CL決勝、大丈夫? C・ロナウドが足首をねん挫2018.05.07 09:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの勇姿が欧州最高の舞台でお目にかかれないかもしれない。▽C・ロナウドは6日に行われたリーガエスパニョーラ第36節のバルセロナ戦に先発。15分にゴールを決めたが、ハーフタイムにピッチを退いた。

▽スペイン『アス』によれば、交代理由は足首のねん挫。症状が悪ければ、26日に迫るリバプールとのチャンピオンズリーグ決勝への出場も危うい。

▽なお、ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、「今の状態は良くない。でも、些細なものだ。様子を見てみよう。CL決勝は心配していない」と話している。

▽C・ロナウドは今シーズンもゴールマシーンとして躍動。ここまで42試合43ゴール8アシストの成績を残している。
コメント
関連ニュース
thumb

左ハムストリング損傷のアルトゥール、クラシコで復帰か? 指揮官は慎重な姿勢

バルセロナに所属するブラジル代表MFアルトゥールの復帰が近づいているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 アルトゥールは6日に行われたコパ・デル・レイ準決勝1stレグのレアル・マドリー戦でフル出場。しかしその後、左ハムストリングを損傷し、約1カ月の離脱になる見込みが伝えられていた。 その後、19日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントラウンド16・1stレグのリヨン戦を含め、計4試合を欠場したアルトゥールだが、すでにトレーニングを再開。22日の午後には全体練習にも参加し、27日に行われるコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのレアル・マドリー戦での復帰の可能性が高まっている。 ただ、バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督は、「彼がクラシコでプレーできるかどうかは、現時点でわからない」と慎重な姿勢。果たして、アルトゥールはクラシコで復帰するのだろうか。 2019.02.23 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

元フランス代表MFラサナ・ディアラが33歳で現役引退

元フランス代表MFラサナ・ディアラ(33)が21日にインスタグラムを更新し、現役を引退することを発表した。 ナントやル・マンの育成組織出身のL・ディアラは2005年にル・アーブルからチェルシーに移籍。だが、出場機会に恵まれず、2007年にアーセナルに移籍するも、ここでも花は咲かなった。 注目を集めたのは2009年。当時ポーツマスに在籍していたL・ディアラは冬のマーケットでレアル・マドリーに移籍した。元々、フランス代表では定評のあった同選手は世界最高クラブで居場所を見つけ、2008-09シーズンは途中加入ながらリーグ戦19試合に出場した。さらに翌シーズンからは背番号を「10」に変更。3年半の在籍期間の中で公式戦116試合に出場し、リーガやコパ・デル・レイ制覇に貢献した。 その後はロシアやマルセイユでプレーし、直近では昨年1月にUAEのアル・ジャジーラからフリーでパリ・サンジェルマンに移籍。引退発表日までに公式戦19試合に出場した。 L・ディアラは自身のインスタグラムで「スパイクを脱ぐときが来た」として、引退メッセージを綴っている。 「いわゆる『スパイクを脱ぐ時』がやってきたんだ。私はフットボールに多くを与えてきたし、フットボールからたくさんのものを受け取った。感謝している」 「ハイパフォーマンススポーツというのは勇気や忍耐力、そして尊敬することを学ぶことが出来る真の学校だ。私はすべてを完璧にやってきたとは言わないが、ハートや情熱、思いやりを持ってやってきた」 「キャリアを通じて勇気を与えてくれた皆に感謝したい。クラブや監督、先生、そしてチームメイト…彼らは私の人生の一部だった」 「私が2007年に初めてフランス代表に選ばれたことは忘れない。代表のユニフォームを着ることはすべてのフットボーラーの夢だ」 「私はページを捲る。だが、何も忘れることはない。新しいプロジェクトに熱意や決意、誠意を持って働き続けるよ」 2019.02.23 02:24 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー、獲得濃厚のパラシオスの状態を確認か

レアル・マドリーが、リーベル・プレートのアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(20)状態を確認するために医師を派遣したようだ。アルゼンチン『Radio LaRed』の情報をもとにスペイン『マルカ』が伝えている。 リーベル・プレート下部組織出身のパラシオスは、2015年11月にトップチームデビュー。昨シーズンまではなかなか出番が回ってこなかったものの、今シーズンは公式戦27試合に出場。献身的な守備と豊富な運動量を武器に、攻守両面で活躍できるポテンシャルを秘めるセントラルMFであり、アルゼンチンのトニ・クロースと称されている。 そんなパラシオスを巡って、有力各紙はマドリーが契約解除金2000万ユーロ(約26億円)を支払い、今冬の5年半契約に合意したと報道。しかし、リーベル・プレートのロドルフォ・ドノフリオ会長が「彼は移籍市場に出ていない」と発言しており、今冬での移籍は叶っていない。 マドリーは今夏にも交渉を行う構えを見せているが、パラシオスは10日に行われたアルゼンチンリーグ第18節のラシン戦で右足腓骨を骨折。少なくとも2か月の負傷離脱を強いられており、マドリーの医療班がブエノスアイレスにいるパラシオスを訪問するようだ。 2019.02.22 20:56 Fri
twitterfacebook
thumb

モドリッチが契約延長で合意! 夢はマドリーでの引退

レアル・マドリーとクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)が、契約延長で合意に達したようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 2012年にトッテナムから加入して以降、エル・ブランコの絶対的な司令塔として活躍を続けるモドリッチ。しかし、昨夏にクラブとの確執やインテル移籍の可能性が伝えられると、ロシア・ワールカップ(W杯)での疲労からくるパフォーマンスの低下の影響もあり、今シーズン限りで退団する可能性も否定し切れないものとなっていた。 しかし、モドリッチはシーズンが進むにつれて徐々に復調。パフォーマンスに呼応する様にして、2020年までとなっている現行契約の延長に向けて交渉が開始されたことが、今月初めに報じられていた。 そして、今回の『マルカ』によれば、モドリッチとマドリーは2021年6月30日までの延長で合意。モドリッチは一貫して退団を考慮していなかったと伝えられているが、新契約を全うすれば36歳までクラブに残ることとなり、マドリッドを離れるという杞憂すら抱かせないものとなっている。 また、クラブとモドリッチは双方ともにサンティアゴ・ベルナベウでシャツを脱ぐ日を迎えることを夢見ているとのことだ。 2019.02.22 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ベイル、マドリー残留を決心か クラブは放出容認の姿勢

ウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)が、レアル・マドリー残留を決心したようだ。スペイン『アス』が報じた。 2013年夏にトッテナムからレアル・マドリーに移籍したベイル。ジネディーヌ・ジダン政権ではクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)、ベンゼマと共に“BBC”と呼ばれる強力な3トップを形成したほか、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝リバプール戦では圧巻のオーバーヘッドシュートを決めてみせた。 しかし、そんなベイルにも致命的な欠点があり、それは故障の多さだ。同選手は今シーズンだけでも既に4度の離脱を繰り返しており、マドリー加入以来では18回負傷。今シーズンの成績が公式戦30試合12ゴール5アシストと、FWベンゼマの39試合19ゴール7アシストに次ぐ数字であるとはいえ、常に不安の付きまとう選手となってしまっている。 また、昨シーズンまでのC・ロナウドとロッカールームを共にしていた期間、ベイルはクラブの主役になることが出来ず。昨夏には退団に向けて最大の高まりを見せ、マドリー側も金額次第で放出する姿勢を見せていたが、結局は残留。それでも、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーと言ったクラブからの関心は途切れずに現在まで伝えられている。 しかし、『アス』によると、クラブの放出を容認する構えは変わらないが、ベイル当人は残留を決心。プレミアリーグへの復帰に関心を払っておらず、2022年まで残す契約を全うしたがっているという。なお、『アス』はマドリーの技術部門と直接連絡を取り合っており、ベイルに近い人物から今回の情報がもたらされたとしている。 また、クラブはベイルと将来について話し合う場を未だ設けていない。ベイル自身もパフォーマンスを向上させなくてはならないことを理解しており、双方ともに現在の状態を変えることを考慮していないとのことだ。 2019.02.22 17:10 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース