コスタリカ代表FWウレニャが顔面骨折の修復手術を実施…ロシアW杯に間に合うか2018.05.04 03:05 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロサンゼルスFCに所属するコスタリカ代表FWマルコ・ウレニャ(28)が、手術を受けることを発表した。

▽ウレニャは、4月30日に行われたシアトル・サウンダーズ戦の前半で負傷するも、フル出場。その後に行われた検査の結果、顔面の骨折が発覚した。

▽ロサンゼルスFCは、「ウレニャは金曜(4日)に顔面骨折を修復する手術を行う。ウレニャは4週間後に再検査を実施する予定となっている」とコメントを発表した。

▽ウレニャは、少なくとも4~6週間はリハビリが必要となる模様。ロシア・ワールドカップは6月14日に開幕し、コスタリカ代表は17日にグループステージ初戦のセルビア代表戦を迎える。

コメント

関連ニュース

thumb

前回大会8強のコスタリカ代表暫定メンバーが発表! 徳島GKカルバハルは選外《ロシアW杯》

▽コスタリカサッカー連盟(FFCR)は14日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたコスタリカ代表メンバー23名を発表した。 ▽今回のメンバーは暫定メンバーであり、変更の可能性があるとのこと。オスカル・ラミレス監督は、GKケイロル・ナバス(レアル・マドリー)やFWジョエル・キャンベル(ベティス)、MFブライアン・ルイス(スポルティング・リスボン)らを選出。徳島ヴォルティスのGKダニー・カルバハルは選外となった。 ▽コスタリカはロシアW杯でグループEに入り、ブラジル代表、スイス代表、セルビア代表と同居。6月17日にセルビアと、同22日にブラジルと、同27日にスイスと対戦する。今回発表されたコスタリカ代表暫定メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆コスタリカ代表暫定メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ケイロル・ナバス</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">パトリック・ペンベルトン</span>(アラフエレンセ) <span style="font-weight:700;">レオネル・モレイラ</span>(エレディアノ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ジョニー・アコスタ</span>(アギラス・ドラダス/コロンビア) <span style="font-weight:700;">ケンドル・ワストン</span>(バンクーバー・ホワイトキャップス/カナダ) <span style="font-weight:700;">フランシスコ・カルボ</span>(ミネソタ・ユナイテッド/アメリカ) <span style="font-weight:700;">ロナルド・マタリタ・ウラテ</span>(ニューヨーク・シティFC/アメリカ) <span style="font-weight:700;">イアン・スミス</span>(ノーシェーピング/スウェーデン) <span style="font-weight:700;">クリスティアン・ガンボア</span>(セルティック/スコットランド) <span style="font-weight:700;">ブライアン・オビエド</span>(サンダーランド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジャンカルロ・ゴンサレス</span>(ボローニャ/イタリア) <span style="font-weight:700;">オスカル・ドゥアルテ</span>(エスパニョール/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ダニエル・コリンドレス</span>(サプリサ) <span style="font-weight:700;">クリスティアン・ボラーニョス</span>(サプリサ) <span style="font-weight:700;">ランダル・アソフェイファ</span>(エレディアノ) <span style="font-weight:700;">ダビド・グズマン</span>(ポートランド・ディンバーズ/アメリカ) <span style="font-weight:700;">ロドニー・ワラセ</span>(ニューヨーク・シティFC/アメリカ) <span style="font-weight:700;">イェルツィン・テヘダ</span>(ローザンヌ/スイス) <span style="font-weight:700;">セルソ・ボルヘス</span>(デポルティボ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ブライアン・ルイス</span>(スポルティング/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ジョエル・キャンベル</span>(スポルティング/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">マルコ・ウレニャ</span>(ロサンゼルスFC/アメリカ) <span style="font-weight:700;">ジョハン・ベネガス</span>(サプリサ) 2018.05.15 22:16 Tue
twitterfacebook
thumb

「バラックは体臭がひどかった」往年の名GKチラベルト、日韓W杯対戦時の逸話を明かす

かつてパラグアイ代表のゴールを守ったレジェンド、ホセ・ルイス・チラベルトが対戦相手としてピッチ上で対峙した元ドイツ代表MFミヒャエル・バラックについて「体臭がひどかった」というエピソードを明かしている。<br><br>北米大手メディア『ESPN』は、1998年、2002年とワールドカップに2度出場したチラベルトの逸話を紹介している。<br><br>「バラックの体臭はとてもひどかったね。試合中はバラックに近づくこともできなかった」<br><br>「彼はもっと消臭スプレーを使うべきだったと思うが、もしかするとそれもドイツ代表の戦術だったのかもしれない。だって、あまりの臭いにマンマークすることさえ難しいんだからね」<br><br>パラグアイは2002年の日韓ワールドカップに出場し、スペイン、南アフリカ、スロベニアと同組のグループBを2位通過。ラウンド16ではドイツと戦ったが、0-0で迎えた88分にオリヴァー・ノイヴィルに先制ゴールを許し、0-1で敗れている。<br><br>1965年生まれのホセ・ルイス・チラベルトは現役時代、GKながら優れたキックセンスを持つことで知られ、セットプレーのチャンスではFKやPKのキッカーを務めたことでも知られている。パラグアイ代表では1998年と2002年に2度ワールドカップ出場を果たし、代表では74キャップでGKながら8ゴールをマーク。<br><br>2005年に現役を引退したチラベルトは現役時代からユニセフ親善大使を務め、貧困問題解決に尽力する一方、歯に衣着せぬ発言をすることでも知られていた。ドイツ代表で長年主軸を務めたバラックに対しても、遠慮は一切ないようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.03.11 12:41 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月15日は、現在クラブW杯を戦うロス・ブランコスの守護神

◆ケイロル・ナバス 【Profile】 国籍:コスタリカ 誕生日:1986/12/15 クラブチーム:レアル・マドリー ポジション:GK 身長:185㎝ 体重:78㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月15日はコスタリカ代表GKケイロル・ナバスをご紹介。 ▽ケイロル・ナバスは、2005年にコスタリカのデポルティボ・サプリサとプロ契約を結んだ。さらに同年12月に北中米カリブ海王者として出場したFIFAクラブワールドカップでは出場機会こそなかったが登録メンバーに名を連ねていた。 ▽その後はスペイン2部のアルバセテを経てレバンテに加入。2013-14シーズンにはリーグ最多セーブを記録すると、その勢いのままにブラジル・ワールドカップでも出色の出来を披露。5試合中3試合で大会のマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなどコスタリカ代表のベスト8進出に大きく貢献し、これまでの活躍が認められて大会後にレアル・マドリーへの移籍を果たしている。 ▽類まれなるショットストップ技術というGKにとって絶対的な能力を持っているケイロル・ナバスだが、マドリ―では悲惨な扱いを受けてしまう。イケル・カシージャス退団後には正GKとしてのポジションを与えられるかと思いきや、フロレンティーノ・ペレス会長はGKダビド・デヘアの獲得を望み、ケイロル・ナバスをトレード要因としようとしたのだ。 ▽クラブから必要のない選手との烙印を押されたケイロル・ナバスは、移籍最終日にイギリスに向かうプライベートジェットに乗りこんだ。しかしクラブ間でのやり取りが進まず、その飛行機の中で1時間も待ちぼうけ。さらに、移籍が破談となるやマドリーの練習場に引き返すなど散々な扱いを受けた。 ▽プライドを傷つけられたケイロル・ナバスは不満を態度に表さず。現在もマドリーの守護神としてプレーするなど、ナイスガイな一面を見せている。 ※誕生日が同じ主な著名人 柏木陽介(サッカー選手/浦和レッズ) ズラタン(サッカー選手/浦和レッズ) 高橋克典(俳優) 新木優子(女優) 桐生祥秀(陸上競技選手) 伊藤萌々香(アイドル/Fairies) 2017.12.15 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

シルバ2G1A! 大量5発のスペインが無失点でコスタリカに圧勝《国際親善試合》

▽国際親善試合のスペイン代表vsコスタリカ代表が11日に行われ、5-0でスペインが勝利した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選を10戦9勝1分けと破竹の勢いで突破したスペインが、北中米カリブ海予選を突破し、同じくW杯出場を決めているコスタリカをホームに招いて開催した一戦。 ▽スペインは、この試合では[4-3-3]を採用。GKにデビュー戦となるケパを抜擢し、DFにはジョルディ・アルバ、ピケ、セルヒオ・ラモス、オドリオソラ、中盤にブスケッツ、チアゴ、イニエスタ、3トップにイスコ、モラタ、シルバを起用した。 ▽試合が始まると、スペインが早々に先制点を奪い切る。6分、右サイドを侵攻したシルバが、グラウンダーのクロスを供給。コスタリカDFがクリアし損ねると、反応したジョルディ・アルバが左足で蹴り込み、ネットを揺らした。 ▽さらに23分、イニエスタとのワンツーでシルバがボックス内左でフリーの状態に。そのまま中央に折り返されたボールは、一度GKカルバハルにクリアされたものの、中途半端となったところに反応したモラタが押し込んであっさりと追加点としていく。 ▽スペインはその後も中盤の支配力でコスタリカを圧倒。42分には、イスコのパスを受けたモラタがボックス中央から右足でシュートを放つ。これはGKカルバハルにセーブされたが、相手に息をつかせない。 ▽2点リードして試合を折り返したスペインは、後半開始と同時に一挙4選手を入れ替え。ピケ、セルヒオ・ラモス、ブスケッツ、モラタを下げて、バルトラ、ナチョ、サウール、アスパスを投入した。 ▽大幅に選手を交替したスペインだったが、後半に突入しても勢いは衰えない。51分には、相手DFのクリアミスをボックス右で拾ったシルバが、素早くシュートを選択。GKカルバハルの逆を突くように右足でファーに蹴り込むと、チームの3点目となった。 ▽さらに直後の55分、相手DFにプレスをかけたシルバが敵陣右サイド深くでボールを奪取。そのままボックス内に侵攻して得点したシーンと似たシチュエーションになると、今度はタイミングをずらすように左足を振り抜き、再びファーのネットを揺らした。 ▽4-0としたスペインは、65分にイスコを下げてアセンシオを投入。中盤で存分に持ち味を発揮していたイスコが退く際には、ホームの観衆から喝さいが送られた。 ▽73分には、バルトラからの縦パスをピッチ中央付近で受けたイニエスタが、自らドリブルで運ぶ。ボックス手前に差し掛かると、右足を振り抜き強烈なドライブシュート。鋭い回転のかかったお手本のようなボールは、GKカルバハルの手前でワンバウンドしてゴールラインを割った。 ▽一仕事終えたイニエスタは得点直後の74分に交代。L・アルベルトがピッチに投入される。スペインはその後、ペースを落として試合を進行。結局、コスタリカが一矢報いることは叶わず、試合はスペインが圧巻のゴールショーを演じるままに幕を下ろした。 2017.11.12 07:26 Sun
twitterfacebook
thumb

コスタリカ、劇的アディショナルタイム弾で2大会連続5回目のW杯出場権獲得!《ロシアW杯北中米カリブ海予選》

▽日本時間8日、ロシア・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海最終予選第9節のコスタリカ代表vsホンジュラス代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、コスタリカが2大会連続5回目のW杯出場を決めた。 ▽最終予選8試合を終えて、4勝3分1敗で2位につけるコスタリカ(勝ち点15)と、2勝3分け3敗で5位につけるホンジュラス(勝ち点9)の対戦となった。 ▽各グループの首位にW今節勝ち点1以上を獲得することで本大会への出場が確定するコスタリカと、3大会連続の本大会出場に望みを繋げたいホンジュラスの一戦。試合はゴールレスのまま迎えた後半にホンジュラスが先制点を奪う。66分、左サイドでパスを受けたキオトが縦への突破からクロスを供給。これをゴール中央に走り込んだエルナンデスがヘディングシュートをゴール左へと突き刺した。 ▽先制点を許してしまったコスタリカは、その後攻勢を強めるがGKの攻守もありなかなかゴールが生まれない。 ▽1-0でホンジュラスがリードしたまま試合は終盤に。すると後半アディショナルタイム5分、W杯出場を決めたいコスタリカに待望の同点ゴールが生まれる。ボックス右手前でパスを受けたウォレスがキックフェイントで一人かわし、さらに縦への突破からもう一人の相手DFを剥がしてクロスを供給。待ち構えていたワストンがボックス中央で競り勝ち、ボールはそのままゴール右へと吸い込まれた。 ▽ホームの大歓声を受ける中、W杯出場を決定づける劇的ゴールを奪ったコスタリカは残りわずかの時間を耐え凌ぎ、試合をクローズ。アディショナルタイム弾で同点に追いついたコスタリカが2大会連続5回目のW杯出場を決めた。 2017.10.08 09:40 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース