森岡亮太が2戦連発! 首位叩きのアンデルレヒトが優勝に望み《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》2018.05.07 08:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本代表MF森岡亮太が所属するアンデルレヒトは6日、ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ第7節でクラブ・ブルージュのホームに乗り込み、2-1で勝利した。森岡はフル出場。73分に1得点を記録した。

▽勝ち点5差で追う首位クラブ・ブルージュとの直接対決。58分、右サイドからの崩しからテオドルチュクがゴールを決め、アンデルレヒトが先制する。

▽1点リードの73分には、森岡が2試合連続となる一発。FKからの折り返しを森岡が頭で押し込み、アンデルレヒトがクラブ・ブルージュを引き離した。

▽その後、80分に1点を返されたものの、アンデルレヒトが敵地で勝利。クラブ・ブルージュとの勝ち点差を2に縮め、優勝に望みを繋いだ。

クラブ・ブルージュ 1-2 アンデルレヒト
【クラブ・ブルージュ】
ディアビー(後35)
【アンデルレヒト】
テオドルチュク(後13)
森岡亮太(後28)

コメント

関連ニュース

thumb

アンデルレヒト退団濃厚の森岡亮太にベルギー2クラブが関心…今季は出場なし

アンデルレヒトに所属するMF森岡亮太の獲得に2クラブが興味を示しているようだ。<br><br>昨シーズン、ベルギー国内屈指の強豪アンデルレヒトに加入した森岡。10番を着用する同選手は加入後16試合に出場し、6ゴール4アシストを記録した。しかし、今季は開幕から3試合で出番が与えられないなど、事実上の戦力外と見なされている。<br><br>ハイン・ヴァンハーゼブルック監督の信頼を勝ち取れず、今夏の退団が濃厚とされる森岡に対して、以前からアントワープが獲得に興味を示すとされてきた。さらに、ここに来てズルテ・ワレヘムも27歳のプレーメイカーの獲得に関心を持っているようだとベルギー『Het Nieuwsblad』が伝えた。<br><br>また、同メディアによると、アンデルレヒトは森岡をローンで放出する可能性があると以前から報じられ、ズルテ・ワレヘムもローンでの獲得を検討しているようだ。その一方で、森岡自身は完全移籍での退団を望んでいるとされている。<br><br>8月末までにアンデルレヒトで十分にチャンスをつかめない状況が続けば、森岡はいずれかのクラブに新天地を求めることになりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2018.08.14 08:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ウォルバーハンプトンがアンデルレヒトからベルギー代表MFデンドンカーをレンタルで獲得

▽ウォルバーハンプトンは9日、アンデルレヒトからベルギー代表MFリーンデル・デンドンカー(23)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 ▽デンドンカーは、アンデルレヒトの下部組織出身で、2013年7月にトップチームに昇格。トップチームでは、ここまで公式戦171試合に出場し11得点4アシストを記録していた。昨シーズンはセンターバックを中心にベルギー・ジュピラーリーグで27試合、チャンピオンズリーグで6試合に出場していた。 ▽また、世代別のベルギー代表でプレーした経験を持つデンドンカーは、2015年6月にA代表デビュー。これまで6試合に出場しており、今夏に行われたロシア・ワールドカップにも選出されると、グループステージ1試合に出場していた。 2018.08.09 23:49 Thu
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンがスウェーデン代表FWテリンを買取OP付きレンタルで獲得! 背番号はキースリンク背負った11番に

▽レバークーゼンは7日、アンデルレヒトからスウェーデン代表FWイサーク・キーセ・テリン(26)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「11」に決定した。 ▽レバークーゼン加入が決定したテリンはクラブ公式サイトで新天地での意気込みを語っている。 「レバークーゼンは歴史ある大きなクラブだ。ヨーロッパのコンペティションの常連であり、新シーズンに向けて野心的な目標を掲げているクラブだ。その目標を果たすために、貢献していきたいと思う」 ▽また、クラブのレジェンドで昨季限りでチームを去った元ドイツ代表FWシュテファン・キースリンクが背負った11番を着用することに関しては、「背番号11を着てプレーすることは大きな誇りだよ。シュテファン・キースリンクのことはもちろんよく知っているし、彼はこのクラブのレジェンドだ。この番号を背負って良いパフォーマンスができることを願っている」と語った。 ▽母国のカールスランドでキャリアをスタートしたテリンはマルメやボルドーを経て2017年1月にレンタルで加入したアンデルレヒトに翌年完全移籍。昨シーズンはレンタル先のワースラント=ベフェレンで日本代表MF森岡亮太とコンビを組み、屈強なフィジカルを生かしたポストワークと決定力を武器にリーグ戦25試合に出場し16ゴールを挙げる活躍を見せた。 ▽また、U-21スウェーデン代表として2015年のUEFA欧州選手権制覇に貢献したテリンは、その前年にデビューしたフル代表でも通算24試合に出場し2ゴールを記録。ロシア・ワールドカップではベスト8進出を果したチームの中で4試合に途中出場していた。 2018.08.07 20:24 Tue
twitterfacebook
thumb

森岡亮太が今季初ベンチ入りも声かからず サンティニ2戦連続ハットのアンデルレヒトが開幕連勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽MF森岡亮太が所属するアンデルレヒトは、5日にホームで行われたジュピラー・プロ・リーグ第2節のオーステンデ戦に臨み、5-2で勝利した。森岡は今シーズン初のベンチ入り。だが、出番はなかった。 ▽ゴールレスで折り返した試合は後半開始早々の46分、サンティニの得点でアンデルレヒトが先制。続く52分にもディマタが追加点を挙げ、オーステンデを引き離しにかかるが、58分に1点を返されてしまう。 ▽それでも、アンデルレヒトは83分にPKのチャンスをサンティニが確実にモノにして3-1。さらに、86分にもサンティニが2試合連続のハットトリックとなる3点目を決め、勝ち点3を大きく手繰り寄せる。 ▽その後も1点ずつが生まれた試合は、アンデルレヒトが勝利。開幕2連勝スタートを飾っている。 アンデルレヒト 5-2 オーステンデ 【アンデルレヒト】 サンティニ(後1) ディマタ(後7) サンティニ(後38[PK]) サンティニ(後41) ディマタ(後44) 【オーステンデ】 グリ(後13) ミロビッチ(後45+2) 2018.08.06 08:45 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤のベルギーデビュー弾もシント=トロイデンは2戦連続ドロー…《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽ジュピラー・プロ・リーグ第2節が5日に行われ、ゲンクvsシント=トロイデンは1-1の引き分けに終わった。 ▽シント=トロイデンのDF冨安健洋はフル出場、新加入のMF遠藤航は70分からプレーし72分に移籍後初ゴールを記録した。同じく新加入のMF関根貴大は招集外となっている。 ▽ゴールレスで折り返した後半、先手を取ったのはゲンク。68分、バイタルエリア中央手前で獲得したFKをマリノフスキーが直接ゴール右上に突き刺した。 ▽先制を許したシント=トロイデンのマーク・ブレイス監督は、70分にベシュスを下げて遠藤を投入。すると直後の72分、ボックス左から仕掛けたヨアン・ボリのラストパスをペナルティアーク中央に走り込んだ遠藤がダイレクトで合わせると、針の穴を通すようなコントロールシュートがゴール左隅に決まった。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。遠藤のベルギーデビュー弾が決まるも、シント=トロイデンの新シーズン初勝利はお預けとなった。 ▽また、同日に行われたアンデルレヒトvsオーステンデは、5-2でアンデルレヒトが勝利した。アンデルレヒトの森岡亮太はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽試合が動いたのは、ゴールレスで迎えた後半。46分、コボーの右クロスをファーサイドのサンティニが頭で叩き込み、アンデルレヒトが先制。勢いづくアンデルレヒトは、52分にもカウンターからディマタがゴールネットを揺らし、追加点。 ▽58分に1点を返されたアンデルレヒトだが、83分に獲得したPKをサンティニが決めて再びリードを広げると、86分にもサンティニが豪快なミドルシュートが突き刺し、ハットトリックを達成。 ▽89分にも、トレベルのスルーパスから相手DFの裏に抜け出したディマタが飛び出した相手GKをかわし、無人のゴールに流し込んだ。試合終了直前に失点を喫したアンデルレヒトだが、5-2でリーグ戦連勝を飾った。 2018.08.06 02:56 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース