ハインケス、レヴァンドフスキの怒りに理解も「監督は他の誰でもなく私」2018.05.06 23:38 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
バイエルンのユップ・ハインケス監督は、FWロベルト・レヴァンドフスキの怒りについて理解していることを語った。

バイエルンは5日、ブンデスリーガ第33節でケルンと対戦。試合はアウェーのバイエルンがレヴァンドフスキのゴールなどで3-1と逆転勝利を収めた。

しかし、レヴァンドフスキは77分、サンドロ・ヴァーグナーとの交代時に不満な表情を見せ、ハインケス監督と握手を交わさなかったと伝えられている。このことについて指揮官は一定の理解を示した。

「ストライカーというのは利己的で、常にゴールを決めることを考えている。私も理解しているよ。しかし監督は他の誰でもなく私だ」

「ストライカーにとって途中で代えられるというのは楽しいものではない。彼はリーグ戦30点目を取りたかったんだろう。しかし、それについてはもう話したし、終わったことだ」

レヴァンドフスキはケルン戦でリーグ戦29点目をマーク。最終節であと1ゴールを決めることができれば、ゲルト・ミュラー以来3シーズン連続30ゴール達成の快挙を成し遂げることとなる。


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース