ネイマールが母国から戻らない…PSGサポが批判声明2018.04.29 15:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)の急進的なサポーター集団が、ブラジル代表FWネイマールに対する批判の声明を公開した。スペイン『マルカ』が伝えている。▽ネイマールは、昨年の夏に史上最高額となる2億2200万ユーロ(現在のレートで約294億円)でバルセロナからPSGに移籍。以来、爆発的な活躍を示す一方で、同僚のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとの不和騒動が噴出するなど、様々な騒動の中心にもなった。

▽そんな“お騒がせ男”ネイマールは、2月25日に行われたリーグ・アン第27節のマルセイユ戦で右足首のねん挫および第5中足骨の骨折という重傷を負うことに。4月末時点でも復帰できておらず、当人は手術を受けた母国ブラジルで療養を続けている。

▽しかし、サポーターは本拠地のパリに帰還しないネイマールを快く思っていない模様。以下のような声明を発表した。

「我々のホームから離れてケガの治療を行うのは無礼だ。ファンへのリスペクトに欠けた行動であり、私たちは敬意に値する態度を選手たちに求めている」

▽6月のロシア・ワールドカップに向けて調整を行っているとも報じられているネイマール。大金で獲得したクラブ側からすればやや不服な行動であることは否めないだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

「再び関心を抱いてくれるように…」グイエ、実現しなかったPSG移籍を諦めず

エバートンに所属するセネガル代表MFイドリサ・グイエ(29)が、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍を希望しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がフランス『レキップ』を引用して伝えている。 グイエは2016年夏、アストン・ビラからエバートンに加入。今シーズンはここまで公式戦24試合に出場し、豊富な運動量と球際の強さを生かしたボール奪取能力を武器に、チェルシーMFエンゴロ・カンテらと共にリーグ屈指のボールハンターとして評価されている。 そんなグイエに対して、守備的MF獲得が急務となっていたPSGが今冬の移籍市場で獲得を目指していた。これに対して、同選手もトランスファーリクエストを提出したことが伝えられていたが、エバートン側が拒絶。最終的に実現しなかった。 エバートンを率いるマルコ・シウバ監督は、この状況にもグイエが失望することはないと主張していたが、グイエ自身は今でもPSGへの移籍を諦めていないようだ。 「夢が実現しなかったことは残念だ。選手というのは、チャンピオンズリーグに出場するために、ベストなチームに加わるために努力していくものだ。そして、光栄なことに、PSGは僕に興味を持ってくれたんだ」 「ヨーロッパのビッグクラブに加入する準備はできている。彼らが再び関心を抱いてくれるように働き続けるよ」 2019.02.18 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ネイマール父、バルサ復帰の可能性に再び釘「彼はパリでとても幸せ」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)の代理人を務める父が、同選手のスペイン復帰の可能性がないと再び釘を刺した。スペイン『アス』が伝えている。 2017年夏、史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(約277億円)でバルセロナからPSGに移ったネイマール。新天地フランスでも抜群の攻撃性能を発揮し続けているが、世紀の移籍から間もなくしてバルセロナ復帰説がたびたび取り沙汰され、落ち着かない日々が続いている。 年明け以降、ネイマールがバルサ復帰を懇願していることや、代理人を務める父がバルセロナ会長のジョゼップ・マリア・バルトメウ氏と5度も接触を図ったなど、様々な報道がスペインメディアに伝えられていた。それでも1月の段階で、ネイマール父が自身のインスタグラム(neymarpai_)で『フェイクニュース』のレッテルを貼り付けた記事画像を投稿して、事実無根を主張していた。 そして今回、ネイマールの父は再び同選手の退団の可能性を否定。現時点でPSGでプレーし続けることを主張している。 「ケガをしていることは別として、彼はパリでとても幸せだ」 「ネイマールについて話すのは、彼と私の2人だけだ。そのことについて話したことはない。バルセロナ復帰について我々から何か話を聞いた者はいるかい?」 「彼のような選手が噂でチームを去ることなどありえない。そもそもバルセロナからの接触がない。間違いだよ」 「今、そしてこれからも彼はパリにいる。サッカーは何が起きるか分からないから、将来について話すのは難しいけどね」 2019.02.18 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ氏、ユナイテッドvsPSGは観戦せず「他のリーグを観戦するほうが好き」

マンチェスター・ユナイテッド元指揮官のジョゼ・モウリーニョ氏が、先日に行われたユナイテッドvsパリ・サンジェルマン(PSG)との一戦を観ていないを明かした。イギリス『デイリー・ミラー』が『beIN SPORTS』でのインタビューを引用して伝えている。 昨年末までモウリーニョ氏が率いていたユナイテッドは12日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでPSGと対戦。ホームでの一戦ということもあり、先勝したかったユナイテッドだったが、PSGのキンペンベとムバッペにゴールを許し、0-2で黒星。オーレ・グンナー・スールシャール監暫体制初黒星を喫した。 それから数日、モウリーニョ氏は17日に行われたリーグ・アン第25節のリールvsモンペリエの観戦ため、スタッド・ピエール=モーロワに訪れていた。インタビューに応対した同氏は、古巣であるユナイテッドのPSG戦での敗北について問われると、以下のように明かした。 「いや、私はその試合を観ていない」 「マンチェスター・ユナイテッドの試合は時々観る。ただ、他のリーグを観戦するほうが好きだ。プレミアリーグでプレーしている選手は全て知っているからね」 2019.02.18 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、19歳グエンドウジに85億のプライスタグ! PSGを牽制へ

アーセナルが、U-21フランス代表MFマッテオ・グエンドウジ(19)に高額な値札を貼ったようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 昨夏にロリアンから加入したグエンドウジに、かつて下部組織に在籍していたパリ・サンジェルマン(PSG)が関心を寄せているようだ。加入1年目の今季はここまで公式戦33試合に出場。ウナイ・エメリ監督の信頼を完全に勝ち取り、直近ではリーグ戦6試合連続でフル出場を果たしている。 今冬にMFレアンドロ・パレデスをゼニトから獲得したPSGだが、中盤のさらなる補強を目指しているようで、グエンドウジに注目しているという。しかし、アーセナルは19歳の大器を手放す気はなく、昨夏600万ポンドで獲得したグエンドウジに10倍となる6000万ポンド(約85億5000万円)の値札を付けたようだ。 今冬の移籍市場で財政難から十分な補強が行えなかったアーセナルは、夏の市場でも4000万ポンド(約57億円)程度しか補強費が用意されないことが報じられている。その雀の涙ほどしか見込めない補強費を補うため、MFメスト・エジルやDFシュコドラン・ムスタフィが放出候補に挙がる中、グエンドウジは果たして。 2019.02.17 23:20 Sun
twitterfacebook
thumb

エジルの愛が重い…? 巨額サラリーに頭抱えるアーセナル

アーセナルが、所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(30)の扱いに頭を抱えているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2013年夏にレアル・マドリーからアーセナルに移って以来、多くのチャンスを演出してきたエジル。そして、昨年2月にはクラブ史上最高額の週給35万ポンド(約5000万円)という巨額サラリーで2021年6月までの新契約を締結した。 しかし、ウナイ・エメリ監督が就任した今シーズンからは状況が一変。出場はここまで公式戦18試合に留まっており、14日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグのBATE戦でも登録外となった。 エメリ監督はエジルに戦力外とする意思を通達しており、今年夏に興味を示しているパリ・サンジェルマン(PSG)へのローン移籍を推奨。給与のいくらかを分割して負担することにより、財政的な圧迫を緩めようとしている。 しかし、エジル当人は頑として拒否。クラブへの愛情を度々口にしているだけでなく、ロンドンでの生活も気に入っているようで、アーセナルでの復活を目指しているとのこと。完全移籍であれば除外していないようだが、その場合の行き先もビッグクラブのみに限定しているようだ。 2019.02.17 19:35 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース