サンチェス&エレーラ弾で逆転! スパーズ撃破のユナイテッドが2季ぶり決勝へ《FA杯》2018.04.22 03:21 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FAカップ準決勝マンチェスター・ユナイテッドvsトッテナムが21日、ウェンブリーで行われ、2-1でユナイテッドが勝利した。この結果、ユナイテッドが決勝へ進出した。

▽準々決勝ではブライトンを退け、優勝した2015-16シーズンぶりに準決勝に進出したユナイテッド。プレミアリーグでは自らの敗戦からライバル・マンチェスター・シティの優勝をアシストしてしまったが、2シーズンぶりのFAカップ制覇に向けて、GKにデ・ヘア、センターバックコンビはジョーンズとスモーリング、中盤にマタやポグバ、前線にはサンチェス、リンガード、ルカクを並べた。

▽一方、2年連続での準決勝進出となったトッテナムはリーグ戦ここ2試合勝利無しと若干低調気味。今回の大一番には、GKにフォルム、ディフェンスラインにはD・サンチェスやトリッピアー、中盤の底はE・ダイアーとデンベレを並べ、前線ににはケイン。デレ・アリ、ソン・フンミンらをぶつけた。両チームにとって残りのリーグ戦に向けても調子を上げていきたい一戦だ。

▽2番目の優勝回数を誇るユナイテッド(12回)と、それに次ぐトッテナム(8回)が激突。開始間もなく、ケインがファーストシュートを放ったトッテナムはその勢いのままユナイテッドのゴールを強襲。対してユナイテッドも縦への推進力を前面に出し、両チームともテンション高く試合に入った。

▽すると10分、早くも試合が動く。最終ラインのD・サンチェスのロングボールで一気に右サイドを攻め込んだエリクセン。ディフェンスとGKの間にグラウンダーのクロスを入れると、トップスピードで飛び込んだデレ・アリがネットを揺らしてトッテナムが先制した。

▽この失点からひとつギアを上げたユナイテッドは24分、敵陣右サイドでデンベレからボールを奪うと、奪ったポグバがすかさずクロスを供給。このクロスにディフェンスの背後から飛び込んだサンチェスが頭で決めて、スコアを振り出しに戻した。

▽その後もチャンスを作った両者。前半アディショナルタイムにはE・ダイアーが左ポスト直撃のシュートを放つなど終始ゴールを匂わせる試合展開となった。

▽迎えた後半、互角の攻防を見せるユナイテッドとトッテナムは、まずはアウェイチームがチャンスを得る。58分、敵陣中央のエリクセンから左のソン・フンミンにボールが渡ると、ソン・フンミンはこれをダイレクトでゴール前のケインへ。ケインはキックフェイントをひとつ入れてシュートに持ち込むが相手に当たり枠を外れてしまう。

▽そんな中、次に試合を動かしたのはユナイテッドだった。62分、後方からのロングボールをルカクが潰れてサンチェスに繋げると、ボックス左からクロスを選択。グラウンダーのクロスをルカクが触ってコースを変えリンガードがややスルー気味に見送ると、ファーサイドのエレーラがダイレクトで蹴り込みユナイテッドに逆転弾をもたらした。

▽その後68分にB・デイビスを下げてルーカス・モウラを投入したトッテナムは、73分にエリクセンが敵陣中央から強烈な左足のシュートを浴びせるが、わずかに枠の右に逸れる。

▽試合も後半アディショナルタイムに入り、トッテナムはD・サンチェスを前線に上げるパワープレーを敢行。だが、その隙を突かれルカクにカウンターでゴール前まで運ばれるという危ないシーンも。

▽最後はGKフォルムまでもが攻めあがる場面も見られたがゴールを奪うことはできずここで試合終了。逆転したユナイテッドが2-1で勝利し、2シーズンぶりの決勝進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:チェルシー 1-0 マンチェスター・ユナイテッド《FAカップ》

▽FAカップ決勝、チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが19日にウェンブリー・スタジアムで行われ、1-0でチェルシーが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180520_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 クルトワ 6.0 安定したセービングでチェルシー最後の壁として立ちはだかった DF 28 アスピリクエタ 6.0 ピンチの際にはいつもこの男が駆け付けた 24 ケイヒル 6.5 集中した守りで守備ラインを統率。今日の完封勝利はケイヒルの功績が大きい 2 リュディガー 6.0 スピードを生かしてバレンシアやリンガードらの攻撃を封じた MF 15 モーゼス 5.5 A・ヤングの対応に気を取られ、攻撃面にあまり貢献できなかった 7 カンテ 6.0 相変わらずの守備力を発揮 4 セスク 6.0 アザールのPK獲得をアシスト。守備でも粘りを見せた 14 バカヨコ 5.5 マティッチとの新旧チェルシーMF対決は完敗も要所ではポジティブなプレーも 3 マルコス・アロンソ 5.5 今日はあまり目立つことがなかった FW 10 アザール 6.5 チェルシー通算300試合目を自らのゴールで祝った。交代の際にはスタンディングオベーション (→ウィリアン -) 18 ジルー 5.5 前線で起点に。しかし、FWに必要なシュートが足りなかった (→モラタ -) 監督 コンテ 6.5 大事な一戦に向けて選手の集中力を高めたところはさすが。良いところがなかった今季をなんとかタイトルで締めくくった <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">FA杯決勝はDAZNだけ!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180520_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 5.5 PKはノーチャンス。それ以外の場面ではアザールのシュートブロックなど要所で見せ場を作った DF 25 バレンシア 5.5 高い位置取りで攻撃をサポート。マルコス・アロンソにもなにもさせなかった 12 スモーリング 5.5 安定した守備で、個人として崩されることはなかった 4 フィル・ジョーンズ 5.0 痛恨のPK献上。ジルーとの空中戦も勝率が低かった (→マタ -) 18 A・ヤング 6.0 ドリブルでモーゼスを翻弄。左サイドは攻撃の中心に MF 6 ポグバ 5.0 今日は存在感が薄かった 21 エレーラ 5.5 気の利いたポジショニングで攻守のバランスをとった 31 マティッチ 6.0 中盤ではこの試合最も存在感を出した選手 FW 9 ラッシュフォード 5.0 何度かゴールに迫るも、精彩を欠いた (→ルカク 5.0) 途中出場も見せ場なく 14 リンガード 5.0 前線の3人で工夫を凝らしたが守備陣を崩すことができず (→マルシャル 5.5) 2度のチャンスに絡むなど、交代出場から持ち味を発揮 17 サンチェス 5.5 攻撃の中心人物だったが、ゴールを奪うことはできなかった 監督 モウリーニョ 5.0 やや守備的な采配が裏目に出たか。もう少し早めの交代でもよかったかもしれない ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! アザール(チェルシー) ▽チェルシーでの通算300試合目を自身のゴールと初のFA杯優勝で祝福。アザールにとってこの上ない記念日となった チェルシー 1-0 マンチェスター・ユナイテッド 【チェルシー】 アザール(前22[PK]) 2018.05.20 03:19 Sun
twitterfacebook
thumb

通算300試合出場のアザールのゴールでチェルシーがユナイテッドを下し優勝! 11-12季以来8度目の栄冠!!《FAカップ》

▽FAカップ決勝チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが19日にウェンブリー・スタジアムで行われ、1-0でチェルシーが勝利した。 ▽イングランドサッカーを締めくくる最後の一戦。2年連続での決勝進出となったチェルシーと、優勝した2015-16シーズン以来2シーズンぶりの決勝へコマを進めたユナイテッドが今季唯一のタイトルを目指して激突した。 ▽昨年の決勝ではアーセナルに苦杯を甞めさせられたチェルシー。リーグ戦ではシーズンを通して安定した戦いができず、昨季の王者は5位でシーズンを終えた。コンテ監督の最後の試合になるとの見方もある中、[3-5-1-1]のフォーメーションを採用したチェルシーは、GKクルトワ、ディフェンスラインに右からアスピリクエタ、ケイヒル、リュディガー。中盤はカンテ、セスク、バカヨコが務め、右ウイングにモーゼス、左ウイングにマルコス・アロンソというおなじみの形に。トップはジルーと、チェルシー通算300試合目の出場となったアザールが顔をそろえた。 ▽一方、モウリーニョ監督の下、今季は2位という結果に終わったユナイテッドは、ライバルチームのマンチェスター・シティに大きく水をあけられながらも、近年では最も成功と言われる成績を収めた。2シーズンぶりの優勝を目指した戦うこの試合では、[4-3-3]の布陣を用いて、GKデ・ヘア、その前を固めるのは右からバレンシア、フィル・ジョーンズ、スモーリング、A・ヤング。中盤はマティッチ、エレーラ、ポグバが務め、3トップにラッシュフォード、リンガード、サンチェスが並んだ。 ▽同日、ヘンリー王子と女優のメーガン・マークルさんによるロイヤルウェディングが執り行われた中開催となったFAカップ決勝戦。まずチャンスを作ったのはチェルシー。9分、フィル・ジョーンズのパスを奪ったバカヨコから前線のアザールにパスが送られると、ドリブルでボックス左に侵攻。そのまま左足でシュートを放ったが、GKデ・ヘアに足でセーブされる。 ▽試合が動いたのは21分。モーゼスが自陣でボールを収めると、パスを受けたセスクが前線のアザールにロングパスを送る。これを見事なトラップで前を向いたアザールがボックス右に侵入。たまらずフィル・ジョーンズがスライディングタックルをかますがアザールのスピードには敵わずPKを献上。GKデ・ヘアとの対決を制したアザールがこれを沈めてチェルシーが先制点を奪った。 ▽その後は中盤での潰し合いが続く両者。36分にはチェルシーにゴール手前左に位置でFKが与えられるがセスクのシュートは壁に直撃。ユナイテッドも前線3人のアジリティを生かしたいものの、スペースを潰され上手くその形が作れない。 ▽前半終了間際には、カウンターからユナイテッドに前半最大のチャンスが訪れるが、ラッシュフォードのシュートはブロックされて、チェルシーのリードで試合を折り返した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">FA杯決勝はDAZNだけ!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽迎えた後半、序盤は攻めるユナイテッドと守るチェルシーという構図に。56分、サンチェスの敵陣でのボール奪取から、ラッシュフォードがボックス右手前から強烈なシュートを見舞う。GKクルトワが弾いて何とか事なきを得たが、チェルシーは徐々に自陣でのプレーが長くなっていく。 ▽そんな中63分には、ポグバの右サイドからのFKにフィル・ジョーンズがヘディングシュート。GKクルトワが弾いたところをサンチェスが押し込むがオフサイドの判定に。 ▽後半ここまで劣勢が続くチェルシーは70分、カンテの持ち上がりからパスを受けたマルコス・アロンソがボックス右でGKと一対一に。左足でシュートに持ち込むが正面に飛ばしてしまう。72分には今度はユナイテッドがポグバ、リンガードとつなぎ、最後はスルーパスに抜け出したラッシュフォードがシュート。しかし、こちらも守護神クルトワが立ちはだかる。 ▽その直後、ユナイテッドはラッシュフォードとリンガードを下げてルカクとマルシャルを同時投入。するとすぐにマルシャルにゴールチャンス。ゴール前振り向きざまのシュートは相手に当たりGKクルトワに難なくキャッチされる。 ▽2人の投入によってより攻勢を強めるユナイテッドは80分頃にはマルシャルやポグバが立て続けにチェルシーゴールに迫る。さらにマティッチもミドルシュートでトライするがゴールを割ることができない。 ▽結局、最後まで集中した守りを貫いたチェルシーが。前半のアザールのゴールを守り切り1-0で勝利。昨季の雪辱を晴らし、2011-12シーズン以来となる8度目のFA杯優勝を果たした。 2018.05.20 03:18 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル戦で負傷のルカク、結果次第でFA杯決勝欠場も?

▽5月19日にウェンブリー・スタジアムで行われるFAカップ決勝のチェルシー戦を控えるマンチェスター・ユナイテッド。その中で、ベルギー代表FWロメル・ルカクに負傷離脱の可能性が浮上した。 ▽ルカクは29日に行われたプレミアリーグ第36節のアーセナル戦(2-1でユナイテッドが勝利)に先発。しかし、50分に足を痛め、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードとの交代を余儀なくされている。 ▽イギリス『FourFourTwo』が伝えたところによれば、ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は試合後、負傷交代のルカクについて次のように言及したという。 「どれくらい離脱することになるのかわからない。彼は常にプレーをしたがり、疲れ知らず。小さなケガを抱えていても気にしない。それでもプレーを希望する選手だからね」 「そんな彼がすぐに交代を要求したのは、プレーを続けられなかったから。決勝まで3週間ある。様子を見ていきたい。今の私が把握しているのは、彼が足を痛めたということだけだ」 ▽今シーズンからユナイテッドでプレーするルカクは、ここまで公式戦49試合27ゴール9アシストを記録。フィニッシャーとしてだけでなく、ターゲットマンとしても唯一無二の存在であるルカクの離脱は避けたいところだが…。 2018.04.30 09:40 Mon
twitterfacebook
thumb

FA杯決勝のチェルシーvsユナイテッド、主審はCLで物議のマイケル・オリヴァー

▽5月19日にウェンブリー・スタジアムで行われるFAカップ決勝のチェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドにおいて、マイケル・オリヴァー氏が主審を務めることがわかった。イギリス『BBC』が報じた。 ▽新進気鋭のジャッジマンとして知られる33歳のマイケル・オリヴァー氏は、11日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのレアル・マドリーvsユベントスでのPK判定ならび、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンに対する一発退場宣告が物議に。今もなお賛否両論の論争が続いている。 ▽今回のFAカップ決勝は、8度目の載冠を狙うチェルシーと、通算12度の優勝を誇るユナイテッドの一戦。なお、この試合において、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が導入されることになるという。 2018.04.27 14:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ジルー&モラタの両エースがアベック弾! チェルシーが吉田セインツを躱してユナイテッドが待つ決勝へ《FA杯》

▽FAカップ準決勝チェルシーvsサウサンプトンが22日に行われ、2-0でチェルシーが勝利し、決勝に進出した。セインツのDF吉田麻也はフル出場している。 ▽準々決勝ではレスター・シティを延長戦の末に破り、2年連続での準決勝進出となったチェルシー。リーグ戦では4試合を残して4位のトッテナムとは勝ち点差「5」に迫っており、微かな望みをつないでいる状態だ。今回のサウサンプトン戦に向けては直近のバーンリー戦から4選手を変更。GKカバジェロに、セスク、アザール、ウィリアンが先発となった。 ▽一方、ウィガンを破り2002-03シーズンぶり以来の準決勝進出を果たしたセインツは直近ではレスターと引き分けリーグ戦連敗を「4」でストップさせた。それでも8試合勝利から遠ざかっており、現在18位で残留争い真っただ中にいる。そんな中行われるチェルシーとの一戦に向けてはレスター戦から2選手を変更。タディッチとワード=プラウズに代わり、オースティンとレミナが先発に起用された。 ▽エース・アザールの強烈なシュートから入ったチェルシーは7分、自陣からのカウンターでアザールが一気にピッチ中央を駆け上がり右サイドのウィリアンに展開。ウィリアンがカットインから左足を振り抜くとこれがクロスバーを直撃。惜しくもゴールとはならなかった。 ▽その後は決定機が作れないチェルシー。ジルーにボールを集めるが、吉田、ホード、ベドナレクらが固める守備陣を崩すことができない。アザールも頻りに単騎突破を図るが空回りしてしまう。 ▽ゴールレスで迎えた後半、いきなり試合が動く。46分、セスクからのロングボールをアザールが最前線で収めると、上がってきたジルーにラストパス。ゴール前に侵入したジルーはDF4人をなぎ倒しながら最後はGKも躱してゴールに流し込んだ。 ▽絶好の形で後半に入ったチェルシーはその直後にもカウンターでセインツゴールを襲撃。ウィリアンが自陣から一気に持ち運ぶと、左サイドのアザールに展開。ボックス左から右足でシュートを放ったが枠を捉えきれず追加点とはならなかった。 ▽対するセインツも54分にこれまでで最大の決定機を迎える。左サイドバックのバートランドからのスルーパスを前線のオースティンがスルー。逆サイドから走り込んだロングがこれを受けるがファーストタッチが長くなってしまいそのままラインを割った。 ▽その後、一方的にチェルシーがボールを保持する展開が続く中、粘り強い守備で耐え忍んだセインツは71分、レドモンドの地を這う強烈なシュートでCKを獲得。するとGKカバジェロがオースティンとの競り合いの中でボールをファンブル。そのボールがゴールラインを割ったとセインツは主張したが判定はオースティンのファウルの判定に。 ▽80分にジルーを下げてモラタを投入したチェルシーは、そのモラタとアスピリクエタのホットラインから追加点を挙げる。82分、敵陣中央右の位置からアスピリクエタがクロスを供給。ファーサイドのモラタがこれを頭で合わせチェルシーに2点目をもたらした。 ▽安全圏に到達したチェルシーはセインツの攻撃をいなしつつカウンターで応戦。追加点は得られなかったものの、危なげない試合運びで完封勝利し、マンチェスター・ユナイテッドが待つ決勝へ。決勝進出は2年連続となった。 2018.04.23 00:55 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース