吉田フル出場のセインツ、岡崎欠場レスターの猛攻を凌ぎ敵地で貴重な勝ち点1を獲得《プレミアリーグ》2018.04.20 05:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第35節のレスター・シティvsサウサンプトンが19日に行われ、0-0の引き分けに終わった。レスターFW岡崎慎司は足首のケガで欠場。一方、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場を果たした。▽8位レスター(勝ち点43)が、降格圏の18位に沈むサウサンプトン(勝ち点28)を本拠地キング・パワー・スタジアムに迎えた一戦。14日に行われたバーンリー戦で惜敗し、リーグ戦連敗中のレスターは、その試合から先発を5人変更。バーンリー戦で負傷のGKシュマイケルや岡崎らに代わりGKハマーやイヘアナチョらを先発で起用。

▽一方、リーグ戦7試合未勝利のサウサンプトンは、痛恨の逆転負けを喫したチェルシー戦と同じ先発メンバーで試合に臨んだ。

▽共に中4日で迎えた一戦は、立ち上がりからレスターが高いボール支配率で攻撃を組み立てる。すると7分、マフレズのパスをバイタルエリア中央左でイヘアナチョが受けると、反転からパス供給。これをボックス中央のヴァーディがワンタッチではたくと、ペナルティアーク右に走り込んだマフレズがダイレクトシュート。しかし、これはGKマッカーシーが正面でキャッチ。

▽レスターは15分にも、ボックス右から侵攻したマフレズの折り返しを中央で受けたイヘアナチョがシュート。相手DFのブロックに阻まれたこぼれ球を再び拾ったイヘアナチョが、ゴール左隅を狙ったコントロールシュートを放つも、これはゴール左に逸れた。

▽対するサウサンプトンの反撃は18分、左クロスのセカンドボールをボックス手前のタディッチが左足のダイレクトボレーであわせたが、シュートはゴール左に外れた。40分には、ボックス左でボールを受けたロングのクロスから逆サイドから駆け上がってきたセドリックがボレーシュート。しかし、これもゴール右に外れた。

▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはサウサンプトン。57分、タディッチのシュートのこぼれ球をゴール前で拾ったロングが相手GKとの一対一を迎えたが、シュートは飛び出したGKハマーのファインセーブに阻まれた。

▽レスターは70分、マフレズからのロングパスをゴール前に抜け出したヴァーディが左足であわせたが、これは好反応を見せたGKマッカーシーが右手一本でセーブした。

▽ゴールの遠い両チームは、積極的に攻撃的な選手を投入する。73分、サウサンプトンはロングを下げてオースティンを投入。対するレスターは、76分にイヘアナチョを下げてディアバテをピッチに送り出した。

▽試合終盤にかけて猛攻を見せたのはレスター。しかし、最後まで集中したサウサンプトン守備陣とGKマッカーシーの牙城を崩すことはできず。結局、試合はゴールレスで終了。レスターはホームで下位相手に痛恨のドロー。一方、終盤の猛攻を集中した守りで耐えたサウサンプトンは、敵地から貴重な勝ち点1を持ち帰った。

コメント

関連ニュース

thumb

アザールの2試合連続ゴールにバークリーの移籍後初ゴールなどで、チェルシーが吉田フル出場のセインツに完勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節、サウサンプトンvsチェルシーが7日に行われ、3-0でチェルシーが勝利した。サウサンプトンの吉田はフル出場を果たしている。 ▽ここまでリーグ戦わずか1勝のサウサンプトンは、直近のEFLカップではPK戦の末にエバートンを下し4回戦進出を決めた。公式戦連勝を目指す今節は、吉田が今季リーグ戦初先発。そのほか、古巣対決のバートランドやホイビュルク、イングスなどがスタメンに起用された。 ▽前節、リバプールとの大一番をドローで終えたチェルシーは、先日にヨーロッパリーグのヴィディ戦をモラタの今季2点目となるゴールを守り切り勝利した。今節はその試合からケパとウィリアンを残してスタメンを9選手変更。アザールやカンテが先発に顔を揃えた。リーグ戦はここ2試合引き分けているため、3試合ぶりの勝利を目指す。 ▽序盤はチェルシーが猛攻を見せる。アザールを中心に、ウィリアンやバークリー、さらには両サイドバックが攻撃に参加し、サウサンプトンをあらゆる方向から攻め立てる。10分にかけてはウィリアンやアザールが立て続けにシュートを放っていくが、相手の身体を張った守備を前になかなかネットを揺らすことが出来ない。 ▽逆にサウサンプトンは20分過ぎから攻撃の形ができるようになる。23分、ガッビアディーニがボックスの端から鋭いシュートを放ってGKケパを強襲すると、26分には左サイドのバートランドのクロスにイングスが飛び込むが、至近距離からのシュートは枠の上へ外してしまった。 ▽ピンチを凌いだチェルシーが試合を動かした。二次攻撃、三次攻撃で主導権を握るアウェイチームは相手にボールが渡っても素早いチェックで奪い返す。30分に敵陣でボールを奪ったバークリーは、すぐに前を向いたアザールにスルーパス。アザールはDFの間でパスを受け、GKとの一対一を簡単に制して先制点を奪った。 ▽アザールのリーグ戦2試合連続ゴールで先制したチェルシーは試合をコントロールしながら後半へ。立ち上がりは危険な場面を作られたものの、敵陣中央左で得た57分のFKの場面、キッカーのウィリアンからのサインプレーで、ファーサイドに抜け出したジルーにボールが送られると、ジルーはこれをダイレクトで折り返す。すると待っていたのはバークリー。ゴール前にフリーで走り込んだバークリーの移籍後初ゴールで追加点を挙げた。 ▽苦しくなったサウサンプトンは、その後立て続けに3枚のイエローカードが飛び交う展開に。それでも79分にレドモンドがボックス外からのドライブのかかった強烈なミドルシュートを見舞う。しかし、ここはGKケパがファインセーブ。 ▽その直後、チェルシーはジョルジーニョの高精度なスルーパスからアザールがカウンターを発動。そのアザールからのラストパスを受けた途中出場のモラタがGKと一対一になるものの、シュートはGKマッカーシーに完全に読まれてしまった。 ▽それでも、モラタに訪れた2度目の決定機、後半アディショナルタイムにワンタッチで左サイドを攻略したチェルシーは、仕掛けたアザールのスルーパスに抜け出したモラタが今度はきっちり決めて、ダメ押しの3点目。 ▽モラタのリーグ戦では第2節のアーセナル戦以来のゴールが決まったチェルシーが3-0でサウサンプトンに完勝。3試合ぶりのリーグ戦勝利を手にした。 2018.10.08 00:12 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のセインツがPK戦でエバートン撃破! 4回戦で岡崎との日本人対決へ《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオカップ)3回戦のエバートンvsサウサンプトンが2日にグディソン・パークで行われ、1-1で90分の戦いが終了。その後、PK戦を4-3で制したサウサンプトンが4回戦進出を決めた。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。 ▽2回戦でブライトン&・ホーヴ・アルビオンを破ったサウサンプトンは、2ラウンド連続で同じプレミアリーグ勢のエバートンと対戦。現在、リーグ連敗中のチームは直近のウォルバーハンプトン戦から先発を大幅に入れ替え、今季リーグ戦未出場の吉田は前回のEFLカップ以来の出場を果たした。 ▽立ち上がりの5分にイングスの左足のシュートでいきなり相手ゴールに迫ったサウサンプトンだが、その後はエバートンの反撃に遭う。しかし、ベルナールとルックマンの両ウイングによる決定機をGKガンが冷静に処理するなど、吉田を中心とする守備陣が耐え抜く。 ▽すると、前半終了間際の44分には前線でポイントを作ったイングスが左サイドのレドモンドに一度預けてボックス内に侵入。マイナスのリターンパスを足下に収めると、右足の絶妙なグラウンダーのコントロールシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽サウサンプトンの1点リードで折り返した試合は後半も拮抗した展開が続く。徐々に攻勢を強めるエバートンはリシャルリソン、ウォルコットと主力をピッチに送り込んで来る。 ▽すると85分、ニアッセのスルーパスに抜け出したウォルコットにボックス右から同点ゴールを決められてしまい、土壇場で試合を振り出しに戻された。そして、試合はこのまま1-1でタイムアップ。試合の決着はPK戦に委ねられることに。 ▽このPK戦では互いに1人ずつ失敗した中で5人目で決着を迎える。先攻のエバートンのウォルコットのシュートをGKガンが見事な反応で止めると、後攻サウサンプトンはセドリックが冷静に決め切り、勝負あり。エバートンとの激闘を制したサウサンプトンは4回戦でFW岡崎慎司を擁するレスターと対戦することになった。 2018.10.03 06:29 Wed
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン吉田麻也がついに今季初先発か…専門メディアがウルブス戦のスタメンを予想

サウサンプトンの吉田麻也が今シーズンのプレミアリーグで初めて先発で出場する可能性があるようだ。サウサンプトン専門メディア『セインツ・マーチング』が報じた。<br><br>シーズン開幕から6試合を終え、1勝2分け3敗の勝ち点5で14位と出遅れたサウサンプトン。勝利できるチャンスも十分にあった中での取りこぼしも目立つ同チームが今シーズンも昨シーズン同様に残留争いに巻き込まれる可能性が高い。チームを指揮するマーク・ヒューズ監督へのプレッシャーも高まる中、29日の昇格組ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦での勝ち点奪取が求められる。<br><br>一方のウォルヴァーハンプトンはマンチェスター・ユナイテッド相手にドローを演じるなどここまで勝ち点9とまずまずの成績。さらには、昨シーズンのカラバオカップでサウサンプトンを下した経験もあり、サウサンプトンにとっては難しい一戦になることが予想される。<br><br>前節にアンフィールドで行われ、0-3で完敗を喫したリヴァプール戦からの巻き返しが求められるサウサンプトンは、オウンゴールを犯すなど精彩を欠いたヴェスリー・フートに代わってウォルヴァーハンプトン戦でヤニック・ヴェステゴーアのパートナーになるのは吉田と予想。また、システムも4-4-2に戻し、前線にダニー・イングスとチャーリー・オースティンを並べることになるようだ。<br><br>アウェイ戦とはいえ、勝ち点の奪取が至上命題となるサウサンプトンは29日にウォルヴァーハンプトン戦を迎える。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.29 14:11 Sat
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン専門メディアが吉田麻也の起用を提言「ヴェステゴーアのパートナーにふさわしい」

イギリス『セインツ・マーチング』は、調子を落とすDFヴェスレイ・ホードに代え、DF吉田麻也を起用すべきと提言した。<br><br>昨夏にラツィオからサウサンプトンに加入したホード。しかし移籍以降、時折好パフォーマンスを見せるものの、安定性のないプレーはしばしば議論の的となり、低調に陥るチームの原因の一つとしても考えられている。それでも、マウリシオ・ペジェグリーノ前監督とマーク・ヒューズ監督からの評価は高く、レギュラーとして試合に出続けている。<br><br>しかし、先日のリバプール戦で不運な形からオウンゴールを喫したホードの先発落ちに関する議論が過熱。センターバックに多くのタレントを揃える同チームが代役の選手を起用する適切なタイミングがやって来たと考えられている。<br><br>これを受け、同メディアはロシア・ワールドカップで躍進した日本代表に大きく貢献した吉田や昨シーズン終盤から好プレーを続けるヤン・ベドナレクの出場機会が十分ではないことを指摘。中でも、吉田について「ヒューズが経験の少ないベドナレクを起用するリスクを冒したくはないのなら、(ヤニク・)ヴェステルゴーアとともにマヤ・ヨシダを起用することがより理にかなっている」と提言した。<br><br>さらに「日本代表選手はセインツの他のオプションと同様にホードよりもボールを扱えるディフェンダーだ。それゆえヴェステルゴーアのパートナーとして相応しい選手」と評価し、29日のウォルヴァーハンプトン戦からでもチャンスを与えるべきだとした。<br><br>6試合を終えて1勝2分け3敗の14位とスタートダッシュに失敗したサウサンプトン。このままでは昨シーズン同様に残留争いに巻き込まれる可能性が高い状況であり、ヒューズ監督はホードを外して、吉田やベドナレク、ジャック・スティーブンスといった選手たちを起用する決断を下せるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.27 13:02 Thu
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン、U-18所属GKジャック・バイクロフトとプロ契約…8歳からアカデミーに在籍

▽サウサンプトンは24日、U-18所属のイングランド人GKジャック・バイクロフト(17)とのプロ契約を発表した。契約期間は2021年6月まで。 ▽バイクロフトは、8歳の頃からセインツのアカデミーに在籍。今シーズンはU-18プレミアリーグでここまで5試合に出場している。 ▽プロ契約が決定したバイクロフトは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今日は僕と家族にとってとても誇らしい日になった。ここまで僕を連れてきてくれた全ての人に感謝したいよ。けど、これはただのスタートだ。興奮しているよ」 「プレミアリーグで最も大きなクラブの1つであるサウサンプトンのエンブレムを胸に戦えることはとても名誉なことだ」 2018.09.24 21:30 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース