コスタリカ代表FWウレニャが顔面骨折の修復手術を実施…ロシアW杯に間に合うか2018.05.04 03:05 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロサンゼルスFCに所属するコスタリカ代表FWマルコ・ウレニャ(28)が、手術を受けることを発表した。

▽ウレニャは、4月30日に行われたシアトル・サウンダーズ戦の前半で負傷するも、フル出場。その後に行われた検査の結果、顔面の骨折が発覚した。

▽ロサンゼルスFCは、「ウレニャは金曜(4日)に顔面骨折を修復する手術を行う。ウレニャは4週間後に再検査を実施する予定となっている」とコメントを発表した。

▽ウレニャは、少なくとも4~6週間はリハビリが必要となる模様。ロシア・ワールドカップは6月14日に開幕し、コスタリカ代表は17日にグループステージ初戦のセルビア代表戦を迎える。

コメント

関連ニュース

thumb

スポルティング退団のコスタリカ代表FWブライアン・ルイスがサントスにフリーで加入

▽ブラジルのサントスは11日、スポルティング・リスボンからコスタリカ代表MFブライアン・ルイス(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。背番号は「10」となる。 ▽ルイスは、ヘントやトゥベンテ、フルアム、PSV、スポルティングと欧州のクラブを渡り歩き、各クラブでポジションを確保。2017-18シーズンは、ポルトガル・プリメイラリーがで20試合に出場し2ゴール、ヨーロッパリーグでは6試合に出場していた。 ▽また、コスタリカ代表としてロシア・ワールドカップにも出場。今大会は3試合に出場し1アシストを記録。通算では114試合に出場し24ゴールを記録している。 ▽スポルティングとは、2017-18シーズン限りで契約が満了を迎え、フリーでの移籍となった。 2018.07.12 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:スイス 2-2 コスタリカ《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE最終節、スイス代表vsコスタリカ代表が27日にニジニ・ノヴゴロド・スタジアムで行われ、2-2の引き分けに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽スイス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180628_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ゾンマー 5.5 前半序盤のピンチをファインセーブ連発で凌いだ。最後のOGは仕方ない DF 2 リヒトシュタイナー 5.5 累積2枚目のイエローカードで次戦出場停止に。冷静な対処が必要だった 22 シェアー 5.5 高い守備力を見せていたが、こちらもイエローカードを受け累積2枚目 5 アカンジ 5.0 ワストンのマークに付ききれず失点に関与 13 R・ロドリゲス 5.5 守備では左サイドを突破される場面もあった MF 10 ジャカ 5.0 前2試合に比べたらおとなしかった 11 ベーラミ 5.5 中盤からチーム全体を鼓舞。年齢を感じさせず動き回った (→ザカリア 5.5) 1アシストも終盤のファウルでPKを与えてしまった 23 シャキリ 5.0 存在感示せず。得意のカットインからのシュートもなく… (→ラング -) 15 ジェマイリ 6.5 先制ゴールを記録。2列目からの飛び出しでチャンスを演出した 7 エンボロ 6.0 期待のエース候補がアシストで貢献 FW 18 ガブラノビッチ 5.0 初先発で少し動きが悪かったか。前線で起点作れず (→ドルミッチ 6.0) 途中出場名がgら落ち着いたプレーでスイスの2点目を挙げた 監督 ペトコビッチ 6.0 途中出場させたザカリアやドルミッチが期待に応える活躍 ▽コスタリカ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180628_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 5.5 2失点だが大きなミスはなく DF 16 ガンボア 5.5 絶え間なく右サイドを上下した (→I・スミス -) 2 アコスタ 5.0 空中戦での勝率が低かった 3 G・ゴンサレス 5.0 連動性のある守備を見せられなかった 19 ワストン 5.5 失点に関与も今大会チーム初ゴールを挙げた 8 オビエド 6.0 攻撃もこなしつつチームに貢献。惜しいシュートを何本か放った MF 5 ボルヘス 5.5 積極的な攻め上がりでチームトップタイの3本のシュートを放った 20 グズマン 5.0 中盤争いで後手に回った (→アオフェイファ -) FW 9 コリンドレス 5.5 左サイドを縦横無尽に駆け回った。特に攻撃面での貢献は大きかった (→ウォレス -) 12 キャンベル 5.5 ポテンシャルを感じさせるようなプレーを見せた。CKからアシストも記録 10 ルイス 5.5 シュートもドリブルもいつものようなキレはなかった。結果的にOGとなったがPKはクロスバー直撃 監督 ラミレス 5.0 前回のベスト8が未勝利で大会を終えた。この試合で今大会初ゴールを決めたことがせめてもの救いか ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ジェマイリ(スイス) ▽チームの先制点を記録。要所要所で相手の嫌がるポイントに顔を出し攻撃を活性化させた スイス 2-2 コスタリカ 【スイス】 ジェマイリ(前31) ドルミッチ(後43) 【コスタリカ】 ワストン(後11) OG(後49) 2018.06.28 05:11 Thu
twitterfacebook
thumb

コスタリカとドローのスイスが2位通過!決勝Tではスウェーデンと対戦《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE最終節、スイス代表vsコスタリカ代表が27日にニジニ・ノヴゴロド・スタジアムで行われ、2-2の引き分けに終わった。この結果、スイスの2位通過が決定した。 ▽現在首位ブラジル代表に並ぶ勝ち点4で2位につけているスイス。引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まるこの一戦に向けて、勝利した前節からツバーとセフェロビッチを代えてエンボロとガブラノビッチを先発に起用した。 ▽一方、すでに敗退が決まっているコスタリカは、ドゥアルテを代えてワストン、ヴェネガス、ウレニャを代えて、コリンドレスとキャンベルが先発に名を連ねた。 ▽まずは6分、コスタリカは今大会初先発となったキャンベルが持ち前の個人技からシュートに持ち込む。その直後にはサイドからのクロスをボルヘスがヘディングシュート。さらに立て続けにガンボアが左足で狙うが、度のシュートもGKゾンマーの好セーブに阻まれた。 ▽10分にはコリンドレスが左サイドやや遠めの位置からミドルシュートを放つと、これがクロスバー直撃。真下に跳ね返ったためコリンドレスは喜んだが、ボールはラインを割っていなかった。 ▽全く攻撃の形が作れないスイスは19分にもオビエドの鋭い枠内シュートを見舞われる。だがここでもGKゾンマーがファインプレー。そんなゾンマーの期待に応えるように劣勢のスイスが先制点を挙げる ▽31分、右サイドを上がったリヒトシュタイナーのクロスをエンボロが頭で折り返す。2列目から飛び出したジェマイリが反応。豪快にネットに突き刺した。 ▽33分にも味方の落としを同じように遅れて入ってきたジェマイリがシュートを放つが相手に当たってしまう。そんな中37分にリヒトシュタイナーが相手へのタックルでイエローカードを受ける。ブラジル戦でも受けていたリヒトシュタイナーはこれで累積2枚目。もし決勝トーナメントに勝ち上がっても、次の試合は出場できなくなってしまった。 ▽スイスの1点リードで迎えた後半、コスタリカに待望の今大会初ゴールが生まれる。56分、右CKを獲得しキッカーはキャンベル。そのクロスに遭相手DF競り勝ったワストンが打点の高いヘディングで合わせ、初ゴールを挙げた。 ▽78分のスイスは、途中出場のドルミッチがエンボロのクロスを頭で合わせるが、完ぺきにとらえたシュートはポストに嫌われてしまう。後半は勢いを弱めたスイスだったが、試合終盤の88分、ジェマイリが敵陣中央で相手と入れ替わり、右サイドのザカリアに展開。ザカリアはこれをダイレクトでゴール前に入れると、逆サイドのドルミッチが丁寧に流し込んでスイスが勝ち越し。 ▽これで終わるかに思われたが後半アディショナルタイムの3分、キャンベルがザカリアに倒されコスタリカにPKの判定。キッカーのルイスはこれをクロスバーに充ててしまうが、跳ね返ったボールがGKゾンマーの背中に当たりオウンゴールで同点に追いついた。 ▽ほどなくして試合終了。2-2で引き分けたスイスは2位でグループEを通過。決勝トーナメントではスウェーデン代表と対戦する。 2018.06.28 05:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラジルを苦しめたケイロル・ナバス「堂々と去る」

▽レアル・マドリーに所属するコスタリカ代表GKケイロル・ナバスに悔いはない。『La Nación Costa Rica』が伝えた。 ▽コロンビア代表は22日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第2節でブラジル代表(0-2でコスタリカが敗戦)と対戦。後半アディショナルタイムに2失点を許したケイロル・ナバスだが、読みの鋭いセービングで90分間を無失点に抑え込むなど、圧倒的な存在感を解き放った。 ▽しかし、大会2連敗でグループE最下位に沈むコスタリカ代表は、1試合を残して敗退が決定。それでも、ケイロル・ナバスは試合後、悔いなく大会を去ると語った。 「胸を張って大会を去る。最後までこのシャツのために戦ったのだからね。フットボールとはそういうものさ。全力を尽くしたのだから、この結果は受け入れ難い。でも、フットボールにはそういうことがしばしばある」 「W杯が終わってしまうのだから悲しいよ。けど、僕らは堂々と去る。練習中から試合まで、国の代表としてあらゆる人の模範になろうとしてきたのだから。今日、負けちゃったけど、これまでと同じように前に進む」 2018.06.23 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「これこそチッチが強く求めてきたこと」GKナバスの牙城を崩したMOMのコウチーニョ、チームの我慢強さに手応え

▽マン・オブ・ザ・マッチに輝いたブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが、コスタリカ戦を振り返った。FIFA公式サイトが伝えている。 ▽ブラジルは22日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第2節でコスタリカ代表と対戦。初戦のスイス戦を引き分けたブラジルはなんとしても勝利が欲しい一戦だったが、相手のタイトな守備やGKナバスの好守に阻まれ、なかなかゴールを奪うことができない。それでも後半アディショナルタイム、この日先発出場したコウチーニョがクロスの流れからボックス内でルーズになったボールを押し込んでゴールネットを揺らした。待望の先制点を奪ったブラジルは試合終了間際にも1点を追加して2-0で勝利。今大会初白星を手にした。 ▽試合後、ブラジルの勝利に貢献したコウチーニョはコスタリカ戦を回想。指揮官チッチが求める「最後まで諦めないこと」を体現できたチームに手応えを示した。 「僕らは厳しい試合になることを予想していた。それでも試合開始から勝利を目指したよ。試合終了まで辛抱強く戦った。それが2つのゴールで報われたよ。コスタリカというチームは高いクオリティを持っている。強いディフェンダー、ミッドフィルダーがいたしね。しかし、試合終了の最後の瞬間まで諦めなかった。それが最も重要なことで、チッチ(監督)が常に強く求めてきたことなんだ」 2018.06.23 01:54 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース