東京五輪のサッカー会場が承認…新国立競技場含む7会場に決定2018.05.03 10:25 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽IOC(国際オリンピック委員会)は2日、2020年の東京オリンピックにおけるサッカー競技の会場を承認した。公式サイトで発表された。

▽森保一監督が率いるU-21日本代表(東京オリンピック日本代表)が臨む大会。サッカー競技の会場として承認されたのは7会場となっている。

▽現在建設中の新国立競技場のほか、札幌ドーム、宮城スタジアム(ひとめぼれスタジアム宮城)、県立カシマサッカースタジアム、埼玉スタジアム2002、東京スタジアム(味の素スタジアム)、横浜国際総合競技場(日産スタジアム)の7会場が承認された。

▽なお、この結果、東京オリンピックで使用する全会場が決定したとのこと。現存する25会場、新設される8会場、一時的に作られた10会場の合計43会場となる。

コメント

関連ニュース

thumb

【六川亨の日本サッカーの歩み】アジア大会の歴史

▽インドネシアで開催中のアジア大会・男子サッカーで、すでに決勝トーナメント進出を決めているU-21日本は、1次リーグ最終戦でベトナムに0-1で敗れた。この結果、D組2位になり、24日の決勝トーナメント1回戦でE組1位のマレーシアと対戦する。 ▽日本は試合開始直後の前半3分、GKオビがMF神谷に出したパスを奪われ先制点を許した。相手のプレッシャーが厳しいため大きく蹴っておけば防げた失点だけに、もったいない決勝点でもあった。ただ、相手のベトナムは今年1月のU―23アジア選手権で準優勝し、今大会ではOA(オーバーエイジ)枠も使った“本気で勝ちに来た"チーム。このため日本は序盤から相手の圧力にミスを連発するなど、実力差は明らかだった。 ▽果たして決勝トーナメントで日本はどこまで勝ち進むことができるのか。できるだけ多く試合を経験することで、選手の成長に期待したいところだ。 ▽といったところで、今週はアジア大会の歴史を簡単に振り返ってみたい。今大会は1951年に第1回大会がインドのニューデリーで開催された。この大会は、日本にとって記念すべき大会でもあった。というのも日本は、第二次世界大戦の影響でFIFA(国際サッカー連盟)から資格停止処分を受けていたが、50年のFIFA総会で日本とドイツの復帰が認められ、戦後初の国際大会がこのアジア大会だったからだ。 ▽6カ国が参加した第1回大会で、日本は1勝1分け1敗ながら3位に輝く。以後、このアジア大会は日本にとって、Jリーグが誕生するまでは五輪と並ぶビッグイベントになった。 ▽アジアのナンバー1を決めるのは、来年1月にUAEで開催されるアジアカップであることは周知の事実。日本は最多4回の優勝を誇るが、1956年に創設された同大会に日本が初参加したのは1988年のこと。しかもこの大会に日本は堀池(当時は順天堂大)ら大学生選抜で臨んだ。 ▽その理由として、アジア大会の日本は予選なしで本大会に参加できるのに対し、アジアカップは予選を勝ち抜かないと本大会には出られないこと。アジアカップは五輪と同じ年に開催されるため、五輪出場を第1と考えた日本は参加に消極的だったこと。さらに予選や本大会はJSL(日本サッカーリーグ)と日程が重なることなどの障害があったからだった。 ▽88年の大会に大学生選抜ではあるが初参加したのは、92年に広島でアジアカップを開催するからだった。そのアジアカップも2年後の94年に広島でアジア大会を開催するので、新設されたビッグアーチを使用するなど“プレ大会"の意味合いが強かった。Jリーグの開幕を1年後に控えても、まだ日本サッカーはアジア大会を優先していた。 ▽ところがオフト監督に率いられた日本は、フル代表として初参加にもかかわらず92年のアジアカップで優勝してしまった(アジア大会は準々決勝で韓国に敗退)。そしてJリーグ開幕である。自ずと日本の目標はそれまでのアジア大会からアジアカップへと移った。 ▽これは余談だが、Jリーグ開幕以前のアジア大会に参加した元日本代表選手は、「サッカーは開催期間が長いのに対し、大会序盤で早めに終わってしまう他競技もある。すると、解放感に満ちた女性アスリートが夜な夜な僕たちの泊まっている部屋のドアをノックしに来る。そこで『選手村にいては誘惑が多すぎる』との理由から、ホテルを借りることになった」というエピソードを教えてもらったこともある。 ▽話をアジア大会に戻そう。アジアカップはその後2000年(トルシエ監督)、2004年(ジーコ監督)、2011年(ザッケローニ監督)と優勝を重ねた。それまでは五輪と同じ年に開催されてきたが、2008年は北京五輪と開催時期が重なるため、AFC(アジアサッカー連盟)はベトナムなど4カ国で開催される大会を1年前倒しにして2007年に移した(オシム・ジャパンが参加)。以後、4年周期の開催は変わっていない。 ▽一方のアジア大会はというと、1998年のタイ・バンコク大会から男子サッカーは五輪と同じ形式に変更された。年齢制限が設けられ、原則として23歳以下で3人までのOA枠を認めるという形だ。そこでJFAは五輪代表の強化の一環と位置づけ、2年後の五輪代表の候補選手――アジア大会時には21歳以下の日本代表――で臨む方針を決め、今日までこのスタイルは踏襲されている。 ▽W杯後に開催されるアジア大会では、フル代表と同様に五輪代表の監督も代わり初陣となる。98年のバンコク大会ではトルシエ監督(U―20日本代表と3チームの監督を兼任)が指揮を執り、02年の釜山大会では山本ジャパンが銀メダルを獲得。06年カタール大会での反町ジャパンは結果を残すことはできなかったが、10年広州大会での関塚ジャパンは、村山や比嘉ら大学生が主体だったにもかかわらず初優勝を果たし、その後は東や大津、永井、清武らJクラブの若手を主体としたチーム編成でロンドン五輪ではベスト4に躍進した。 ▽直近の14年仁川大会に臨んだ手倉森ジャパンは、準々決勝で優勝した韓国にラスト2分でPKを献上し、これを現FC東京のチャン・ヒョンスに決められベスト4進出のノルマは達成できなかった。このときの韓国は兵役免除を狙った最強チームで、地元開催で見事4度目の優勝を飾り、イランの最多記録に並んだ。 ▽そして今回のジャカルタ大会である。大会史上初の連覇を狙う韓国は、フル代表のエースFWソン・フンミン(スパーズ)をはじめ、G大阪のFWファン・ウィジョ、GKチョ・ヒョヌ(大FC)とOA枠をフル活用。前回大会同様、兵役免除という目標もあり、優勝候補の一角と目されていた。 ▽ところがグループリーグでマレーシアにまさかの敗戦(1-2)。日本がベトナムに敗れてD組2位になったため、順当なら1位通過が予想された韓国と激突するのがマレーシアに変わった。これをラッキーととらえるかどうかは選手の奮闘次第だが、やはりアンダーカテゴリーの試合は何が起こるか分からない怖さがあるようだ。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.08.21 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【特集】東京五輪経由カタール行きへ…編集部厳選のアジア競技大会注目選手!

▽10日から、第18回アジア競技大会の男子サッカーが開幕。日本代表は14日の21時に初戦を迎える。 ▽U-23の世代別代表で参加が可能な今大会だが、日本は森保一監督が率いる東京オリンピック代表に当たる、U-21日本代表で参加。まずは、2年後に迫った東京オリンピックに向けた強化の一貫として位置づけているようだ。 ▽「1試合でも多く経験したい」とメンバー発表会見で森保監督は語ったが、既にメンバー選考はスタート。今大会は、Jリーグの関係や欧州リーグの開幕時期も重なり、現状招集できるベストメンバーを呼んだと明かしている。 ▽4年後のカタール・ワールドカップを目指す日本代表指揮官も兼任する森保監督だけに、今大会での活躍がA代表への近道にもなるはずだ。そこで、今大会に招集されたメンバーから注目すべき選手をピックアップしたい。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180814_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆DF立田悠悟(20) 所属:清水エスパルス<hr>▽清水の下部組織出身の立田は、190cm近い長身が武器。本職はセンターバックでありながら、プロ2年目の今シーズンは右サイドバックとして開幕戦で先発出場。すると、第2節のヴィッセル神戸戦では初ゴールを記録。さらに、第9節まで先発出場。その後試合に絡まない時期があったが、第16節からは再びスタメンの座を勝ち取っている。 ▽線の細かった立田だが、ウェイト強化にも力を入れ、ヤン・ヨンソン監督(清水)の下ではサイドバックとしてのプレーも習得。サイドバックとしての伸び代はまだまだあるものの、今後センターバックに戻った時には何段階もレベルアップしたプレーが見られるはずだ。高さに加え、ビルドアップ能力もつけており、3バック、4バック、サイドバック、センターバックと最終ラインのキーマンになり得る存在の立田に注目だ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180814_13_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>◆DF杉岡大暉(19) 所属:湘南ベルマーレ<hr>▽FC東京の下部組織で育ち、市立船橋高校ではインターハイで全国制覇を成し遂げた杉岡。2017年に湘南に入団すると、1年目の開幕戦でいきなり先発デビュー。第2節で初ゴールを記録し、明治安田生命J2リーグで37試合に出場し3得点を記録。チームのJ2優勝、J1昇格に大きく貢献した。 ▽今シーズンはJ1で経験を積み、ここまでの全20試合(先発19試合)に出場。左ウイングバック、3バックの左と、守備だけでなく攻撃面でも成長を見せ、2年目の今シーズンも大きく成長を見せている。 ▽2017年に行われたU-20ワールドカップにも出場し、全4試合を経験。元センターバックであることから、対人守備の強さを発揮し、攻撃参加も湘南で成長した走力を活かして左サイドを活性化させた。日本代表としても選手層が薄い左サイドバックだけに、杉岡の飛躍が期待される。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180814_13_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆MF神谷優太(21) 所属:愛媛FC<hr>▽東京ヴェルディの下部組織出身ながら、ユース昇格後に青森山田高校に編入。2016年に湘南ベルマーレに入団した。1年目からデビューを果たすと、明治安田生命J1リーグで14試合に出場。YBCルヴァンカップにも4試合出場するなど経験を積んだ。しかし、2017年はケガの影響でJ2の出場が7試合に。U-20ワールドカップのメンバーからも漏れていた。 ▽今シーズンは、J2の愛媛FCへとレンタル移籍を決断。自身の成長のために武者修行に出ると、背番号「10」を背負い、ここまで20試合に出場。チーム最多の5得点を記録し、苦しむチームをけん引している。 ▽キック精度、高い技術、そしてハードワークできる走力。さらには、負けん気の強さと高い目標に向かって進める精神力を持ち合わせている。将来的に日本の中盤を支える可能性も持つ神谷。まずは、U-21日本代表としてアジアの地で武者修行の成果を見せてもらいたい。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180814_13_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆MF三笘薫(21) 所属:筑波大学(川崎フロンターレ内定)<hr>▽川崎フロンターレの下部組織出身。U-18まで所属すると、トップチームに昇格せずに筑波大学への進学を選んだ。2017年の関東大学サッカーリーグで優勝に貢献。さらに、2年生ながら天皇杯に出場し、ベガルタ仙台戦で2ゴールの活躍を見せる。 ▽ユニバーシアード代表のほか、U-20日本代表にも選出。U-21日本代表としては、トゥーロン国際大会にも出場し、ゴールも記録。2年連続で川崎Fの特別指定選手となり、2020シーズンからの加入内定も発表された。 ▽特徴はドリブル能力の高さ。ボールスキルが高く、テクニカルなドリブルで相手をかわしていくプレーが特徴。レフティーでもあり、対峙したDFにとってはやりづらいはずだ。そして、前線への飛び出しからゴールを奪う力もあり、アタッカーとして今大会でも違いを作れるかに期待だ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180814_13_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆MF渡辺皓太(19) 所属:東京ヴェルディ<hr>▽東京ヴェルディの下部組織出身で、2016年に2種登録でJ2デビュー。2017年からトップチームに昇格した。166cmと上背はないものの、豊富な運動量とポジショニングの良さ、判断の良さに秀でている中盤の選手だ。 ▽守備力が特徴の選手だが、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の下で大きく成長。攻撃面でも違いを生み出せることができ、攻守にわたってチームを支えることが可能な選手だ。元々はトップ下の選手であっただけに、ボランチ、シャドーのどちらでもプレー可能。現在はインサイドハーフとしてプレーしており、さらに戦術面の向上も見られる。 ▽中盤の全ての役割を担うことが可能な渡辺。ピッチを駆け回る渡辺の特徴を生かせれば、チームとしては大きな力となることは間違いない。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180814_13_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>◆FW前田大然(20) 所属:松本山雅FC<hr>▽2017シーズンに期限付き移籍した水戸ホーリーホックで大ブレイクを果たした前田。爆発的なスピードを武器に、明治安田生命J2リーグで36試合に出場し13得点を記録した。 ▽今シーズンからは古巣の松本山雅FCに復帰。ここまでリーグ戦24試合に出場し6得点を記録し、J2首位を走るチームをけん引している。 ▽前述の通り、前田の最大の特長は爆発的なスプリント力だ。一瞬で相手選手を剥がすスピードは圧巻で、加速力はJリーグ屈指。さらに、シュート能力も持ち合わせており、ただ早い選手という訳ではない。代表経験が少ない前田だけに、今大会で結果を残し、まずは東京オリンピックを目指したい。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180814_13_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆FW旗手怜央(20) 所属:順天堂大学(川崎フロンターレ加入内定)<hr>▽3年生ながら現在の大学サッカー界をけん引するストライカー。MF三笘薫(筑波大学)とともに、2020年からの川崎フロンターレ加入が内定している。静岡学園高校出身の選手であり、テクニックもあるストライカー。さらに、身体の強さもあり、前線では様々なプレーを見せる。 ▽今年1月のAFC U-23選手権にも出場。Jリーグでプレーする選手たちの中にあって、その存在感を示し、今大会のメンバーにも選ばれた。上背はないものの、体幹の強さを武器とし、さらにはスピードもある。その上、足元の技術に優れ、トラップの技術が高く、相手DFの逆を取り、シュートチャンスを作る動きが特徴的だ。 ▽今大会に招集されたFWは前田大然(松本山雅FC)と上田綺世(法政大学)を含めた3名。自身が出場しなかったトゥーロン国際大会では上田がスーパーサブとして結果を残す活躍。今大会でチャンスを掴み、結果を残したいところだ。 2018.08.14 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

森保体制初招集のC大阪DF舩木翔、U-21日本代表離脱…磐田DF大南拓磨が追加招集《アジア競技大会》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、セレッソ大阪に所属するDF舩木翔がケガにより第18回アジア競技大会に臨むU-21日本代表への不参加を発表した。なお、追加招集としてジュビロ磐田に所属するDF大南拓磨を招集することも併せて発表している。背番号は「19」。 ▽C大阪下部組織出身の舩木は2017年にトップチーム昇格。今シーズンはここまでU-23チームとして明治安田生命J3リーグで16試合4アシストを記録している。なお、2017年に行われたU-20ワールドカップには内山篤監督率いるU-20日本代表として出場していた。 ▽一方の大南は、2016年に鹿児島実業高校から磐田に入団。今シーズンはここまで公式戦6試合に出場している。 ▽男子は23歳以下(オーバーエイジ3名まで)で行われる同大会。2年後の東京オリンピックを見据え、21歳以下の挑むU-21日本代表はグループDで8月14日にネパール、同月16日にパキスタン、同月19日にベトナムと対戦する。 2018.08.12 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカーの歩み】東京五輪の公式ソングを歌うのは?

▽まだ2年先の話ではあるが、2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式を演出する総合統括に、狂言師の野村萬斎さんが就任した。そして五輪統括には映画監督の山崎貴さん、パラリンピック統括には広告クリエーティブディレクターの佐々木宏さんが就任した。五輪は野村さんと山崎さん、パラリンピックは野村さんと佐々木さんが中心となって具体的な演出と企画をする。 ▽狂言師の野村さんに加え、山崎さんは映画「ALWAYS三丁目の夕日」や「永遠の0」で日本アカデミー賞最優秀監督賞を2度受賞。佐々木さんは、16年リオ五輪・パラリンピックのハンドオーバーセレモニー(東京大会への引き継ぎ式)の演出チームとして活躍した。いずれも現在の日本を代表するクリエーターだけに、どんな開閉会式になるのか楽しみだ。 <span class="split"></span> ▽こうした国際的なイベントに欠かせないのが「大会公式ソング」だろう。54年前の東京五輪では三波春夫さんが和服姿で「東京五輪音頭」を歌っていた。当時小学1年生だった僕は、オリンピックという国際的なイベントと夏祭りで踊っていた「音頭」の組み合わせに違和感を覚え、子供心に気恥ずかしさを感じてしまった。 ▽いま振り返ると、当時はニューミュージックもJポップもない時代であり、歌謡曲や演歌が全盛だっただけに、国民的な歌手である三波さんが歌ったのは当然のことだったのだろう。 ▽さて2年後の東京五輪である。もしも公式ソングを作るとして、歌うのは幅広い層のファンを持つサザンオールスターズか。あるいはEXILEやテノール歌手の秋川雅史さんあたりが候補になるのだろうか。 ▽そこで個人的な提案である。W杯では98年フランス大会から公式テーマソングが採用された。リッキーマーティンが歌ったノリノリの曲を覚えている読者も多いことだろう。しかし02年日韓大会や06年ドイツ大会はどうも印象が薄い。むしろ10年南ア大会で女性シンガーのシャキーラ(バルセロナのピケと結婚)が歌った「Waka Waka」はいまも耳に残っているし、なぜかロシアW杯でも流れていた。 ▽その後のブラジルはもちろん、ロシアでもFIFAの公式テーマソングはあったが、スタジアムで耳にした記憶はない。そんなロシアのスタジアムでいつも流れていたのは「トロイカ」であり「カリンカ」だった。いずれもロシア民謡として50代以上の年齢層には聞き覚えのあるメロディーだ。 ▽ちなみに日本のサポーター集団であるウルトラスもロシア大会ではこの「トロイカ」を応援ソングに採用した(98年フランス大会はフランスの歌手ミッシェル・ポルナレフの「シェリーに口づけ」、06年のドイツ大会は西ドイツの音楽グループ、ジンギスカンの「ジンギスカン」を採用)。 ▽日本対コロンビア戦の2日後、JFA主催の懇親会で田嶋会長と飲んだ時も、同世代ということもあり、スタジアムで流れている「トロイカ」は「小学生の頃に音楽の時間に歌った記憶がある」ということで意見が一致した。 ▽話を20年東京五輪に戻そう。大会公式テーマソングを作るのもいいが、海外から訪れる多くの観客や選手、関係者に対し、ロシアW杯で採用した「トロイカ」ように誰もが知っている馴染みの曲を使うのも1つの方法ではないだろうか。 ▽と提案したところで、世界的にヒットした日本の歌はというと、坂本九さんの「スキヤキ」か由紀さおりさんの「夜明けのスキャット」くらいしか思いつかない。もしかしたら若い世代にはアニメソングの方が有名かもしれない。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.08.06 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【会見3】東京五輪世代とA代表の世代間融合…森保一監督「チャンスを与えられるべき選手にはA代表も」《アジア競技大会》

▽日本サッカー協会(JFA)は3日、インドネシアのジャカルタで開幕する第18回アジア競技大会に臨むU-21同国代表メンバー20名を発表した。 ▽U-21日本代表は、A代表を兼任する森保一監督が指揮。同代表は2020年に自国開催となる東京オリンピック世代であり、今大会での活躍に期待が集まる。 ▽メンバー発表会見に出席した森保一監督は、自身が兼任するA代表との「世代間の融合」についての考えを明かした。 ◆森保一監督(U-21日本代表) ──次の大会でOAを呼びたいということだったが、次の大会はA代表のアジアカップ。そこを東京オリンピック世代とA代表を融合する場にすることも考えているのか 「完全に固まっているプランはありません。就任会見でもお話させていただきましたが、世代間の融合というものはやっていきたいと思っています。東京オリンピック世代の選手、若い選手や経験の浅い選手をA代表に引き上げていくということについては、チャンスを与えられるべき選手にはA代表の舞台も経験してもらいたいと思います」 「それをどこまでやるか、どういった比率や割合でやっていくかということは、自分の中では決まっていません。とにかく融合させながら日本代表の結果を求めつつ、こだわりつつ、全体の底上げも考えてやっていきたいと思っています」 ──合宿等を共にすることもありえるか 「それは現実的ではないですけど頭の中ではいろんなプランを考えていて、全体がどうやっていかなくてはいけないかを考えて、より良いものをやっていければと思います」 ──世代間の融合、世代交代をスムーズにするためにA代表と東京オリンピック代表のコンセプトを統一するという考え方か 「A代表と東京オリンピック代表のコンセプトは、同じで共有していきたいと思っています。招集した選手やその時にトライすることで状況が違ってくる部分はあると思うので、システムが同じであるとかであっても見える形は違うかもしれないですけど、やっている内容や心構えとしては同じコンセプトでやっていきたいと考えています」 2018.08.03 16:47 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース