大宮に痛手…右SBのレギュラー・渡部大輔が右足関節部内果骨折で全治約3カ月2018.04.18 19:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽大宮アルディージャは18日、DF渡部大輔の負傷を発表した。

▽クラブの発表によると、渡部は14日に行われた明治安田生命J2リーグ第9節のファジアーノ岡山戦で負傷。右足関節部内果骨折と診断。全治は約3カ月とのことだ。

▽大宮生え抜きの渡部は、今シーズンのJ2で8試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

大宮MF横谷繁に第二子となる長女が誕生

▽大宮アルディージャは17日、MF横谷繁に第二子となる長女が15日に誕生したことを発表した。 ▽横谷は、クラブ公式サイトで以下のように喜びを語った。 「先日、長女を授かることができました。多くの周りの方の支えと、妻の頑張りに感謝しています。ファン・サポーターの皆さん、これからも応援よろしくお願いします」 ▽2015年に京都サンガF.C.から大宮に加入した横谷。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグに15試合、天皇杯に2試合出場している。 2018.08.17 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟が大宮MFカウエを期限付き移籍で獲得「チームの勝利のために頑張ります」

▽アルビレックス新潟は16日、大宮アルディージャのブラジル人MFカウエ(29)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期限付き移籍期間は2018年8月15日から2019年1月1日までとなる。 ▽カウエは、ポルトガルのモレイレンセから2017年途中に大宮に加入。明治安田生命J1リーグで14試合に出場し1得点を記録していた。しかし、今シーズンはここまで天皇杯の2試合に出場するに留まっていた。カウエはクラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「はじめまして。大宮アルディージャから来ました、カウエです。このチャンスをくださったアルビレックス新潟に、プレーで貢献できるように頑張っていきます。ファン・サポーターの皆さん、たくさんの応援をよろしくお願いします。必ずチームの力になり、チームの勝利のために頑張ります!」 ◆大宮アルディージャ 「ファン・サポーターをはじめ、チームを支えてくださる皆さんが、どんなときも自分をサポートしてくれたことに感謝しています。ケガもあり、なかなかチームに貢献できないときも、温かく応援してくださいました。今回、アルビレックス新潟へ期限付き移籍をしますが、お別れではありません。必ず活躍して、また戻ってきたいと思います。大宮アルディージャ、ありがとうございました。頑張ってきます!」 ▽なお、カウエは18日(土)よりチームに合流。背番号は「32」となる。また、18日には大宮との試合が行われるが、カウエは出場できない。 2018.08.16 18:10 Thu
twitterfacebook
thumb

大宮GK塩田仁史に第二子が誕生「出産10分前に病院に到着」と明かす

▽大宮アルディージャは15日、GK塩田仁史(37)に第二子となる女の子が誕生したことを発表した。 ▽塩田の長女は、14日に誕生したとのこと。2015年5月に第一子となる男の子が誕生しており、初の女の子となった。塩田はクラブを通じてコメントしている。 「頑張ってくれた妻と娘に感謝しています。昨日のトレーニング後は、急ぎ足で皆さんの前を通り過ぎてしまい申し訳ございませんでした。お陰様で出産10分前に病院に到着でき、出産に立ち会うことができました。ご理解ありがとうございました。家族が一人増えましたし、サッカー選手としてさらに努力を重ねて、これからも家族やファン・サポーターの皆さんと歩んでいきたいと思います」 ▽2015年から大宮でプレーする塩田は、今シーズンの明治安田生命J2リーグで2試合に出場している。 2018.08.15 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

今季加入の名古屋DF畑尾大翔、大宮へ期限付き移籍「J1復帰のために全力を尽くす」

▽大宮アルディージャは19日、名古屋グランパスからDF畑尾大翔(27)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2019年1月31日までで名古屋と対戦するすべての公式戦に出場することができない。背番号は「50」。 ▽畑尾は2018年にヴァンフォーレ甲府から名古屋に加入。今シーズンは明治安田生命J1リーグに3試合出場。YBCルヴァンカップでは3試合に出場して1ゴールを記録していた。 ▽大宮への期限付き移籍が決定した畑尾は、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆大宮アルディージャ 「名古屋グランパスより加入することになりました畑尾大翔です。クラブ創立20周年という節目の年に加入できたことをうれしく思うと共に、その節目の年にふさわしい結果を残さなければならないという使命感を感じています。大宮アルディージャのJ1復帰のために全力を尽くします!よろしくお願いします」 ◆名古屋グランパス 「非常に悩みましたが、チームを離れることになりました。チームが厳しい状況の時に、チームを離れるのはとても心苦しいですが、サッカー選手として限られた時間を考え決断しました。なかなかチームに貢献することができない自分にも、練習場やスタジアムでたくさん声をかけてくださったファン・サポーターの皆さんにはとても感謝しています」 「特に、試合時のゴール裏からの声援には、いつも鳥肌が立つほどでした。そんなクラブでプレー出来たことを嬉しく思います。グランパスのこれからの躍進に負けないよう、グランパスに在籍した選手として恥じぬようサッカー選手としても人としても成長できるように頑張ってきます。 再び皆さんの前に成長した姿を見せたいと思います」 2018.07.19 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

5戦4発の大宮FW大前元紀が初受賞! 豊富な得点パターン見せ付けJ2リーグ6月度月間MVPに選出! 《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは13日、6月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」として、J2リーグから大宮アルディージャのFW大前元紀を選出した。大前は初受賞となる。なお、ロシア・ワールドカップ開催につき中断中のJ1リーグからは選考されていない。 ▽大前は、6月に行われた全5試合に先発出場し、4ゴールを記録。その間に3勝2分けと無敗を維持したチームの、好調の原動力となっている。 ▽Jリーグは、受賞者である大前のコメントとJリーグ選考委員会による総評を以下のように紹介している。 ◆FW大前元紀(大宮アルディージャ) 「チームあっての受賞だと思いますし、チームメートやスタッフに感謝したいです。そして、6月の無敗を一緒に戦ってくれたファン・サポーターの皆さんの声援に感謝しています」 「チームの調子が上向いてきた中で、自分自身が貢献できていると評価してもらえたのはうれしいですが、まだまだ納得できる順位ではありません。今シーズンの目標に向かって、より良いプレー、より良い戦いをしていきたいです」 「今シーズンの序盤はワンタッチでのゴールが多かったですが、6月はコントロールしてからシュートに持ち込む場面も増えてきました。いろいろなパターンでゴールを奪えることは自分の強みですし、もっともっと得点を取ってチームを引っ張っていきたいです」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「5試合で4得点を奪い、得点ランキングも2位に浮上するなどチームの無敗に貢献した。ヘディングでの得点や第20節・京都戦で見せた意表を突くFKなど、ストライカーとして豊富な得点パターン、決定力の高さで常に相手の脅威となった。チームの攻撃の核としてチャンスメークをこなす総合的な能力の高さに選考委員会からの支持が集まり、自身初の月間MVP受賞となった」 2018.07.13 16:15 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース