鹿島、サポーター1名を無期限入場禁止に…名古屋戦後、ピッチへ氷を投げ込む「違反行為」がSNSによって確認2018.04.19 17:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽鹿島アントラーズは19日、14日に県立鹿島サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第8節の名古屋グランパス戦において、違反行為が発覚し、鹿島サポーター1名に処分を科したことを発表した。

▽クラブの発表によると、同試合終了後に鹿島の選手たちが南側ゴール裏のサポーターズシートへ挨拶に向かった際、観客席から氷が投げ込まれ、選手の足元に落下したとのこと。この行為が観戦ルールの違反行為となる「フィールドへの物品の投げ込み」に該当。試合終了から約2時間後、SNSへ投稿された動画を通じてクラブが本行為を確認した後、17日に該当者を特定し、本人への事情聴取を行い、違反行為を認めたため、「クラブのホームゲーム及びアウェイゲームへの無期限入場禁止」の処分を下したことを説明している。

▽鹿島は今回の一件について、以下のように声明を発表した。

「今回の違反行為を受け、クラブとして、セキュリティ体制強化や観戦ルールの周知を徹底してまいります」

「サポーターの皆様におかれましては、観戦における禁止行為について今一度ご確認いただき、ルールを順守してご観戦頂きますよう、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます」

コメント

関連ニュース

thumb

遠藤強烈ボレーの鹿島が連勝! 中澤メンバー外の横浜FMは連敗…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節の鹿島アントラーズvs横浜F・マリノスが、19日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-0で鹿島が勝利した。 ▽7位鹿島(勝ち点32)は、2-1で勝利した前節のV・ファーレン長崎戦からスタメンを3名変更。安部、土居、金森に代えて、永木、鈴木、セルジーニョを起用した。 ▽14位横浜FM(勝ち点23)は、1-2で敗北した前節の名古屋グランパス戦からスタメンを3名変更。中澤、喜田、ウーゴ・ヴィエイラに代えて、チアゴ・マルチンス、大津、伊藤を起用した。中澤はメンバー外となりフィールドプレーヤー歴代最多の199試合連続出場、178試合連続フル出場記録が途切れ、FC東京からの加入が発表された久保はベンチ入り。また、新加入のチアゴ・マルティンスが初先発となった。 ▽試合の立ち上がり、後方でのボール回しから丁寧に組み立てようとする横浜FMに対して、鹿島は[4-4-2]のラインを敷きつつボールホルダーに積極的なチェックをかけて対応。中盤での奪い合いが続く。 ▽30分、鹿島がチャンスを作り出す。遠藤のスルーパスに抜け出した鈴木がボックス内右からクロスを供給し、ファーでレオ・シルバが収める。しかし、素早く左足で放ったシュートはうまくミートせず、枠を捉えることができない。 ▽その後、鹿島が徐々に攻勢を強めて横浜FMゴールに迫っていく。33分にレオ・シルバがミドルシュートを放てば、36分には山本の左サイド深い位置からのクロスが、DF栗原のあわやオウンゴールというシーンを生み出す。 ▽しかし、お互いに前半中にネットを揺らすことはできず。試合はゴールレスで折り返しを迎えた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽後半開始早々の49分、前半から優勢を保つ鹿島が試合を動かす。最前線の鈴木がロングボールを上手く頭で落とすと、ボックス手前の遠藤が胸トラップをして左足を一閃。強烈なシュートがGK飯倉の腕を弾き、ゴールに吸い込まれた。 ▽流れを変えたい横浜FMは、2枚替えを敢行。松原、山田に代えて、イッペイ・シノヅカ、ウーゴ・ヴィエイラを送り出した。対する鹿島も67分位セルジーニョに代えて土居を投入し、前線の圧力を緩めない。 ▽70分、横浜FMにチャンスが訪れる。ウーゴ・ヴィエイラがボックス内右に侵攻し、天野にボールを渡す。しかし、天野が素早く振り抜いたシュートは枠を捉えない。 ▽続く72分にも、横浜FMにビッグチャンスが訪れる。ボックス内に抜け出した伊藤のシュートが阻まれると、ボールはウーゴ・ヴィエイラの下へ。すると・ウーゴ・ヴィエイラはサイドに追いやられながらも、GK曽ヶ端まで剥がしてシュートを放つ。しかし、これは枠を外れた。 ▽さらに80分、またしても横浜FMの攻撃。天野が左サイド浅い位置からクロスを送ると、ボックス内中央のウーゴ・ヴィエイラがヘディングシュートを放つ。しかし、これも枠を捉えられず試合を振り出しに戻すことはできない。 ▽結局、横浜FMの再三の仕掛けも実らず。試合は鹿島が1-0のリードを守る形で終了した。 ▽この結果、鹿島は連勝に突入。横浜FMは連敗を喫することとなった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.19 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿島に痛手…FW安部裕葵が右足関節ねん挫で全治最大約3週間

▽鹿島アントラーズは17日、FW安部裕葵がチームドクターによる検査を受けた結果、右足関節ねん挫と診断されたことを発表した。全治は約2週間から3週間。 ▽安部は15日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節のV・ファーレン長崎戦に先発出場。しかし、ハーフタイムに負傷交代していた。 ▽安部は2017年に瀬戸内高校から鹿島に入団。プロ2年目となった今シーズンはここまで公式戦20試合3ゴール2アシストを記録している。 2018.08.17 18:25 Fri
twitterfacebook
thumb

長崎が先制も鹿島が前半に逆転し逃げ切り成功!《J1》

▽15日、明治安田生命J1リーグ第22節のV・ファーレン長崎vs鹿島アントラーズがトランスコスモススタジアムで行われ、1-2でアウェイの鹿島が逆転勝利を収めた。 ▽前節は首位のサンフレッチェ広島との『ピースマッチ』で0-2と完敗を喫した16位の長崎と、前節は最下位の名古屋グランパス相手に4-2とこちらも大敗を喫した鹿島の一戦。試合前には、終戦の日ということもあり、1分間の黙祷が行われた。 ▽長崎は前節から1名を変更。DF田上大地に代えてDF髙杉亮太を起用した。対する鹿島は前節から4名を変更。FW鈴木優磨、DF西大伍、DF安西幸輝、MF永木亮太に代えて、FW金森健志、DF伊東幸敏、DF山本脩斗、MF安部裕葵を起用した。 ▽試合は立ち上がりから長崎が攻勢に出る。開始2分、左サイドから翁長がクロスを上げると、ファンマが合わせるも相手がブロック。6分には鈴木武蔵がドリブルで持ち込んでシュートを放つも、GK曽ヶ端がセーブする。 ▽14分、ハーフウェイライン付近からのロングボールをボックス左に走り込んだ高杉が左足でダイレクトクロス。これがゴールに向かい、見事にネットを揺らして長崎が先制する。 ▽鹿島は22分に反撃。右サイドで競り勝った遠藤がドリブルで持ち込むと、オーバーラップした伊東へパス。伊東がそのままクロスを上げると、中に飛び込んだ選手には合わず。しかし、ファーサイドに流れたボールをレオ・シルバが拾うと、ファーサイドを狙ったシュートがネットを揺らし、鹿島が同点に追いつく。 ▽39分、右サイドでパスを受けた遠藤がドリブルで運ぶと、ボックス手前右から左足一閃。これがゴール左に決まり、鹿島が逆転に成功する。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽鹿島の1点リードで迎えた後半、長崎は磯村に代えて前田を、鹿島は安部に代えて安西を投入。すると50分、安西が抜け出しカウンターのチャンスを作るも、徳永が身を挺して止め、両者が接触。ヒザ同士がぶつかり両者が倒れ込むが、互いにプレーを続行した。 ▽互いにサイドから攻撃を仕掛ける展開に。長崎は右の飯尾、左の翁長が敵陣深くまでドリブルで持ち込みクロスを上げるも、中央には合わない。鹿島は、金森や伊東が積極的にシュートを放つも、枠と捉えられない。 ▽更に鹿島は71分、後半から出場した安西が永木と交代。左サイドに永木を置く布陣に変更する。 ▽その後はオープンな展開となり、互いに相手ゴールに迫るも、最後の精度を欠いて決定機を作れず。結局そのまま試合は終了し、1-2で鹿島が逆転勝利を収めた。敗れた長崎は降格圏脱出を逃している。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.15 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

豊スタ最多動員の名古屋、今季初3連勝 圧倒的攻撃力で鹿島に勝つ《J1》

▽11日に豊田スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第21節の名古屋グランパス(18位/勝ち点16)vs鹿島アントラーズ(7位/同29)は、ホームの名古屋が4-2で勝利した。 ▽名古屋は、負傷欠場が続いたエドゥアルド・ネットがスターティングメンバーに復帰。対する鹿島は、昌子とクォン・スンテが負傷欠場となり、今夏加入のチョン・スンヒョンと曽ヶ端が引き続きスタメン入りを果たした。 ▽過去の豊田スタジアムで最多4万3579人の観客を集めた試合は、アウェイの鹿島が積極的な入りを見せる。だが、名古屋も前田の切り崩しを軸に反撃。その中で得点源のジョーにボールを多く集めていく。 ▽鹿島は15分、敵陣左サイドでエドゥアルド・ネットの横パスを土居がカットしてショートカウンター。鈴木がその流れから生まれたこぼれ球に反応するが、左足のシュートを枠に飛ばすことができない。 ▽名古屋は27分、前田に決定的なシーン。バイタルエリア中央でジョーの正確なポストプレーに反応した前田がボールを受け、迷いなく左足を振り抜く。だが、惜しくも左ポストの外側に嫌われてしまう。 ▽それでも、33分にエドゥアルド・ネットのプレスからジョーがボールを拾い、ボックス左の前田にパス。リターンパスが相手に当たってこぼれると、これに反応したジョーが右足で沈め、名古屋が先取する。 ▽1点ビハインドの鹿島は47分、エースの鈴木に決定機。敵陣中央からドリブルを仕掛けてボックス内に持ち込み、左足のシュートを放つ。だが、ここは丸山のカバーリングに阻まれ、同点機を逸する。 ▽その直後にも鹿島が攻勢。ボックス右の遠藤がシュートの形に持ち込むが、ここも枠に飛ばせない。だが、50分、鈴木の縦パスに反応した土居がボックス左から左足のシュートを決め、試合を振り出しに戻す。 ▽追いつかれて嫌な空気が漂う名古屋だが、失点直後の51分に再び勝ち越す。ボックス左のスペースでボールを受けた金井がカットインして右足のコントロールショットをゴール右隅に。名古屋が再びリードする。 ▽またも追う展開を強いられた鹿島だが、70分に安部を追い越してボックス右にパスを引き出した西が金井のファウルを受けてPKのチャンスを獲得。これを鈴木が確実に決め、再び試合をイーブンに戻した。 ▽逃げ切れない展開が続く名古屋だが、81分に三度勝ち越す。ボックス手前から前田が放った左足シュートはGK曽ヶ端に弾かれたが、こぼれ球を拾った金井が右足で狙う。これが決まり、名古屋が3度目のリードを手にする。 ▽さらに、後半アディショナル2分に前田がトドメの一発を決めた名古屋が鹿島の反撃を振り切り、シーズン初の3連勝。名古屋の攻撃力に屈した鹿島は、2試合ぶりの黒星を喫している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.11 19:57 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島FW鈴木優磨が初のJ1月間MVP!《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは10日、7月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」として、鹿島アントラーズに所属するFW鈴木優磨を選出した。鈴木は初受賞となる。 ▽鈴木は7月に行われた明治安田生命J1リーグ4試合に出場。攻撃の起点になるプレーで多くの得点に絡み、3得点2アシストの活躍を披露した。鈴木のコメントとJリーグ選考委員会による総評は次のとおり。 ◆FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ) 「自分にとって初めてのJ1月間MVPを受賞することができ、とても嬉しく思います。中断期間中のトレーニングのおかげで、今は色々な選手が攻撃に絡み、チームとして得点を奪う形を数多く作ることができています。今回の受賞と自分のゴールはチームメイトあってこそなので、みんなに感謝したいです。これからもアントラーズの勝利に貢献できるプレーを続けていけるよう、全力で頑張ります!」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「4試合出場、3得点、2アシストの活躍で、明治安田生命J1リーグ再開後のチームをけん引。得点、アシストのほか、攻撃の起点になるプレーで多くの得点に絡んだ。左右のサイドからのアタック、ドリブル突破、強烈なシュート、ヘディング、ポストプレーといった多様な攻撃に加え、周囲を活かすうまさも発揮。再開後はシーズン前半と比較して体のキレもあり、これまで得点源だった金崎夢生選手が移籍した穴を埋めるだけでなく、チームの攻撃の要ともいえる活躍を見せている。今後の活躍への期待、多彩なプレーに評価が集まり、月間MVP初受賞となった」 2018.08.10 14:55 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース