PSG退任のエメリが語るネイマールの孤独「彼は部屋に引きこもって何も喋らない」2018.05.07 13:07 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
今季限りでのパリ・サンジェルマン(PSG)退任が決まっているウナイ・エメリ監督が、ネイマールの孤独について明かした。

2017年の夏に移籍史上最高額の2億2000万ユーロ(約290億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。現在は足首のケガで戦列を離れているが、ここまでは30試合に出場して28ゴールと初年度から活躍を見せている。

しかし、エメリ監督ががフランス紙『SFR Sport』に語ったところによれば、ネイマールはチームやリーグ・アンの環境に完全に馴染めていないようだ。

「彼はいつも家に引きこもっていて、我々には何も喋らないんだ。私は彼がもっと忍耐強くなることを望んでいる。我々は彼を歓迎してチームに溶け込ませるために努力を行った。しかし、今のところその試みは50%程度しか実を結んでいない」

ネイマールがチームから孤立していることを明かしたスペイン人指揮官は、その原因として世界的な知名度を持つブラジル人のスーパースターがメディア対応に多くの時間をとられていることを指摘。過剰なマスコミへの対応を避けてチームメートとの信頼関係を深めることをネイマールに求めた。

「ネイマールは練習が終わるといつも4つのメディアの広報活動に対応しているんだ。有名選手の宿命とはいえ、過剰なマスコミへの露出は彼にとってのベストではない。彼はブラジル人以外ともコミュニケーションをとって、チームに適応する努力をするべきだ」


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース