武藤途中出場のマインツは敵地で連勝ならず… 勝利のアウグスブルクは1部残留を決める《ブンデスリーガ》2018.04.23 00:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FW武藤嘉紀の所属するマインツは22日、ブンデスリーガ第31節でアウグスブルクと対戦し、0-2で敗戦した。武藤は79分からプレーしている。

▽前節のフライブルク戦で7試合ぶりに勝ち点3を獲得した15位マインツ(勝ち点30)が、11位アウグスブルク(勝ち点37)のホームに乗り込んだ一戦。太ももの負傷で3試合ベンチ外だったマインツの武藤はベンチスタートとなった。

▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防が展開される中、先にチャンスを迎えたのはホームチームだった。29分、リヒターのパスをボックス中央手前で受けたフィンボガソンが相手DFを引き付け、ノールックでボックス左にパス。これを受けたグレゴリッチュがプレスに来た相手DFを冷静にかわし、ゴール右隅にシュートを流しこんだ。

▽先制点で勢いづくアウグスブルクは、32分にもヒンテレッガーのロングフィードを右サイドのスペースで受けたシュミットが折り返しを供給すると、ニアサイドに走り込んだリヒターがヒールシュートで合わせたが、これはGKアトラーが好セーブで凌いだ。

▽迎えた後半も、先にチャンスを迎えたのはアウグスブルクだった。50分、ドリブルで持ち上がったリヒターのラストパスを受けたボックス中央で受けたフィンボガソンが飛び出したGKをチップキックでかわすも、これは守備に戻ったラツァにクリアされた。

▽反撃に出たいマインツは53分、ペナルティアーク左でボールを受けたセルダーが強烈なミドルシュートでアウグスブルクゴールに迫るも、これは枠の左に外れる。同点ゴールを狙うマインツは、51分にウジャー、68分にマキシム、79分に武藤と攻撃的な選手を投入した。

▽すると88分、中盤でボールを受けたガバミンがロングボールをゴール前に供給。これを武藤はヘディングで合わせたが、ボールはGKヒッツのセーブに防がれた。

▽その後も前がかりになってゴールを目指すマインツだったが、後半アディショナルタイムにロングカウンターからフィンボガソンにダメ押し弾を決められてしまい万事休す。

▽その直後に試合はタイムアップを迎え、マインツは0-2で敗戦。一方、5試合ぶりの勝利を飾ったアウグスブルクは、勝ち点を40に伸ばし、1部残留を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

フル出場の久保が見せ場を作るもニュルンベルク、マインツに1-1ドロー《ブンデスリーガ》

▽ニュルンベルクは1日、ブンデスリーガ第2節でマインツをホームに迎え、1-1で引き分けた。ニュルンベルクのFW久保裕也はフル出場している。 ▽開幕節のヘルタ・ベルリン戦で早速フル出場デビューを飾ったニュルンベルクの久保は、引き続き[4-1-4-1]の左サイドで先発となった。 ▽試合は開始6分、CKの流れからマルグリッターがヘディングシュートを浴びせてニュルンベルクがまずはゴールに迫る。対するマインツも8分、CKからマテタのヘディングシュートでニュルンベルクのゴールを脅かした。 ▽一進一退の攻防で立ち上がる中、ニュルンベルクは15分にリーボルドがミドルシュートを放ったが、惜しくも枠の右に外れる。すると25分、マインツに先制を許す。左クロスをマテタにヘッドで決められた。 ▽1点ビハインドで迎えた後半開始3分、ニュルンベルクは右CKのサインプレーからボックス中央でフリーとなったイシャクがゴール右に蹴り込み、試合を振り出しに戻した。 ▽57分にも左クロスからイシャクがボレーシュートを浴びせたニュルンベルクが攻勢に出ると、63分には久保がペナルティアーク中央から右足トゥキックで狙うが、枠の右を捉えたシュートはGKにセーブされる。 ▽その後もミドルシュートで圧力をかけたニュルンベルクは76分、久保がボックス右でうまくDFを交わしてラストパスを送り、ローヴェンがシュートに持ち込むも、ここもGKにセーブされた。 ▽終盤の88分にはボックス右でDFを交わした久保が左足でシュートを放つも枠の右に外れ、1-1のままタイムアップ。ニュルンベルクは勝ち点1を得るにとどまった。 2018.09.02 00:49 Sun
twitterfacebook
thumb

エイバル、武藤元同僚MFパブロ・デ・ブラシスを獲得

▽エイバルは30日、アルゼンチン人MFパブロ・デ・ブラシス(30)をマインツから獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月までの2年間となる。 ▽デ・ブラシスは29日にメディカルチェックを通過。エイバルは、ウィングを主戦場とするこの身長165cmの小兵を、ボールコントロールにと献身性に優れていると評し、獲得を喜んでいる。 ▽デ・ブラシスは、2014年8月にギリシャのアステラス・トリポリスからマインツに入団。昨シーズンは、公式戦28試合に出場し5ゴール4アシストの成績を収めていた。 2018.08.30 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

マインツ、元マドリーMFホセ・ロドリゲスがオランダへレンタル移籍

▽マインツは28日、スペイン人MFホセ・ロドリゲス(23)が今シーズン終了までエールディビジのフォルトゥナ・シッタートにレンタル移籍することを発表した。 ▽レアル・マドリー下部組織出身のホセ・ロドリゲスは、マドリーでは公式戦通算4試合に出場し1得点を記録。その後、デポルティボへのレンタル移籍を経て2015年7月には、フリートランスファーでガラタサライへ加入した。 ▽その翌年にマインツに完全移籍で加入するもトップチームで思うように出場機会を得られず、2シーズン連続でマラガとマッカビ・テル・アビブへレンタル移籍に出されていた。 2018.08.29 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

マインツがフェイエノールトからFWボエティウスを完全移籍で獲得

▽マインツは27日、フェイエノールトから元オランダ代表FWジャン=ポール・ボエティウス(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年までの4年間となる。 ▽ボエティウスは、フェイエノールトの下部組織出身で、2013年1月にトップチームへ昇格。2015年8月にバーゼルへと完全移籍していた。 ▽2017年1月からはヘンクへとレンタル移籍し、同年7月にフェイエノールトへ復帰。2017-18シーズンは、エールディビジで28試合に出場し6ゴール7アシストを記録。チャンピオンズリーグでも6試合に出場していた。 2018.08.28 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

マインツ、エスパニョールの左SBアーロンを買い取りOP付きレンタルで獲得

▽マインツは6日、エスパニョールのU-21スペイン代表DFアーロン・マルティン(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽エスパニョールの下部組織出身であるアーロンは、U-16からU-21までスペイン代表に選出されてきた左サイドバック。2016年10月にエスパニョールでトップチームデビューを飾り、これまで公式戦66試合に出場。昨季はリーガエスパニョーラ32試合に出場し、主力としてプレーしていた。 ▽マインツでは左サイドバック兼センターバックのフランス人DFアブドゥ・ディアロがドルトムントへ移籍していた。 2018.08.07 05:14 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース