途中出場の横山が値千金弾! 守護神・山下が躍動したなでしこが2連覇《AFC女子アジアカップヨルダン2018》2018.04.21 03:58 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽なでしこジャパン(女子日本代表)は20日、AFC女子アジアカップヨルダン2018決勝でオーストラリア女子代表と対戦し、1-0で勝利した。この結果、なでしこが2大会連続の優勝を果たしている。

▽3日前に行われた中国女子代表戦を3-1で勝利し、2連覇に王手を懸けたなでしこは、中国戦のスタメンから5選手を変更。グループステージ最終節でも対戦し、1-1で引き分けたオーストラリア戦と同様のスタメンで臨んだ。

▽中国戦の[4-2-3-1]から[4-4-2]に布陣を戻し、GKに山下杏也加、4バックは右から清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。中盤は右から中島、阪口夢穂、宇津木、長谷川唯、2トップに岩渕真奈、菅澤が入った。

▽準決勝でタイ女子代表にPK戦の末に勝利したオーストラリア相手に立ち上がり、なでしこは押し込まれる展開を強いられる。13分にはカーとデバンナに立て続けに枠内シュートを浴びると、ここはGK山下が好守で凌ぐも、1分後にPKを献上する。

▽GK山下がクロスボールをファンブルした流れからシュートを打たれると、熊谷の手にボールが当たったとしてPKが宣告された。しかし、キッカーのケロンドナイトがゴール右を狙ったグラウンダーのシュートはGK山下がセーブし、先制を許さない。

▽劣勢の日本の反撃は24分。FKの流れからルーズボールを岩渕が強烈なミドルシュートを浴びせるも、DFに当たってしまった。ここから盛り返したなでしこは35分に決定機。岩渕のチャンスメークから長谷川がミドルシュート。枠を捉えていたが、GKウィリアムズのファインセーブに阻まれた。

▽ハーフタイムにかけて再び押し込まれる状況を強いられたなでしこだったが、凌いで前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半も劣勢のなでしこは53分、ファン・エグモンドのミドルシュートがバーを直撃。劣勢が続くなでしこは72分に菅澤に代えて、中国戦で2ゴールを決めた横山久美を投入した。

▽すると84分、その横山が大仕事を果たす。左サイドの長谷川のパスを受けた横山が鋭く反転してボックス内に侵入。斜め左45度の位置から右足を振り抜くと、完璧なシュートがゴール右上に突き刺さった。

▽ワンチャンスを生かして先制したなでしこは、終盤にかけて守護神の山下を軸に凌ぎ、虎の子の1点を守り抜いて逃げ切り。2大会連続の優勝を見事に勝ち取った。
コメント
関連ニュース
thumb

2大会ぶり2度目の優勝目指すなでしこはイングランド、スコットランド、アルゼンチンと同じグループDに《女子W杯フランス2019》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は8日、フランスのパリで来年6月に開幕するFIFA女子ワールドカップフランス2019の組み合わせ抽選会を開催し、グループ分けが決定。この結果、なでしこジャパン(女子日本代表)はグループDに入り、イングランド女子代表、スコットランド女子代表、アルゼンチン女子代表と対戦することが決定した。 ▽2015年のカナダ大会で準優勝のなでしこは今大会で2大会ぶり2度目の優勝を目指す。その悲願達成に向けて重要となるグループステージは、前回大会3位で4大会連続5回目の出場となるイングランド、大会初出場のスコットランドのヨーロッパ勢と、南米予選を3位で終えてパナマとの大陸間プレーオフを制し、3大会ぶり3回目の出場を決めたアルゼンチンの3チームと対戦する。 ▽なお、2019年6月10日に行われるグループ初戦はパリでアルゼンチンと、同14日に行われる第2戦はレンヌでスコットランドと、同19日に行われる第3戦はニースでイングランドと対戦する。 ▽今回の抽選結果を受けて高倉麻子監督は以下のようなコメントを残している。日本サッカー協会(JFA)が伝えた。 「どのグループに入ってどのチームと対戦することになっても難しい試合になることは間違いありません。ワールドカップで再びトロフィーを掲げるという大きな目標はありますが、そこにたどり着くために一つ一つの試合を全力で戦い、その中で成長していきたいと思っています。私たちはチャレンジャーです。対戦国の分析もしますが、まずはなでしこジャパンのサッカーを追求していきたいと思います」 ▽なお、女子W杯フランス2019のグループステージ組み分けは以下の通り。 ◆FIFA女子ワールドカップフランス2019グループ組み分け ▽グループA フランス、韓国、ノルウェー、ナイジェリア ▽グループB ドイツ、中国、スペイン、南アフリカ ▽グループC オーストラリア、イタリア、ブラジル、ジャマイカ ▽グループD イングランド、スコットランド、アルゼンチン、日本 ▽グループE カナダ、カメルーン、ニュージーランド、オランダ ▽グループF アメリカ、タイ、チリ、スウェーデン 2018.12.09 13:11 Sun
twitterfacebook
thumb

アディダスが女子W杯公式試合球『CONEXT19』を発表! 2019年の開催国フランスにインスピレーション

▽国際サッカー連盟(FIFA)のオフィシャルパートナーのアディダスは6日、2019年6月7日から7月7日にかけて、フランスで開催される2019 FIFA女子ワールドカップ公式試合球『CONEXT19(コネクト19)』を発表した。 ▽『CONEXT19(コネクト 19)』は"CONNECTION"と"NEXT"から生まれた造語。スポーツを通じてすべての人種、世代、国々が団結する、世界中のつながりを表し、2019FIFA 女子ワールドカップの開催地フランスよりインスピレーションを得ている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181206_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽1998FIFA ワールドカップフランス大会公式試合球トリコロールにインスパイアされたデザインで、伝統的なフランスのシンボルである雄鶏と近代フランスのシンボルである高速列車とタービンを融合し、更にグリッチエフェクトによって現代の革新性を表現している。 ▽カラーリングは、2019FIFA 女子ワールドカップのエンブレムの輝きを表すオレンジと開催国のフランスをイメージするトリコロールカラーが配色されている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181206_16_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽日本国内ではアディダス社(本社:ドイツ CEO:カスパー・ローステッド)とのライセンス契約に基づき、株式会社モルテン(本社:墨田区横川、代表取締役社長:民秋清史)が12月6日(木)よりアディダスオンラインショップはじめ、全国のスポーツ店で順次販売される。 2018.12.06 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

アジア最優秀監督に鹿島の大岩監督となでしこの高倉監督が選出! 鹿島の鈴木&三竿は最優秀選手受賞逃す…《AFC年間表彰式》

▽アジアサッカー連盟(AFC)は28日、オマーン(マスカット)でAFCアニュアルアウォーズ2018を開催した。 ▽日本勢では、鹿島アントラーズをアジアチャンピオンズリーグ(ACL)初制覇に導いた大岩剛監督がアジア年間最優秀監督賞を受賞。昨年受賞した浦和レッズの堀孝史前監督に続き日本人監督が2年連続の受賞となった。さらに、なでしこジャパンをアジアカップ2連覇に導いた高倉麻子監督は、2年連続6度目のアジア女子年間最優秀監督賞を受賞した。 ▽さらにアジア国際最優秀選手賞は、フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠が選出された。長谷部は、フランクフルトで30年ぶり5回目のDFBポカール制覇に加え、キャプテンとして臨んだロシア・ワールドカップで日本代表のベスト16進出に貢献していた。 ▽また、今年8月に行われたU-20女子W杯2018でU-20女子日本代表の初優勝に貢献しシルバーボールに選出されたFW宝田沙織が、最終選考に残った同代表MF長野風花やDF南萌華を抑え、アジア女子年間最優秀若手選手賞を初受賞。また、同代表を率いた池田太監督は、AFC会長特別賞に選出された。 ▽なお、アジア年間最優秀選手賞の最終候補者に残っていた鹿島の日本代表FW鈴木優磨とMF三竿健斗、アジア女子年間最優秀監督賞の最終候補者に残っていたリヨンのMF熊谷紗希、アジア年間最優秀若手選手賞の最終候補者に残っていた桐光学園高校MF西川潤は、惜しくも受賞を逃した。 ▽また、施設や資源の多様性など、自国のサッカーの発展への努力や成果を評価する目的で2013年に設立されたAFC会員賞では、「インスピレーション(閃き)」、「ディベロッピング(発展)」、「アスピリング(野心)」の3部門の中で、日本サッカー協会がインスピレーション部門を2年ぶりに受賞した。AFCアニュアルアワード2018の各賞受賞者は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆アジア年間最優秀選手賞</span> <span style="text-decoration: line-through;">MF三竿健斗(鹿島アントラーズ/日本)</span> <span style="text-decoration: line-through;">FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ/日本)</span> <span style="font-weight:700;">DFアブドゥルカリム・ハサン</span>(アル・サッド/カタール) <span style="font-weight:700;">◆アジア女子年間最優秀選手賞</span> <span style="text-decoration: line-through;">FWサマンサ・カー(オーストラリア/シカゴ・レッドスターズ)</span> <span style="font-weight:700;">MFワン・シュア</span>(中国/パリ・サンジェルマン) <span style="text-decoration: line-through;">MF熊谷紗希(日本/オリンピック・リヨン)</span> <span style="font-weight:700;">◆アジア年間国際最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">MF長谷部誠</span>(日本/フランクフルト) <span style="font-weight:700;">◆アジア年間最優秀若手選手賞</span> <span style="text-decoration: line-through;">MF西川潤(日本/桐光学園高校)</span> <span style="text-decoration: line-through;">FWチョン・セジン(韓国/水原三星)</span> <span style="font-weight:700;">MFトゥルキ・アル・アマル</span>(サウジアラビア/アル・シャバブ・リヤド) <span style="font-weight:700;">◆アジア女子年間最優秀若手選手賞</span> <span style="text-decoration: line-through;">MF長野風花(日本/仁川現代製鉄レッドエンジェルズ)</span> <span style="text-decoration: line-through;">DF南萌華(日本/浦和レッズ・レディース)</span> <span style="font-weight:700;">FW宝田沙織</span>(日本/セレッソ大阪堺レディース) <span style="font-weight:700;">◆アジア年間最優秀監督賞</span> <span style="text-decoration: line-through;">バシム・ハムダン(イラク/エアフォースクラブ)</span> <span style="font-weight:700;">大岩剛</span>(日本/鹿島アントラーズ) <span style="text-decoration: line-through;">ラフシャン・ハイダロフ(ウズベキスタン/U-23ウズベキスタン代表)</span> <span style="font-weight:700;">◆アジア女子年間最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">高倉麻子</span>(日本/女子日本代表) <span style="text-decoration: line-through;">岡本三代(日本/U-20女子日本代表コーチ)</span> <span style="text-decoration: line-through;">ヌエングルタイ・スラトンビアン(タイ/女子タイ代表)</span> <span style="font-weight:700;">◆年間最優秀フットサル選手</span> <span style="text-decoration: line-through;">逸見勝利ラファエル(日本)</span> <span style="font-weight:700;">アリ・アスガル・ハサンダデフ</span>(イラン) <span style="text-decoration: line-through;">マフディ・ハビド(イラン)</span> <span style="font-weight:700;">◆AFC会長特別賞</span> <span style="font-weight:700;">池田太</span>(日本/U-20日本女子代表監督) <span style="font-weight:700;">ワイルド・ボアーズFC</span>(タイの洞窟から救出された少年サッカーチーム) ※少年たちに代わってタイサッカー連盟会長のソムヨット・プーンパンマング氏が受賞 <span style="font-weight:700;">◆AFC Inspiring MA of the Year</span> <span style="font-weight:700;">日本サッカー協会</span> <span style="font-weight:700;">◆AFC Developing MA of the Year</span> <span style="font-weight:700;">北朝鮮サッカー協会</span> <span style="font-weight:700;">◆AFC Aspiring MA of the Year</span> <span style="font-weight:700;">モンゴルサッカー協会</span> 2018.11.29 01:45 Thu
twitterfacebook
thumb

リトルなでしこ、準々決勝敗退…PK戦でニュージーランドに屈する《U-17女子W杯》

▽U-17日本女子代表は20日、ウルグアイで行われているU-17女子ワールドカップ(W杯)準々決勝のU-17ニュージーランド代表戦に臨み、PK戦で散った。 ▽U-17日本女子代表は17分に失点。31分にオウンゴールで追いついたが、勝ち越しとはならず、ベスト4入りをかけた試合はPK戦にもつれ込んだ。 ▽だが、2014年大会以来の優勝を目指すU-17日本女子代表は1人目、3人目が失敗。3人目以外PKを成功させたU-17ニュージーランド代表に屈した。 ▽これにより、U-17日本女子代表の戦いは準々決勝で終戦に。準優勝に終わった前回大会のリベンジを果たせず、大会から姿を消した。 U-17日本女子代表 1-1(PK3-4) U-17ニュージーランド代表 【U-17ニュージーランド代表】 アボット(前17) 【U-17日本女子代表】 OG(前31) 2018.11.25 08:35 Sun
twitterfacebook
thumb

リトルなでしこ、木下の華麗ミドル弾でメキシコにドロー、首位で決勝トーナメント進出《U-17女子W杯》

▽U-17日本女子代表は20日、ウルグアイで開催中のU-17女子ワールドカップ(W杯)グループB最終節でU-17メキシコ代表戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽4日前に行われたU-17南アフリカ女子代表戦を6-0と圧勝して1勝1分けとした首位の日本(勝ち点4)は、引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる2位メキシコ(勝ち点4)戦に臨んだ。 ▽フラットな[4-4-2]を採用した日本は一進一退の攻防で立ち上がった中、ファーストシュートは21分、伊藤彩羅がボックス手前右からミドルシュートを放ってGKを強襲した。 ▽しかし、単純なミスパスが多く、前線にボールを運べない状況が続く。だが40分、バイタルエリア右から中に切れ込んだ木下桃香がボックス手前右から左足を一閃。完璧にコントロールされたシュートがゴール左に決まって日本が先制した。 ▽日本が1点をリードして迎えた後半開始5分、神谷千菜がオンターゲットのシュートを記録したが、63分にミスから同点とされる。何でもないクロスボールをGK大場朱羽が被り、ゴンサレスにヘディングシュートを決められてしまった。 ▽続く69分にもGKとDFの連係ミスから決定的なシュートを打たれるも、後藤若葉のブロックで何とか凌いだ。 ▽その後は膠着状態が続いた中、82分にボックス左に侵入した神谷千菜が枠内シュートを浴びせたが、GKにセーブされた。 ▽終盤にかけては互いに失点を回避するべく慎重に試合を運んで1-1のまま終了。日本が首位での決勝トーナメント進出を決め、メキシコが2位通過を果たしている。 2018.11.21 03:49 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース