日本代表・西野朗新監督を知る大黒将志「持っている監督」、対戦経験のある鈴木隆行氏は「『采配当てるな』というイメージ」2018.04.19 22:31 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽Jヴィレッジは19日、新生Jヴィレッジの再始動100日前イベント『新生Jヴィレッジ、再始動。7.28みんなの夢が、動き出す。』を郡山駅前中央広場で行った。

▽1997年に日本初のサッカーナショナルトレーニングセンターとして開設されたJヴィレッジ。2011年3月11日に発生した東日本大震災を受け、現在は施設の営業を停止していたが、営業停止から7年4カ月を経て、2018年7月28日、Jヴィレッジの利用が再開する。

▽トークショーには、元日本代表FWの鈴木隆行氏、栃木SCに所属する元日本代表FW大黒将志、お笑い芸人のパンサー尾形さんが登場。Jヴィレッジの話が続く中、話題はロシア・ワールドカップに臨む日本代表に移った。

▽日本サッカー協会(JFA)は、4月7日付で日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督を解任。後任にはJFAの技術委員長を務めていた西野朗氏が就任していた。

▽ガンバ大阪時代に西野監督の指導を受け、Jリーグ優勝を果たした経験のある大黒は、「監督交代とか凄く大変だとは思いますが、西野さんのことはよく知っています。凄く良い監督なので、この短期間で難しい仕事だと思いますが、持っている監督なので、凄く期待しています。応援もします」と恩師にエールを送った。

▽西野監督の特徴については「岡田(武史)さんは観ている様で、よく観ているんですが、西野さんは観ていない様で、本当に細かいところまで選手をよく観ています。良い監督だと思いますね」とコメント。また選手選考についても「選手目線で見て良い選手を、西野さんは選べます」と語った。

▽また、采配についても言及し「交代策とかも、センターバックが試合でケガしたら、普通はセンターバックかサイドバックを入れると思うんですけど、西野さんは前半15分ぐらいでセンターバックがケガしても、フォワードの選手を入れちゃったりします」と大胆な采配を行うとコメント。「それで3-0、3-1で勝っちゃったりしますね。先の先の先まで考えている感じです。だから、Jリーグで最多勝利監督だったりするんだと思います」と自身が指導を受けた経験を元に、西野監督の手腕に期待を寄せていた。

▽鹿島アントラーズの選手として西野監督率いるガンバ大阪と対戦したことがある鈴木氏は、「僕は対戦相手でしたけど、『采配当てるな』というイメージが結構あります。出た選手が点を取って負けたり、交代策が当たったりしてました」と語り、相手としてみていても期待が持てることを明かした。

▽鈴木氏はロシア・ワールドカップについて「今は色々騒がれていたりしますが、昔と今の日本代表のレベルは全然違います。昔は、それほど実力がなかったというか」とコメント。「今は海外に出ている選手も多くて、経験豊富で、実力は凄くあるんです。あとは、どうやって実力ある選手たちを使うか。そこが凄く重要になると思います。結果が出ていないというのは、上手く使えていなかったということですね。上手く使って力を合わせれば、ワールドカップに出ている強豪国に勝てるチャンスはあります」と語り、日本代表に期待を寄せていた。

▽また、自身の経験に基づき、「昔はやっぱり勝つのは難しかったです。実力差は2002年とかはありました。今は勝ってもおかしくはないです」とコメント。コロンビア、セネガル、ポーランドと厳しい相手との対戦となるものの、日本にも勝ち目があると語った。
コメント
関連ニュース
thumb

森保一監督、首位突破を懸けた第3戦でスタメン大幅変更を示唆「明日の試合はこれまでの2戦からは選手を多く代えて臨もうと思っている」《AFCアジアカップ2019》

17日に行われるアジアカップ2019のグループステージ第3戦のウズベキスタン代表戦を前日に控えた日本代表の森保一監督と、MF青山敏弘が公式記者会見に出席した。 森保一監督は、これまでの2戦からを多くの選手を入れ代えてウズベキスタン戦に臨むと明言。また、ブレーメンのFW大迫勇也とガンバ大阪のGK東口順昭の起用については「まずしっかりケガを治してもらって、チームに合流してもらえればと思っている」とコメントした。 ◆森保一監督(日本代表) 「明日のウズベキスタン戦はグループリーグ1位突破を懸けた戦いになる。我々は勝って1位でグループリーグを突破することを目指して、今日のトレーニングもやっていければと思っている」 ──明日はグループ首位通過が懸かっているがプレッシャーはあるか、それとも自身が自信があるか 「プレッシャーか自信かということですが、我々はグループリーグを1位で突破して次のステージに向かうこと、そして最終的な目標である優勝に向かっていくことをチームとして考えて、この大会に臨んでいる。なので、勝ちたいというプレッシャーもあり、勝てるという自信も選手にはどちらも持って明日の試合に臨んでほしいと思っている」 ──勝利して首位通過すれば決勝トーナメント1回戦でオーストラリアと対戦することを避けられるがどう考えているか 「1位突破がオーストラリアを避ける目的ではない。ラウンド16に上がってくるチームはどのチームも強い。我々は高い目標、大きな目標を持っているが、目の前の一戦に勝利することに最善を尽くす、試合でベストを尽くすということをこれまで同様にやっていきたい。オーストラリアは(グループリーグの)初戦で敗戦したが、やはり力のあるチームだと思っている」 ──ここまでの2試合で交代枠を残したのは監督としての判断か、それともベンチにいる選手の問題か 「すべてにおいて私の判断だと思っている。力が足りなくて交代枠を使わないという選手はここに招集していない。試合に勝つためのそのときの最善の選択ということで決断してきた」 ──オマーン戦後、すべての選手を使いたいと話していたが… 「“できれば”すべての選手を使いたいと話したと思うが、すべての選手を使いたいという思いで明日の試合には臨みたい。グループリーグ突破は決まっているが、勝つために戦うと思っている。これまで試合に出た選手だけでなく、サブの選手、試合に出場する機会のなかった選手もいい準備をしてくれた。明日は日本の総合力を見せられる試合だと思うし、総力戦でこの大会を戦っていく意味でも、できるだけ多くの選手にプレーしてもらいたいと思っている」 「選手もスタッフも高い目標を持ってアジアカップに臨んでいる。全員が自分の立ち位置でチームのために戦っている。それは日々のトレーニングから試合に向けてやっていこう、試合の中でもやっていこうと話している。それぞれがフォアザチームの精神を持って、特徴は個々で違うが、個々が持っているものを最大限チームに生かせるようにしようというのは、今日の練習の前にも伝えて戦いに臨みたい」 ──これからチームのパフォーマンスをどう上げていくか 「アジアカップに臨むにあたって国内組、海外組とコンディションのバラつきがあったところを国内キャンプで、そしてUAEに来てからも調整してきた。1戦目、2戦目と選手個々のコンディションも上がってきたと思うし、チームとして戦うコンセプトのもと、意思統一の意味でも一戦一戦良くなってきていると思う」 「まだまだ攻守すべてにおいてクオリティーを上げていこう、高い理想を持ってやっていこうというのは選手にも求めているが、この2戦を通して積み上げてきたものと、さらにやっていかないといけないことを今日の練習から整理して、明日の試合でいい戦いができるようにしたい」 ──優勝するためにどのチームがライバルになるか 「我々は優勝を目指して大会に臨んでいるということで、選手も認識してくれていると思うし、チームとしてそういう共通認識のもと大会に臨んでいる。しかしながら、チームとしてはロシアW杯から選手が入れ替わった部分もあり、成長しながら7試合戦っていこうということで選手にも話しているし、チームとしてもその考えを持っている。一戦一戦成長しながら結果を出すということで、我々はチャレンジャーとしてこの大会に臨み、高い目標に向かっていくことを、まずは考えないといけない。優勝争いの本命国と言われるのは光栄ですが、我々はチャレンジャーとしてやっていかないといけない。前回大会(の結果)も含め、今のチームづくりの中で成長していかないといけないことを考えて明日の試合にも臨みたい」 ──別メニュー調整の続いている大迫と東口の回復状況は 「2人に関してはメディカルからこの大会中には復帰できると聞いている。それが早ければ私としてもチームとしてもうれしい話だし、2人にも早くケガを治して復帰したいという焦る気持ちもあると思うが、まずしっかりケガを治してもらって、チームに合流してもらえればと思っている。(復帰が)いつというのは、ケガの様子、回復を見て、早ければうれしいということで考えていきたい」 ──明日の試合で何がポイントになるか、また日本はどこをさらに調整しなければならないか 「明日の試合はこれまでの2戦からは選手を多く代えて臨もうと思っている。チームのコンセプトとしては練習をやって、ミーティングでも各試合の振り返りをやって合わせているが、実際にピッチに立った選手同士が感覚的にお互いにフィーリングが合うかどうかが大切なので、今日の練習でもそこを合わせていきたい。明日の試合もスタートから100%うまくいくという考えより、試合中で対戦相手との状況も考えながらすり合わせていくことにトライしてもらえればと思っている。そこはチームの戦い方としてもポイントだし、明日の試合に勝利するためにも必要だと思う」 2019.01.16 23:50 Wed
twitterfacebook
thumb

MF青山敏弘、首位通過の懸かる一戦に向け「ベストの試合ができるように…」《AFCアジアカップ2019》

17日に行われるアジアカップ2019のグループステージ第3戦のウズベキスタン代表戦を前日に控えた日本代表の森保一監督と、MF青山敏弘が公式記者会見に出席した。 ◆MF青山敏弘(日本代表) 「ベストの準備をして、ベストの試合ができるようにメンタル、フィジカルの両方をしっかり準備したい」 ──これまでベンチで見ていて、これから日本が大会を勝ち進むうえで何が必要だと思うか 「まずはこのグループリーグを突破するための戦い方だったかなと。勝利に対してはいつも準備してベストを尽くすが、この暑さと個々のコンディションを上げることが一番だったかなと。そのうえで勝利すること、グループリーグを突破することを目標にしていたと僕は認識している。それはだいぶ上がってきた」 「ここからはさらに上のパフォーマンスと結果を求めてやっていくだけだと思うし、その一歩として明日の試合(ウズベキスタン戦)があると思っているので、結果を出したいと思う」 2019.01.16 23:49 Wed
twitterfacebook
thumb

停滞した後半で新たな課題、北川航也の見えざる貢献は新たな一手の可能性/日本代表コラム

初戦のトルクメニスタン代表戦で苦しみながらも勝利を収めた日本代表。その試合から中3日、第2戦のオマーン代表戦でも苦しみながら勝利。グループステージの突破を決めた。 結果としては、1-0で勝利し、初戦でミスから2失点を喫したディフェンス陣は無失点に抑えた。一方で、オフェンス陣は序盤の決定機を逸したことにより、1得点に留まった。初戦からの改善は見られた部分もあったが、やはり不完全燃焼と言わざるを得ない。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆改善された立ち上がり</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190114_38_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> トルクメニスタン戦から、メンバーを2名変更した日本。1人は、臀部の痛みを訴えていたFW大迫勇也(ブレーメン)に代わりFW北川航也(清水エスパルス)を起用。もう1人は、DF槙野智章(浦和レッズ)に代えてMF遠藤航(シント=トロイデン)を起用した。 遠藤はMF柴崎岳(ヘタフェ)とともにボランチに入り、トルクメニスタン戦でボランチ起用されたDF冨安健洋(シント=トロイデン)がDF吉田麻也(サウサンプトン)とともにセンターバックでコンビを組んだ。 立ち上がり、トルクメニスタン戦は中央の崩しに固執してしまった日本だが、この試合ではサイドも有効に活用。立ち上がり2分には、堂安が積極的に仕掛けると、ボックス内へのクロスをMF原口元気(ハノーファー)がシュート。しかし、クロスバーに阻まれる。 さらに7分、12分とMF南野拓実(ザルツブルク)がGKと一対一の決定機を迎えるが、シュートはセーブされてしまう。24分、26分にも南野は決定機を迎えたが、いずれも得点を奪えず。しかし、26分のシーンでは原口がファウルを誘い、PKを獲得。しっかりと決めて先制し、この1点を守り切って勝利した。 先制点までの26分間に、南野が得たビッグチャンスは4度。立ち上がりの原口のシュートを含めれば、5度の得点チャンスを作り出した。これは、トルクメニスタン戦と比較しても、良い立ち上がりだったと言える。 ピッチの横幅を使うこと、そして、1トップの北川が受けるだけでなく、オマーンのディフェンスラインのポジショニングを見て、最終ラインからロングボールを送って裏をとるということ。攻撃面では大きな改善も見えたが、5度の得点チャンスを1度も生かせていないことは大きな問題だ。 結果として、PKを獲得して先制したものの、判定に助けられた部分も大きい。相手GKのパフォーマンスも評価に値するが、1人で4度決定機を迎えた南野がゴールを奪えなかったことは、課題として大きく残った。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆停滞した後半</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190114_38_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 一方で、後半のパフォーマンスには不満が残る。前半の得点機を逸した日本だったが、後半の立ち上がりからオマーンが強度を強めて出てきた。また、徐々にボールをオマーンが持つ時間が増えたことにより、日本はペースを掴めない時間が続いた。 停滞した状況を打破しようと、日本は北川に代えて武藤嘉紀(ニューカッスル)を投入。しかし、この交代がハマらず、日本は決定機どころか、シュートすら打てない状況を迎えてしまった。 オマーンの攻撃に対しては、冨安、吉田を中心に守備陣が奮闘。特に、ボランチに入った遠藤が攻守に渡って冴えており、無失点で凌ぐことが出来た。終盤のパワープレーに対してはヒヤリとさせられる場面も作られたが、2試合目でクリーンシートを達成できたことは、選手たちにとっても自信になったはずだ。 しかし、攻撃面での変化がつけられなかったことは大きな課題として残る。ビハインド、またはイーブンの状況で勝利を目指すことを考えれば、2試合目の後半に及第点は与えられない。しっかりと課題として、ウズベキスタン戦までに準備してもらいたい。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆北川の見えざる貢献はオプションにも</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190114_38_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 前半の決定機を逸したことが試合の流れに影響を与えたことは1つあるだろう。あの場面で2点、3点と奪えていれば、オマーンの戦い方も変わり、さらなるゴールを積み重ねられた可能性もある。フィニッシュの精度という点では、ウズベキスタン戦での奮起に期待したい。 一方で、もう1つ試合の流れを変えたと考えられる場面があった。それは1トップに入った北川の交代だ。 大迫の欠場により、先発した北川。森保体制になってから、大迫以外の1トップが結果を残したことはなく、欠場時のプランに不安があったのは事実だ。 この試合でも先発した北川は、試合中に見せ場を作ることなく、57分と早い時間に武藤と交代させられている。確かに、決定機に絡めず、ボールタッチ数も少なかった。特に、南野との距離感が悪く、1トップに入る選手としては、働きが物足りないと言わざるを得ず、得点が欲しい森保監督が武藤を投入したのも理解はできる。 しかし、この日の北川は結果として黒子の働きを見せていた。前半から、ボールを受けようとしていたが、オマーンはウズベキスタン戦同様に縦パスが入った瞬間を狙っていた。そのため、2センターバックが北川をケアしていた。 さらに、オマーンが想定以上のハイラインを敷いたことにより、裏のスペースを狙うことが可能となった。北川にとってもやりやすい状況だったが、積極性が足らず、ポジショニングも良くなかったためボールが来ず。一方で、南野の近くにスペースが生まれ、決定機が生まれた。 大迫が欠場すると分かってか、オマーンは高いラインを敷いた。本来であれば、南野同様に自身にボールが入る動きをすべきだったが、経験値の少なさか、積極性に欠け、味方からパスを供給される回数が少なかった。 それでも、南野とのポジショニングを間違えることはなく、相手CBを引きつけていたことも事実だ。囮という考えでいけば、南野を生かすために使い道はある。コミュニケーションをとり、狙って動くことができれば、オプションになり得るだろう。 一方で、武藤は北川よりも前線で動くタイプ。サイドに流れるプレーや、裏へボールを呼び込むためのポジションチェンジなどを繰り返していた。しかし、武藤が動くことで、南野のスペースが消滅。結果として、前半に作っていた決定機はほとんど迎えることがなかった。 大迫の代役の答えは見つからないが、北川の起用は、南野を生かすという意味で考えればオプションにもなり得るだろう。ユース年代ではともにプレーしていただけに、お互いのイメージが一致すればだ。 前線からの守備という点でも、オマーンに対して効いていた部分はある。攻守の整備役としては及第点だ。しかし、1トップとして起用されていることを考えれば、最善のプレーだったとは言えない。大迫の穴の大きさは、やはり埋め切れないというのが現時点での答えであり、北川には自身が生きるプレーを見つける課題が残った。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆大迫の存在は課題に</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190114_38_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 大迫のケガの状態が不明だが、決勝トーナメントの戦いを見据えれば、ウズベキスタン戦も欠場させる可能性は高い。その場合は、北川、武藤のどちらかを起用することになる。 どちらのプランが良いということではなく、それぞれ特徴が違うため、戦い方を変える必要があるということ。北川も、南野のサポートにはなっていたが、自身が生きたとは言えず、1トップとしては及第点を出せない。武藤もそれは同様だ。 決勝トーナメントへの進出を決めたものの、課題が残る日本。ウズベキスタン戦で勝利し、首位通過を目指す必要はあるが、選手の特徴を生かすという意味では、システムの変更も視野に入れて良いのではないだろうか。 基本システムは[4-2-3-1]としているものの、南野、堂安をサイドに置く[4-4-2]や堂安をインサイドに置き、南野をウイングに置く[4-3-3]も考えられるだろう。「システムを決めてはいない」と森保監督は過去に語っており、3バックを試合中に試すこともあると発言していた。 核となる大迫が不在、そしてMF中島翔哉(ポルティモネンセ)も今大会は不在の状況であれば、新たなオプションを探すという手も1つあるはず。9月に始まるカタール・ワールドカップ予選を考えても、様々な手を用意する必要はあるだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆首位通過を争う相手は強敵</span> オマーンvs日本の後に行われたトルクメニスタンvsウズベキスタンでは、ウズベキスタンが0-4で圧勝した。日本が苦戦した相手に4得点を奪い、無失点に抑えたという状況。ウズベキスタンはグループ最大のライバルと言える。 トルクメニスタン戦では、1トップに入ったFWショムロドフが効いており、日本戦にも出場するとなると、ディフェンス陣は非常に手こずることになるだろう。世代別の代表でも結果を残しているウズベキスタンは、森保監督率いるU-21日本代表の前にも立ちはだかった。 この先の戦いを見据えれば、首位通過が望ましい。しかし、この2戦で日本も多くの課題を見つけたはず。3戦目でこの2試合の反省を生かすことができれば、勝利も難しくない。1戦目より改善が見られた2戦目。3戦目のウズベキスタン戦はさらなる好ゲームを期待したい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.01.14 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】2連勝、GS突破のオマーン戦…ユーザーから厳しい声が集中

超WS有料版で実施した13日に行われたAFCアジアカップ2019グループF第2戦のオマーン代表戦におけるユーザー採点アンケート結果を発表します。 28分に生まれたMF原口元気のPK弾でオマーン代表を退け、2連勝で決勝トーナメント出場を決めた森保ジャパン。だが、DF長友佑都のあわやPK献上の場面を含めて主審の笛に助けられた感が否めず、今後に向けて課題も露呈した。 そのためか、ユーザーの採点も軒並み平均値(5.5)を下回る結果に。最低は負傷したFW大迫勇也に代わり、1トップを務めたFW北川航也の「4.0」だった。また、声も結果を称える一方で、内容に厳しい指摘が集中している。 ◆オマーン戦のユーザー採点結果 GK 権田修一 5.4 DF 酒井宏樹 5.0 吉田麻也 5.2 冨安健洋 5.5 長友佑都 5.3 MF 遠藤航 5.5 柴崎岳 4.5 堂安律 5.3 →伊東純也 - 南野拓実 5.3 原口元気 5.6 FW 北川航也 4.0 →武藤嘉紀 4.6 監督 森保一 4.4 ◆皆様の声(一部) ・決勝トーナメント進出おめでとう。それ以外で評価すべきところなし ・格上とは思えない内容 ・大迫に次ぐストライカー不在 ・大迫いなけりゃ戦えない ・結果が第一だが… ・今後が不安 ・昨年までの勢いは何だったのか 2019.01.14 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

森保一監督「すべての試合が難しく厳しい」《AFCアジアカップ2019》

日本代表は13日、AFCアジアカップUAE2019のグループF第2節でオマーン代表と対戦し、1-0で辛勝した。試合後の森保一監督の会見は以下の通り。 「選手たちにはオマーン戦に向けてまずはグループステージ突破を目指してチーム一丸となって準備しようと伝えました。そして、選手たちは良い準備をして無失点で勝利を収めてくれました。ただ、次の試合もあるのでこれまで通り、次の試合に向けた準備をしていきたいです」 ――主審の判定について 「判定についてはレフェリーのジャッジに従おうと思っていますので、レフェリーのジャッジが全てかなと思っています。試合の結果は我々が得たPKを決めて、1-0で我々が勝利したことになりましたが、試合の結果だけではなく、日本とオマーンが良い戦いをして、良いフットボールをして試合ができた。その内容の部分で監督として両チームの選手たちを称えたいと思います」 ――決して楽な試合ではなかったが、泥臭い勝ち方が大事になってくるのか 「すべての試合が難しく厳しいと覚悟しています。今日の試合、チャンスで言えば前半のうちにもっと決めて、楽なゲーム展開にできればというところがありますし、1点取った後に追加点を取れればより良い形でゲームを進められたと思いますけど、そう簡単に相手は進めさせてくれない。これからの試合も厳しくなるということを、今日の試合からも学んで我々は進んでいけると思います」 ――優勝候補について 「この大会に参加している全ての国にチャンスがあると思います。次のノックアウトステージに進んだチーム全てに力があって、チャンスがあると思っています。我々はもちろん優勝を目指して戦っていますが、自分たちがこの大会で成長しながら7試合戦うということを次の一戦に向けて準備したいと思います」 ――後半攻撃が停滞した要因は 「1-0で前半を終えたが、できれば多くのチャンスを作った前半のような流れで、追加点を決めることができれば理想的な展開でした。ただ、オマーンが圧力をかけてくることを想定していた中で、少し予想とは違いました。オマーンはボールを保持して攻撃することのできる良いチームでしたので我慢が必要でした。無失点で勝利できたことはチームとして良かったことだと考えたいです。ただ、追加点を奪う点はこれからの課題としていきたいです」 2019.01.14 03:39 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース