ジェラードがレンジャーズとの交渉認める「ポジティブな話し合い」2018.05.02 18:54 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レンジャーズ監督就任が噂されているスティーブン・ジェラード氏(37)が、クラブと交渉中であることを認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽先日から、レンジャーズ就任の噂が伝えられているジェラード氏。今月1日には、レンジャーズは残り3試合にしてグレアム・マーティ暫定監督の解任を発表していた。

▽そんな中、ジェラード氏は『BTスポーツ』のインタビューで、レンジャーズとは交渉中と認めたうえで、「ポジティブなもの」であることを述べている。

「レンジャーズと最初の交渉はしてきたよ。興味深いもので前向きな話し合いができた。数日で返答するつもりだ。どうなるか見てみよう」

▽『スカイ・スポーツ』は、まだ両者の間に隔たりがありながらも合意に向かっていると推測している。

コメント

関連ニュース

thumb

ジェラード初陣は白熱ドロー! 強豪が順当勝利にサムライ3人が出場《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第1節が20日に行われた。 ▽前日まで行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではマンチェスター・シティがホームでリヨンに敗れるなど少なからず波乱が起きたものの、今回のELでは強豪チームが順当に勝利を収めた。 ▽優勝候補筆頭のチェルシーとアーセナルのロンドン勢では、PAOKとのアウェイゲームに臨んだチェルシーがウィリアンのゴールを守り切って1-0の勝利。一方、初出場のヴォルスクラをホームで迎え撃ったアーセナルは試合終盤に2失点を喫したものの、オーバメヤンの2ゴールの活躍などで4-2の快勝を収めた。 ▽その他の強豪チームではルクセンブルク王者デュドランジェのホームに乗り込んだミランが引いた相手に苦戦を強いられながらも新エースFWイグアインのゴールを移籍後初出場のGKレイナを中心に守り切って1-0の勝利を収めた。また、ラツィオやレバークーゼン、セビージャ、ベシクタシュなどの強豪もきっちり勝利でスタートした。 ▽また、ジェラード監督のEL初采配に注目が集まったレンジャーズとビジャレアルの一戦は2-2のドローに終わった。開始40秒過ぎにバッカの見事なミドルシュートで先制を許したレンジャーズだが、後半半ばにアルフィールドのゴールで追いつく。その同点ゴールの直後に再び勝ち越されたものの、76分にラファーティが決めた同点ゴールによって試合は2-2のドローに。ジェラード監督は敵地から貴重な勝ち点1を持ち帰っている。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽5選手が参戦している日本人選手ではフランクフルトMF長谷部誠が唯一のフル出場を飾ったほか、ザルツブルクFW南野拓実、ベティスMF乾貴士が途中出場した。一方、マルセイユDF酒井宏樹、アンデルレヒトMF森岡亮太は出場機会がなかった。 ▽酒井と長谷部による日本人対決に注目が集まった昨季ELファイナリストと昨季DFBポカール王者の一戦はフランクフルトに1人退場者が出たものの、試合終盤のゴールによってフランクフルトが劇的な逆転勝利を掴んだ。 ▽また、レッドブルを親会社に持つRBライプツィヒとの姉妹クラブ対決に臨んだ南野は、後半途中にピッチに立ち大きな見せ場はなかったものの3-2の勝利に貢献。オリンピアコスとのアウェイゲームに臨んだ乾は相手が退場した試合終盤に投入されたが、引いた相手をこじ開けられず、敵地での初戦を0-0のドローで終えている。ELグループステージ第1節の結果一覧は以下の通り。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>【グループA】 ルドゴレツ 2-3 レバークーゼン ラルナカ 0-1 チューリッヒ 【グループB】 セルティック 1-0 ローゼンボリ ライプツィヒ 2-3 ザルツブルク 【グループC】 コペンハーゲン 1-1 ゼニト スラビア・プラハ 1-0 ボルドー 【グループD】 ディナモ・ザグレブ 4-1 フェネルバフチェ トルナヴァ 1-0 アンデルレヒト 【グループE】 アーセナル 4-2 ヴォルスクラ スポルティング・リスボン 2-0 カラバフ 【グループF】 デュドランジュ 0-1 ミラン オリンピアコス 0-0 ベティス 【グループG】 ビジャレアル 2-2 レンジャーズ ラピド・ウィーン 2-0 スパルタク・モスクワ 【グループH】 マルセイユ 1-2 フランクフルト ラツィオ 2-1 アポロン・リマソル 【グループI】 ベシクタシュ 3-1 サルプスボリ ヘンク 2-0 マルメ 【グループJ】 セビージャ 5-1 スタンダール・リエージュ アクヒサル 0-1 FCクラスノダール 【グループK】 レンヌ 2-1 ヤブロネツ ディナモ・キエフ 2-2 アスタナ 【グループL】 PAOK 0-1 チェルシー ヴィディ 0-2 BATEボリソフ<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 06:34 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェラード率いるレンジャーズが主将DFタベルニエと2022年まで契約延長

▽レンジャーズは19日、DFジェームス・タベルニエ(26)との契約延長を発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 ▽2009年にニューカッスルでプロデビューしたタベルニエは、シェフィールド・ユナイテッドやMK ドンズなどへのレンタル移籍を繰り返し、2014年7月にウィガンへと完全移籍。しかし、ウィガンでも出場機会がほぼ与えられず翌年にレンジャーズへ移籍。 ▽レンジャーズでは、これまで公式戦154試合に出場し30ゴール45アシストを記録。昨シーズン途中からキャプテンに任命されると、今シーズンもここまで公式戦14試合に出場し4ゴール6アシストを記録していた。 2018.09.20 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

かつての恩師と初対決!ジェラード監督が初のオールドファームを振り返る「失望している」

▽初のオールドファームを経験したレンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、試合を振り返った。レンジャーズ公式サイトが伝えた。 ▽今シーズンからレンジャーズの指揮官に就任したジェラード監督。長年ライバル関係にあるセルティックとのオールドファームを初めて経験した。 ▽セルティックの指揮官は、現役時代に指導を仰いだブレンダン・ロジャーズ監督(2012年から2015年にかけてリバプールを指揮)。かつての指揮官との再会となった試合は1-0で敗れ、レンジャーズ指揮官就任後、ジェラード監督として今季初黒星となった。 ▽初のオールドファームを終えたジェラード監督は、試合を振り返り敗戦に悔しさを見せたものの、チームとしてポジティブな要素もあったと語った。 「我々は失望している。それはビッグゲームであったこと、そして彼らがライバルであったこと。さらに、我々の最初の敗北だからだ」 「我々は実際に試合中に成長していると感じた。後半はかなり良くなっていたね。前半は、我々は十分なプレーができていなかったし、十分なパスを通せあかった。形は良かったけどね」 「ゲーム全体を見ると、セルティックが常にポゼッションしていた。彼らは150試合以上試合をこなしており、経験値で優っている。我々は12、13週間程度だ」 2018.09.03 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャやセルティック、レンジャーズらが本戦進出! アタランタがPK戦の末にまさかの敗戦…《ELプレーオフ》

▽ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ2ndレグの21試合が30日に各地で行われた。 ▽3シーズンぶりのEL制覇を目指すセビージャは、ホームでシグマと対戦し、3-0で勝利した。この結果、2戦合計4-0でセビージャがEL本戦進出を決めた。試合が動いたのは21分、右クロスのこぼれ球にフランコ・バスケスが素早く反応。ワンタッチでつなぐと、これを受けたゴナロンが左足でゴール右隅にシュートを流し込んだ。 ▽先制点で勢いづくセビージャは26分、右CKをファーサイドのフランコ・バスケスが頭で折り返すと、これがネスポルのオウンゴールを誘発し追加点を奪った。さらに75分には、ロングカウンターから途中出場のイェデルがゴールネットを揺らし、試合を決定づける3点目。 ▽その後も危なげない試合運びを見せたセビージャは、3-0のまま試合をクローズ。ホームで快勝を収めたセビージャが2戦合計スコア4-0で本戦進出を決めた。 ▽また、8シーズンぶりにEL本戦出場を目指すジェラード監督率いるレンジャーズは、敵地でウファと対戦し1-1のドローに終わったが、2戦合計スコア2-1で本戦出場を決めた。試合は開始早々の9分にエジャリアのゴールでレンジャーズが先制するも、32分にスイスエフに同点弾を決められた。 ▽同点を許したレンジャーズは、37分にモラレスが立て続けに2枚のイエローカードを受け退場となると、66分にもフラナガンがこの試合2枚目のイエローカードで退場となる。その後、レンジャーズはウファの猛攻を受けたが、相手のフィニッシュ精度に救われ、1-1で試合終了。2戦合計で逃げ切りに成功したレンジャーズが、8シーズンぶりにEL本戦出場を決めた。 ▽その他、ライプツィヒvsゾリャは3-2でライプツィヒが勝利し、2戦合計スコア3-2としたライプツィヒが本戦出場を決めた。また、コペンハーゲンvsアタランタは0-0で90分が終了。その後に行われた延長戦でもスコアは動かずPK戦の結果、コペンハーゲンが4-3で勝利。この結果、コペンハーゲンが本戦出場を果たしている。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ◆ELプレーオフ2ndレグ <span style="color:#FF0000"><b>赤字</b></span>が本戦進出 ※はアウェイゴール差による勝利 ▽8/30(木) <span style="color:#FF0000"><b>アスタナ</b></span> 1-1(PK:2-1) アポエル ウファ 1-1(AGG:1-2) <span style="color:#FF0000"><b>レンジャーズ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>ラルナカ</b></span> 3-0(AGG:4-1) トレンチーン <span style="color:#FF0000"><b>コペンハーゲン</b></span> 0-0(PK:4-3) アタランタ <span style="color:#FF0000"><b>ライプツィヒ</b></span> 3-2(AGG:3-2) ゾリャ ※<span style="color:#FF0000"><b>アポロン</b></span> 1-0(AGG:3-3) バーゼル クルージュ 2-3(AGG:2-5) <span style="color:#FF0000"><b>デュドランジュ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>ルドゴレツ</b></span> 4-0(AGG:5-0) クタイシ マッカビ・テル・アヴィヴ 2-1(AGG:3-4) <span style="color:#FF0000"><b>サルプスボルグ</b></span> モルデ 2-1(AGG:3-4) <span style="color:#FF0000"><b>ゼニト</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>カラバフ</b></span> 3-0(AGG:3-1) シェリフ ミッティラン 0-2(AGG:2-4) <span style="color:#FF0000"><b>マルメ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>ベシクタシュ</b></span> 3-0(AGG:4-1) パルチザン シュケンディヤ 0-2(AGG:1-5) <span style="color:#FF0000"><b>ローゼンボリ</b></span> ブレンビー 2-4(AGG:4-9) <span style="color:#FF0000"><b>ヘンク</b></span> FCSB 2-1(AGG:3-4) <span style="color:#FF0000"><b>ラピド・ウィーン</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>スパルタク・トルナヴァ</b></span> 1-1(AGG:3-1) リュブリャナ <span style="color:#FF0000"><b>ボルドー</b></span> 2-0(AGG:2-0) ヘント バーンリー 1-1(AGG:2-4) <span style="color:#FF0000"><b>オリンピアコス</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>セルティック</b></span> 3-0(AGG:4-1) スードゥヴァ <span style="color:#FF0000"><b>セビージャ</b></span> 3-0(AGG:4-0) シグマ 2018.08.31 06:37 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャがサラビアの値千金弾で先勝! ジェラード率いるレンジャーズも8季ぶりのEL本戦へ前進《ELプレーオフ》

▽ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ1stレグの21試合が23日に各地で行われた。 ▽3シーズンぶりのEL制覇を目指すセビージャは、敵地でシグマ(チェコ)と対戦し、1-0で勝利した。試合はゴールレスのまま終盤に突入すると、84分に途中出場のアンドレ・シウバのスルーパスをゴール前で受けたサラビアが左足で流しこみ、セビージャが値千金のゴールを奪った。 ▽一方、8シーズンぶりにEL本戦出場を目指すジェラード監督率いるレンジャーズは、ホームでウファ(ロシア)と対戦し、1-0で勝利した。試合は41分、左CKをボックス中央のモレロスが頭で合わせると、相手GKの弾いたボールをゴールドソンが押し込み、レンジャーズが先制。その後もウファを圧倒したレンジャーズが先勝を飾った。 ▽3回戦を勝ち上がったアタランタは、コペンハーゲン(デンマーク)とホームで対戦し0-0のドロー。また、RBライプツィヒも敵地でゾリャ(ウクライナ)と対戦し、ゴールレスドローに終わった。その他の予選プレーオフ1stレグの試合結果は以下の通り。 ◆ELプレーオフ1stレグ ▽8/23(木) クタイシ 0-1 ルドゴレツ ゼニト 3-1 モルデ トレンチーン 1-1 ラルナカ アポエル 1-0 アスタナ シェリフ 1-0 カラバフ シグマ 0-1 セビージャ スードゥヴァ 1-1 セルティック サルプスボルグ 3-1 マッカビ・テル・アヴィヴ マルメ 2-2 ミッティラン アタランタ 0-0 コペンハーゲン バーゼル 3-2 アポロン デュドランジュ 2-0 クルージュ オリンピアコス 3-1 バーンリー ゾリャ 0-0 RBライプツィヒ ヘンク 5-2 ブレンビー リュブリャナ 0-2 スパルタク・トルナヴァ パルチザン 1-1 ベシクタシュ ラピド・ウィーン 1-1 FCSB ヘント 0-0 ボルドー レンジャーズ 1-0 ウファ ローゼンボリ 3-1 シュケンディヤ <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.24 05:55 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース