宇佐美貴史&原口元気不発…デュッセルドルフ、最終節の優勝決定戦へ《ブンデスリーガ2部》2018.05.07 08:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FW宇佐美貴史とFW原口元気の日本代表勢が所属するデュッセルドルフは6日、ブンデスリーガ2部第33節でキールをホームに迎え、1-1で引き分けた。宇佐美と原口は共に先発出場を果たしている。

▽既に1部昇格を決め、2部優勝を果たすのみの首位デュッセルドルフは75分にラマンのゴールで先制するが、77分に失点。83分に宇佐美が右足のミドルシュートを放つが、決めきれない。

▽結局、試合は1-1の痛み分けで終了。ニュルンベルクに交わされ、首位から陥落した。なお、13日に行われる最終節は優勝を懸けて、そのニュルンベルクとの直接対決となる。

デュッセルドルフ 1-1 キール
【デュッセルドルフ】
ラマン(後30)
【キール】
ドゥクシュ(後32)

コメント

関連ニュース

thumb

宇佐美貴史はフォルトゥナのキーマンに?現地メディア「昨季後半はめざましい活躍」

今季もフォルトゥナ・デュッセルドルフでプレーすることとなった日本代表MF宇佐美貴史だが、現地ではキーマンになると見られているようだ。ドイツ『Deutsche Welle』が紹介している。<br><br>昨シーズンにレンタルでデュッセルドルフへ加入した宇佐美。前半戦こそ出場機会をなかなかつかめなかったが、後半戦に入ると復調してレギュラーの座を手に入れると、2部優勝と1部昇格に大きく貢献した。その活躍からロシア・ワールドカップに臨んだ日本代表メンバーにも選ばれている。<br><br>そんな宇佐美は、今季もデュッセルドルフにレンタルで加入した。『Deutsche Welle』はブンデスリーガ各クラブの移籍情報やキープレーヤーを紹介し、デュッセルドルフの目標は1部残留になるだろうと指摘している。<br><br>「昨季2部でタイトルを手にし、5年ぶりに1部の舞台に復帰した。彼らは残留を決められるだろうか? 移籍市場では積極的な動きを見せている」<br><br>また、キープレーヤーには宇佐美の名前を上げた。<br><br>「アウクスブルクからタカシ・ウサミを再び連れてきたのは、賢明なビジネスだ。すでにクラブに馴染んでおり、昨季最後の12試合で6ゴール3アシストを記録。めざましいフォームだった」<br><br>宇佐美自身、コンディション調整の遅れを明かしていたが、14日に行われたテストマッチでは1ゴールを記録している。新たなシーズンで、日本代表MFは1部の舞台でも活躍を見せられるだろうか。<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.15 12:35 Wed
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史、再レンタルでのデュッセルドルフ移籍が決定! 今季ブンデス1部再挑戦

▽デュッセルドルフは4日、アウグスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史(26)を再レンタルで獲得したことを発表した。移籍期間については明かされていないが、ドイツ『ビルト』によると1年間のレンタル移籍になるようだ。 ▽2017-18シーズンにレンタルでデュッセルドルフに加わり、ブンデスリーガ2部優勝と1部復帰に貢献した宇佐美。ロシア・ワールドカップ(W杯)終了後、契約満了でアウグスブルクに復帰していたが、その後デュッセルドルフは宇佐美の完全移籍での獲得に動いていた。 ▽宇佐美自身もデュッセルドルフへの移籍を希望していたが、アウグスブルクが要求する移籍金300万ユーロ(約3億9000万円)の支払いがネックに。交渉決裂の可能性が高まっていたが、今回再レンタルという形で契約が成立した。 ▽デュッセルドルフへの再加入が決定した宇佐美は、クラブ公式サイトで以下のように加入への喜びを語った。 「またこのクラブ、街に戻ってくることができてとても嬉しく思います。今シーズンはデュッセルドルフにとっても、僕にとってもすごく重要なシーズンになります。とても楽しみにしています。昨シーズン同様素晴らしいサポートをお願いします」 ▽また、デュッセルドルフを率いるフリートヘルム・フンケル監督も、再び宇佐美とシーズンを共にすることを喜んでいる。 「宇佐美の帰還をとてもうれしく思っている。彼は昨シーズン、特に後半戦では素晴らしいパフォーマンスを見せた。1部昇格を決めたチームの中でも非常に重要な役割を担ってくれた。タカは新シーズンでも我々のチームで特別な役割をこなしてくれるはずだ」 2018.08.04 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史の新天地、デュッセルドルフ有力 再び1年のレンタルへ

▽アウグスブルクに所属するFW宇佐美貴史(26)の新天地問題は、最終的にデュッセルドルフで落ち着く様相だ。ドイツ『ビルト』が報じた。 ▽2017-18シーズンにレンタルでデュッセルドルフに加わり、ブンデスリーガ2部優勝と1部復帰に貢献した宇佐美。ロシア・ワールドカップ(W杯)終了後、契約満了でアウグスブルクに復帰している。 ▽その後、宇佐美自身だけでなく、デュッセルドルフも完全移籍を目指しているとされてきたが、アウグスブルクが要求する移籍金300万ユーロ(約3億9000万円)の支払いがネックに。交渉決裂の可能性が高まった。 ▽しかし、『ビルト』によれば、デュッセルドルフが宇佐美の移籍に関して、再び1年間レンタルすることでアウグスブルクと合意。今回の契約には、買取オプションも含まれているという。 2018.08.01 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史、一転してフォルトゥナ行きが加速…アウグスブルクSDが交渉の再開を認める

アウグスブルクに所属する日本代表FWの宇佐美貴史は、一転してフォルトゥナ・デュッセルドルフへの移籍が近づいているようだ。アウグスブルクのシュテファン・ロイターSD(スポーツ・ディレクター)が認めている。<br><br>昨シーズンはレンタルでフォルトゥナに送り出され、原口元気とともに1部昇格に大きく貢献した宇佐美。フォルトゥナの責任者たちは今夏の完全移籍での獲得に動き、選手本人もデュッセルドルフに渡ることを度々口にしてきた。しかし、クラブ間の交渉は移籍金をめぐって合意に至らず、難航しているとされていた。<br><br>しかし、ワールドカップ後の特別休暇が終わると、宇佐美は「プライベートの理由から」日本に滞在しており、アウグスブルクの練習に合流せず。ドイツ紙『ビルト』で「1年間アウグスブルクとの間で今後について話し合う機会がなかった。クラブ側が自分を戦力として考慮してくれているか分からない」と所属元の動向に疑問符を投げかけた。<br><br>それに対し、ロイターSDは「タカシを手放すつもりはない」と宇佐美の残留を強調。だが、その一方、『アウクスブルガー・アルゲマイネ』では「話は良い形で進んでいる」とフォルトゥナとの交渉は再開されていることを認めている。また同紙では、宇佐美がアウグスブルクに戻る可能性は低くなりつつあり、「ロイター自身もそうなるとは信じていない」との見解が述べられた。<br><br>これら報道によれば、アウグスブルクとフォルトゥナとの交渉は近々にまとまるという。宇佐美のフォルトゥナ行きは秒読み段階に入ったと言えそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.30 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史、デュッセルドルフ残留希望か

▽ドイツ『キッカー』は、アウグスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史(26)の去就が不透明と報じた。 ▽2017-18シーズンにレンタルでデュッセルドルフに加わり、ブンデスリーガ2部優勝と1部復帰に貢献した宇佐美。ロシア・ワールドカップ(W杯)を戦い終えた現在、契約満了でアウグスブルクに復帰している形だ。 ▽アウグスブルクは、新シーズンに向けたトレーニングキャンプを開始。アイスランド代表FWアルフレッド・フィンボガソンと、韓国代表MFク・ジャチョルのロシアW杯出場組が26日に合流した模様だ。 ▽だが、宇佐美は依然として、日本に滞在中。プライベートな理由でアウグスブルクへの合流が遅れていて、現地入りも決まっておらず、デュッセルドルフ残留を希望しているという。 ▽なお、デュッセルドルフ側も長らく宇佐美の残留を希望している様子。だが、アウグスブルクの要求額300万ユーロ(約3億8000万円)が交渉を停滞させているとみられる。 2018.07.27 12:55 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース