途中出場の横山が値千金弾! 守護神・山下が躍動したなでしこが2連覇《AFC女子アジアカップヨルダン2018》2018.04.21 03:58 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽なでしこジャパン(女子日本代表)は20日、AFC女子アジアカップヨルダン2018決勝でオーストラリア女子代表と対戦し、1-0で勝利した。この結果、なでしこが2大会連続の優勝を果たしている。

▽3日前に行われた中国女子代表戦を3-1で勝利し、2連覇に王手を懸けたなでしこは、中国戦のスタメンから5選手を変更。グループステージ最終節でも対戦し、1-1で引き分けたオーストラリア戦と同様のスタメンで臨んだ。

▽中国戦の[4-2-3-1]から[4-4-2]に布陣を戻し、GKに山下杏也加、4バックは右から清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。中盤は右から中島、阪口夢穂、宇津木、長谷川唯、2トップに岩渕真奈、菅澤が入った。

▽準決勝でタイ女子代表にPK戦の末に勝利したオーストラリア相手に立ち上がり、なでしこは押し込まれる展開を強いられる。13分にはカーとデバンナに立て続けに枠内シュートを浴びると、ここはGK山下が好守で凌ぐも、1分後にPKを献上する。

▽GK山下がクロスボールをファンブルした流れからシュートを打たれると、熊谷の手にボールが当たったとしてPKが宣告された。しかし、キッカーのケロンドナイトがゴール右を狙ったグラウンダーのシュートはGK山下がセーブし、先制を許さない。

▽劣勢の日本の反撃は24分。FKの流れからルーズボールを岩渕が強烈なミドルシュートを浴びせるも、DFに当たってしまった。ここから盛り返したなでしこは35分に決定機。岩渕のチャンスメークから長谷川がミドルシュート。枠を捉えていたが、GKウィリアムズのファインセーブに阻まれた。

▽ハーフタイムにかけて再び押し込まれる状況を強いられたなでしこだったが、凌いで前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半も劣勢のなでしこは53分、ファン・エグモンドのミドルシュートがバーを直撃。劣勢が続くなでしこは72分に菅澤に代えて、中国戦で2ゴールを決めた横山久美を投入した。

▽すると84分、その横山が大仕事を果たす。左サイドの長谷川のパスを受けた横山が鋭く反転してボックス内に侵入。斜め左45度の位置から右足を振り抜くと、完璧なシュートがゴール右上に突き刺さった。

▽ワンチャンスを生かして先制したなでしこは、終盤にかけて守護神の山下を軸に凌ぎ、虎の子の1点を守り抜いて逃げ切り。2大会連続の優勝を見事に勝ち取った。

コメント

関連ニュース

thumb

浦和レディース所属のなでしこジャパンMF北川ひかる、新潟レディースへ完全移籍

▽アルビレックス新潟レディースは19日、浦和レッズレディースから日本代表(なでしこジャパン)MF北川ひかる(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽JFAアカデミー福島出身の北川は、2015年4月に特別指定選手として浦和レディースに入団、2016年に早稲田大学進学中に同クラブに正式入団した。今シーズンはプレナスなでしこリーグ1部に8試合、プレナスなでしこリーグカップ1部に3試合出場していた。 ▽新潟レディースへの加入が決定した北川は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆アルビレックス新潟レディース 「このたび、アルビレックス新潟レディースに加入することになりました北川ひかるです。北信越出身者として、このチームでプレーできることを嬉しく思います。そして、サッカーを通じた出会いに感謝します。自分自身のレベルアップと共にチームの勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします! 」 ◆浦和レッズレディース 「このたび、浦和レッズレディースからアルビレックス新潟レディースへ移籍することになりました。急なことで驚かせてしまったこと、本当に申し訳ありません。自分と向き合いながら考え続け、悩み続けた結果です」 「大好きな浦和レッズと関係者のみなさん、そして大好きなファン・サポーターのみなさんやこの街から離れることを考えると寂しい思いでいっぱいです。特別指定選手としてプレーし始めてから3年半、未熟な私を応援し、あたたかく見守ってくださったみなさんには感謝という言葉しか見つかりません。浦和駒場スタジアムに鳴り響く、大きな声援はいつも私の力の源でした。ケガで苦しんでいるとき、プレーがうまくいかないとき、みなさんに何度も何度も助けられ、支えていただきました。本当にありがとうございました」 「そして、チーム・スタッフのみなさん、うれしいとき、辛いときや悲しいときも一緒に過ごせた時間がとても大切に思えます。ありがとうございました。浦和レッズレディースの選手であったことを誇りに思っています」 「最後になりましたが、クラブ関係者のみなさんには最後まで優しい言葉をかけていただき本当にうれしかったです。私の選択を受け入れてくださったこと、感謝しています、大変お世話になりました」 「新しい環境に身を置くことはサッカー人として、一学生として、困難なこともたくさんあると思います。決断したからには覚悟を持ち、サッカーに全力を尽くし、夢を掴み取るその日まで前に向かって進んでいきます」 2018.09.19 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

FIFA女子年間最優秀監督の最終候補者に高倉監督が選出

▽国際サッカー連盟(FIFA)は3日、2018年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の女子最優秀監督賞の最終候補者3名を発表した。 ▽選出されたのはなでしこジャパンの高倉麻子監督、リヨンを女子チャンピオンズリーグ優勝に導いたレイナール・ペドロス監督、前年の受賞者でもあるオランダ代表のサリナ・ウィーグマン監督の3人。 ▽高倉監督は先日のアジア競技大会で日本を2大会ぶり2度目の優勝に導いていた。 ▽FIFA女子年間最優秀監督の発表は24日、ザ・ベスト・FIFAフットボールアワーズのセレモニーで行われる。 2018.09.04 01:59 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン2大会ぶり金! 中国猛攻もGK山下好守連発にラストは菅澤弾! 《アジア競技大会》

▽なでしこジャパン(女子日本代表)は31日、アジア競技大会サッカー競技の決勝で女子中国代表と対戦し、1-0で勝利。2大会ぶり2度目の金メダルに輝いた。 ▽グループCを連勝で首位通過したなでしこジャパン。準決勝では女子韓国代表と対戦し、FW菅澤優衣香の先制点、終盤のOGにより2-1で競り勝ち、頂に手をかけた。 ▽なでしこジャパンは、2大会ぶりの金メダル獲得に向けて最後尾にGK山下杏也加、最終ラインに清水梨紗、有吉佐織、三宅史織、鮫島彩、中盤に中島依美、籾木結花、長谷川唯、阪口萌乃、隅田凜、最前線に岩渕真奈を起用した。 ▽試合の序盤からなでしこジャパンはボールをキープするが、あまり効果的に中国のゴールに迫ることができず。逆に、左サイドを起点としてグ・ヤシャ、リ・インが迫力ある仕掛けを繰り返す中国に押され、劣勢に回る。 ▽17分には、ボックス手前中央でボールを持ったグ・ヤシャが右足を振り抜き、強烈なシュートが枠捉える。GK山下がキャッチして難を逃れたものの、チェックの遅れからヒヤリとさせられた。 ▽さらに、34分にも中国にチャンス。後方からのクロスに対して、ボックス内でフリーになっていたリ・インが身体を投げ出すようにして頭で合わせる。これもGK山下がキャッチしたものの、中国からペースを奪うことができない。 ▽結局、前半は終始中国が優勢に進行。それでも、なでしこジャパンはGK山下や鮫島の急所を抑えるカバーリングでピンチを凌ぎ続け、ゴールレスを試合を折り返した。 ▽迎えた後半も試合の展開は大きく変わらず。なでしこジャパンは、56分に籾木に代えて今大会3ゴールを記録している菅澤を起用。菅澤は前線で岩渕とコンビを組み攻撃に変化を付けていく。 ▽なでしこジャパンが徐々にカウンターにシフトすると中国のチャンスは減少していくが、なでしこジャパンもゴールエリアまでなかなか辿り着けない。65分に岩渕がミドルレンジから後半初めてのシュートを放ったが、枠を外れた。 ▽後半の中頃になると、両チームともに疲労が見え始めオープンな展開の中でカウンターの応酬が続く。すると76分、またしても中国に絶好機が訪れる。76分、カウンターからボックス手前中央で持ったグ・ヤシャのシュートがまたしても枠を捉える。しかし、この場面でもGK山下が左手一本で弾き出すファインセーブを見せ、均衡を破らせない。 ▽試合終了間際の90分、なでしこジャパンが苦しみに苦しんだ今大会を総括するような形で千載一遇のチャンスをものにする。中島が右サイドを突破し、ディフェンスラインとゴールキーパーの間に落ちる絶妙なクロスを通す。すると、走りこんだ菅澤がダイビングヘッドでボールを捉え、ネットを揺らした。 ▽直後に試合が終了。この結果、高倉麻子監督率いるなでしこジャパンは、見事に2大会ぶり2度目の金メダルを手にしている。 なでしこジャパン 1-0 女子中国代表 【なでしこジャパン】 菅澤優衣香(後45) 2018.08.31 22:35 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、防戦一方も菅澤の全ゴールに絡む活躍で日韓戦制す! 2大会ぶりの優勝に王手《アジア競技大会》

▽なでしこジャパン(女子日本代表)は28日、アジア競技大会サッカー競技の準決勝で女子韓国代表と対戦し、2-1で勝利した。 ▽グループCを連勝で首位通過のなでしこジャパン。準々決勝ではグループBを2位で突破した前回覇者の女子北朝鮮代表と対戦し、FW岩渕真奈とMF長谷川唯の2ゴールによって2-1で競り勝ち、韓国との準決勝にたどり着いた。 ▽2大会ぶりの決勝進出が懸かる重要な日韓戦に向けてなでしこジャパンは北朝鮮戦から先発3人を変更。MF阪口萌乃、MF隅田凜、FW田中美南に代わってDF國武愛美、MF中里優、FW菅澤優衣香が新たに先発に名を連ねた。 ▽開始直後にFW岩渕真奈が後方からハードチャージを受けるなど、球際を強調する韓国相手に苦戦が予想されたなでしこジャパン。しかし、開始5分にハーフウェイライン付近の左でDF有吉佐織が左サイドのスペースに浮き球のフィードを出すと、これに抜け出した菅澤がゴール左に持ち込んで角度のないところから右足アウトを使ったシュートをゴール右隅に流し込む。 ▽菅澤の今大会初ゴールで早々に先手を奪ったなでしこジャパンは直後の8分にも中央のスペースをドリブルで運んだ岩渕がボックス右に走り込む菅澤に絶妙なスルーパスを通すが、菅澤はGKとの一対一の状況からシュートを枠外に外してしまい、追加点とはならず。 ▽先制以降、韓国の反撃に晒される展開となると、13分にはゴールマウスを飛び出したGK山下杏也加のクリアをサイド深くで拾ったDFキム・ヒェリに無人のゴールを狙ったクロス性のシュートを許すが、これはクロスバーを叩く。 ▽その後も防戦一方を強いられたなでしこジャパンは20分にもボックス内でイ・ミナとチ・ソヨンの新旧INAC神戸コンビに決定機を許すが、チ・ソヨンの決定的なシュートをDF清水梨紗がゴールライン上で頭でかき出すビッグプレーで阻止。前半半ばから終盤にかけても再三自陣ボックス内でのプレーを強いられたが、守備陣が最後のところで粘りをみせ、何とか前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半も守勢が続く中、53分にはカウンターからボックス右に侵入したMF中島依美の意表を突くマイナスパスに反応した長谷川が右足を振り抜くが、これは大きく枠を外れる。55分には中里、國武に代えて阪口、隅田を同時投入し、選手交代で流れを変えようと試みる。 ▽しかし、韓国の決死の猛攻に晒され続けるなでしこジャパンは67分、左サイドを突破したムン・ミラからのクロスをファーに走り込んだイ・ミナに頭でゴール右隅へ決められ、ついに同点ゴールを奪われてしまった。 ▽何とか反撃に転じたいなでしこジャパンは77分、中島を下げてMF籾木結花を最後の交代カードとして投入。システムを[4-2-3-1]に変更して劣勢の中盤の枚数を増やす。すると、86分には相手守備の一瞬の隙を突いて勝ち越しゴールを奪う。久々に高い位置まで攻撃参加した清水がボックス手前右から浮き球のクロスをファーに供給。これを菅澤が中央で待つ籾木に向けて頭で折り返すと、手前でクリアを試みたDFイム・ソンジュのヘディングが自軍ゴールネットを揺らした。 ▽その後、イ・ミナを中心にリスクを冒して前に出る韓国の猛攻を守備陣の決死のシュートブロックなどで何とか凌ぎ切ったなでしこジャパンが大苦戦を強いられながらも日韓戦を制して決勝進出を果した。なお、2大会ぶりの優勝を目指すなでしこジャパンは31日にチャイニーズタイペイと中国の勝者と対戦する。 なでしこジャパン 2-1 女子韓国代表 【なでしこジャパン】 菅澤優衣香(前5) OG(後41) 【女子韓国代表】 イ・ミナ(後22) 2018.08.28 19:55 Tue
twitterfacebook
thumb

U-20女子W杯初制覇の21名が歓喜のコメント《優勝報告会見》

▽26日、都内でU-20日本女子代表の優勝報告会見が行われた。 ▽U-20日本女子代表は、8月5日(日)から24日(金)にかけてフランスで開催されたFIFA U-20女子ワールドカップで初優勝を達成。日本女子は、女子ワールドカップ(2011年)、U-17女子ワールドカップ(2014年)に次いで、3世代でのワールドカップを制覇。これは世界初の出来事となった。 ▽会見に出席したU-20日本女子代表の全選手が大会を振り返りコメントした。 No.4 DF南萌華(浦和レッズレディース)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「このチームでの1年半の集大成として、ワールドカップで優勝できたことを嬉しく思います。このチームは、1試合、1試合、試合を積み重ねる中で、成長していける素晴らしいチームでした」 「この素晴らしいスタッフと素晴らしいメンバーと、ワールドカップを優勝できたことは幸せでしたし、このチームでキャプテンをやれたことを誇りに思います」 「今大会を糧にして、この先も成長できるように頑張りたいと思います」 No.3 DF高平美憂(マイナビベガルタ仙台レディース)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「みんなでワールドカップで世界一を獲得できたことを嬉しく思います。また、6試合の中で、各国それぞれのサッカーのやり方を間近で見れたり、実際にプレーすることで自分じしがもっと成長しなければいけない部分がたくさん見つかりました。そして、一生忘れられない思い出ができたので良かったと思います。応援ありがとうございました」 No.2 DF小野奈菜(神奈川大学)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「ずっと目標にしていた世界一を、このメンバーと掴み取ることができて嬉しかったです。この経験を生かして、これからも頑張りたいと思います。応援ありがとうございました」 No.1 GK鈴木あぐり(マイナビベガルタ仙台レディース)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「このチームの一員として、ワールドカップという舞台で優勝を経験できたことを心から誇りに思います。そして、約1年半、チームをまとめてくださった太さん(池田太監督)を始め、スタッフの方々、そしてキャプテンの(南)萌華には感謝しています。たくさんの方々に支えられ、今があるということを大切にして成長できるように努力していきたいと思います。たくさんの応援ありがとうございました」 No.8 MF福田ゆい(INAC神戸レオネッサ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「今回のワールドカップをこのメンバーで優勝できて、とても嬉しく思います。世界のサッカーを肌で感じて、日本の良さも肌で感じられて良かったです。この経験を生かしてこれからも頑張りたいと思います。応援ありがとうございました」 No.9 MF宮澤ひなた(日テレ・ベレーザ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「たくさんの応援ありがとうございました。このメンバーで、最高の舞台で最高の結果を出せて、本当に嬉しかったです。この結果を出せたということは、多くの方々のサポート、応援のお陰だと思っています。今後もたくさんの方々への感謝の気持ちを忘れず、この結果を第一歩としてもっと成長していきたいと思います」 No.10 MF長野風花(仁川現代製鉄レッドエンジェルズ/韓国)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「まずは世界一という目標が達成できて非常に嬉しく思います。大変で辛いこともありましたが、素晴らしいチームメイトとスタッフとここまで来れて良かったと思います。これからも頑張ります。応援ありがとうございました」 No.12 MF今井裕里奈(日体大FIELDS横浜)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「初めての世界大会でこの素晴らしいメンバーとスタッフに囲まれ、最高の景色を見られたことを嬉しく思います。サッカー人生はこれからまだまだ続くので、少しでも成長できるように日々努力していきます。たくさんの応援ありがとうございました」 No.13 DF宮川麻都(日テレ・ベレーザ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「このチームはチームワークが良く、そのチームワークがあったから優勝できたと思います。このメンバーと、スタッフと世界一を獲ることができて、誇りに思います。応援ありがとうございました」 No.14 FW村岡真実(オルカ鴨川FC)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「みんなで目標にしていた世界一を達成できて本当に嬉しいです。あと、素晴らしいスタッフの下でサッカーができたことが、自分の財産になったと思います。これからのサッカー人生に、この経験を生かしてやっていけるようにします。たくさんの応援ありがとうございました」 No.15 MF佐藤瑞夏(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「まずはこのメンバーとこの最高のスタッフで世界一になれたことをとても嬉しく思います。この大会を終えて思えたことは、自分にとってサッカーがもっと好きになったこと、もっとサッカーについて知りたいと思います。サッカーへの想いが、より強くなりました。自チームに戻り、日々サッカーとぶつかり合いたいと思います。たくさんの応援ありがとうございました」 No.16 FW児野楓香(日体大FIELDS横浜)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw13.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「現地、日本で応援してくださった方、ありがとうございました。世界一になれたことをとても嬉しく思います。このチームはみんなしっかりしていて、上手くて、学ぶことがたくさんありました。他の国の選手とサッカーをすることで、わかったことがたくさんありました。このチームに携わることができたことを、監督、スタッフ、コーチ、今まで支えてくださった方々、指導してくださった方々に感謝して、これからも成長したいと思います」 No.17 DF北村菜々美(セレッソ大阪堺レディース)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw14.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「まず、この最高のメンバーに世界一を獲れたことを嬉しく思います。そして、太さんの下でサッカーができたことがすごく良い経験になりました。この経験を生かして、チームに帰ってもここで終わりではなく、もっと上に進めるように頑張っていきたいと思います。応援ありがとうございました」 No.18 GKスタンボー華(INAC神戸レオネッサ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw15.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「まずこの太ジャパンとしてU-20ワールドカップで金メダルを獲れたことを本当に嬉しく思います。そして、(鈴木)あぐりだったり(福田)まいだったり、西入さん(GKコーチ)だったり、GKファミリーとして世界で戦えたことを誇りに思います。できればまだこのチームで試合をしたいなと思いますが、それはできないので、自チームに帰っても頑張りたいと思います。たくさんの応援ありがとうございました」 No.19 FW植木理子(日テレ・ベレーザ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw16.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「チームワーク、結果、共に世界一のこのチームで戦えたことを嬉しく思います。世界一の景色をこのメンバーで見ることができたことが一番嬉しいです。最高の夏を過ごすことができました。次の景色をまた観にいきたいと思います。ありがとうございました」 No.20 MF遠藤純(JFAアカデミー福島)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw17.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「このチームの一員として戦い、優勝できたことをすごく誇りに思います。そしてこの経験を自分だけで味わうのではなく、色々な人へ発信していくことが、これからの女子サッカーにも繋がると思います。たくさんの応援ありがとうございました」 No.21 GK福田まい(日体大FIELDS横浜)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw18.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「このチームに携われたことに心から感謝します。世界一の経験を初めてして、世界のサッカーと日本のサッカーの違いにも生で肌で感じることができ、とても良い経験になりました。この経験を次に生かせるように努力していきます。応援ありがとうございました」 No.7 MF林穂之香(セレッソ大阪堺レディース)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw19.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「自分たちで設定したワールドカップで優勝するという目標を、しっかりと実現することができて嬉しく思います。ありきたりな言葉ですが、この貴重な経験をこれからのサッカー人生に生かしていきたいと思います。たくさんの応援ありがとうございました」 No.6 DF高橋はな(浦和レッズレディース)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw20.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「この素晴らしいチームメイトとスタッフには感謝の気持ちで一杯です。このチームで過ごした時間は私の宝物です。これから先、私を支えてくださる方々への感謝の気持ちを忘れずに、もっと上を目指して日々励んでいきたいと思います。ありがとうございました」 No.5 DF牛島理子(INAC神戸レオネッサ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw21.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「最高の仲間と太さんをはじめとする最高のスタッフの下でプレーできた時間は自分にとっての宝物となりました。今の自分がここにいるのは、たくさんの方々の支えがあってこそだと思うので、周りの方々や恵まれた環境への感謝の気持ちを忘れずにこれからもやっていきたいと思います。たくさんの応援ありがとうございました」 No.11 FW宝田沙織(セレッソ大阪堺レディース)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180826_1_tw22.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「このメンバーで世界一という最高の景色を見ることができて本当に嬉しかったです。この大会を通してたくさん成長することができました。感謝の気持ちを忘れずに、もう一度最高の景色を観れるように頑張りたいと思います。ありがとうございました」 2018.08.26 18:40 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース