大分DF山口真司、右ヒザ外側側副じん帯損傷で全治8週間2018.04.26 16:21 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽大分トリニータは26日、DF山口真司が大分市内の病院で検査を受け、右ヒザ外側側副じん帯損傷と診断されことを発表した。全治は受傷日から8週間とのこと。

▽クラブの発表によると、山口は23日のトレーニングマッチ中に負傷。今後は経過を見ながらリハビリを開始することを伝えている。

▽山口真司は2015年にヴィッセル神戸U-18からトップチームに昇格。2016年8月から同年12月まで一度期限付き移籍で大分に加入していた山口は、2018年に2度目の期限付き移籍で加入。しかし、今シーズンはここまで公式戦での出場はない。

コメント

関連ニュース

thumb

森本恩返し弾で千葉撃破の福岡が今季初の連勝! 新潟vs大宮は大宮に軍配! 劇的勝利の大分が首位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第10節の7試合が22日に各地で行われた。 ▽レベルファイブスタジアムで行われたアビスパ福岡vsジェフユナイテッド千葉は、ホームの福岡が3-1で快勝した。 ▽昨季J1昇格プレーオフに出場したチーム同士の一戦。直近3戦負けなしで7位の福岡(勝ち点15)と、前節FC町田ゼルビアを相手に連敗をストップした16位千葉(勝ち点10)の試合は開始早々に動く。3分、ボックス内で松田がDF近藤に倒されてPKを獲得。これを古巣対戦の森本が冷静に決め切った。しかし、千葉も失点直後の5分にラリベイの落としを受けた船山が左足のシュートをゴール右隅に決めて3試合連続ゴール。早々に試合を振り出しに戻した。 ▽その後は相手のハイラインの裏を効果的に突く福岡がユ・インスを起点に再三の決定機を作り出すと、30分には鈴木の右CKを中央で篠原が競ったこぼれ球をDFエベルトが痛恨のクリアミス。自軍のゴールに頭で流し込んでしまった。福岡の1点リードで折り返した試合は後半も立ち上がりの47分に動く。鈴木のフィードに抜け出した森本が右サイドからそのままボックス内に持ち込んでこの試合2点目を奪い、福岡がリードを2点に広げた。何とか追いつきたい千葉はラリベイを下げて古巣対戦の為田を投入するなど、反撃を試みるが最後まで相手ゴールをこじ開けられず。森本の古巣恩返し弾で快勝の福岡が今季初の連勝。一方、千葉は今季アウェイゲーム5試合で全敗とまたしても内弁慶解消とはならなかった。 ▽デンカビッグスワンスタジアムで行われたアルビレックス新潟vs大宮アルディージャは、アウェイの大宮が1-0で勝利した。 ▽昨季のJ1リーグで17位の新潟と最下位の大宮による降格チーム同士の注目対決。リーグ戦3連敗で13位に低迷する新潟(勝ち点11)と、直近2敗1分けで19位の大宮(勝ち点8)が4試合ぶりの勝利で浮上のキッカケを探る一戦は、立ち上がりからアウェイの大宮ペースで進む。開始直後にはボックス付近に持ち込んだ大前が右足シュートを放つが、これはクロスバーを叩いた。その後もロビン・シモヴィッチを起点に押し込む大宮は大前やシモヴィッチに決定機が訪れるも、GKアレックス・ムラーリャがことごとく好守で阻み、前半はゴールレスで終了した。 ▽それでも、後半も攻勢を見せる大宮は立ち上がりの48分にボックス手前の好位置でFKを獲得。これを名手・大前がゴール左隅の絶妙なコースに直接突き刺し、2試合連続ゴール。待望の先制点を手にした。その後は反撃を試みる新潟が今季リーグ初先発のターレスを軸に相手ゴールに迫るも、ターレスのゴールがオフェンスファウルで認められないなど、なかなか決定機を作れない。対する大宮は鋭いカウンターから幾度か2点目のチャンスを得るも、シモビッチや大前、マテウスらが決め切れない。しかし、粘り強い守備で逃げ切った大宮が今季アウェイ初勝利で4戦ぶりの白星を手にした。一方、新潟は泥沼の4連敗となった。 ▽また、石川県西部緑地公園陸上競技場で行われたツエーゲン金沢vs大分トリニータはアウェイの大分が1-0で勝利した。この結果、大分が首位に浮上した。 ▽10位の金沢(勝ち点12)のホームに乗り込んだ2位の大分(勝ち点18)だが、安定した守備と鋭いカウンターを繰り出すホームチーム相手に苦戦。前半をゴールレスで終えた。後半も一進一退の攻防が続く中、徐々に相手を押し返す金沢がボックス付近で決定機を作り出すが、ボックス内でのハンドやファウルに対して主審がなかなか笛を吹かず、ゴールをこじ開けられない。すると、試合終了間際の93分にはボックス左で仕掛けた星のマイナスの折り返しを丸谷がダイレクトシュート。これが相手DFにディフレクトしてゴール右に決まり、大分が丸谷の移籍後初ゴールで劇的な形で勝利。前日に引き分けたファジアーノ岡山を得失点差で振り切り、首位に浮上した。 ▽その他の試合では4位FC町田ゼルビア(勝ち点16)と3位レノファ山口(勝ち点17)の上位対決は、アウェイの山口が2-1で勝利した。高木と小野瀬のゴールで競り勝った山口は2試合ぶりの勝利で3位キープに成功した。一方、杉森の移籍後初ゴールで一矢報いるも敗れた町田は今季初の連敗となった。 ▽さらに徳島ヴォルティスvsカマタマーレ讃岐の“東四国クラシコ”は、アウェイの讃岐が1-0で勝利。J2昇格後初めて四国勢とのダービーを制した讃岐は8戦ぶりの白星で20位に浮上し、最下位脱出に成功した。 ◆明治安田生命J2リーグ第10節 結果 ▽4/22(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 3</span>-1 ジェフユナイテッド千葉 アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大宮アルディージャ</span> 横浜FC 0-0 栃木SC ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大分トリニータ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 モンテディオ山形 徳島ヴォルティス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 カマタマーレ讃岐</span> FC町田ゼルビア 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 レノファ山口FC</span> ▽4/21(土) 京都サンガF.C. 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-0 水戸ホーリーホック 愛媛FC 0-0 ヴァンフォーレ甲府 ファジアーノ岡山 0-0 FC岐阜 2018.04.22 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

昨季限りで大分を退団した元日本代表MF山岸智がVONDS市原に加入

▽関東サッカーリーグ1部のVONDS市原は11日、元日本代表MF山岸智(34)の加入を発表した。 ▽山岸は、ジェフユナイテッド千葉のユース出身で、トップチームに昇格。その後は、川崎フロンターレ、サンフレッチェ広島、大分トリニータでプレー。昨シーズン限りで退団していた。 ▽また、2006年から2008年にかけては日本代表にも選出された経験がある。山岸はクラブを通じてコメントしている。 「初めまして! 大分トリニータから来ました山岸智です。自分の今までの経験を若いチームに伝え、JFL昇格に向けて頑張っていきたいと思っていますので、是非応援よろしくお願いします!」 「ボンズに関わる全ての皆様と力を合わせて頑張っていきましょう。よろしくお願いいたします」 2018.04.11 17:07 Wed
twitterfacebook
thumb

大分、宮阪&馬場弾で今季初の連勝! 讃岐は4連敗で最下位脱せず…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第6節のカマタマーレ讃岐vs大分トリニータが25日にPikaraスタジアムで行われ、2-1で大分が勝利した。 ▽第5節終了時点で1勝4敗で最下位に沈む讃岐(勝ち点3)と、2勝1分け1敗で9位に位置する大分(勝ち点8)の一戦。試合は開始から攻勢に出る大分がまず最初にチャンスを作る。9分、宮阪からの右CKを中央の鈴木がヘディングシュート。ゴール左上にボールは向かうもGK清水のファインセーブに遭う。 ▽大分はさらに15分、右サイドの馬場からのクロスを星がファーサイドで左足を合わせる。しかし、ミートしきれずゴール前でワンバウンドしたボールがゴール上外へと外れた。 ▽ここまでなかなか大分を脅かすことができない讃岐。すると大分が一瞬の隙を突いたゴールで先制に成功する。32分、自陣中央で味方が倒されてFKを獲得。するとボールに近寄った宮阪が、GK清水が前に出ていたのを見逃さずに右足を思い切り抜く。不意を突いたボールはGK清水に触られたが、ゴールへ吸い込まれた。 ▽1-0で試合を折り返すと、61分に讃岐が同点に追いつく。ボックス手前へのこぼれ球を岡村がシュート。ゴール前右に待ち構えていた永田の足にボールが当たり、ゴール前左の原が反応してゴールへ押し込んだ。 ▽試合を振り出しに戻された大分。それでも67分、丸谷がボックス手前からシュート。これは相手DFに当たったが、ボックス内やや左へのこぼれ球を馬場が反転しながら右足でシュートを放ち、豪快にゴール左へ突き刺した。 ▽2-1と勝ち越しに成功した大分。79分にはドリブルでボックス付近まで侵攻した馬場のパスをボックス右で受けた伊佐がシュート。しかし、これを決め切ることができない。 ▽その後も最後まで攻勢を続けた大分は、終盤讃岐に反撃の時間を与えずそのまま試合終了。アウェイの大分が今季初の連勝を飾った。一方の讃岐は4連敗で最下位を脱することができなかった。 2018.03.25 16:11 Sun
twitterfacebook
thumb

大分、首位・水戸の堅守を打ち砕き今季ホーム初白星!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第5節の大分トリニータvs水戸ホーリーホックが21日に大分銀行ドームで行われ、3-1で大分が勝利した。 ▽第4節終了時点で1勝2分け1敗で11位につける大分(勝ち点5)と、3勝1分けで首位を走る水戸(勝ち点10)の一戦。3試合ぶり白星を目指す大分は、今シーズン初先発となる林と馬場を起用し、2試合連続無得点と不調が続く攻撃陣に変化を加えた。一方、首位キープを目指す水戸は、チーム得点王のジェフェルソン・バイア―ノをベンチからのスタートに。田向がJ2通算100出場を達成した。 ▽試合はホームの大分が、今シーズン好スタートをきっている水戸を立ち上がりから押し込む。すると大分は10分、松本が敵陣中央右からアーリークロスを供給。ボックス手前で後藤のトラップしたボールがゴール前右に転がり、反応していた馬場と相手DF、飛び出した松井と混戦に。こぼれ球を拾った後藤が冷静にゴールへ押し込んで大分が先制に成功する。 ▽先制点を許した水戸は直後に苦しいアクシデント。先発出場でメモリアルを達成した田向が足を痛めて負傷交代を余儀なくされる。これを契機に大分に追加点。24分、右サイドから馬場、後藤、林とつなぎ、ボールはボックス左手前の星へ。ドリブルで中央へ切れ込み、右足を振り抜くとボールはゴール右上隅へと吸い込まれた。 ▽2点ビハインドとなり、首位キープへ嫌な雰囲気が漂う水戸。しかし29分、ドリブルで右サイドを持ち上がった黒川がボックス右にスルーパスを送る。走り込んだ宮本が右足を振り抜いてGK高木のニアサイドを射抜き、1点差に詰め寄る。 ▽2-1で試合を折り返すとリードを広げたい大分は51分、右CKからボックス中央の鈴木がヘディングシュートを放つも枠を捉えきれず。一方、追う立場の水戸は攻勢を強めるものの、ボックス付近で相手の粘りのディフェンスを崩し切れず、同点ゴールが遠い。 ▽すると大分は63分、ハーフウェイライン付近でボールを奪った後藤がドリブルで持ち上がる。右サイドでパスを受けた松本がボックス右に侵攻してクロスを供給し、最後はニアサイドに走り込んだ林が右足で合わせて3-1とリードを広げる。 ▽苦しい状況となった水戸は70分、黒川に代えてチーム内得点王のジェフェルソン・バイアーノを投入する。ジェフェルソン・バイア―ノをターゲットにした攻撃と、ジエゴのロングスローからゴールを目指したが、最後までゴールネットを揺らすことが出来ずに試合終了。3-1で勝利した大分は今季ホーム初白星で2勝目を挙げた。一方の水戸は今季初黒星を喫した。 2018.03.21 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

大分DFイム・スンギョムが開幕前に負傷離脱

▽大分トリニータは17日、DFイム・スンギョムの負傷を発表した。 ▽イム・スンギョムは12日のトレーニング中に負傷。右大腿四頭筋の肉離れで受傷日より全治4〜6週間の見込みだという。 ▽22歳のイム・スンギョムは2017年夏に高麗大学校から名古屋グランパスに加入。今シーズンから期限付き移籍で大分に活躍の場を移していた。 ▽大分は、25日に開幕する明治安田生命J2リーグ第1節で栃木SCとのアウェイ戦に臨む。 2018.02.17 10:05 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース