フローニンヘン指揮官、最終節PSV戦で堂安ら若手に期待…堂安は2ケタ得点なるか2018.05.06 01:23 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
2017-18シーズンのエールディビジは、すでにPSVが優勝を決めている。6日行われる第34節で、堂安律の所属するフローニンヘンは敵地でPSVと戦うことになるが、指揮官アーネスト・ファーバーが王者との一戦に気概を示している。オランダメディア『FCUPDATE』が報じた。

フローニンヘンのファーバー監督は、PSV戦を前にした会見で次のように語っている。

「最終節を前に、我々には失うものがないし、敵地とはいえ勝利を目指す。もちろん、PSV戦との戦いはいつだって難しい状況になるし、気は抜けない。もし守勢時にミスすれば、それはすぐさま自分たちの首を締めることになる」

「PSVは今シーズン、なるべくして王者になった。彼らとの一戦を通して、自分たちの実力を示すいい機会だ。特にカルロス・アントゥナ、サミル・メミシェヴィッチ、リツ・ドウアン、ジュニーニョ・バクーナら、若い選手にとっては絶好の試合になるね」

現在、リーグ12位のフローニンヘンは最終節で王者PSVを下すことができるのか。また、ここまでリーグ戦9ゴールを記録している堂安は、ヨーロッパ挑戦1年目でゴール記録を2ケタに乗せることができるのかにも注目が集まる。


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース