FIFA、CWC拡大&ネイションズリーグ新設案の協議を報告2018.05.01 22:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際サッカー連盟(FIFA)は4月30日、クラブ・ワールドカップ(CWC)の拡大や、ネイションズリーグ設置に関する検討会を開き、肯定的な会となったことを発表した。

▽内容について具体的な発表はされていないが、4月23日にイギリス『BBC』が伝えたところでは、FIFAは『ネイショングリーグ』の設置に関しては各国のサッカー協会と、CWCの刷新に関しては有力クラブと有意義な協議を続けてきたという。

▽CWCに関しては、参加クラブ数を7チームから24クラブに拡大。時期を毎年12月開催から、4年に1度、6月開催に変更する方針とのことだ。世界各地から参加する24クラブが3クラブずつの8グループに分かれ、勝者がノックアウトステージに進出(最大で計5試合)。開始時期としては、2021年、2025年、2029年、2033年が検討されており、最低30億ドル(約3288億円)の財務保障が付けられることになる。

▽ネイションズリーグに関しては、4つの代表チームが大陸ごとにレベルの違ったリーグを形成し、それぞれの優勝国が“ファイナル8”と呼ばれるトーナメントに進出。承認が得られれば2020年か2021年に開催される見込みであり、こちらも最低10億ドル(約1097億円)の財政保障が付けられているという。

▽『BBC』の報道によると、これら2つの大会で見込まれている収益は250億ドル(約2兆7418億円)。実現に向かっており、新たなビッグタイトルの出現に世界中が沸き立つことになりそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

【六川亨の日本サッカーの歩み】アジア大会の歴史

▽インドネシアで開催中のアジア大会・男子サッカーで、すでに決勝トーナメント進出を決めているU-21日本は、1次リーグ最終戦でベトナムに0-1で敗れた。この結果、D組2位になり、24日の決勝トーナメント1回戦でE組1位のマレーシアと対戦する。 ▽日本は試合開始直後の前半3分、GKオビがMF神谷に出したパスを奪われ先制点を許した。相手のプレッシャーが厳しいため大きく蹴っておけば防げた失点だけに、もったいない決勝点でもあった。ただ、相手のベトナムは今年1月のU―23アジア選手権で準優勝し、今大会ではOA(オーバーエイジ)枠も使った“本気で勝ちに来た"チーム。このため日本は序盤から相手の圧力にミスを連発するなど、実力差は明らかだった。 ▽果たして決勝トーナメントで日本はどこまで勝ち進むことができるのか。できるだけ多く試合を経験することで、選手の成長に期待したいところだ。 ▽といったところで、今週はアジア大会の歴史を簡単に振り返ってみたい。今大会は1951年に第1回大会がインドのニューデリーで開催された。この大会は、日本にとって記念すべき大会でもあった。というのも日本は、第二次世界大戦の影響でFIFA(国際サッカー連盟)から資格停止処分を受けていたが、50年のFIFA総会で日本とドイツの復帰が認められ、戦後初の国際大会がこのアジア大会だったからだ。 ▽6カ国が参加した第1回大会で、日本は1勝1分け1敗ながら3位に輝く。以後、このアジア大会は日本にとって、Jリーグが誕生するまでは五輪と並ぶビッグイベントになった。 ▽アジアのナンバー1を決めるのは、来年1月にUAEで開催されるアジアカップであることは周知の事実。日本は最多4回の優勝を誇るが、1956年に創設された同大会に日本が初参加したのは1988年のこと。しかもこの大会に日本は堀池(当時は順天堂大)ら大学生選抜で臨んだ。 ▽その理由として、アジア大会の日本は予選なしで本大会に参加できるのに対し、アジアカップは予選を勝ち抜かないと本大会には出られないこと。アジアカップは五輪と同じ年に開催されるため、五輪出場を第1と考えた日本は参加に消極的だったこと。さらに予選や本大会はJSL(日本サッカーリーグ)と日程が重なることなどの障害があったからだった。 ▽88年の大会に大学生選抜ではあるが初参加したのは、92年に広島でアジアカップを開催するからだった。そのアジアカップも2年後の94年に広島でアジア大会を開催するので、新設されたビッグアーチを使用するなど“プレ大会"の意味合いが強かった。Jリーグの開幕を1年後に控えても、まだ日本サッカーはアジア大会を優先していた。 ▽ところがオフト監督に率いられた日本は、フル代表として初参加にもかかわらず92年のアジアカップで優勝してしまった(アジア大会は準々決勝で韓国に敗退)。そしてJリーグ開幕である。自ずと日本の目標はそれまでのアジア大会からアジアカップへと移った。 ▽これは余談だが、Jリーグ開幕以前のアジア大会に参加した元日本代表選手は、「サッカーは開催期間が長いのに対し、大会序盤で早めに終わってしまう他競技もある。すると、解放感に満ちた女性アスリートが夜な夜な僕たちの泊まっている部屋のドアをノックしに来る。そこで『選手村にいては誘惑が多すぎる』との理由から、ホテルを借りることになった」というエピソードを教えてもらったこともある。 ▽話をアジア大会に戻そう。アジアカップはその後2000年(トルシエ監督)、2004年(ジーコ監督)、2011年(ザッケローニ監督)と優勝を重ねた。それまでは五輪と同じ年に開催されてきたが、2008年は北京五輪と開催時期が重なるため、AFC(アジアサッカー連盟)はベトナムなど4カ国で開催される大会を1年前倒しにして2007年に移した(オシム・ジャパンが参加)。以後、4年周期の開催は変わっていない。 ▽一方のアジア大会はというと、1998年のタイ・バンコク大会から男子サッカーは五輪と同じ形式に変更された。年齢制限が設けられ、原則として23歳以下で3人までのOA枠を認めるという形だ。そこでJFAは五輪代表の強化の一環と位置づけ、2年後の五輪代表の候補選手――アジア大会時には21歳以下の日本代表――で臨む方針を決め、今日までこのスタイルは踏襲されている。 ▽W杯後に開催されるアジア大会では、フル代表と同様に五輪代表の監督も代わり初陣となる。98年のバンコク大会ではトルシエ監督(U―20日本代表と3チームの監督を兼任)が指揮を執り、02年の釜山大会では山本ジャパンが銀メダルを獲得。06年カタール大会での反町ジャパンは結果を残すことはできなかったが、10年広州大会での関塚ジャパンは、村山や比嘉ら大学生が主体だったにもかかわらず初優勝を果たし、その後は東や大津、永井、清武らJクラブの若手を主体としたチーム編成でロンドン五輪ではベスト4に躍進した。 ▽直近の14年仁川大会に臨んだ手倉森ジャパンは、準々決勝で優勝した韓国にラスト2分でPKを献上し、これを現FC東京のチャン・ヒョンスに決められベスト4進出のノルマは達成できなかった。このときの韓国は兵役免除を狙った最強チームで、地元開催で見事4度目の優勝を飾り、イランの最多記録に並んだ。 ▽そして今回のジャカルタ大会である。大会史上初の連覇を狙う韓国は、フル代表のエースFWソン・フンミン(スパーズ)をはじめ、G大阪のFWファン・ウィジョ、GKチョ・ヒョヌ(大FC)とOA枠をフル活用。前回大会同様、兵役免除という目標もあり、優勝候補の一角と目されていた。 ▽ところがグループリーグでマレーシアにまさかの敗戦(1-2)。日本がベトナムに敗れてD組2位になったため、順当なら1位通過が予想された韓国と激突するのがマレーシアに変わった。これをラッキーととらえるかどうかは選手の奮闘次第だが、やはりアンダーカテゴリーの試合は何が起こるか分からない怖さがあるようだ。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.08.21 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ヤングなでしこが史上初の決勝進出! エース植木の3連発に遠藤も2連発でイングランド撃破!《U-20女子W杯》

▽U-20日本女子代表は20日、FIFA U-20女子ワールドカップ(W杯)2018の準決勝でU-20イングランド女子代表と対戦し、2-0で勝利。この結果、史上初となる決勝進出を果した。 ▽日本は準々決勝で強豪ドイツを相手に遠藤純、植木理子、宝田沙織の3ゴールで3-1の快勝を収め、2大会連続のベスト4進出を果した。そして、史上初のファイナルを目指す準決勝ではオランダを破って4強入りを決めたイングランドと対戦。この重要な一戦に向けてはドイツ戦のスタメンから北村菜々美に代わって高平美憂に変更したのみでベストメンバーを揃えてきた。 ▽開始直後にスタンウェイに個人技で決定的なシュートを放たれてGKスタンボー華がいきなりセーブを強いられるなど、押し込まれる入りとなった日本。それでも、時間の経過と共に相手を押し返していくと、14分には植木の中央突破からボックス内にこぼれたボールを遠藤が左足で蹴り込むが、これはわずかに枠の右に外れる。 ▽すると、良い流れの中で日本は頼れるエースが先制点を奪い切る。22分、中盤の林穂之香からバイタルエリア中央の遠藤に斜めのパスが入ると、これを遠藤がボックス左の植木の足元に繋ぐ。ここでDFを背負った植木は巧みなターンで前を向いて右足のシュートをニアサイドの下隅に突き刺し、3試合連発となる得点ランキングトップタイの5点目を奪った。 ▽さらに畳みかけるヤングなでしこは27分、右サイドをドリブルで持ち上がった宮澤がエリア外から意表を突いたミドルシュートを放つ。これは枠に阻まれるも、こぼれ球にいち早く反応した遠藤が無人のゴールへ頭で流し込み、こちらも2試合連続ゴールを記録した。その後も攻勢を強める日本は長野風花が右ポスト直撃の惜しいシュートで3点目に迫るなど良い形で前半を2-0のスコアで終えた。 ▽迎えた後半、前線へのロングボールを増やして攻勢を仕掛けるイングランド相手にやや押し込まれる時間が続くも、高橋はなと南萌華のセンターバックコンビを中心に冷静に撥ね返していく日本。攻撃の場面では右サイドの宮川麻都と宮澤の日テレ・ベレーザコンビを中心に幾度か決定機を作り出す。さらに57分には大会初先発で奮闘した高平に代えて北村を左サイドバックに投入した。 ▽その後は連戦の疲れと相手のロングボール戦術によって全体が間延びさせられたことで、消耗戦を強いられた日本は苦しい時間帯が続く。それでも、要所で訪れるピンチの芽を一丸となった守りで摘み取り、決定機は許さない。試合終盤の83分には殊勲の植木を下げて村岡真実を、後半アディショナルタイムには宮川に代えて牛島理子を入れて逃げ切り態勢に入ると、このままクリーンシートで凌ぎ切って2-0の快勝。通算3度目の挑戦で準決勝の壁を破って悲願のファイナル進出を果した。 ▽なお、史上初のU-20女子W杯制覇を目指す日本は、この後行われる開催国フランスとグループリーグで敗れたスペインの準決勝の勝者と24日に対戦する。 U-20イングランド女子 0-2 U-20日本女子 【U-20日本女子】 植木理子(22) 遠藤純(27) 2018.08.21 00:50 Tue
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表、2位通過 U-23ベトナム代表に完封負け《アジア競技大会》

▽U-21日本代表は19日、アジア競技大会サッカー競技のグループD第3節に臨み、U-23ベトナム代表に0-1で敗れた。 ▽開幕2連勝で既にグループ突破を決めているU-21日本代表。最終節の今節は勝ち点、得失点差、総得点で並ぶU-23ベトナム代表と激突した。勝てば首位通過のU-21日本代表は、前節から先発8名を入れ替え、GKオビ・パウエル・オビンナを初先発起用。MF遠藤渓太、MF神谷優太、FW前田大然が2試合連続のスターティングメンバー入りを果たした。 ▽全勝で決勝トーナメント進出を狙うU-21日本代表だが、開始3分にGKオビのパスを受けた神谷のトラップが流れてボールを相手に奪われてピンチ。そのままグエン・クアン・ハイにシュートをゴール左に決められ、先制を許す。 ▽1点を追うU-21日本代表は、後半の頭から神谷と三笘に代えて、岩崎と松本を投入。この交代策が呼び水となり、攻め込むシーンを増やしていく。だが、前田や遠藤のシュートもゴールに結びつかず、なかなか追いつけない。 ▽その中、75分には細かいパスワークから前田がネットを揺らしたU-21日本代表だが、これはオフサイドの判定でノーゴールに。その直後の76分に最後の交代カードで上田をピッチに送り込むが、ゴールが遠い。 ▽結局、最後までゴールを奪えなかったU-21日本代表は、グループDの2位通過が決定。24日に行われる決勝トーナメント1回戦でグループEの1位通過国と対戦する。 U-21日本代表 0-1 U-23ベトナム代表 【ベトナム】 グエン・クアン・ハイ(前3分) 2018.08.19 19:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ヤングなでしこが今大会全勝のドイツを破って2大会連続のベスト4進出!《U-20女子W杯》

▽U-20日本女子代表は17日、FIFA U-20女子ワールドカップ(W杯)2018の準々決勝でU-20ドイツ女子代表と対戦し、3-1で勝利。2大会連続での準決勝進出を果した。 ▽アメリカ、スペイン、パラグアイと同居したグループCを2勝1敗で2位通過した日本は、準決勝進出を懸けてグループD1位の強豪ドイツと対戦した。6-0で快勝したグループ最終節のパラグアイ戦からのメンバー変更はなし。司令塔の長野風花やパラグアイ戦で共にハットトリックを記録した宝田沙織、植木理子が2トップを組んだ。 ▽今大会唯一の全勝チームのドイツに対して日本は開始4分に長野の右CKをニアの植木が頭で合わすなど、積極的な入りを見せる。しかし、その後は相手の強靭なフィジカルを前に球際の部分で劣勢を強いられ、決定機こそ作らせないものの膠着状態に持ち込まれる。 ▽それでも、前半30分を過ぎて左サイドの遠藤純、右サイドの宮澤ひなたを起点としたサイドアタックが機能し出すと、37分には遠藤のフィードに反応した宝田がゴール前でヘディングシュートもわずかに枠の左へ。さらに前半終了間際にかけて攻勢を仕掛けると、ボックス内にドリブルで持ち込んだ植木、オーバーラップした宮川麻都の鋭いクロスの流れから波状攻撃を見せるなど、あと一歩で先制点という良い形の攻撃を続けて前半をゴールレスの状態で終えた。 ▽迎えた後半は拮抗した立ち上がりとなったが、前半から存在感を示していた遠藤がついに決定的な仕事を果たす。宮澤からのサイドチェンジを受けた左サイドの遠藤がボックス左に持ち込み冷静な切り返しでDFをかわすと、GKから遠いゴール右隅へ絶妙な右足のシュートを流し込んだ。 ▽待望の先制点で勢いづく日本は明らかに動揺が見えるドイツを相手に畳みかける攻めで押し込んでいく。植木と長野が続けてボックス内で決定的なシュートを放っていくと、70分には宝田からの絶妙なスルーパスに反応した植木がゴール前でGKと一対一に。右足のシュートはGKに触られるも左ポストの内側を叩いたボールがネットを揺らす。続く73分には左サイド深くに侵攻した北村菜々美の低くて速いクロスに2トップが飛び込むと、ニア側にいた宝田がスライディングシュートで合わせて試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後、植木と宝田の2トップを下げて村岡真実、児野楓香をピッチに送り込んだ日本は81分に相手MFミングにゴールを許すも、その後は粘り強い守備とスマートな試合運びで相手の反撃を凌ぎ切って3-1の快勝。今大会全勝中のドイツを一蹴した日本が2大会連続でのベスト4進出を決めた。なお、20日に行われる準決勝ではオランダを破ったイングランドと対戦する。 U-20ドイツ女子 1-3 U-20日本女子 【U-20ドイツ女子】 ミング(81) 【U-20日本女子】 遠藤純(59) 植木理子(70) 宝田沙織(73) 2018.08.18 04:21 Sat
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】アジア大会パキスタン戦に見る「対応力」の欠如

▽インドネシアのジャカルタで開催されているサッカーのアジア大会。日本は14日の初戦でネパールを1-0で下すと、16日はパキスタンに4-0で勝って決勝トーナメント進出が確定した。ただし、チームとしてまとまった練習ができずに臨んだ大会とはいえ、2試合を通じて早くも明らかになった課題がある。それは引いて守られた相手をいかに崩すのか――フル代表がアジアでの戦いで苦戦を強いられるのと同じ課題でもあった。 ▽日本に限らず、アジアのレベルは年々アップしている。このため、実力的に劣るネパールやパキスタンといえども10-0で勝てるような時代ではない。とはいえパキスタン戦の前半のように、相手が“普通のサッカー"をすればスペースも生まれるだけに技術の差でゴールを重ねることができた。 ▽しかし、ネパール戦は相手が6BKで守備を固めてくると、なかなかこじ開けられない。同じことは16日のパキスタン戦の後半も当てはまり、日本は横パスやバックパスをつなぐだけで、ほとんど効果的な攻撃を仕掛けることはできなかった。 ▽ゴール前に人数を割いて守備を固める相手に対し有効な攻撃方法は次の4つが上げられる。ロングやミドルで相手を引き出す。ドリブルで仕掛けて数的優位な状況を作る。空中戦ならゴール前を固めていても人数に関係なく勝負できる。FKやCKなどセットプレーを有効活用する(PKを獲得できれば最高)、といったところだろう。 ▽ただし、ロングやミドルはそのリバウンドから、そしてドリブル突破はこぼれ球からカウンターを食らうリスクもある。このため常にリスクマネジメントを考慮しておかなければならない。 ▽そしてヤング・ジャパンはパキスタン戦の後半でどのような選択をしたかというと、ロングやミドルシュートは皆無。前田(松本)や旗手(順天堂大)といった快足FWはいるものの、ドリブル突破を仕掛けられるドリブラーは今大会に招集されていない。そして空中戦を仕掛けることもなければ、セットプレーにも工夫がなかった。 ▽その象徴が、後半のCKだ。2度ほどショートコーナーを選択したものの、相手に詰められると最後はバックラインまで戻し、パス回しのためのパスに終始していた。森保監督は今大会に限らず「目標はベスト4」をどの大会でも掲げると宣言した。試合間のインターバルが短い大会のため、そして4-0とリードしたので体力の消耗とケガを避ける意味でパス回しを選択したのであれば文句はつけない。 ▽しかし、ネパール戦から大幅にメンバーを変更したのは、連戦を考慮してターンオーバー制を採用したのと同時に、森保監督は多くの選手をテストしたかったのではないだろうか。だとすれば、攻撃に工夫の見られない、消極的なパス回しに終始した後半は消化不良の45分だったと言える。 ▽テレビのアナウンサーはしきりに森保監督が目指す「対応力」を強調していた。そこで改めてショートコーナーを取り上げたい。なぜヤング・ジャパンはショートコーナーを選択したのか。パキスタンが制空権を握っているのなら理解できるが、実際は日本と互角か日本が上回っていた。ならばGKの出られないライナー性のクロスを入れるとか、ニアでワンクッション入れるなど工夫はいくらでもあったはず。対戦相手に応じて戦略を変えることこと「対応力」ではないだろうか。 ▽年齢的に年下で、いきなり集まってぶっつけ本番という状況ではあるが、実力的に差があるのは明白なため、それを言い訳にはできない。改めて「対応力」のなさ、守りを固められると打つ手がなくなる日本の現実を見せつけられたアジア大会の2試合だった。願わくば、試合を重ねることで成長して欲しいものだ。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.08.17 15:00 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース