ)のオリンピスキ・スタジアムで行われるレアル・マドリーvsリバプールのCL決勝を担当する主審はセルビア人レフェリーのミロラド・マジッチ氏となった。

▽2009年からヨーロッパのコンペティションで主審を務めるマジッチ氏は、2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)やユーロ2016などの国際大会でも笛を吹いており、昨年行われたコンフェデレーションズカップ2017の決勝戦チリ代表vsドイツ代表でも主審を務めている。さらに、ロシアW杯にも参加している。

▽気になるレアル・マドリーとリバプールの2チームとの相性では、レアル・マドリー戦は通算3度主審を務めて2勝1分け。リバプール戦は2度担当して1勝1分けといずれも無敗となっている。

◆マジッチ氏担当試合(レアル・マドリー)
2014-15:CLグループステージ
対バーゼル
1-0 〇

2014-15:CL準々決勝1stレグ
対アトレティコ・マドリー
0-0 △

2016-17:UEFAスーパーカップ
対セビージャ
3-2 〇

◆マジッチ氏担当試合(リバプール)
2010-11:ELラウンド32・2ndレグ
対スパルタ・プラハ
1-0 〇

2015-16:ELラウンド16・2ndレグ
対マンチェスター・ユナイテッド
0-0 △

▽また、5月16日にリヨン(フランス)のパルク・オリンピック・リヨンで行われるマルセイユvsアトレティコ・マドリーのEL決勝戦はオランダ人レフェリーのビョルン・カイペルス氏が担当する。

コメント

関連ニュース

thumb

セルビア代表MFグルイッチがリバプールからヘルタにレンタル移籍

▽ヘルタ・ベルリンは19日、リバプールのセルビア代表MFマルコ・グルイッチ(22)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。背番号は「15」を着用する。 ▽2016年のリバプール加入以降、これで3度目のレンタル移籍となったグルイッチは、ヘルタ・ベルリンの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「本当に嬉しいよ。ヘルタはビッグクラブだし、ブンデスリーガにはいつも憧れていた。他にもオファーがあったけど、ヘルタほど僕を欲しがっているクラブはなかった。できるだけ早く、僕がチームの助けになるところを見せたいよ」 ▽2013年にセルビアの名門レッドスターでプロデビューを果たしたグルイッチは、その後2016年にリバプールに移籍。移籍後はすぐにレッドスターやカーディフにレンタルされ、昨季の後半からはカーディフでリーグ戦13試合に出場し、プレミアリーグ昇格に貢献した。 ▽また、世代別の代表では2015年にU-20ワールドカップで優勝。ロシア・ワールドカップでもメンバーに選ばれたが出場機会なかった。 2018.08.20 01:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ会長、ローマ&リバプールの共謀に関する調査を要求…情報提供者は耳の中の“小鳥”

▽ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、リバプールとローマに対する調査を欧州サッカー連盟(UEFA)に要求したようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽デ・ラウレンティス会長が提起しているのは、「リバプールとローマのオーナーが同一なのではないか」という問題だ。もし同一であれば、「同じ欧州の大会に参加できるクラブは、1人のオーナーにつき1つのみ」というUEFAの規約に反するとしている。 ▽今夏、移籍金6700万ポンド(約94億円)でローマからリバプールに加入したブラジル代表GKアリソンに対し、ナポリが出した6000万ユーロ(約76億円)のオファーを“あっさりと”断られたことに関して、デ・ラウレンティス会長は「私ならば1億ユーロ(約126億円)でも売らないだろう」と主張。また、昨年にはエジプト代表FWモハメド・サラーも、比較的安価な4200万ユーロ(現在のレートで約53億円)でローマからリバプールに移籍していたことから、両クラブの繋がりを疑うようになったという。 ▽デ・ラウレンティス会長は、抱いている疑念について以下のようにイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』に語っている。 「リバプールの真のオーナーがローマと同じだというのはいつも疑ってきた。数年前、小鳥が私の耳の中で囁いたんだ」 「もしそれが真実であれば、チャンピオンズリーグに彼らが同時に参戦することはできない」 ▽これに対し、ローマのゼネラル・ディレクターを務めるマウロ・バルディッソーニ氏は、以下のように反論した。 「ナポリ周辺でアウレリオ・デ・ラウレンティスが煙を焚いていることについてどう思う? 」 「もし彼がもう一度小鳥を見つけたら、私たちがバルセロナとバイエルンまでも所有していることを発見するだろうね」 ▽デ・ラウレンティス会長の発言を皮肉る形で否定したバディッソーニ氏。今回の情報をもたらしたとされる“小鳥”は、何かを隠喩したものなのだろうか。全てが謎に包まれている。 2018.08.18 19:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「デ・ブライネの負傷を喜ぶヤツはクソッタレ」クロップが長期離脱のマンC司令塔に同情

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、ケビン・デ・ブライネが長期離脱をしてもマンチェスター・シティの強さは変わらないと話した。<br><br>17日にプレミアリーグ王者であるマンチェスター・Cは、デ・ブライネが膝を負傷して3カ月程度離脱することを発表。昨シーズンに圧倒的な強さを見せ、独走でリーグ優勝を決めた同クラブの年間最優秀選手に輝いた司令塔の離脱は、ジョゼップ・グアルディオラ監督にとって大きな痛手になると考えられる。<br><br>デ・ブライネが離脱したことで、リバプールが今シーズンのプレミアリーグで優勝できるチャンスが上がったのではないかとイギリス『スカイスポーツ』の中で問われたクロップ監督は「このような状況の中で、彼の負傷を喜ぶようなヤツがいるとしたら、正直言ってクソッタレだね。私は彼が良くなることを祈っている」と反論した。<br><br>「私は彼のような選手を気に入っているし、私がドルトムントにいて、彼がチェルシーにいるときに彼の獲得を熱望していた。しかし、ジョゼ(・モウリーニョ)は私に彼を与えてはくれなかった」<br><br>「彼は昨シーズンやワールドカップで素晴らしいプレーを見せた。負傷したことを聞いて気の毒に思っているよ。もちろん彼らにはオプションがある。リヤド・マフレズを連れてきたし、ベルナルド・シウヴァや(フィル・)フォーデン、(イルカイ・)ギュンドアンも彼のポジションでプレーできる。マンチェスター・シティを心配する者は誰もいないだろう」<br><br>「我々は他のチームのことなど気に留めない。我々は現状の中でベストを尽くすことだけを考えている。上手く機能すると信じている」<br><br>今シーズンの優勝候補の筆頭に挙げられるリバプールとマンチェスター・C。両チームは10月7日に直接対決を迎えるが、この試合にデ・ブライネは欠場することが見込まれている。<br><br>提供:goal.com 2018.08.18 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

カリアリがリバプールからDFクラバンを完全移籍で獲得!

▽カリアリは17日、リバプールからエストニア代表DFラグナル・クラバン(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は1年間の契約延長オプション付きの2年契約となる。 ▽AZとアウグスブルクでの活躍を経て2016年にリバプールに加入したクラバンは、センターバックと左サイドバックを主戦場に在籍2年間で公式戦53試合に出場し2ゴールを記録していた。昨シーズンは守備固めがメインだったものの公式戦28試合に出場していた。 ▽また、エストニア代表では同国歴代5位となる124試合に出場するなど、キャプテンとして活躍を続けている。 2018.08.18 03:09 Sat
twitterfacebook
thumb

アリソン加入で居場所が危ういGKミニョレはイタリアへ?

▽リバプールのベルギー代表GKシモン・ミニョレだが、どうやらチームを去ることになりそうだ。イギリス『リバプール・エコー』が報じた。 ▽ミニョレは、2013年7月にサンダーランドからリバプールへと加入。チームの守護神を任されていたが、2016年7月にマインツから加入したGKロリス・カリウスとポジションを争うことに。2017-18シーズンは19試合の出場と、出場機会を減らしていた。 ▽しかし、ユルゲン・クロップ監督はミニョレ、カリウスの両者のパフォーマンスに不満を持ち、ローマのブラジル代表GKアリソン・ベッカーを獲得。開幕戦となったウェストハム戦はアリソンが先発し、ベンチにはカリウスが入り、ミニョレは3番手になりつつある。 ▽そんなミニョレだが、代理人のニコ・バエセン氏が去就についてコメント。セリエA行きで交渉中と明かすも「話し合っているが合意はない」とコメント。「解決策を見つけることがクラブの関心事だ」と語った。 ▽また、「リバプールはミニョレをチームにとどまらせたいが、彼はプレーしたいし、プレーしなければならない」とコメント。「彼は素晴らしいチームでプレーする価値があるんだ」と語り、出場機会を求めて移籍を辞さないとした。 ▽移籍先には、ナポリが浮上。今夏GKホセ・マヌエル・レイナがミランへ移籍するなど3人のGKが退団。アレックス・メレト、オレスティス・カルネジスを獲得したが、ミニョレの方が実績はある状況だ。バエセン氏は「ナポリにとって、シモンはクオリティの面では最良の選択肢だ。しかし、財政面の問題もある」と語り、移籍金がネックとなる可能性も明かしている。 2018.08.16 19:40 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース