ジェラードがレンジャーズとの交渉認める「ポジティブな話し合い」2018.05.02 18:54 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レンジャーズ監督就任が噂されているスティーブン・ジェラード氏(37)が、クラブと交渉中であることを認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽先日から、レンジャーズ就任の噂が伝えられているジェラード氏。今月1日には、レンジャーズは残り3試合にしてグレアム・マーティ暫定監督の解任を発表していた。

▽そんな中、ジェラード氏は『BTスポーツ』のインタビューで、レンジャーズとは交渉中と認めたうえで、「ポジティブなもの」であることを述べている。

「レンジャーズと最初の交渉はしてきたよ。興味深いもので前向きな話し合いができた。数日で返答するつもりだ。どうなるか見てみよう」

▽『スカイ・スポーツ』は、まだ両者の間に隔たりがありながらも合意に向かっていると推測している。

コメント

関連ニュース

thumb

ジェラード・レンジャーズがホームで今季リーグ戦初勝利を飾る!《スコティッシュ・プレミアシップ》

▽レンジャーズは12日、スコティッシュ・プレミアシップ第2節でセント・ミレンと対戦し、2-0で勝利した。 ▽5日に行われたリーグ開幕戦のアバディーン戦を1-1の引き分けに終わったレンジャーズが、昇格組のセント・ミレンを本拠地アイブロックス・スタジアムに迎えた一戦。10日に行われたヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦1stレグのマリボル戦を3-1で完勝したレンジャーズは、その試合からスタメンを3人変更して試合に臨んだ。 ▽試合が動いたのは14分、レンジャーズは敵陣でのボール奪取からロストボールをマーフィーがワンタッチでボックス内に送ると、これに反応したモレロスがボックス右からシュートを流し込んだ。 ▽先制点で勢いづくレンジャーズは、24分にもバリシッチのFKをゴール前のゴールドソンがヘディングで叩き込み、追加点。その後、34分にレッドカードを受けたモレロスが一発退場となり、数的不利となったレンジャーズだが、試合の主導権は譲らず。 ▽後半に入っても安定したゲーム運びを披露するレンジャーズは、追加点こそ奪えなかったがセント・ミレンの枠内シュートを1本に抑え、リーグ戦のホーム初陣で今季リーグ初勝利を飾った。 2018.08.13 04:45 Mon
twitterfacebook
thumb

久保欠場のヘントが先勝! ジェラード率いるレンジャーズやセビージャ、ライプツィヒらもプレーオフへ前進《EL予選》

▽ヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦1stレグの34試合が9日に各地で行われた。 ▽3回戦から登場の日本代表FW久保裕也の所属するヘント(ベルギー)vsヤギエロニア(ポーランド)は、1-0でヘントが勝利した。久保はベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ▽試合はゴールレスで折り返した後半終盤に動く。85分、ヘントはドリブルで中央突破を試みたドンプのラストパスを受けたジョナタン・デビッドがボックス中央からシュート。これは相手GKに弾かれるも、こぼれ球を再びジョナタン・デビッドが押し込み、1-0で勝利した ▽2回戦を勝ち上がったスティーブン・ジェラード監督率いるレンジャーズ(スコットランド)は、マリボル(スロベニア)とホームで対戦し、3-1で勝利した。レンジャーズは5分にモレロスのゴールで先制。しかし、40分に失点を許し前半は1-1で終了。 ▽後半立ち上がりの50分、レンジャーズはPKを獲得するとタベルニエがこれを決め、勝ち越しに成功。終盤の86分にもラッサナ・クリバリがゴールネットを揺らし、3-1でレンジャーズが先勝した。 ▽同じく2回戦を勝ち上がったセビージャ(スペイン)は、ジャルギリス(りトアニア)とホームで対戦し、1-0で勝利。また、アタランタ(イタリア)は、ハポエル・ハイファ(イスラエル)とアウェイで対戦し、4-1で勝利。ライプツィヒ(ドイツ)は、クラヨーヴァ(ルーマニア)とホームで対戦し、3-1で勝利した。その他の予選3回戦1stレグの試合結果は以下の通り。 ◆予選3回1stレグ ▽8月9日(木) ウファ 2-1 プログレス アラシュケルト 0-2 クルージュ ユールマラ 0-1 スードゥヴァ ハポエル・ハイファ 1-4 アタランタ RBライプツィヒ 3-1 クラヨーヴァ アポロン 4-0 ディナモ・ブレスト ディナモ・ミンスク 4-0 ゼニト シェリフ 1-0 ヴァルル ハポエル・ベエルシェバ 2-2 アポエル ルドゴレツ 1-0 ズリニスキ マリウポリ 1-3 ボルドー シグマ 2-0 カイラト シュトゥルムグラーツ 0-2 ラルナカ クタイシ 5-2 クケシ トレンチーン 4-0 フェイエノールト ヤギエロニア 0-1 ヘント ノアシェラン 1-2 パルチザン CSKAソフィア 1-2 コペンハーゲン ベシクタシュ 1-0 リンツ ヘンク 2-0 レフ・ポズナニ イスタンブールBB 0-0 バーンリー リュブリャナ 3-0 HJKヘルシンキ オリンピアコス 4-0 ルツェルン フィテッセ 0-1 バーゼル ゾリャ 1-1 ブラガ コーク 0-2 ローゼンボリ スパルタク・スボティツァ 0-2 ブレンビー ハイドゥク 0-0 FCSB ハイバーニアン 0-0 モルデ レンジャーズ 3-1 マリボル サルプスボルグ 1-1 リエカ ザ・ニュー・セインツ 0-2 ミッティラン レギア 1-2 デュドランジュ スロヴァン・ブラチスラヴァ 2-1 ラピド・ウィーン セビージャ 1-0 ジャルギリス ▽8月8日(水) ピュニク 0-0 マッカビ・テル・アヴィヴ 2018.08.10 06:55 Fri
twitterfacebook
thumb

訛りは訛りを理解する? “あのジェラード”が新加入選手同席の会見で通訳を務める

▽グラスゴー・レンジャーズで指揮官を務めるスティーブン・ジェラード監督が新加入選手と同席した会見で通訳を務めていたことがわかった。 ▽レンジャーズは8日、ヨーロッパリーグ予備予選3回戦のマリボル戦に向けた公式会見を行い、同会見にはスラヴェン・ベルポから今夏加入したクロアチア代表DFニコラ・カティッチがジェラード監督と共に同席した。 ▽同会見では地元スコットランドの記者から何度となくカティッチに質問が飛んだが、同選手はその質問をなかなか理解できず。通常、バルカン半島出身の選手は語学に堪能でカティッチ自身も英語を流暢に話すことができるが、今回苦しんだのはいわゆるスコティッシュ・イングリッシュと言われるスコットランド特有の訛りだった。 ▽そこでカティッチに助け舟を出したのがジェラード監督だった。リバプール出身のジェラード監督は“スカウス”と評されるリバプール訛りの英語を話すため、イングランド国内では英語を聞きづらい選手として知られていた。しかし、すでにスコティッシュ・イングリッシュを会得した同監督はカティッチにリバプール訛りの英語で通訳を行うと、同選手はこのリバプール訛りの英語を何とか理解してその後はきっちり記者とのやり取りを行うことができたようだ。 ▽ただ、イギリス『スカイ・スポーツ』を中心にジェラード監督のリバプール訛りの英語に苦戦してきた多くのメディアは、「あのジェラードが通訳している」と驚きの様子で今回の会見を伝えていた。 2018.08.09 16:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェラード率いるレンジャーズ、古巣リバプールから攻撃的MFケント獲得

▽レンジャーズがリバプールに所属するイングランド人MFライアン・ケント(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は1年間となる。 ▽7歳の頃にリバプールのアカデミーに入団したケントは、2015年の夏にトップチームに昇格すると、2016年1月に行われたFAカップ3回戦のエクセター・シティ戦でトップチームデビューを飾った。 ▽しかし、その後はトップチームでの出場機会は恵まれず、コヴェントリーやバーンズリーへレンタル移籍。昨夏にはリバプールとの長期契約にサインした後、フライブルクにレンタル移籍で加入したがここでもわずか6試合の出場にとどまると、半年でリバプールへ復帰。今冬には再びのレンタル移籍でブリストル・シティに加入していた。 2018.07.23 00:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェラード初陣のレンジャーズが先勝! 「多くのポジティブなものを得ることができた」《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)予備予選1回戦のグラスゴー・レンジャーズvsFKシュクピが行われ、ホームのレンジャーズが2-0で先勝した。 ▽今季からリバプール、イングランド代表のレジェンドであるスティーブン・ジェラード監督を新指揮官に迎えたレンジャーズは、同監督の公式戦初陣となるEL予備予選1回戦でマケドニアのシュクピをホームで迎え撃った。 ▽立ち上がりから地力を生かして相手を押し込むレンジャーズは23分、ボックス手前右でパスを受けたジェイミー・マーフィーがゴール左まで持ち込んで左足のシュートを流し込み、先制に成功する。 ▽1点リードで折り返した試合はその後もレンジャーズが優勢に試合を運ぶものの、粘る相手の守備をなかなかこじ開けられない。それでも、1-0で終了と思われた後半アディショナルタイムにPKを獲得すると、キッカーのタベルニエが冷静に決めた。そして、ジェラード監督の初陣を2-0の勝利で飾ったレンジャーズが予備予選2回戦進出に王手をかけた。 ▽なお、レンジャーズで公式戦初白星を飾ったジェラード監督は試合後にクラブ公式サイトで以下のようなコメントを残した。 「この試合から多くのポジティブなものを得ることができた。我々は勝利を手にしてクリーンシートも記録した。ディフェンスは本当によくやったと思う」 「最終的に2点目を取れたが、試合をより快適に終えることはできなかった。勝利に値するだけのチャンスを作ったが、それを決め切ることはできなかった。そのため、我々は勝ち抜けに向けて集中して働き続ける必要がある」 「彼らはすべてを捧げていたと思うし、ファンも彼らと共に戦ってくれた。そのことにはとても満足している。ただ、唯一の後悔は説得力のある形で勝てなかったことだ」 2018.07.13 07:25 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース