「皆の前で本人の言葉が聞きたい」...ネイマールの振る舞いにデュガリー氏が苦言2018.04.26 11:59 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールの振る舞いに、元フランス代表のクリストフ・デュガリー氏が苦言を呈している。

ネイマールは昨夏、バルセロナからPSGに移籍。PSGは同選手とバルセロナの契約を解除するため、契約解除金2億2200万ユーロ(約290億円)を支払った。ただ、PSG加入後1年も経っていないがネイマールの移籍のうわさは絶えず、スペインではレアル・マドリーからの関心が盛んに報じられている。

デュガリー氏は『RMC』で「私はネイマールにお願いをしたい。皆の前で発言してほしい。周囲の人が彼を話題にするのに飽き飽きとしている。彼の言葉が聞きたいんだ。パリ・サンジェルマンに残るかどうか。彼の父親の言葉など必要ない。発言をすべきはネイマールだ。ここまでは、第三者が発言してきた。ネイマールの名前を使ってね」と語った。

ネイマールはバルセロナ退団時にも、メディアの報道が過熱するなかで沈黙を貫いていた。最終的には移籍も残留も明言しないまま、移籍のためにメディカルチェックを受け、パリでの入団会見に臨んだ。デュガリー氏はそういった過ちが繰り返されないためにネイマールの姿勢を非難しているようだ。


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース