FC東京アドバイザーで元日本代表監督の石井義信氏が死去…享年792018.04.27 23:16 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC東京は27日、同クラブでアドバイザーを務めていた石井義信氏(享年79)の逝去を発表した。

▽石井氏は、東洋工業サッカー部として天皇杯、リーグ制覇などの獲得に貢献。現役引退後はフジタ工業クラブサッカー部(現・湘南ベルマーレ)で指揮を執り、数々のタイトルを獲得した。

▽1986~1987年には日本代表監督を歴任。その後は、Jリーグ創設にあたり中心人物として尽力するなど、FC東京をはじめ日本サッカー界の発展に大いに貢献した。

▽FC東京は公式サイトを通じてコメントを発表している。

「当クラブで2001年よりアドバイザーを務める石井義信が、2018年4月26日(木)に逝去いたしました(享年79)。在任中はチーム強化を中心に、クラブ運営全般に関する相談役として、長年にわたりクラブの発展にご尽力いただきました。また日本代表監督を務めるなど日本サッカーの発展にも大きく貢献いただきました。ここに謹んで哀悼の意を表します」

▽なお、FC東京は4月28日に行われる明治安田生命J1リーグ第11節の名古屋グランパス戦において、選手が喪章をつけてプレーすることを併せて発表している。

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京、GK権田の牙城崩せず鳥栖とゴールレスドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節のサガン鳥栖vsFC東京が20日にベストアメニティスタジアムで行われ、0-0で引き分けに終わった。 ▽ここまで3勝3分け8敗で17位につける鳥栖(勝ち点12)と、8勝3分け3敗で2位につけるFC東京(勝ち点27)が激突した。前節の浦和レッズ戦を0-0で引き分けて2試合無敗中の鳥栖は、その一戦から先発メンバーを3人変更。高橋祐治と池田、安庸佑に代えて福田と小野、ビクトル・イバルボを起用した。 ▽一方、前節の北海道コンサドーレ札幌戦を0-0で引き分けて6戦無敗中のFC東京は、その一戦から先発メンバーをチョン・ヒョンスに代えて丸山を起用した。 ▽試合は鳥栖が11分にチャンスを迎える。原川の左CKからゴール前の小野がシュート。しかし、GK林の好守にはばまれてしまう。 ▽一方のFC東京は13分、縦パスを受けたディエゴ・オリヴェイラがボックス手前から反転しながら右足を振りぬく。しかし、わずかにゴール右外へと外れた。 ▽その後、時間の経過とともに両者の球際は激しくなり、ヒートアップする場面も。そんな中、FC東京は39分、大森の右サイドからのクロスがファーサイドへ抜け、ボックス手前の太田がミドルシュートを放つ。シュートはゴール右へと飛んだものの、GK権田に防がれてしまう。 ▽後半に入っても鳥栖を押し込み続けるFC東京。51分、右サイドの室屋が味方とのパス交換でカットインし、ボックス右に走り込んだ永井とのワンツーでボックス内へ侵攻する。最後は左足でシュートを放つが、GK権田のファインセーブに遭う。 ▽守護神に助けられた鳥栖は63分、ボールを持ったビクトル・イバルボがボックス手前まで持ち込み、キープから右サイドに展開。最後はボックス手前やや右の原川が右足を振りぬくも、シュートはわずかにゴール左へと逸れた。 ▽上位キープへ勝利が欲しいFC東京は76分、ボックス手前でボールを持つと、ボックス左へ浮き球のスルーパス。これに田邉が反応して頭で合わせてゴール右を捉える。しかし、GK権田に左手で触られてしまい、ゴールとはならない。さらに82分にも左CKからディエゴ・オリヴェイラがヘディングシュートを放つが、右ポストに嫌われてしまう。 ▽FC東京は後半アディショナルタイムにも、田邉のスルーパスに抜け出した前田がGKとの一対一を迎えるも、GK権田の牙城を崩すことができず、そのままゴールレスで試合終了。FC東京はチャンスを決めきれなかったが、7戦無敗継続。一方の鳥栖は3試合負けなしをキープしている。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.20 17:10 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】堅守速攻バトル!得意にしているのはどちらの指揮官か《鳥栖vsFC東京》

▽20日、明治安田生命J1リーグ第15節が開催される。ベストアメニティスタジアムでは、サガン鳥栖vsFC東京が開催される。 <span style="font-weight:700;">◆似たスタイルも成績には差が</span> ▽現在3勝3分け8敗の勝ち点12で17位と降格圏に位置する鳥栖と、8勝3分け3敗の勝ち点27で2位につけるFC東京の対戦。互いに堅守速攻を持ち味としているが、結果には大きな開きがある。 ▽ホーム鳥栖を率いるマッシモ・フィッカデンティ監督にとって、今節は古巣対戦ともなる。別の位置付けとはなるが、互いに勝利を納めて中断期間に入りたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆降格圏を脱して中断期間へ</span>~サガン鳥栖~ ▽ここ2試合は1勝1分けと結果が出ている鳥栖。7連敗となかなか泥沼から脱せなかったものの、調子を上向きにして中断期間に入りたい。 ▽堅守速攻を継続してきた鳥栖だが、前節が今季リーグ戦初の無失点試合に。さらに、得点力不足に陥っており、結果が出なかった。FWビクトル・イバルボの負傷離脱の影響が多く、欠場していた第7節から第12節までは全敗。復帰してからの2試合で負けなしと考えれば、得点力以上に存在感の大きさがわかる。 ▽また、古巣対戦となるフィッカデンティ監督にとっては勝っておきたい相手だ。鳥栖の指揮官になってから、リーグ戦4試合で2勝2分けと負けなし。ホーム・ベアスタでは2勝と相性が良い。今回もホームゲームなだけに、しっかりと勝って中断期間に入りたい。 <span style="font-weight:700;">◆広島の背中を追いかけて</span>~FC東京~ ▽ここ6戦無敗。前節は3位の北海道コンサドーレ札幌との上位対決をゴールレスドローで終え、2位を守った。 ▽直近3試合は全て無失点と守備陣も安定感を見せている。得点を奪えれば勝てる状況にあり、開幕戦の浦和レッズとの1-1のドローを除いて、勝てなかった試合は全て無得点。攻撃陣がカギを握ることになるだろう。 ▽フィッカデンティ監督率いる鳥栖との相性が良くないFC東京だが、長谷川健太監督は苦手にしていない。ガンバ大阪時代に4度フィッカデンティ監督率いる鳥栖と戦い、3勝1敗。現在は3連勝中だ。チームは変わったとはいえ、鳥栖攻略法は分かっているだろう。2位をキープして中断期間に入りたい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆サガン鳥栖</span>[4-3-1-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180519_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:権田修一 DF:小林祐三、キム・ミンヒョク、チョン・スンヒョン、吉田豊 MF:高橋義希、高橋秀人、原川力 MF:小野裕二 FW:安庸佑、田川亨介 監督:マッシモ・フィッカデンティ ▽前線の選手が定まらない鳥栖だが、2トップはFW田川亨介の相棒にMF安庸佑が入ると予想する。中盤の3枚は義希、秀人のW高橋に原川が並び、FW小野裕二がトップ下に入るだろう。センターバックはロシア・ワールドカップに向けた韓国代表に選出されたDFキム・ミンヒョクとチョン・スンヒョンが組むだろう。 <span style="font-weight:700;">◆FC東京</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180519_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:室屋成、森重真人、丸山祐市、太田宏介 MF:大森晃太郎、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 ▽FC東京も大きなメンバー変更はなし。前節の北海道コンサドーレ札幌戦で復帰した韓国代表DFチャン・ヒョンスは同試合で負傷し、今節は再び欠場となる見込み。代役はDF丸山祐市となるだろう。2トップはFWディエゴ・オリヴェイラ、FW永井謙佑となるだろう。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">鳥栖vsFC東京をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF安庸佑</span>(サガン鳥栖)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180519_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽鳥栖の注目選手は好調を維持するMF安庸佑だ。ここ3試合連続で先発出場を果たすと、第12節、第13節と連続ゴールを記録。チームの浮上とともに結果も残している。攻撃陣の停滞が続く中で、チームに勢いをもたらせる安庸佑。テクニカルなプレーでのチャンスメイクも含めて上位の守備陣に風穴を開けたい。 <span style="font-weight:700;">◆MF東慶悟</span>(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180519_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽FC東京の注目選手はMF東慶悟だ。左サイドで起用されている東だが、攻撃面だけでなく守備面での貢献度も高い。攻守にわたる献身性から、今季はすでに3ゴールを記録。充実した日々を送っているはずだ。長谷川サッカーにとって重要なポジションであるサイドアタッカーとして、チームの2位キープに貢献したい。 <span style="font-weight:700;">◆堅守速攻で相手を仕留めるのは</span> ▽降格圏を抜け出したい鳥栖、独走する広島を追うFC東京。立場が違えど、標榜するサッカーは似ている。しっかりとしたブロック、粘り強い対人守備から、一気に加速するカウンターが魅力だ。 ▽鳥栖は若き快速FW田川、FC東京はJ屈指のスピードを持つFW永井と、前線にスピードを持った選手を擁する。また、チーム全体としての運動量も多く、タフな試合となるだろう。サイドの攻防も特徴としているだけに、注目が集まる。 ▽勝利を収め良い形で中断期間に入るのはどちらのチームか。試合は20日(日)の15時にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">鳥栖vsFC東京をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.19 23:00 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京MF鈴木喜丈、左ヒザ関節離断性骨軟骨炎で手術…全治約10カ月

▽FC東京は14日、MF鈴木喜丈(19)が左ヒザ関節離断性骨軟骨炎で8日に埼玉県内の病院にて手術を受けたことを発表した。全治は約10カ月。 ▽東京都出身の鈴木は、2017年にFC東京U-18からトップチームに昇格。今シーズンはU-23チームとしてここまで明治安田生命J3リーグで5試合に出場していた。 2018.05.14 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

飛躍の中島翔哉、完全移籍でポルティモネンセへ!…FC東京が発表

▽FC東京は14日、日本代表FW中島翔哉(23)がポルティモネンセに完全移籍することを正式発表した。 ▽東京ヴェルディでプロキャリアをスタートさせた中島は、2014年にFC東京入りを果たすと、そのまま期限付き移籍でカターレ富山へ。同年8月にFC東京に復帰した。そして、昨年夏からポルティモネンセに期限付き移籍。海外挑戦1年目ながら公式戦32試合10ゴール12アシストの好成績を残した。 ▽その活躍により、日本代表にも選出された中島。古巣FC東京の発表を受け、次のようにコメントしている。 「この度、ポルトガルのポルティモネンセに完全移籍することになりました。FC東京では素晴らしいチームメイト、スタッフ、ファン・サポーターの方々とともにサッカーをすることができてとても幸せでした。チームとしてタイトルを獲るという目標は達成できませんでしたが、FC東京でプレーし、多くのことを学び、成長できたことにとても感謝しています。これからも精一杯サッカーを楽しんでいきたいと思います! ありがとうございました」 2018.05.14 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

白熱の上位対決は互いに譲らず! 3位・札幌にドローもFC東京が6戦無敗で2位キープ!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第14節のFC東京vs北海道コンサドーレ札幌が13日に味の素スタジアムで行われ、0-0で引き分けに終わっている。 ▽ここまで8勝2分け3敗で2位につけるFC東京(勝ち点26)と、7勝4分け2敗で3位に位置する札幌(勝ち点25)の一戦。前節の川崎フロンターレとの多摩川クラシコを2-0で勝利して直近5試合を4勝1分けと好調を維持しているFC東京は、その一戦から先発メンバーを2人変更。丸山と田邉に代えてチャン・ヒョンスと大森を起用した。 ▽一方、前節のガンバ大阪戦を2-0で勝利して10試合無敗中の札幌は、その一戦から先発メンバーを1人変更。出場停止の三好に代えて負傷から復帰したジェイを起用した。 ▽首位猛追へ負けられない両者の一戦。試合は2分にアウェイの札幌がいきなりFC東京ゴールに迫る。2分、中盤でセカンドボールに反応した深井がダイレクトで相手最終ラインの背後へ。ジェイが抜け出してGK林といきなり一対一を迎えたが、シュートはわずかにゴール右外へと外れた。 ▽対するFC東京は9分、左サイドでのパス周りから太田がボックス左外からクロス。ニアサイドで永井が頭で合わせたが、シュートはゴールの上を通過した。 ▽序盤から激しく繰り広げられる攻防。そんな中、FC東京は29分にカウンターから大森が相手最終ラインの裏へスルーパスを送る。これに快速を飛ばしてボックス内に走り込んだ永井がゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定が下される。 ▽一方の札幌は35分、敵陣中央左からジェイがボックス左に浮き球を供給。走り込んだ菅が胸トラップから左足でシュートを放ち、こぼれ球を都倉が押し込むも、菅が胸トラップの際に手が当たっていたのを主審がしっかりと見逃さず、ハンドの判定が下された。 ▽ゴールレスで試合を折り返すと、前半終了間際から押し込んでいたFC東京が札幌を押し込む。51分、ボックス右外の室屋がボックス右にパスを送る。東が走り込んで中央へ折り返し、最後は永井がニアサイドで合わせるも、ゴール右外へと外れた。さらに53分、カウンターから東の縦パスを受けた永井が右サイドのオープンスペースに展開。これに受けた室屋が独走してボックス中央に侵攻してGKとの一対一を迎えたが、GKク・ソンユンの好守に阻まれた。 ▽ややFC東京の勢いに押されかけている札幌は63分、ボックス右手前でFKを獲得。キッカーの福森が左足を振りぬいてゴール左隅を狙うも、GK林に弾かれた。 ▽互いに譲らない試合展開が続く。ホームのFC東京は75分、太田の左CKにニアサイドにフリーで飛び込んだ高萩がヘディングシュート。しかし、シュートはわずかにゴール右へ。その後もホームチームが数多く敵陣に侵攻したものの、疲労からか最後のところで崩しきれず。 ▽試合終盤にこそ札幌が立て続けにゴールを脅かしたものの、激しい攻防は最後までスコアが動かずゴールレスドローで終了。ホームのFC東京は勝ちきれずも6戦無敗で2位をキープ。一方の札幌は11戦無敗も2位浮上とはならなかった。 2018.05.13 18:00 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース