吉田フル出場のセインツ、岡崎欠場レスターの猛攻を凌ぎ敵地で貴重な勝ち点1を獲得《プレミアリーグ》2018.04.20 05:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第35節のレスター・シティvsサウサンプトンが19日に行われ、0-0の引き分けに終わった。レスターFW岡崎慎司は足首のケガで欠場。一方、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場を果たした。

▽8位レスター(勝ち点43)が、降格圏の18位に沈むサウサンプトン(勝ち点28)を本拠地キング・パワー・スタジアムに迎えた一戦。14日に行われたバーンリー戦で惜敗し、リーグ戦連敗中のレスターは、その試合から先発を5人変更。バーンリー戦で負傷のGKシュマイケルや岡崎らに代わりGKハマーやイヘアナチョらを先発で起用。

▽一方、リーグ戦7試合未勝利のサウサンプトンは、痛恨の逆転負けを喫したチェルシー戦と同じ先発メンバーで試合に臨んだ。

▽共に中4日で迎えた一戦は、立ち上がりからレスターが高いボール支配率で攻撃を組み立てる。すると7分、マフレズのパスをバイタルエリア中央左でイヘアナチョが受けると、反転からパス供給。これをボックス中央のヴァーディがワンタッチではたくと、ペナルティアーク右に走り込んだマフレズがダイレクトシュート。しかし、これはGKマッカーシーが正面でキャッチ。

▽レスターは15分にも、ボックス右から侵攻したマフレズの折り返しを中央で受けたイヘアナチョがシュート。相手DFのブロックに阻まれたこぼれ球を再び拾ったイヘアナチョが、ゴール左隅を狙ったコントロールシュートを放つも、これはゴール左に逸れた。

▽対するサウサンプトンの反撃は18分、左クロスのセカンドボールをボックス手前のタディッチが左足のダイレクトボレーであわせたが、シュートはゴール左に外れた。40分には、ボックス左でボールを受けたロングのクロスから逆サイドから駆け上がってきたセドリックがボレーシュート。しかし、これもゴール右に外れた。

▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはサウサンプトン。57分、タディッチのシュートのこぼれ球をゴール前で拾ったロングが相手GKとの一対一を迎えたが、シュートは飛び出したGKハマーのファインセーブに阻まれた。

▽レスターは70分、マフレズからのロングパスをゴール前に抜け出したヴァーディが左足であわせたが、これは好反応を見せたGKマッカーシーが右手一本でセーブした。

▽ゴールの遠い両チームは、積極的に攻撃的な選手を投入する。73分、サウサンプトンはロングを下げてオースティンを投入。対するレスターは、76分にイヘアナチョを下げてディアバテをピッチに送り出した。

▽試合終盤にかけて猛攻を見せたのはレスター。しかし、最後まで集中したサウサンプトン守備陣とGKマッカーシーの牙城を崩すことはできず。結局、試合はゴールレスで終了。レスターはホームで下位相手に痛恨のドロー。一方、終盤の猛攻を集中した守りで耐えたサウサンプトンは、敵地から貴重な勝ち点1を持ち帰った。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプールFWイングス、セインツへ! シーズンローンが決定

▽サウサンプトンは9日、リバプールに所属する元イングランド代表FWダニー・イングス(26)のレンタル加入を発表した。期間は1年間となる。 ▽サウサンプトン下部組織出身のイングスは、ボーンマスでプロデビュー後、ドーチェスター・タウン、バーンリーを経て、2015年夏にリバプール入り。だが、2度もヒザを痛めて戦線離脱を余儀なくされるなどケガに泣かされ、十分なアピールに至らなかった。 ▽イングスはクラブ公式サイトで「新しい旅に向かうときが来たと感じた。自分を試したかったし、その準備もできていた。再び自分の価値を示したい」とコメントしている。 ▽なお、イングスの契約には今シーズン終了後の買取義務が付随。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、買取額は2000万ポンド(約28億5000万円)程度とみられる。 2018.08.10 08:40 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルがウェルベック売却にオープン?

▽アーセナルに所属するイングランド代表FWダニー・ウェルベック(27)にプレミアリーグの3クラブが関心を示しているようだ。イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が報じた。 ▽ロシア・ワールドカップ参戦による特別休暇を経て、6日からアーセナルに合流したウェルベック。だが、新シーズンから指揮を執るウナイ・エメリ監督の評価はさほど高くなく、獲得希望クラブからオファーが届けば交渉に応じる意向を示している模様だ。 ▽そのウェルベックに対しては現在、ベシクタシュが興味を示しているが、本人は国内残留を希望。プレミアリーグのデッドラインデイ(9日)が迫っている状況の中、エバートンやボーンマス、サウサンプトンが移籍先候補として挙がっているという。 ▽なお、アーセナルは今夏、補強資金として総額7000万ポンド(約100億9000万円)を投下。そのため、ウェストハム行きが取り沙汰されるスペイン人FWルーカス・ペレス(29)と共にウェルベックを売却対象選手として、戦力整理にあたっているとみられる。 2018.08.07 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

残留争いのチームに警鐘を鳴らす吉田麻也「同じミスは繰り返せない」

▽サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也が、シーズン開幕を前にチームに発破をかけた。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽日本代表のディフェンスラインを支え、ロシア・ワールドカップでは4試合にフル出場を果たした吉田。サウサンプトンでもディフェンスリーダーとして24試合に出場し2ゴールを記録。チームのプレミアリーグ残留に貢献していた。 ▽吉田は、ワールドカップ後の休暇を終えてチームに合流。5日に行われたボルシアMGとのプレシーズンマッチには、69分から出場した。チームは0-3で敗れている。 ▽昨シーズン残留争いを経験した吉田は、シーズン開幕が迫る中チームに警鐘を鳴らし、チーム全体として成長する必要があると語った。 「誰もがもう少しトレーニングをする必要がある。僕たちはやらなければいけない。なぜなら、簡単にやられすぎている。そして、チャンスがあったにも関わらず、ゴールを決められていない。自分自身で取り組む必要があるね」 「チャンスがあるとき、それを生かさなければいけない。そうでなければ、僕たちは昨シーズンと同じように苦労するだろう」 「プレミアリーグは最高の場所であり、僕たちはそれを楽しまなければならない。でも、楽しむためには、戦う必要がある」 「昨シーズンはシーズンの初めに多くのポイントを失ってしまった。同じミスを繰り返すことはできない。そこから学ばなければいけない」 2018.08.07 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

サウサンプトンのキーマンは吉田麻也?現地メディアが期待「選手やファンが厚い信頼を寄せる」

シーズン開幕を前に守備陣に不安を抱えるサウサンプトンだが、吉田麻也がキーマンになる可能性があるようだ。イギリス『セインツ・マーチング』が伝えた。<br><br>4日に行われたプレミアリーグ開幕前最後のプレシーズンマッチで、ボルシアMGと対戦したサウサンプトン。しかし、ディフェンス陣の脆さを露呈して0-3で敗戦。3バックを務めたヤン・ベドナレク、ヴェスリー・ホード、ヤニック・ヴェステルゴーアの働きは十分ではなく、3失点を喫してしまった。<br><br>指揮官を務めるマーク・ヒューズ監督は、ディフェンス陣に大きな不安を抱えた状態で12日に行われるバーンリーとのプレミアリーグ開幕戦を迎えることになるが、『セインツ・マーチング』はワールドカップで日本代表のベスト16進出に貢献した吉田の存在が解決策になるのではないかと期待を寄せている。<br><br>「ヨシダはワールドカップを終えてトレーニングに戻ってきたばかりだが、最後のプレシーズンマッチで20分間の価値ある時間を送った」と、69分から出場し以降無失点に抑えた吉田のプレーを評価した。<br><br>さらに「当初の期待はわずかだったが、今では選手やファンが厚い信頼を寄せており、難しい昨シーズンの中でもチームに貢献した数名の選手の中の1人だった。週末の開幕戦をスタートでプレーするにはやや早すぎるが、アウェイのエバートン戦では再びキープレーヤーになる可能性がある」と日本代表DFへの期待を語った。<br><br>同メディアは、吉田のコンディションが整い次第、4日の試合で低調だったホードと入れ替わるのではないかと予想。「セインツが移籍市場でこれ以上動く可能性は少なく、現状の戦力に頼ることになるだろう。そして、ヨシダがキーマンになる可能性は十分にあり得る」と締めくくった。<br><br><br>提供:goal.com 2018.08.06 13:10 Mon
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、イングランドで苦しむサウサンプトンFWガッビアディーニに興味か

▽フィオレンティーナが、サウサンプトンに所属するイタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニ(26)の獲得に乗り出すようだ。イタリア『Sport Mediaset』が伝えている。 ▽イタリア代表FWフェデリコ・キエーザやアルゼンチン人FWジョバンニ・シメオネが複数のビッグクラブに狙われているフィオレンティーナ。『Sport Mediaset』によれば、新たな戦力としてサウサンプトンで本領の発揮できていないガッビアディーニをリストアップしたようだ。 ▽また同紙によると、サウサンプトン側は適切なオファーが届けば、快くガッビアディーニを送り出す構えだが、同選手はプレミアリーグでプレーを続けることを望んでいるという。 ▽2017年の冬にナポリからサウサンプトンに加入したガッビアディーニだが、アイルランド代表FWシェーン・ロングとのレギュラー争いに敗れ、昨季もプレミアリーグではわずか11試合の先発出場にとどまっていた。 2018.07.30 05:20 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース