磐田DFギレルメの愚行は海外でも話題…退場処分後、相手選手への蹴り&スタッフへのヒジ打ち2018.05.03 17:25 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽2日に行われた明治安田生命J2リーグ第12節の横浜F・マリノスvsジュビロ磐田で起こった行為が海外でも話題となっている。ブラジル『グローボ』が報じた。

▽試合は3-1で磐田が勝利したものの、80分に事件は起こった。イエローカードを1枚受けていた磐田DFギレルメだったが、2度目の警告を受けて退場処分。その直後に事件は起きた。

▽何かに怒りを露わにしたギレルメは、横浜FMのMF喜田拓也の臀部を後ろから蹴り上げる愚行。チームメイトに促されてピッチを出ると、ピッチサイドに立っていた横浜FMのスタッフにヒジ打ち。場内は騒然となった。

▽試合後、名波浩監督はインタビューで謝罪。「スポーツマンとしてあるまじき行為をして、チームを預かる身としては申し訳ない気持ちでいっぱいです」とコメント。また、ギレルメの行為に対しては「ああいった行為が起きてしまったこと自体、そういった感情になったこと自体間違っていると思いますし、後でキツく言います。クラブとしても大きな処分を課そうと思っているので、このゲームを観に来てくれたマリノスサポーター、ジュビロサポーター、そして関係者の皆さんにも申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪した。

▽Jリーグの懲罰委員会はギレルメへの処分を決定するために事情聴取を行うことになる。なお、『グローボ』は最大10試合の出場停止処分になる可能性があるとも報じてる。

コメント

関連ニュース

thumb

絶技炸裂! ポルディのアシストからイニエスタJ初弾の神戸が磐田に競り勝つ! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第21節のヴィッセル神戸vsジュビロ磐田が、11日にノエビアスタジアム神戸で行われ、2-1で神戸が勝利した。 ▽リーグ2試合勝ちのない5位神戸(勝ち点29)は、0-1で敗北した前節のFC東京戦からスタメンを3名変更。三田、増山、大槻に代えて、イニエスタ、ポドルスキ、古橋を起用した。ワールドカップ制覇経験者のイニエスタとポドルスキが競演する初の試合となった。 ▽一方、リーグ5試合負けのない9位磐田(勝ち点28)は、3-2で打ち勝った前節のベガルタ仙台戦からスタメンを1名のみ変更。松本に代えて、宮崎を起用した。 ▽試合の立ち上がり、神戸はイニエスタやポドルスキを経由して攻撃を構築しようとするが、磐田が危険なゾーンをチェックしつつカウンターで応戦。それでも11分、神戸はボックス手前中央でポドルスキがミドルシュートを放つ。これは枠を外れたものの、左足の強烈なシュートが磐田ゴールを襲った。 ▽15分、神戸がホームサポーターの期待に応える形で結果を出す。右サイドでボールを持ったポドルスキが中央に切り込みつつ縦パスを供給すると、ボックス手前中央で受けたイニエスタが、球足の速いパスを右足で難なくコントロールして華麗なターンを披露。磐田DFを置き去りにし、GKカミンスキーもかわし、ゴールに流し込んだ。 ▽28分、ワールドクラスの得点の余韻が冷めやらないまま、神戸の時間が続く。渡部が大きなフィードを蹴ると、左サイドのティーラトンが走り込んでクロスを上げる。すると、ウェリントンがフリーの状態で飛び込む。しかし、ヘディングシュートは枠を左に外れていく。 ▽34分、磐田が反撃に出る。右サイド深い位置で味方のパスに追いついた田口が、滑り込むようにして中央に折り返す。すると、大久保がフリーの状態でヘディングシュートを放ったが、GKキム・スンギュのファインセーブに阻まれて同点弾とはならない。 ▽磐田が決定機を逃すと、神戸がすかさず追加点に迫っていく。42分、中盤でボールを持ったイニエスタが緩急を付けて田口を置き去りに。そのまま前を向いてディフェンスラインの裏に浮き球の絶妙なラストパスを送る。しかし、抜け出した古橋はトラップをミスし、一対一の場面でシュートを打つことができない。 ▽前半は、ワールドクラスのプレーに磐田が翻弄される形で終了。巻き返しを図る磐田は、宮崎に代えて山田を送りだし、後半をスタートさせた。すると47分、磐田がチャンスを作り出す。田口がボックス手前で仕掛けるとボールは神戸DFに一度カットされたものの、再び田口の下へ。すると、田口が放ったミドルシュートは得点にはならなかったが、積極的にゴールを脅かした。 ▽しかし56分、磐田にいきかけた流れを断ち切るようにまたしても神戸の攻撃が火を吹く。相手陣内中央でイニエスタが左サイドの大崎にパスを送ると、大崎がダイレクトでボックス手前中央に繋ぐ。ウェリントンがさらにダイレクトで右足アウトを使い最終ラインの裏にスルーパスを送ると、古橋がボックス内左で一対一を迎え、冷静にファーに流し込んだ。古橋にとっては、記念すべきJ1初ゴールとなっている。 ▽点差を2点に広げられた磐田は、68分には途中出場の荒木がボックス左から強烈なミドルシュートを放ち、直後の69分に山田もボックス手前中央から狙っていくが、GKキム・スンギュの牙城を崩すことができない。 ▽それでも84分、山田がボックス左で仕掛けてイニエスタと交錯し、転倒。これがPKの判定となり、キッカーの川又がゴール左に沈めて磐田が1点を返した。しかし、逃げ切りを図る神戸からそれ以上得点を奪うことはできず。2-1のスコアで試合終了を迎えた。 ▽この結果、イニエスタと古橋のJ1初ゴールによって神戸が3試合ぶりの勝利を手にすることに。対する磐田は、6試合ぶりの敗北を喫した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.11 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】W杯王者の共演は!? 上位を窺うシックスポインター《神戸vs磐田》

▽11日、明治安田生命J1リーグ第21節が開催。ヴィッセル神戸とジュビロ磐田の一戦がノエビアスタジアム神戸で行われる。 <span style="font-weight:700;">◆上位争いに生き残るため…</span> ▽勝ち点29で5位につける神戸と、勝ち点28で9位につける磐田の対戦。両者の勝ち点差はわずかに「1」ながら、順位は4つ離れている。 ▽中位の勝ち点差は例年になく詰まっており、4位の北海道コンサドーレ札幌が勝ち点30、12位のベガルタ仙台が勝ち点26であり、この1戦の結果で大きく順位が入れ替わる可能性もある。 <span style="font-weight:700;">◆W杯王者がついに揃い踏み?</span>〜ヴィッセル神戸〜 ▽今夏に加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、早速違いを見せていたものの、引越しの関係もあり2試合を欠場。今節からの復帰が予想される。 ▽さらに、昨夏に加入した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、イニエスタ加入前に負傷。ここまで8試合を欠場し、共演は叶っていないが、ついに復帰の目処が立った。 ▽ワールドクラスの両者に加え、初のカタール人JリーガーとなったDFアフメド・ヤセル、韓国代表GKキム・スンギュ、タイ代表DFティーラトン・ブンマタン、ブラジル人FWウェリントンと6カ国の外国人選手が在籍。多国籍軍で上位生き残りを目指す。 <span style="font-weight:700;">◆無敗を継続し上位へ</span>〜ジュビロ磐田〜 ▽磐田は、ワールドカップの中断明けから5戦負けなし。4連続引き分けと不安な要素もある中、前節のベガルタ仙台戦では見事な逆転劇を見せた。 ▽前半戦はFWアダイウトン、MFムサエフの両外国人、MF中村俊輔の負傷離脱もあり、なかなか結果が出せていなかった。しかし、中断期間中に仕込んだ新システムが徐々に浸透。上位進出への足がかりはできた状況だ。 ▽満足とはいかなくとも、ある程度の手応えを感じている名波監督。DF新里亮が今季絶望となり、再びシステム変更も求められるが、中断後の初勝利をきっかけに、一気に上昇気流に乗りたい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">ポルディとイニエスタは共演か!?<br />神戸vs磐田をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆ヴィッセル神戸</span>[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180811_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:キム・スンギュ DF:三原雅俊、大崎玲央、渡部博文、ティーラトン MF:三田啓貴、藤田直之、イニエスタ FW:ポドルスキ、ウェリントン、郷家友太 監督:吉田孝行<hr>▽コンディション次第ではあるが、ついに神戸の2大スターが共演する可能性が高い。ポドルスキをゲームメーカーとして使うのか、ストライカーとして使うのかは定かではないが、イニエスタとの共存ができれば、互いに生きることは間違いない。夏休みのホームゲームでワールドクラスのプレーが見られるのか注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆ジュビロ磐田</span>[4-3-1-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180811_3_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:カミンスキー DF:櫻内渚、高橋祥平、大井健太郎、小川大貴 MF:上原力也、宮崎智彦、田口泰士 MF:松浦拓弥 FW:大久保嘉人、川又堅碁 監督:名波浩<hr>▽[3-1-4-1-1]の新システムも、DF新里亮の負傷により再び変更。[4-3-1-2]のシステムで前節は中断明け初勝利を掴んだ。まだまだ精度を上げている最中だけに、大きなメンバー変更は難しい状況。強力な神戸攻撃陣を堅い守備で迎え撃つ。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FWルーカス・ポドルスキ</span>(ヴィッセル神戸)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180811_3_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽神戸の注目選手は、ケガからの復帰が見込まれるFWルーカス・ポドルスキだ。神戸加入後、その能力の高さを見せつけるシーンはあったものの、ゴール数を考えると満足いく結果は出ていない。しかし、ゲームメイクを行わなくてはいけない状況が続いていただけに、致し方ないはず。それでも、MFアンドレス・イニエスタという相棒が加入。初共演となれば、ゴールを奪うことにより力を注げるはずだ。ポドルスキの左足が火を噴くのかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆DF大井健太郎</span>(ジュビロ磐田)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180811_3_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽磐田の注目選手はDF大井健太郎だ。ディフェンスリーダーとしての活躍も去ることながら、ここ2試合はアディショナルタイムに連続ゴール。攻撃でもチームを救う活躍を見せている。今節の相手は神戸。本職の守備でのタスクが多くなりそうだが、大井が躍動すれば磐田に結果がついてくるはず。キャプテンの攻守にわたるパフォーマンスに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆夢の共演は実現か?</span> ▽この試合の注目ポイントは、何と言ってもイニエスタとポドスルキの共演だろう。神戸だけでなく、Jリーグ全体で見ても注目の一戦。夏休みで多く集まる観客にとっても、両選手の出場可否は気になるところだ。 ▽さらに神戸は6人の外国籍選手が在籍し、全員が同時先発も可能な状況。加入したばかりのDFアフメド・ヤセルは出場しないだろうが、どんなメンバーが先発するのかは注目だ。 ▽対する磐田は、GKカミンスキー以外は日本人選手が出場することになる。豊富なタレントを要する神戸に対し、チーム力でいかに対抗するか。名波監督が用意する神戸対策がどこまでハマるのか。ホームで完敗を喫しているだけに、アウェイでの勝利を望むことは間違いない。 ▽終盤戦を迎えるにあたり、大事なシックスポインター。上位争いに生き残るのはどちらか。神戸vs磐田は11日(土)の19時にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">ポルディとイニエスタは共演か!?<br />神戸vs磐田をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.11 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

今季磐田加入のFWモルベッキ、相模原に期限付き移籍

▽SC相模原は9日、ジュビロ磐田に所属するFWモルベッキ(20)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2019年1月1日まで。背番号は「19」に決定している。 ▽ヴィトーリアでプロキャリアをスタートさせたモルベッキは、2017年にロアッソ熊本入り。今シーズンから磐田に加わったが、明治安田生命J1リーグで出番がなかった。移籍決定を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆SC相模原 「はじめまして、モルベッキと申します。 この度、SC相模原へ期限付き移籍で加入することになりました。このような機会を与えて下さったSC相模原に感謝しています。いち早く相模原のサッカーを理解し、みんなと仲良く上を目指したいと思います。 J2へ昇格できるように全力を尽くします!サポーターの皆様、よろしくお願いします」 ◆ジュビロ磐田 「この度、SC相模原へ期限付き移籍することになりました。これからのサッカー人生において、必要なことをここで学んだと思います。名波監督をはじめコーチングスタッフやメディカルスタッフ、そして、サポーターの方々に心から感謝しています。また、皆さんに認めてもらえるようなプレーヤーになれるように頑張りたいと思います。短い間でしたが、大変お世話になりました」 2018.08.10 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

大井、今度は逆転勝利に導く土壇場弾! 仙台撃破の磐田、第8節以来ホーム戦勝利&リーグ7戦ぶり白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第20節のジュビロ磐田vsベガルタ仙台が5日にヤマハスタジアム(磐田)で行われ、3-2で磐田が勝利した。 ▽ここまで6勝7分け6敗で12位に位置する磐田(勝ち点25)と、7勝5分け5敗で10位につける仙台(勝ち点26)の一戦。前節のガンバ大阪戦を1-1で引き分けて4戦連続ドロー中の磐田は、その一戦から先発メンバーを4人変更。前節約5カ月間の重傷を負った新里、宮崎らに代えて小川大貫、松本らを起用した。 ▽一方、前節の名古屋グランパス戦を1-2で敗れて、3試合ぶり黒星を喫した仙台はその一戦から先発メンバーを2人変更。GK関、前節負傷の矢島に代えて、GKシュミット・ダニエルとハーフナー・マイクを起用した。 ▽浮上を目指す両者の一戦は、8分にホームの磐田がゴールを脅かす。左CKのこぼれ球をボックス手前の上原がダイレクトシュート。強烈なシュートは枠を捉えたが、GKシュミット・ダニエルに弾かれた。 ▽立ち上がりが経過すると、磐田がやや優勢に試合を進める。対する仙台は20分、左サイドの西村が中央へクロスを供給。これをハーフナー・マイクが頭で合わせたが、GKカミンスキーにキャッチされる。 ▽相手GKの好守に阻まれた仙台だったが、その3分後に先制点を奪う。ハーフナー・マイクからパスを受けた蜂須賀がボックス右外からクロスを送る。これが相手DFの頭を超えると、ゴール前左へと走り込んだ中野嘉大が左足で押し込んだ。 ▽先制点を許した磐田はその後、攻勢を強めて同点ゴールを目指すもなかなか決めきることができない。それでも45分、田口のパスを受けた櫻内のクロスをゴール前で競り勝った川又が頭で叩き込み、前半終盤に磐田がスコアを振り出しに戻した。 ▽後半に入ると、同点に追いつかれた仙台が攻勢を強める。56分、敵陣中央で細かいパスワークで相手を揺さぶると、西村がハーフナー・マイクとのワンツーでボックス内に侵攻。そのまま左足でシュートを放つも、これは左サイドネットに嫌われた。 ▽これを決めきることができなかった仙台は57分、ハーフナー・マイクに代えて阿部を投入。すると直後の59分、右サイドからのCKが相手DFに当たって中央へとこぼれると、途中出場の阿部が右足を振り抜いてゴール右へと決めた。 ▽勝ち越しを許した磐田は67分、大久保に代えて中野誠也を投入。すると77分、ドリブルで持ち上がった味方のスルーパスを川又がボックス右で折り返し、最後は中野誠也が右足でゴール左へ流し込んだ。 ▽中野のリーグ戦初ゴールで同点に追いついた磐田。しかし、このままでは終わらなかった。90分、敵陣中央でFKを獲得すると、キッカーの上原がゴール前へクロスを送る。ボックス左で田口がクリアボールをダイレクトでシュートを放ち、最後はゴール前で待ち構えていた大井が押し込んだ。 ▽このゴールが決勝点となり、磐田は第8節以来のホーム戦勝利、そして7試合ぶり白星を手にした。一方の仙台は連敗を喫している。 2018.08.05 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

磐田に大打撃…DF新里亮が約5カ月間の負傷離脱で今季絶望か

▽ジュビロ磐田は4日、DF新里亮が浜松市内の医療機関にて検査を行った結果、左足関節三角じん帯損傷、脛腓じん帯損傷、腓骨骨折と診断されたことを発表した。全治は手術後、5カ月程度になる見込みだ。 ▽新里は、1日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節のガンバ大阪戦に先発出場。しかし、後半開始直後に相手との競り合いで足を痛め、48分に負傷交代していた。 ▽2018年にヴァンフォーレ甲府から磐田に加入した新里。今シーズンはここまでJ1リーグに16試合、YBCルヴァンカップに3試合出場していた。 2018.08.04 15:23 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース