浦和、オリヴェイラ体制発表…大槻毅前暫定監督はトップチームヘッドコーチに就任2018.04.22 14:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽浦和レッズは22日、オズワルド・オリヴェイラ監督の就任に伴い、トップチーム・育成の新体制を発表した。▽明治安田生命J1リーグで5試合未勝利と開幕スタートに失敗した浦和は2日に堀孝史監督と天野賢一ヘッドコーチを解任。後任として暫定的に育成ダイレクター兼ユース監督を勤めていた大槻毅氏が就任し、上野優作ユースコーチがトップチームコーチに就任していた。

▽そんな中、かつて鹿島アントラーズでJリーグ史上初となるリーグ3連覇を達成したオズワルド・オリヴェイラ氏の就任が19日に決定。大槻体制ラストマッチとなった21日のJ1第9節・北海道コンサドーレ札幌戦ではゴールレスドローで終えたものの、公式戦6試合無敗(4勝2分け)でオリヴェイラ氏にバトンタッチすることとなった。

▽今回の新体制については以下の通り。

【トップチーム】
監督 オズワルド・オリヴェイラ
ヘッドコーチ 大槻 毅
ヘッドコーチ ルイス・アルベルト・シルバ
コーチ 池田伸康
コーチ 小坂雄樹
GKコーチ 土田尚史
フィジカルコーチ ウェイリントン
コーチ(分析) 山田栄一郎

【育成】
育成ダイレクター 上野優作

◆ユース
監督 上野優作
コーチ 石栗 建
コーチ 工藤輝央
コーチ 末藤崇成
GKコーチ 安藤智安
アスレチックトレーナー 大澤 真

◆ジュニアユース
監督 吉田 靖
コーチ 城定信次
コーチ 内舘秀樹(ジュニアアカデミー兼務)
コーチ 金生谷 仁
GKコーチ 杉尾一憲
スカウト担当/コーチ 名取 篤
スカウト担当/コーチ 田畑昭宏
アスレチックトレーナー 飯園翔太

◆ジュニア
監督 村松 浩
コーチ 酒井友之
コーチ 土橋正樹
トレーナー 入江美友梨

コメント

関連ニュース

thumb

板倉弾の仙台と橋岡プロ初弾の浦和…勝ち点同数対決は痛み分け《J1》

▽7日にユアテックスタジアム仙台で行われた明治安田生命J1リーグ第29節のベガルタ仙台(勝ち点41/8位)vs浦和レッズ(同41/6位)は、1-1のドローに終わった。 ▽2連敗中の仙台は、5失点の敗戦を喫した前節の横浜F・マリノス戦から奥埜と富田に代えて、梁勇基と椎橋を起用。今シーズン2度目の連勝でACL争いに殴り込みの浦和は、先の柏レイソルと同じ11名をスタメンに並べた。 ▽試合は、ホーム5連勝を目指す仙台が立ち上がりからボールの主導権を握りにかかる。だが、より効率的にゴールに迫ったのは浦和。セットプレーや柏木のパスからシュートの形を作っていき、一進一退の攻防に持ち込む。 ▽その中で、24分に均衡が破れる。左サイドの長澤がルックアップから最終ラインの背後にクロス。猛進の橋岡が頭で合わせると、これが前がかった相手GKの頭上を越えてゴールマウスに吸い込まれ、浦和が先制に成功する。 ▽橋岡にプロ初得点を許した仙台。その後も劣勢が続くが、40分に敵陣左サイドで得たFKのチャンスを生かす。野津田のクロスにニアサイドの板倉がヘット。これがゴールに決まり、攻めあぐね続けてきた仙台が追いつく。 ▽リードを失った浦和は迎えた後半、立ち上がりから仙台の勢いにある攻めに我慢の時間が続く中、60分にアクシデント。野津田のシュートブロックに入った青木がプレーに戻れず、阿部勇樹との負傷交代を強いられる。 ▽後半の半ばもじりじりした展開の中、仙台は梁、阿部拓馬に代えて、奥埜、ハモン・ロペスを立て続けに投入。一方、受けの回る浦和も興梠を下げてアンドリュー・ナバウトをピッチに送り込み、攻撃の活性化を図る。 ▽続く84分、それぞれ最後の交代枠で永戸、柴戸を投入した両クラブだが、最後まで勝ち越しゴールは生まれず、痛み分けで終了。両者の一戦は、ともにACL出場権獲得に向けて手痛い結果に終わった。 2018.10.07 15:07 Sun
twitterfacebook
thumb

大逆転負けも…ニューカッスル監督が武藤嘉紀ら攻撃陣を評価「最高のプレーだった」

ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督は、逆転で敗れはしたものの選手たちを称賛した。<br><br>6日に行われたプレミアリーグ第8節で、ニューカッスルは敵地でマンチェスター・Uと対戦。ニューカッスルは、開始早々にケネディと武藤嘉紀が得点を挙げて早々と2点のリードを奪ったが、その後マンチェスター・Uの反撃にあい、2-3で逆転負けを喫した。<br><br>今シーズンここまで勝利のないニューカッスルにとって、念願の初勝利に向けて大きく近づいていただけにこの敗戦のショックは大きなものに。しかし、ベニテス監督はトップ6のマンチェスター・Uを最後まで苦しめ続けた選手をイギリス『BTスポーツ』で称えた。<br><br>「最高の試合だった。前半は特に良く、逆転を許した後半でさえも良かったし、カウンターアタックからあと2、3点を奪えるチャンスもあった。あのような形で失点し、そのままタイムアップを迎えたことを悲しく思う。それでも、選手たちには最高のプレーだったと話した」<br><br>また、移籍後初めてプレミアリーグで先発出場を飾り、得点を決めた武藤ら攻撃陣を評価している。<br><br>「90分間良いパフォーマンスを続けられなかったことにがっかりしている。しかし、前半は本当に良く、あと1点や2点を奪える可能性があった。それにいくつかのポジティブな要素も光った」<br><br>提供:goal.com 2018.10.07 13:30 Sun
twitterfacebook
thumb

代表のチーム作りに貢献を誓うDF槙野智章は浦和での活躍を口に「まずはACL出場権獲得へ」《キリンチャレンジカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は4日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 ▽浦和レッズのDF槙野智章は、12日(金)にデンカビッグスワンスタジアム(新潟)でパナマ代表と、16日(火)に埼玉スタジアム2002(埼玉)でウルグアイ代表と対戦する日本代表に招集。「日本代表の強化に貢献する」と語るとともに、浦和での活躍にも意気込んだ。 「日本代表に選出いただき、大変うれしく思います。いまは立ち上げてチームのベースを作っていく段階だと思いますが、代表チームをさらに前に進めていけるよう貢献していきたいと考えています」 「ただ、まずはACL出場権の獲得へ向けて大切なリーグ戦が控えています。アウェイの仙台戦で勝ち点3を挙げられるよう、しっかりと準備を進めます。引き続き、応援をよろしくお願いします」 2018.10.04 15:02 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和3連勝! ACL出場権争いに名乗り 柏は自動降格圏17位に転落《J1》

▽30日に埼玉スタジアム2002で行われた明治安田生命J3リーグ第28節の浦和レッズ(勝ち点38/8位)vs柏レイソル(同30/17位)は、ホームの浦和が3-2で勝利した。 ▽2連勝で上昇気流に乗る浦和は、4-0で快勝した前節のヴィッセル神戸戦と同じ先発メンバーをチョイス。ここ3試合で白星なく、残留争いを強いられる柏は、小池がコンディション不良で欠場となり、同じく状態が芳しくない伊東をベンチに置き、亀川とオルンガを先発に起用した。 ▽試合は、序盤からホーム連戦の浦和がボールの主導権を握りにかかり、リトリートする柏を攻め立てる展開となる。中盤3センターの底に入る青木の攻撃参加や、橋岡と宇賀神の両サイドを使った仕掛けを見せるが、なかなか柏のゴールマウスを脅かすには至らない。 ▽立ち上がりから我慢の戦いが続く柏は29分、自陣左サイドでボールをインターセプトのクリスティアーノを起点にカウンター。ボックス左でクリスティアーノからボールを受けたオルンガが左足を思いっきり振り抜くが、枠に飛ばせず、先制のチャンスを逃してしまう。 ▽だが、次のチャンスをオルンガがしっかり仕留める。35分、カウンターから敵陣中央を駆け上がった瀬川が自身を追い越した江坂にパス。ボックス右から中央に江坂がグラウンダーのクロスを送ると、ゴール前のオルンガが押し込み、アウェイの柏が先制に成功する。 ▽嫌なムードが漂う浦和だが、失点からわずか3分後、右サイドの武藤がバイタルエリア中央に低い弾道のクロスを供給すると、これに反応した長澤の足下にラッキーな形でボールが収まる。そのままボックス右に侵攻した長澤の右足シュートが決まり、浦和がに追いつく。 ▽前半のうちに試合を振り出しに戻した浦和は、その勢いに乗じて逆転する。41分、興梠のプレッシングからこぼれ球を拾った武藤が前線にパスを供給。その流れで最終ラインを抜け出した興梠が相手GKの頭上を越す左足の技ありループシュートを沈め、浦和が勝ち越す。 ▽1点ビハインドの柏は、後半の入りからボールを動かしながら反撃。江坂や瀬川が積極的にゴールに向かう姿勢を見せる中で、53分にカウンターからオルンガが強烈な左足シュート。これがGK西川のファンブルを誘うが、瀬川のオフサイド判定もあり、モノにできない。 ▽それでも、59分に江坂を下げて伊東を投入した柏に瀬川が勝機を呼び込む。60分、スローインを受けたクリスティアーノが左サイドからゴール前にクロス。ボックス中央でフリーの瀬川がヘディングで合わせると、これがゴール左に決まり、浦和に追いすがる。 ▽リードを失った浦和も反撃に出るが、66分にボックス左からダイレクトで合わせた興梠の右足シュートは相手GKの手前でワンバウンドしてクロスバーを直撃。対する柏もその直後にサイドから仕掛けるが、伊東のクロスはクロスバーの外側に嫌われ、勝ち越しとはならない。 ▽激しさを増す中、浦和は73分に橋岡を下げて李、79分に長澤に代えて阿部を投入。すると、81分、ボックス左の武藤が左足でゴール前にクロスを送り、興梠が右足ワンタッチで合わせる。これがゴール左に吸い込まれ、浦和が再びリードする。 ▽なんとか勝ち点1でももぎ取りたい柏は山崎、手塚といった攻撃的なカードを切るが、浦和を攻略ならず。シーソーゲームをモノにした浦和がシーズン2度目の3連勝でACL出場権争いへ。2試合ぶりの黒星で4戦未勝利の柏は、自動降格圏17位に転落した。 2018.09.30 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

攻撃陣躍動の浦和、イニエスタ不在の神戸に4発快勝! …リージョ監督招へい準備中神戸は4連敗《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節の浦和レッズvsヴィッセル神戸が、23日に埼玉スタジアム2002で行われ、4-0で浦和が勝利した。 ▽9位・浦和(勝ち点35)は、2-1で勝利した前節の横浜F・マリノス戦からスタメンを1名のみ変更。マルティノスに代えて柏木を起用し、直接対決に臨んだ。 ▽リーグ3連敗中の8位・神戸(勝ち点36)は、1-2で敗北した前節のガンバ大阪戦からスタメンを6名変更。ティーラトン、アフメド・ヤセル、藤谷、アンドレス・イニエスタ、大槻、古橋に代えて、渡部、高橋、橋本、ルーカス・ポドルスキ、郷家、長沢を起用した。注目のイニエスタは欠場となった。 ▽チケットが完売し大観衆が詰めかけた試合はホームの浦和が優勢な入りを見せるが、5枚の最終ラインで対応する神戸の守備に苦しみなかなかシュートまで持ち込めない。 ▽浦和は19分にこの試合最初のビッグチャンスを迎える。左サイド高い位置でFKを獲得すると、キッカーの柏木が左足で精度の高いボールを供給。すると、ファーの槙野がドンピシャでヘディングシュートを放ったが、枠を左に外れた。 ▽神戸はここから徐々にディフェンスラインを上げて反撃を試みるが、その矢先に浦和がスコアを動かす。左サイドでボールを持った柏木のクロスが跳ね返されると、ボックス手前中央にボールがこぼれる。反応した青木が右足を振り抜くと、地を這うシュートがGKキム・スンギュの手を弾きネットを揺らした。 ▽前半中に追いつきたい神戸は、ポドルスキが低い位置まで降りてボールを捌きつつチャンスメイクを試みるが、落ち着いて対応する浦和のゴールを脅かすことはできず。31分には右サイドから藤田がロングスローを入れ長沢がボックス右深い位置からクロスを入れたものの、味方が合わせることはできずシュートに至らない。 ▽逆に、38分に浦和のカウンターが発動しボックス内左から柏木がシュートを放つなど、神戸にとって危うい時間が続く。 ▽すると42分、浦和の中盤で好パフォーマンスを発揮している柏木がエースの得点をお膳立てする。ボックス手前中央でボールを受けた柏木は、前を向くと左足を一振り。綺麗なバックスピンのかかったボールはボックス内でワンバウンドし、DF渡部の背後から飛び出した興梠が滑り込みつつ絶妙なタイミングで合わせ、リードを広げた。 ▽直後に前半が終了し、神戸は0-2のビハインドで残りの45分を迎えることに。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽後半に突入しても浦和が早々に神戸ゴールに迫る。53分、シュートのこぼれ球に対応したDF高橋がボックス右でボールコントロールをミスすると、チェックしていた武藤が奪取。そのまま角度がないところからループシュートを放ち、GKキム・スンギュの指先を掠めたボールがゴールに吸い込まれた。 ▽ボールを持たされるという様な展開が続く神戸は、54分に長沢に代えて古橋を投入。フォーメーションを[4-3-3]に変更し巻き返しを図っていく。 ▽直後には浦和の攻撃の時間が続いたものの、神戸は63分にチャンスを迎える。左CKの場面でキッカーの藤田がニアに上げると、ウェリントンが高い打点のヘディングシュートを放つ。しかし、枠を捉えることができず点差を縮めることはできない。 ▽76分、浦和の攻撃がまたしても火を吹く。ボックス右でルーズボールを拾った柏木が市度の高いクロスを供給すると、ゴール前にフリーで構えていたのは長澤。頭で合わせ、スコアを4-0とした。長澤にとってはこれが今シーズン初ゴールとなっている。 ▽結局、試合はこのままのスコアで終了。この結果、浦和はホームで連勝を飾った。吉田孝行前監督の後任にフアン・マヌエル・リージョ監督を招へいし、林健太郎アシスタントコーチが暫定指揮中の神戸は、手痛い4連敗を喫している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 20:00 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース