ネイマールが母国から戻らない…PSGサポが批判声明2018.04.29 15:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)の急進的なサポーター集団が、ブラジル代表FWネイマールに対する批判の声明を公開した。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽ネイマールは、昨年の夏に史上最高額となる2億2200万ユーロ(現在のレートで約294億円)でバルセロナからPSGに移籍。以来、爆発的な活躍を示す一方で、同僚のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとの不和騒動が噴出するなど、様々な騒動の中心にもなった。

▽そんな“お騒がせ男”ネイマールは、2月25日に行われたリーグ・アン第27節のマルセイユ戦で右足首のねん挫および第5中足骨の骨折という重傷を負うことに。4月末時点でも復帰できておらず、当人は手術を受けた母国ブラジルで療養を続けている。

▽しかし、サポーターは本拠地のパリに帰還しないネイマールを快く思っていない模様。以下のような声明を発表した。

「我々のホームから離れてケガの治療を行うのは無礼だ。ファンへのリスペクトに欠けた行動であり、私たちは敬意に値する態度を選手たちに求めている」

▽6月のロシア・ワールドカップに向けて調整を行っているとも報じられているネイマール。大金で獲得したクラブ側からすればやや不服な行動であることは否めないだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマール「ペップと仕事がしたい」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(26)は、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督の下でのプレーを望んでいるようだ。ブラジル版『ESPN』へのコメントを、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽昨年の夏にバルセロナから史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約283億円)でPSGに入団したネイマール。チーム内での不和が囁かれ、年明けからはレアル・マドリー移籍の噂が多く取り沙汰されているが、本人の心は別の場所にあるようだ。以下のように打ち明けている。 「僕は彼(ジョゼップ・グアルディオラ監督)が去った後に(バルセロナに)入団した」 「本当に彼と仕事がしたいんだ」 ▽グアルディオラ監督は2011-12シーズンまでバルセロナを指揮。ネイマールは2013年夏にバルセロナ加入となったため、同クラブで一時代を築いた名将の教えを受けることができていない。今回の発言がシティ移籍を希望するものかは不明だが、もし“憧れの”グアルディオラ監督からコンタクトがあれば無下にはできないだろう。 2018.05.27 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシアのFWゲデス買取費用は64億円?

▽バレンシアがレンタル加入中のポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(21)をパリ・サンジェルマン(PSG)から買い取るためには、5000万ユーロ(約64億円)を工面する必要がありそうだ。フランス『レキップ』の情報を基にスペイン『アス』が伝えた。 ▽ゲデスは、昨年の冬に移籍金3000万ユーロ(現在のレートで約38億円)でベンフィカからPSGに移籍。出場機会確保のため昨年9月にバレンシアにレンタル加入すると、序盤から目覚ましいパフォーマンスを披露して今シーズンは公式戦38試合6ゴール11アシストの数字を残し、クラブのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献した。 ▽当然ながら、バレンシアはチームに完全にフィットしたゲデスの獲得を早くから画策。PSG側もファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反の回避を目指しており、幾人かの選手の売却を迫られている状況のため、利害関係は一致している。 ▽しかし、PSGはワールドカップでの活躍次第でゲデスに8000万ユーロ(約103億円)の市場価値が生じると目論んでいるようで、この金額はバレンシアの想定よりも相当に高いものだ。 ▽とはいえ、PSG側も良好な関係を崩したいとは考えていないようで、バレンシア側の提示しようとしている4000万ユーロ(約51億円)から交渉の席に座る構えである模様。バレンシア側も最終的には5000万ユーロ(約64億円)での決着を見込んでいるであろうことを、『アス』は伝えている。 2018.05.25 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー、ムバッペ獲得でクラブ間合意していた?!

▽モナコのヴァディム・ヴァシリエフ副会長が、フランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)のレアル・マドリー移籍がクラブ間合意に至っていたことを明かした。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽昨年の夏にレンタルでモナコからパリ・サンジェルマン(PSG)に加入したムバッペ。付属していた1億8000万ユーロ(現在のレートで約231億円)での買取オプションの行使は既定路線とみられており、PSG側の正式発表が待たれている状況だ。 ▽ヴァシリエフ副会長は、PSGへのレンタル移籍が決定する以前に、ムバッペの移籍に関してマドリーとクラブ間合意していたと語った。 「レアル・マドリーから電話があって、1億8000万ユーロ(現在のレートで約231億円)のオファーを受け入れた時、トレーニング中だったことを記憶しているよ」 「その後で彼を見かけて伝えたんだ『君の夢のクラブから断ることの不可能なオファーを受けた。君の答えを聞かせてくれ』とね」 「彼に選択を強要することは決して望んでいなかった。決定は彼次第だったんだ」 「彼は『パリに行きたい』と返答したよ。その後、非常に多くの細かなことが解決されなければならず、最後の瞬間まで私は取引に懐疑的だった」 「ムバッペはパルク・デ・プランスでの初シーズンから成功したね。国内3冠を勝ち取ったんだから」 ▽モナコで台頭したムバッペは、PSG初年度となった今シーズン公式戦46試合21ゴール16アシストの活躍でリーグ・アン、クープ・ドゥ・フランス、クープ・ドゥ・ラ・リーグでの優勝に大きく貢献。国内のタイトルを独占することに成功した。 2018.05.25 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ディ・マリア、アンチェロッティと再会か

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(30)にナポリ行きの可能性が浮上した。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽有力タレントの加入により、出場機会の減少が懸念された今シーズンのディ・マリア。だが、蓋を開けてみれば公式戦45試合で21得点15アシストの好成績を収め、周囲の不安を一蹴してみせた。 ▽以前から今夏の移籍を示唆してきたディ・マリアとPSGの契約は、来シーズン限り。手頃な額で獲得が見込めることから他クラブの関心を集め、PSGとしても売るなら今夏と来冬の2回しかない状況だ。 ▽そうした中、アトレティコ・マドリーやバルセロナとも関連づくディ・マリアは23日、自身の代理人と共にミラノでナポリのディレクターであるクリスティアーノ・ジュントーリ氏と会談したという。 ▽そのナポリは、来シーズンからカルロ・アンチェロッティ氏の監督就任が決定。ディ・マリアにとって、2013年から2015年まで在籍したレアル・マドリーで師弟関係を築いた指揮官だ。 2018.05.25 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

【2017-18リーグ・アンベストイレブン】PSGから最多4選手を選出

▽2017-18シーズンのリーグ・アンが終了しました。そこで本稿では今季のリーグ・アンベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆リーグ・アンベストイレブン GK:ルコント DF:チアゴ・シウバ、グスタボ、F・メンディ MF:デュボワ、ラビオ、フェキル、デパイ FW:トヴァン、カバーニ、ネイマール GK バンジャマン・ルコント(27歳/モンペリエ) 出場試合数:38(先発:38)/出場時間:3420分 失点数:33<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽リーグ3位の堅守を支えた驚異のショットストッパー。今季ディジョンから加入すると、卓越したショットストップ、的確なポジショニング、コーチングで守備陣を見事に統率した。デル=ザカリアン新監督の下、守備的な[5-3-2]の機能性も高かったが、昨季66失点のチームが失点数を半減させた最大の要因は間違いなくルコントの存在だった。 DF チアゴ・シウバ(33歳/パリ・サンジェルマン) 出場試合数:25(先発:24)/出場時間:2115分 得点数:1<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽抜群の安定感で覇権奪還の立役者に。今季、ネイマールとムバッペの加入で破壊力を増した攻撃陣の躍動ぶりが印象的だったPSGだが、唯一の20失点代をキープした守備陣の奮闘も見逃せない。とりわけ、安定感を欠く守護神、両サイドバックまで攻撃的なアンバランスな布陣の中でセンターバックにかかる負担は大きく、マルキーニョス、キンペンベとの3人体制の中で見事に守備を統率し続けたキャプテンの働きぶりは称賛に値する。 DF ルイス・グスタボ(30歳/マルセイユ) 出場試合数:34(先発:34)/出場時間:3018分 得点数:5<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽マルセイユ陰のMVP。今季ヴォルフスブルクから加入したブラジル人MFはシーズン序盤に守備的MF、後半戦はセンターバックの負傷者続出に伴い、センターバックの主軸として獅子奮迅の活躍を見せた。強靭なフィジカルに加え、豊富な経験に裏打ちされた巧みな守備で再三のピンチを凌げば、攻撃では左足の正確なパスや局面を変える持ち出し、強烈なミドルシュートで存在感を放った。 DF フェルラン・メンディ(22歳/リヨン) 出場試合数:27(先発:24)/出場時間:2121分 得点数:0<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽リヨンのアタッキングフットボールをけん引した攻撃的左サイドバック。昨季、リーグ・ドゥのル・アーヴルでの活躍をキッカケに名門リヨンに加入したメンディはリーグ・アン初挑戦とは思えない活躍を披露。守備面では時折集中を欠くなど課題は少なくないが、圧巻のスピードとドリブルテクニックを生かした突破力と5アシストを記録した攻撃性能はその欠点を補って余りあるものだった。稀少価値の高い左利きのサイドバックだけに今後のフランス代表入りと、ビッグクラブ移籍が予想される。 MF レオ・デュボワ(23歳/ナント) 出場試合数:34(先発:34)/出場時間:3020分 得点数:3 ▽新進気鋭の右サイドバックの大器。現在、ナント生え抜きの23歳はトップデビュー2年目からポジションを獲得すると、今季は智将ラニエリ監督の下でキャプテンとしてチームをけん引した。堅実な守備と豊富な運動量に加え、果敢なオーバーラップと正確なクロスと総合力の高い右サイドバックは今季3ゴール4アシストを記録。すでに来シーズンのリヨン加入が決定しており、モナコDFシディベ以外に有力な選手のいないフランス代表の右サイドバックのポジション争いにも割って入るはずだ。 MF アドリアン・ラビオ(23歳/パリ・サンジェルマン) 出場試合数:33(先発:27)/出場時間:2364分 得点数:1<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽優勝チームの中盤を支えた若き司令塔。今季はヴェッラッティとモッタという2人の相棒たちがやや調子を落とした中、シーズンを通して波が少ない安定したプレーで中盤の主軸を担い続けた。球際や前線への飛び出しといった持ち味に加え、球離れの良いシンプルなパスワークで強力な攻撃陣を見事に操った。 MF ナビル・フェキル(24歳/リヨン) 出場試合数:30(先発:28)/出場時間:2477分 得点数:18(PK3)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽CL出場権を置き土産に更なるステップアップへ。ラカゼット(現アーセナル)、トリッソ(現バイエルン)と下部組織で共に育った主力がクラブを去った今季は両選手に代わる新たなリーダーとしてチームをけん引。2列目を主戦場に魔法の左足を駆使したチャンスメークで個性派の助っ人アタッカー3人を見事に生かし、自身もキャリアハイの18ゴールとエースに相応しい活躍を見せた。なお、今季限りでの退団が決定的となっており、来季は前述の2選手に倣うように国外のビッグクラブ入りが濃厚だ。 MF メンフィス・デパイ(24歳/リヨン) 出場試合数:36(先発:28)/出場時間:2555分 得点数:19(PK2)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽不遇をかこったマンチェスター・ユナイテッド時代を払拭する完全復活のシーズンに。ユナイテッドで失格の烙印を押されて昨冬失意の中でリヨンに加入した24歳のオランダ代表FWだが、半年間の順応期間を経た今季は序盤から爆発。マリアーノ、トラオレ、フェキルという同世代の新進気鋭のアタッカーと共に欧州屈指のアタッキングユニットを結成。左ウイングと2トップの一角で持ち味の鋭い仕掛けやパワフルなミドルシュート、正確なプレースキックで抜群の存在感を発揮し、19ゴール9アシストを記録。さらに、マルセイユとの直接対決での劇的決勝点や最終節でのハットトリックとチームのCL出場権獲得に貢献した勝負強さも見事だった。 FW フロリアン・トヴァン(25歳/マルセイユ) 出場試合数:35(先発:35)/出場時間:2949分 得点数:22(PK3)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽完全覚醒したマルセイユの絶対的エース。今季22ゴール11アシストと圧巻のスタッツを叩き出した25歳のフランス代表FWは押しも押されもしないベロドロームのアイドルだ。傑出した左足の技術と相手の逆を突く巧みな仕掛けを武器に右サイドから相手の守備を切り裂けば、オフ・ザ・ボールの局面でも質の高い動き出しをみせゴール前に飛び出してのワンタッチシュートなど、掴みどころのない万能アタッカーに成長した。上位陣相手のパフォーマンスに課題を残すものの、間違いなくワールドクラスに手が届く位置にいるはずだ。 FW エディンソン・カバーニ(31歳/パリ・サンジェルマン) 出場試合数:32(先発:30)/出場時間:2581分 得点数:28(PK3)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今季リーグ・アンの最優秀選手。ムバッペ、ネイマールと共に超強力トリデンテの“MCN"を形成し、2年連続得点王を獲得した。今季も豊富な運動量や質の高いオフ・ザ・ボールの動き、決定力を武器にゴールを量産。後半戦はネイマール不在の中でマークが厳しくなるも、要所できっちり仕事を果たした。 FW ネイマール(26歳/パリ・サンジェルマン) 出場試合数:20(先発:20)/出場時間:1796分 得点数:19(PK4)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽後半戦欠場も新天地フランスで格の違いを見せつけた。今夏、バルセロナから移籍市場最高額で電撃移籍を果たしたメガクラックは、序盤からゴールとアシストを量産し、その高額な移籍金に相応しい活躍を披露。2月末に負った負傷の影響で後半戦を棒に振ったものの、リーグ3位タイの19得点、リーグトップタイの13アシストの圧倒的な数字でフランス・プロサッカー選手協会(UNFP)の年間MVPを受賞した。ただ、今夏にはレアル・マドリー移籍の噂が盛んに伝えられており、来季の去就に注目が集まるところだ。 2018.05.24 21:31 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース