シャルケが4季ぶりにCL出場権獲得《ブンデスリーガ》2018.05.06 03:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シャルケは5日、ブンデスリーガ第33節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。この結果、最終節を前に4位以上を確定させ、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得している。

▽4位までに与えられるCL出場権獲得まであと1ポイントとしている2位シャルケ(勝ち点57)が、前節残留を決めた11位アウグスブルク(勝ち点41)のホームに乗り込んだ一戦。

▽アウグスブルクにボールを持たせる入りをしたシャルケは4分にピンチ。ケフラーが軽い対応でフィンボガソンにボックス右でボールを奪われシュートを打たれたが、左ポストに直撃して助かった。

▽その後も慎重に試合を進めていたシャルケだったが、23分に先制する。FKの流れからボックス左のブルクシュタラーがボレーで狙ったボールがゴール前のケフラーのもとへ。ケフラーは意表を突くヒールシュートでゴール右に流し込んだ。

▽しかし27分、クイックリスタートでマックスにボックス左のスペースを使われてシュートを決められ、試合を振り出しに戻されてしまう。

▽それでも34分、左CKからニアのケフラーが頭で合わせると、シュートがDFに当たってゴールに吸い込まれた。

▽迎えた後半もアウグスブルクにボールを持たせながら試合を進めるシャルケは、62分にカウンターからコノプリャンカがGKを強襲するシュートを浴びせて牽制。

▽終盤にかけても危なげなく試合を運び、2-1で勝利。4シーズンぶりにCL出場権を獲得している。

コメント

関連ニュース

thumb

左SB受難のアーセナルはメンディル獲得まであと一歩だった…獲得したシャルケSDも認める

▽今夏リールからシャルケに加入したモロッコ代表DFハムザ・メンディル(20)だが、アーセナル行きにあと一歩のところまで迫っていたようだ。ドイツ『sport.de』が報じた。 ▽リール、そしてモロッコ代表で左サイドバックを務めるメンディルは、17日にシャルケへの完全移籍が発表。2023年6月30日までの5年契約を結んでいる。 ▽しかし、今夏シャルケよりも獲得に迫っていたのはアーセナル。しかし、労働許可の問題が解決できずに移籍手続きが間に合わず、破談となっていた。シャルケのクリスチャン・ハイデルSD(スポーツ・ディレクター)もその可能性を認めており、「彼はアーセナルに行っていたと思う」とコメントしている。 ▽アーセナルは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツがシーズン開幕前に負傷し全治10週間と診断。開幕戦で左サイドバックとして出場したU-21イングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズが腓骨骨折で最大8週間の離脱。第2節で復帰を果たしたものの、スペイン代表DFナチョ・モンレアルも負傷しており、アーセナルは左サイドバックの補強を検討。メンディル獲得は願ってもいないものだった。 ▽しかし、今シーズンのプレミアリーグはシーズン開幕前に移籍市場が閉鎖。その結果、アーセナルはメンディルの獲得を諦めざるを得ない結果となった。一方のシャルケは、そのルールのお陰でメンディル獲得に成功。移籍期間のリーグ間差が出る結末となった。 2018.08.21 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

シャルケ、インテルで構想外のポルトガル代表10番獲得に関心?

▽シャルケがインテルに所属するポルトガル代表MFジョアン・マリオ(25)の獲得に動いているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽先のロシア・ワールドカップでもポルトガル代表の10番として全4試合に出場したジョアン・マリオ。一方、クラブでは2016年夏からインテルに所属しているものの、目立った活躍は披露できず。昨冬には、ウェストハムにレンタル移籍。 プレミアリーグ13試合に出場して2ゴール1アシストを記録していた。 ▽伝えられるところによると、インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は今シーズンもジョアン・マリオを戦力として考えておらず、売却を希望しているとのこと。そんな中、シャルケが同選手のローンでの獲得に関心を寄せているが、インテル側は買取オプションを付帯させたいようだ。 ▽現在日本代表MF乾貴士が所属するベティスやセビージャも関心を示していることが伝えられているが、ポルトガル代表10番の新天地は果たしてどこになるのだろうか。 2018.08.19 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ドラクスラー、ドイツ期待の若手に押し出され退団?

▽ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(24)に、パリ・サンジェルマン(PSG)退団の可能性が浮上している。フランス『Le10 Sport』が報じた。 ▽ドイツ代表としても37キャップを誇るドラクスラーは、シャルケ下部組織で育った後、ヴォルフスブルクを経て、2016年1月からフランスの強豪PSGでプレー。しかし、全体的なレギュラーとして君臨することは叶わず。昨シーズンは公式戦47試合5ゴール10アシストを記録したが、プレー時間は2630分(約30試合相当)に留まった。 ▽『Le10 Sport』によると、PSGのトーマス・トゥヘル監督は今夏シャルケから加入した期待の若手、U-21ドイツ代表DFシロ・ケフラー(21)を守備的MFとして育てる構想を持っているようで、押し出されるような形でドラクスラーのプレー機会が減少する可能性が高いという。そのため、クラブの上層部がドラクスラー売却を考慮しているとのことだ。 ▽移籍先の候補としては、古巣シャルケをはじめ、ライプツィヒ、そして元ライバルクラブであるドルトムントが挙げられている。しかし、未だオファーは届いておらず、依然として不透明な状況だ。 2018.08.18 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

シャルケ、リールからロシアW杯選出のモロッコ代表DFメンディル獲得!

▽シャルケは17日、リールからモロッコ代表DFハムザ・メンディル(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日まで。移籍金は非公開となっている。 ▽リール下部組織出身のメンディルは、2017年2月にトップチームデビュー。昨シーズンは左サイドバックを主戦場とし、公式戦14試合に出場した。また、モロッコ代表では2016年9月にフル代表デビュー。出場機会はなかったものの、7月まで行われていたロシア・ワールドカップのメンバーにも選出されていた。 ▽メンディルの加入についてシャルケのドメニコ・テデスコ監督は、以下のようにコメントしている。 「我々は長い間ハムザ(・メンディ)について詳しく調べていた。そのため、彼を獲得できてとても嬉しいね。彼は、我々がこのポジションに望む多くの要素を持っている。身体能力、ダイナミック、タフさ、そして攻撃の局面での勇敢さ。この才能ある選手と共にさらなる成長を遂げることを、我々はとても楽しみにしている」 2018.08.17 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴィレムⅡ、昨季限りでシャルケ退団のコソボ代表FWを獲得

▽ヴィレムⅡは16日、昨季限りでシャルケを退団したコソボ代表FWドニス・アブディヤイ(21)を獲得した。契約期間は2020年6月30日までとなり、1年間の延長オプションも付いている。 ▽シャルケユース出身アブディヤイは、2014年夏にトップチームに昇格するも、2015年冬にシュトゥルム・グラーツへ1年半契約でレンタル移籍。復帰した2016-17シーズンは、シャルケで公式戦12試合に出場し2ゴールをマーク。しかし、昨シーズンは出場機会を確保できず、ローダJCへレンタル移籍。 ▽ローダJCでは、リーグ戦11試合を含む公式戦14試合に出場し4ゴール2アシストを記録した。また、代表としてはU-16からU-19まで生まれ故郷のドイツ代表を選択。しかし、2016年11月にルーツであるコソボ代表を選択している。 2018.08.17 03:33 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース