鹿島、サポーター1名を無期限入場禁止に…名古屋戦後、ピッチへ氷を投げ込む「違反行為」がSNSによって確認2018.04.19 17:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽鹿島アントラーズは19日、14日に県立鹿島サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第8節の名古屋グランパス戦において、違反行為が発覚し、鹿島サポーター1名に処分を科したことを発表した。▽クラブの発表によると、同試合終了後に鹿島の選手たちが南側ゴール裏のサポーターズシートへ挨拶に向かった際、観客席から氷が投げ込まれ、選手の足元に落下したとのこと。この行為が観戦ルールの違反行為となる「フィールドへの物品の投げ込み」に該当。試合終了から約2時間後、SNSへ投稿された動画を通じてクラブが本行為を確認した後、17日に該当者を特定し、本人への事情聴取を行い、違反行為を認めたため、「クラブのホームゲーム及びアウェイゲームへの無期限入場禁止」の処分を下したことを説明している。

▽鹿島は今回の一件について、以下のように声明を発表した。

「今回の違反行為を受け、クラブとして、セキュリティ体制強化や観戦ルールの周知を徹底してまいります」

「サポーターの皆様におかれましては、観戦における禁止行為について今一度ご確認いただき、ルールを順守してご観戦頂きますよう、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます」

コメント

関連ニュース

thumb

元日本代表DF岩政大樹、15年間の現役生活に幕

▽関東リーグ1部の東京ユナイテッドFCは22日、元日本代表DF岩政大樹(36)の現役引退を発表した。 ▽東京学芸大学在学時にFC東京の特別指定選手だった岩政は、2004年に鹿島アントラーズに入団。常勝軍団を後方から支え続け、2007シーズンから2009シーズンにはJ1リーグ3連覇を成し遂げたほか、数々のタイトルを獲得した。その後、10年間過ごした鹿島を退団し、2014年にタイ・プレミアリーグのテロ・サーサナFCでプレーした後、ファジアーノ岡山を経て、2017年に東京ユナイテッドFCへ選手兼コーチとして加入していた。 ▽また、2009年10月にデビューを飾った日本代表では8試合出場。出場機会はなかったが、2010年には南アフリカ・ワールドカップのメンバーにも選出された。2011年のアジアカップでは4試合に出場して優勝に貢献した。 ▽15年間の現役生活にピリオドを打った岩政は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私は今シーズン限りで引退します。2年間ありがとうございました」 「私が現役最後のクラブとして選んだ東京ユナイテッドというクラブ、私が最後のチームメイトとして選んだ東京ユナイテッドのみんなを、次のステージに届けてあげられなかったことには本当に申し訳なく思っています。精一杯、そのときにできる自分のありったけで向かってきた2年間でしたので、悔いはありませんが、同時にそれはつまり私の力不足だということで、その現実を今はしっかりと受け止めようと思っています」 「ただ、2年前に東京ユナイテッドを選んだ、あのときの決断を今『良かった』と振り返ることができていること。支え、応援してくださった皆様にいっぱいの『ありがとうございました』をお伝えしたいこと。それを最後にここに記させてください」 「ここに来て、ここで終えられて、良かったです。ありがとうございました」 2018.10.22 13:25 Mon
twitterfacebook
thumb

岩波同点弾に武藤2発! 浦和、鹿島に逆転勝利で5位浮上!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第30節の浦和レッズvs鹿島アントラーズが、20日に埼玉スタジアム2002で行われ、3-1で浦和が勝利した。 ▽ここまで11勝9分け9敗で7位に位置する浦和(勝ち点42)と、13勝7分け9敗で3位につける鹿島(勝ち点46)が激突した。前節のベガルタ仙台戦を1-1で引き分けて連勝が3でストップしたものの、4戦無敗中の浦和は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。U-19日本代表に招集されている橋岡に代えて森脇を起用した。 ▽一方、前節の川崎フロンターレ戦をゴールレスドローで終え、代表ウィーク中に行われたYBCルヴァンカップ準決勝で横浜F・マリノス(第1戦:1-2●、第2戦:2-2△)に敗れた鹿島は、川崎F戦から先発メンバーを5人変更。犬飼、三竿健斗、鈴木らに代えて昌子、小笠原、土居らを起用した。昌子は13試合ぶりリーグ戦先発となった。 ▽AFCチャンピオンズリーグ出場を目指す両者の直接対決。試合はホームの浦和ペースで試合が進む。2分、ボックス左手前の宇賀神のクロスをファーサイドの興梠が胸トラップからポストプレー。最後はボックス手前中央やや右の森脇が走り込み、左足でシュートを放つが、ゴール上へと外れた。 ▽良い立ち上がりを見せる浦和は10分、柏木のパスをボックス右で受けた長澤が武藤とのパス交換で切れ込み、左足シュート。これはGKクォン・スンテに弾かれる。さらに13分、今度は武藤が長澤とのワンツーでボックス右に侵攻して右足でシュートを放つが、わずかにゴール上へと外れてしまい、先制点とはならない。 ▽立ち上がりこそ浦和に押し込まれた鹿島だが、前半半ばに差し掛かると押し返し始める。しかし、浦和の集中したディフェンスの前にゴールを脅かすことはできない。 ▽それでも鹿島は38分、浦和の一瞬の隙を見逃さず先制点を奪う。ボックス手前のセルジーニョがボックス左外へパス。これを山本がクロスを送ると、ポッカリと空いたファーサイドのスペースに走り込んだ西が浮き球をダイレクトで右足を合わせる。低弾道のシュートがゴール左へと突き刺さり、アウェイの鹿島が先制に成功する。 ▽後半に入ると、1点を追いかける浦和は反撃に転じる。52分、ボックス左手前でパスを受けた興梠が巧みなターンからクロスを供給。中央にポジションをとっていた武藤のヘディングはミートしなかったが、ファーサイドに流れたボールを宇賀神がボレーシュート。しかし、シュートはGKクォン・スンテの正面に飛んでしまい、絶好のチャンスをフイにしていしまう。 ▽それでも浦和は直後の左CK、キッカーの柏木が左足でニアサイドにボールを送ると、走り込んだ岩波がヘディングシュート。これがゴールへ吸い込まれて、スコアが1-1と振り出しに戻る。 ▽セットプレーから同点に追いついた浦和はさらに60分、宇賀神のパスをボックス手前で受けた武藤が寄せてきた相手DFをかわして反転。ボックス手前やや左から左足を思い切りよく振り抜いてゴール右隅へと突き刺し、逆転ゴールを奪った。 ▽試合をひっくり返された鹿島は62分、小笠原に代えて鈴木を投入。攻撃の活性化を図る。すると75分、永木の右CKを途中出場の鈴木がヘディングシュート。しかし、これが右ポストに直撃してしまい、同点ゴールとはならない。 ▽その後も攻勢を続ける鹿島。86分には敵陣中央左でFKを獲得し、キッカーの永木のクロスを西が合わせたが、枠を捉えきれず。すると、逆に浦和が後半アディショナルタイム、アンドリュー・ナバウトからパスを受けた武藤がドリブルで持ち上がり、ボックス内に侵攻。最後は右足を振り抜いてゴールネットを揺らし、追加点を奪って試合終了。 ▽鹿島に3-1で勝利した浦和が5戦無敗で5位に浮上した。一方の鹿島は、5試合ぶりの黒星で暫定4位に転落している。 2018.10.20 18:02 Sat
twitterfacebook
thumb

元日本代表FW田代有三、14年間のキャリアに幕…鹿島黄金期メンバー

▽元日本代表FW田代有三(36)が20日、現役引退を表明した。 ▽福岡県出身の田代は、福岡大学在学時に大分トリニータ、サガン鳥栖の特別指定選手としてトップチーム登録されると、2005年に鹿島アントラーズに入団。ストライカーとしてJ1リーグ3連覇など鹿島の黄金期を支えた後、モンテディオ山形、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪を渡り歩き、2017年3月からナショナル・プレミアリーグ(オーストラリア2部相当)に属するウーロンゴン・ウルブスに活躍の場を移した。 ▽代表キャリアにおいては、2008年の東アジア選手権で日本代表に追加メンバーとして初招集を受け、通算3キャップを記録。14年間のプロキャリアに終止符を打つことを決断した田代は、自身のインスタグラム(yuzo.tashiro)を通じて、次のようにコメントしている。 「サッカーを初めて約30年、プロサッカー選手となってからは14年。私、田代 有三は引退する事に決めました。サッカーを通して様々な事を学び、様々な人と出会う事が出来、本当に幸せなサッカー人生だったと思います。そのきっかけを与えてくれた兄にも感謝です。色々なチームのチームメート、スタッフ、関係者、サポーター。僕にサッカーを教えて頂いた指導者の方々。誰よりも近くでどんな時も見守ってくれた妻、子供達。そして30年間僕のサッカー人生を支えてくれたお父さんお母さん。本当にありがとうございました! 最高なサッカー人生でした」 2018.10.20 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】アジアを懸けた激戦! 指揮官&エースは古巣対決《浦和vs鹿島》

▽20日、明治安田生命J1リーグ第30節が開催。浦和レッズvs鹿島アントラーズが埼玉スタジアム2002で行われる。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">ACL出場権を懸けた戦い!<br />浦和vs鹿島をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div><span style="font-weight:700;">◆ACL出場権を懸けて</span> ▽29節を終え、11勝9分け9敗の勝ち点42で6位につける浦和と、13勝7分け9敗の勝ち点46で3位に付ける鹿島の一戦。両者の勝ち点差はわずかに「4」であり、来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を懸けたバトルとなる。 ▽今シーズンは序盤から不振に喘いだ浦和と鹿島。例年に無く混戦状態となるJ1で、着実に勝ち点を重ねた結果、上位を争う位置で終盤戦を迎えた。来シーズンの行方を占う一戦、どちらも勝ち点3が欲しいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆3位入りを目指して</span>~浦和レッズ~ ▽ホームの浦和は、直近の5試合で3勝1分け1敗。現在は4戦無敗と結果を残している。オズワルド・オリヴェイラ監督就任後は、相次いで選手が負傷離脱するというエクスキューズに見舞われたものの、着実に白星を積み重ね上位争いに顔を出してきた。 ▽今節の鹿島を含め、北海道コンサドーレ札幌(5位)、FC東京(4位)と上位との対決も残しており、自力でより上位に行ける可能性を残している。 ▽前回対戦は5月にアウェイで0-1と敗戦。さらに、右ウイングバックでレギュラーを掴んだDF橋岡大樹がAFC U-19選手権に出場中のため不在。チーム力を活かして難敵・鹿島を迎え撃つ。 <span style="font-weight:700;">◆タイトル獲得への一歩に</span>~鹿島アントラーズ~ ▽前節は首位の川崎フロンターレ相手にゴールレスドロー。勝機もあっただけに、勝ち切れなかったことが悔やまれる。リーグ戦は浦和と同じく4戦無敗中。しかし、インターナショナルマッチウィークに行われたYBCルヴァンカップでは、横浜F・マリノス相手に2戦合計で敗戦。4冠の可能性を残していたが、2つに絞られることとなった。 ▽それでもチームとしては悪い流れではない。リーグ戦は4試合で1失点。さらに、ルヴァンカップでワールドカップ以降負傷離脱していたDF昌子源が約2カ月半ぶりに復帰。今節は先発出場が見込まれ、より安定感が増した守備を見せるはずだ。 ▽昨シーズンのACL王者である浦和を下し、来シーズンのACL出場権を手中に収めにかかるとともに、今シーズンのアジア制覇への足掛かりにしたい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">白熱の上位対決!<br />浦和vs鹿島をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆浦和レッズ</span>[3-1-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181020_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:岩波拓也、マウリシオ、槙野智章 MF:青木拓矢 MF:森脇良太、長澤和輝、柏木陽介、宇賀神友弥 FW:武藤雄樹、興梠慎三 監督:オズワルド・オリヴェイラ<hr>▽基本的にはいつも通りのレギュラーメンバーが先発と予想。U-19日本代表の活動に招集されているDF橋岡大樹の代わりには、第22節以来となるDF森脇良太が先発すると見られる。前節はオーストラリア代表MFアンドリュー・ナバウトも復帰。ベンチの駒も揃った。 <span style="font-weight:700;">◆鹿島アントラーズ</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181020_9_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:クォン・スンテ DF:西大伍、チョン・スンヒョン、昌子源、山本脩斗 MF:遠藤康、小笠原満男、永木亮太、安西幸輝 FW:土居聖真、セルジーニョ 監督:大岩剛 出場停止:三竿健斗<hr>▽前述の通り、昌子が先発に復帰すると予想。相棒は今夏加入したDFチョン・スンヒョンとなるだろう。また、日本代表MF三竿健斗が出場停止となるため、ボランチにはMF小笠原満男が入ると予想する。その他、FW安部裕葵がU-19日本代表に選ばれたため、DF安西幸輝が1列前で起用されると見る。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FW興梠慎三</span>(浦和レッズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181020_9_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽浦和の注目選手は、チーム内得点王であるFW興梠慎三だ。オリヴェイラ監督とともに、古巣対決となる興梠。自身のゴールでしっかりと勝ち点3をもたらせたいと意気込むことは間違いない。昨季20発の興梠のゴールが、浦和を高みへと導く。 <span style="font-weight:700;">◆DF昌子源</span>(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181020_9_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽鹿島の注目選手は、久々のリーグ戦出場となるDF昌子源だ。ワールドカップでの活躍も束の間、負傷離脱によりチームに貢献できず。復帰戦となったルヴァンカップの横浜FM戦でも、チームは敗れ、タイトルを1つ逃した。DFチョン・スンヒョンとは初コンビとなり、かつての指揮官&エースを封じ込められるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆アジアを目指すスペクタクルな戦い</span> ▽トップとの勝ち点差を考えれば、まず両チームが目指すべきなのは来シーズンのACL出場権だ。FC東京、北海道コンサドーレ札幌、ベガルタ仙台、セレッソ大阪、清水エスパルスと勝ち点差6の中に両チームを含めて7チームがひしめいている。 ▽そんな中での直接対決。しっかりと勝ち点3を獲得した方が、来シーズンのACL出場に一歩近づくことになる。 ▽毎シーズン白熱の戦いが繰り広げられる浦和vs鹿島の好カード。キックオフは20日(土)の16時だ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">白熱のACL出場権争い!<br />浦和vs鹿島をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.20 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島あと一歩及ばず…! 逃げ切った横浜FMが17年ぶり決勝へ《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準決勝第2戦の横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズが、14日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-2の引き分けで終了。この結果、2戦合計4-3で横浜FMが決勝進出を決めた。 ▽20日に県立カシマサッカースタジアムで行われた第1戦では、横浜FMが2-1で勝利。横浜FMは、その試合から全くスタメンを変更せずに勝ち抜きを目指した。 ▽一方、巻き返しが必要な鹿島はスタメンを3名変更。内田、中村、セルジーニョに代えて、山本、西、金森を先発させた。 ▽試合の立ち上がり、お互いに積極的にゴールに迫っていく。5分に遠藤渓が左サイドから惜しいクロスを供給して横浜FMがチャンスを作れば、10分にはボックス内へのパスに反応した安西がダイレクトシュートを放ち鹿島も応戦。スコアこそ動かないものの、激しくアップダウンが繰り返される。 ▽すると20分、横浜FMが先に結果を出す。ボックス手前中央の天野がミドルシュートを放つと、鹿島DFにブロックされたボールがボックス内にこぼれる。反応したウーゴ・ヴィエイラが、右足でゴール左下隅に沈めた。 ▽最低でも2点以上が奪わなければ敗退となる鹿島は盛り返そうとするが、横浜FMがそれを許さない。右サイドの仲川が幾度かタイミングの良い駆け上がりを見せるなど、横浜FMが牽制しつつ時計の針を進めていく。 ▽34分、横浜FMが効率的に攻撃を繰り出していく。ボックス手前中央でボールを持った遠藤渓がボックス左にスルーパスを供給。天野が最終ラインの裏に抜け出してファーサイドに折り返し、仲川が無人のゴールに流し込んだ。 ▽0-2のビハインドで試合を折り返した鹿島は、ハーフタイム中に永木に代えてセルジーニョを投入。フォワードの枚数を増やし逆転を目指していく。 ▽すると53分、ボックス手前右で鹿島がFKを得ると、遠藤康のクロスに町田が頭で合わせてネットを揺らす。しかし、オフサイドの判定でこの得点は認められない。 ▽徐々に鹿島の勢いが増してきた61分、横浜FMは前半からハードワークしていた大津に代えて喜田を送り出しちゅばんの活性化を図る。 ▽しかし、直後の62分に痛恨のミスから鹿島の得点を許すことに。ボールを持ったGK飯倉が中途半端なショートパスを蹴り、土居がカット。落ち着いてゴール右を捉えて点差を縮めた。 ▽さらに70分、またしても鹿島が決定機を迎える。左サイドを駆け上がった途中出場の山口がボックス内中央に山なりのクロスを供給。DFドゥシャンのマークを剥がしたセルジーニョが、指揮官の起用に応える同点弾を決め切った。 ▽この得点で、2戦合計スコアは4-3で横浜FMがリード。しかし、アウェイゴールは2点ずつで並び、勝負は1点を争う状況に変貌した。 ▽その後、守備の意識を強めた横浜FMを相手に鹿島のリスクを冒した攻撃が続く。84分、鹿島は金森に代えて高さのある昌子を投入。ディフェンスリーダーを約3か月ぶりに復帰させた。 ▽しかし、守備を固めた横浜FMからこれ以上得点を奪うことができず。試合は2-2の引き分けに終わった。この結果、2戦合計4-3で横浜FMが勝ち抜けを決めている。 ▽2001年以来17年ぶりに決勝進出を果たした横浜FMは、湘南ベルマーレvs柏レイソルの勝者と対戦。決勝戦は、10月27日(土)に埼玉スタジアム2002で開催される。 2018.10.14 16:00 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース