磐田DFギレルメの愚行は海外でも話題…退場処分後、相手選手への蹴り&スタッフへのヒジ打ち2018.05.03 17:25 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽2日に行われた明治安田生命J2リーグ第12節の横浜F・マリノスvsジュビロ磐田で起こった行為が海外でも話題となっている。ブラジル『グローボ』が報じた。

▽試合は3-1で磐田が勝利したものの、80分に事件は起こった。イエローカードを1枚受けていた磐田DFギレルメだったが、2度目の警告を受けて退場処分。その直後に事件は起きた。

▽何かに怒りを露わにしたギレルメは、横浜FMのMF喜田拓也の臀部を後ろから蹴り上げる愚行。チームメイトに促されてピッチを出ると、ピッチサイドに立っていた横浜FMのスタッフにヒジ打ち。場内は騒然となった。

▽試合後、名波浩監督はインタビューで謝罪。「スポーツマンとしてあるまじき行為をして、チームを預かる身としては申し訳ない気持ちでいっぱいです」とコメント。また、ギレルメの行為に対しては「ああいった行為が起きてしまったこと自体、そういった感情になったこと自体間違っていると思いますし、後でキツく言います。クラブとしても大きな処分を課そうと思っているので、このゲームを観に来てくれたマリノスサポーター、ジュビロサポーター、そして関係者の皆さんにも申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪した。

▽Jリーグの懲罰委員会はギレルメへの処分を決定するために事情聴取を行うことになる。なお、『グローボ』は最大10試合の出場停止処分になる可能性があるとも報じてる。

コメント

関連ニュース

thumb

ACL準々決勝の日程確定に伴いJ1第24節鹿島vs磐田の開催日及びキックオフ時刻が変更

▽Jリーグは24日、県立カシマサッカースタジアムで行われる明治安田生命J1リーグ第24節の鹿島アントラーズvsジュビロ磐田の開催日及びキックオフ時刻の変更を発表した。 ▽当初は8月25日(土)の18時30分からの試合開始を予定していた鹿島vs磐田。鹿島アントラーズが、AFCチャンピオンズリーグ2018準々決勝の日程が確定したため、今回8月24日(金)の19時に変更となった。 2018.05.24 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

野田弾守り抜いた湘南が連敗脱出で4試合ぶり勝利! …磐田は中村途中投入も連敗《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節の湘南ベルマーレvsジュビロ磐田が19日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、1-0で湘南が勝利した。 ▽リーグ3連敗中の14位・湘南(勝ち点15)は、2-0で勝利したミッドウィークのYBCルヴァンカップ V・ファーレン長崎戦のスタメンから大野、 端戸以外の9名を変更。最後尾にGK秋元、最終ラインに大野、山根、坂、中盤に秋野、齊藤 、杉岡、岡本、前線に菊池、野田、端戸を起用した。 ▽前節ヴィッセル神戸に0-2で敗れ再起を図る6位・ジュビロ磐田(勝ち点21)は、1-0で勝利したミッドウィークのYBCルヴァンカップ ヴァンフォーレ甲府戦から高橋以外のスタメン10名を変更。最後尾にGKカミンスキー、最終ラインに大井、新里、小川大、高橋、中盤に田口、松浦、宮崎、山田、山本、最前線に川又を起用した。 ▽試合が始まると、序盤から磐田が攻勢をかける。5分、湘南陣内右でボールを持った松浦が、グラウンダーのアーリークロスを選択。しかし、ボックス内の川又が左足で放ったシュートはうまくミートできず、枠を捉えることができない。 ▽さらに21分にも、磐田ボールの右CKの流れからファーサイドの川又がハーフボレー気味に合わせていく。しかしこれもミートできず、得点には繋がらない。 ▽25分、反撃に出る湘南のカウンターが発動。ピッチ中央付近で野田がボールを奪取すると、齊藤、端戸と繋がり、端戸がボックス内で右足を振り抜く。枠を捉えることこそできなかったものの、素早い攻撃で磐田ゴールを脅かした。 ▽41分、湘南にビッグチャンスが訪れる。齊藤がピッチ中央付近で田口からボールを奪い、野田にボールが渡る。しかし、ボックス手前左から放たれた野田のシュートは左ポストに直撃。跳ね返りに反応した齊藤のヘディングシュートも右に外れた。 ▽互いにチャンスを迎えつつも、決め切ることができずに前半が終了。勝負の行方は後半に委ねられた。 ▽試合を折り返して迎えた後半、湘南が48分に決定機を作り出す。ボックス左深い位置でボールを持った野田は、中央にカットインして角度のないところから右足を振り抜く。これも枠を捉えなかったが、積極的な攻撃で磐田に主導権を渡さない。 ▽やや攻撃を受ける回数が増えてきた感のある磐田は、62分にボックス手前中央の絶好の位置でFKを獲得。しかし、キッカーの田口が直接狙ったシュートは壁に当たり、跳ね返された。 ▽71分、湘南がこう着しつつあった試合を動かす。ボックス左に侵攻した杉岡がグラウンダーのクロスを入れると、飛び込んだ岡本のシュートがバーに当たって跳ね返る。これに反応した野田がダイビングヘッドで押し込み、貴重な先制点とした。 ▽追いつきたい磐田は、73分に山田に代えて中村を投入。負傷明けのエースを投入し、巻き返しを図る。しかし、徹底して守備を固める湘南を前に、磐田はなかなか攻撃の糸口を掴むことができない。 ▽すると結局、これ以上スコアが動きをみせないまま試合が終了。この結果、湘南は4試合ぶりの白星を手にすることに。対する磐田は連敗を喫した。 2018.05.19 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

甲府に勝利した磐田が逆転で首位突破! 敗れた甲府も2位で続く《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップ・グループB最終節の2試合が16日に行われた。 ▽引き分け以上でグループ突破が決まる首位のヴァンフォーレ甲府と、勝てば突破が決まるジュビロ磐田の一戦は、1-0で磐田が勝利した。 ▽まずチャンスを作ったのはホームの甲府。味方のパスから高野がオフサイドラインギリギリで左サイドを突破すると、ボックス左からグラウンダーのクロスを供給。ゴール前で太田が飛び込むが、相手のチェックに遭いシュートを枠に飛ばすことができなかった。 ▽磐田最初のチャンスは7分。左サイドバックの高橋が敵陣深くを抉りマイナスのパス。これを小川がボックス左からダイレクトでシュートを放ちGKが弾いたところを櫻内が押し込んで磐田が先制。 ▽出鼻を挫かれた甲府も31分には左CKから秋山がヘディングシュートを放つが、右ポストに阻まれゴールとはならず。 ▽磐田の1点リードで迎えた後半、追いつきたい甲府は53分に道渕が右サイドから仕掛ける。ゴール前まで攻め込むも、シュートはGKの体に当たってしまいゴールを奪えない。 ▽さらに68分には、道渕のクロスから甲府に最大の決定機が訪れる。しかし、ゴール前で田中がふかしてしまい押し込むだけという場面でミスを犯してしまった。 ▽相手のミスにも助けられ、磐田が1点のリードを守ったまま逃げ切りに成功。逆転で首位に立ち、グループ突破を決めた。一方、敗れた甲府も2位での突破が決まっている。 ヴァンフォーレ甲府 0-1 ジュビロ磐田 【磐田】 櫻内渚(前7) ▽グループBのもう一試合は、すでに敗退が決定している北海道コンサドーレ札幌と、突破には勝利し、かつ磐田が引き分け以下という条件の清水エスパルスが激突。 ▽前半は互いに決定機がなく、ゴールレスで迎えた後半、清水が怒涛のゴールラッシュを見せる。まずは48分、鄭大世が稲本に倒されて得たPKを自ら沈めて1点目。鼻骨骨折のためフェイスガードを装着して出場したエースが先制点を奪った。 ▽さらにその3分後、右サイドの立田のクロスの跳ね返りをミッチェル・デュークが頭で入れ直すと、長谷川が頭で押し込んで追加点を挙げる。 ▽その後も札幌に攻撃の隙を与えない清水は68分、左サイド深くからの鄭大世のクロスをファーサイドで立田が折り返す。これをミッチェル・デュークがボレーで叩き込み3点目を決めた。 ▽試合はこのまま終了。3発快勝の清水だったが、最終節の結果、勝ち点で並んだ甲府との当該成績により2位浮上ならず、3位でグループステージ敗退が決定した。 北海道コンサドーレ札幌 0-3 清水エスパルス 【清水】 鄭大世(後3) 長谷川悠(後6) ミッチェル・デューク(後23) ◆グループB最終順位※勝ち点/得失点 1.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田</span> 12pt/+2 2.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府</span> 10pt/+5 3.清水エスパルス 10pt/+3 4.北海道コンサドーレ札幌 3pt/-10 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">※プレーオフ進出</span> 2018.05.16 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田、暴力行為のDFギレルメと契約解除

▽ジュビロ磐田は15日、ブラジル人DFギレルメ(30)との契約解除を発表した。クラブ内での協議の結果、15日付けで双方合意の上、契約解除という結論に至ったという。 ▽今シーズンから磐田でプレーするギレルメは、ここまで明治安田生命J1リーグ11試合に出場。しかし、2日に行われた第12節の横浜F・マリノス戦にて2度の警告を受けて退場が命じられると、MF喜田拓也に蹴りを入れ、さらに相手チームのスタッフにも肘打ちの暴力行為を働き、クラブからの謹慎処分に加えて、10日にJリーグから6試合の出場停止処分が科されている。 ▽ギレルメの解雇に至った磐田はクラブ公式サイトを通じて、「サッカー界のみならずスポーツ界全体に及ぼした影響は甚大であり、多大なるご迷惑をお掛けしました事、並びに不快な思いをさせてしまった事を心より深くお詫び申し上げます」と陳謝している。 2018.05.15 11:20 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸、5戦ぶり白星! 渡邉&ウェリントン弾で連勝中の磐田に完封勝利!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第14節のジュビロ磐田vsヴィッセル神戸が12日にヤマハスタジアム(磐田)で行われ、2-0で神戸が勝利した。 ▽ここまで6勝3分け4敗で5位に位置する磐田(勝ち点21)が、4勝4分け5敗で10位につける神戸(勝ち点10)をホームに迎えた。前節の柏レイソル戦に2-1で勝利して連勝中の磐田は、その一戦から先発メンバーを2人変更。腰痛のGKカミンスキーに代わってGK三浦、松浦に代えて上原を起用した。 ▽一方、前節のサンフレッチェ広島戦に0-2で敗れて4戦未勝利の神戸は、その一戦から先発メンバーを2人変更。郷家と佐々木に代えて田中とウェリントンを起用した。 ▽対照的なGWを過ごした両者の一戦。試合はホームの磐田が立ち上がりにチャンスを迎える。敵陣中央左でボールを持った山田のパスに田口が抜け出し、ボックス左から折り返す。ニアサイドで受けた松浦がワントラップして素早く左足でシュートを放つも、GKキム・スンギュに弾かれる。 ▽守護神の好セーブで難を逃れた神戸。すると10分、セットプレーから先制に成功する。藤田からの右CKをニアサイドの田中がヘディングシュート。これはクロスバーに直撃するも、混戦からゴール前のこぼれ球を渡邉が押し込んだ。 ▽先制点を許した磐田はすぐさま攻勢を強めて同点ゴールを狙う。18分、カウンターから田口が右サイドへ展開。これをボックス右外で受けた小川大貴が相手DFを股抜きでかわしてボックス内からシュートを放つ。一度はGKキム・スンギュのセーブに遭ったが、中央へのこぼれ球を松浦が右足で押し込む。しかし、このシュートはゴール上へと外れてしまい、決定的なチャンスをモノにできない。 ▽対する神戸は24分、ボックス右外でパスを受けた大槻が左足で正確なクロス。ファーサイドのウェリントンが頭で合わせ、ゴール左隅へ。リードを2点に広げて磐田を引き離した。 ▽前半のうちに1点でも返したい磐田は、34分に山田のクロスを大井が合わせるもGKキム・スンギュに処理されてしまいゴールを奪いきれず。2-0で神戸がリードして試合を折り返した。 ▽後半に入ると磐田は開始から小川航基、59分に荒木大吾を投入して攻撃の活性化を図る。すると66分、川又のパスからボックス右外に走りこんだ荒木がクロスを供給。ニアサイドへ小川航基が飛び込んだが、あと少しのところで相手DFにクリアされた。 ▽直後にも小川航基がチャンスに絡み、フィニッシュまで持ち込んだ磐田はその後やや勢いが停滞。85分には敵陣中央やや左から上原が低い弾道の強烈なシュートを放つが、ここもGKキム・スンギュの好守に防がれてしまう。 ▽一方、神戸は後半押し込まれる時間帯が長かったものの、粘り強いディフェンスでゴールを許さず、2-0で試合をクローズ。神戸が5試合ぶりに白星を飾った。対する磐田は連勝が「2」でストップしている。 2018.05.12 15:57 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース