主力温存の鹿島、水原三星に敗れグループHを2位通過《ACL》2018.04.17 21:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽鹿島アントラーズは17日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループH最終節で水原三星(韓国)と戦い、0-1で敗れた。

▽すでにグループ突破は決めている鹿島だが、この試合引き分け以上で首位通過が決まる一戦に向けて、直近の国内リーグ名古屋グランパス戦から6選手を変更。三竿雄や永木、金森や山口らが先発に名を連ねた。

▽1位と2位の首位攻防戦は、まずはアウェイの水原三星がチャンスを迎える。8分、相手のパスを三竿雄が目測を誤りクリアミスを犯すとこれがボックス右のワグニーニョに渡ってしまう。ワグニーニョはすかさずシュートに入るが、必死に戻った三竿雄がシュートブロック。ミスを取り消した。

▽さらに鹿島は30分に相手にボックス外左の良い位置でFKを与えると、ワグニーニョのキックをダムヤノビッチが触ってゴールイン。先制点を許してしまった。

▽失点後もなかなか攻勢に出られない鹿島は、前半終了間際にもカウンターからピンチに。ワグニーニョにボックス左へ侵入を許しシュートを打たれる。だがこれはGKの正面に飛び、クォン・スンテがブロック。0-1で前半を終えた。

▽後半立ち上がり、鹿島は相手陣内でのスムーズなパス回しからゴールに迫るがここはチャンスに繋げることはできず。それでも、後半に入って動きが良くなったホームチームは55分、味方が必死に繋いだパスを受けた山口がボックス左に侵攻。シュートを放つが枠の右に外れてしまう。

▽62分には、左サイドの三竿雄のクロスに鈴木が頭で合わせてゴールに迫ると、65分は永木のミドルシュートが枠を掠める。その間、鹿島は中村を下げて土居を投入した。

▽なかなか得点が奪えないでいる鹿島は78分に永木を代えて金崎を投入。さらに83分には山口を小笠原に変更。休ませていた主力をピッチに向かわせた。

▽試合終盤にかけて主導権を握りながらも、最後まで水原三星の牙城を崩せなかった鹿島。試合は0-1で終了。他会場の結果を待たずして、グループHは水原三星が首位突破。鹿島は2位通過となり、決勝トーナメントでは上海上港(中国)と激突する。

鹿島アントラーズ 0-1 水原三星
【水原三星】
ダムヤノビッチ(前31)

コメント

関連ニュース

thumb

鹿島のACL準々決勝の相手はパト擁する天津権健に決定! 1stレグは8月28日《ACL》

▽アジアサッカー連盟(AFC)は23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝の組み合わせを発表した。 ▽10年ぶりのベスト8に進出し、Jリーグ勢で唯一勝ち残っている鹿島アントラーズは、中国スーパーリーグの天津権健との対戦が決定。元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト、ベルギー代表MFアクセル・ヴィッツェルらが所属。ラウンド16の上海上港に続き、中国勢との対戦となった。 ▽その他、東地区では全北現代モータース(韓国)vs水原三星ブルーウィングス(韓国)の韓国勢対決が実現している。 ▽また、西地区では、エステグラル(イラン)vsアル・サッド(カタール)、アル・ドゥハイル(カタール)vsペルセポリス(イラン)が実現した。 ▽鹿島vs天津の1stレグは8月28日(火)に鹿島のホームで、2ndレグは9月18日(火)にアウェイで対戦となる。 【東地区】 鹿島アントラーズvs天津権健(中国) 全北現代モータース(韓国)vs水原三星ブルーウィングス(韓国) 【西地区】 エステグラル(イラン)vsアル・サッド(カタール) アル・ドゥハイル(カタール)vsペルセポリス(イラン) 2018.05.23 18:06 Wed
twitterfacebook
thumb

敵地で踏ん張った鹿島、フッキの上海上港を退けてベスト8の舞台へ《ACL2018》

▽鹿島アントラーズは16日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018ラウンド16第2戦で上海上港(中国)のホームに乗り込み、1-2で敗れた。しかし、トータルスコア4-3で鹿島の8強進出が決定している。 ▽ホームで行われた第1戦を3-1の白星で飾り、10年ぶりの決勝トーナメント初戦突破に前進した鹿島。条件付きながら負けても突破を決められる好状況の中、敵地でのリターンレグに挑んだ。その一戦に向けては、第1戦でビッグセーブ連発のGKクォン・スンテ、2ゴールの鈴木が先発入りを果たしている。 ▽立ち上がりに失点した鹿島は19分、右サイドバックの西がセンタリング。これに金崎が頭で合わせるが、惜しくもゴール左に外れる。その後も相手の縦に早く、鋭い仕掛けに対応しながらゴールを目指したが、30分にボックス左に抜け出した金崎がシュートを枠に飛ばせないなど、フィニッシュの精度を欠く。 ▽それでも、42分に土居が嫌な空気を払拭する。左サイドで鈴木がタメを作り、オーバーラップを試みた安西にパス。ボールを受けた安西がダイレクトで低いクロスを挙げ、ニアに走り込んだ土居が鮮やかなヒールシュートをファーサイドに流し込み、鹿島が敵地で同点に追いついた。 ▽敵地で貴重なアウェイゴールを奪った鹿島は、同点のまま前半を凌ぎきり、トータルスコアでも優位な状況で後半へ。その後半、2枚替えを講じてきた上海上港に押し込まれる展開を強いられるが、GKクォン・スンテのビッグセーブ連発にも助けられ、相手の攻勢を耐え凌ぎ続ける。 ▽78分に土居を下げて小笠原をピッチに送り込み、試合をクローズさせにかかった鹿島。しかし、79分にリー・シェンロンのヘディングシュートが昌子の手に当たったとして、上海上港にPKのチャンスを与えると、フッキに決められ、トータルスコアで1点差に詰め寄られてしまう。 ▽その後も攻撃の形を作れぬまま攻め込まれた鹿島だが、最後の交代枠で金崎に代えて犬飼を起用して、逃げ切りに成功。鹿島の10年ぶりとなるベスト8進出が決まっている。 2018.05.16 22:56 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島、準々決勝進出へ前進! 前回大会ベスト4・上海上港に3発先勝!《ACL2018》

▽鹿島アントラーズは9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16・第1戦で上海上港(中国)を県立カシマサッカースタジアムに迎え、3-1で勝利した。 ▽グループHを2位で通過した鹿島が、グループFを首位で突破した上海上港をホームに迎えた一戦。直近の明治安田生命J1リーグ第13節の浦和レッズ戦を1-0で勝利した鹿島は、その試合から先発メンバーを2人変更。GK曽ヶ端、レオ・シルバに代えてクォン・スンテと鈴木を起用した。 ▽一方、強力なタレントたちを擁する上海上港は、オスカルとエウケソンらを起用。フッキは負傷のため、ベンチ外となっている。 ▽アジア制覇を目標に掲げながら、昨シーズンのACLでこのラウンド16で敗退した鹿島にとっては絶対に負けられない一戦。試合は、その鹿島がいきなりゴールを脅かす。2分、遠藤の右CKは相手DFにクリアされたが、遠藤の下にボールが転がると、ボックス右から左足インサイドでカーブをかけてゴールを狙う。シュートは相手GKの頭上を越えたが、左ポストに嫌われてしまう。 ▽開始早々にチャンスを作った鹿島。ここから相手を押し込んでいきたかったが、6分と9分に2度味方のスルーパスに反応した上海上港のオスカルにボックス内からのシュートを許す。しかし、GKクォン・スンテが好セーブを見せて立ち上がりのピンチを守り抜く。 ▽危険な場面を立て続けに作られた鹿島だったが、時間の経過と共に守備が安定し始めて、ボールを保持して上海上港を押し込む。しかし、ラストパスがとことん繋がらず、シュートまで持ち込むことができない。 ▽鹿島が攻めきれないでいると30分、上海上港に自陣左サイドでFKを与えてしまう。キッカーを務めたオスカルのクロスをウー・レイに頭で合わせられたが、シュートは枠を外れて難を逃れた。 ▽このままゴールレスで試合を折り返すかに思われた43分、鹿島がセットプレーから先制に成功する。43分、永木からの左CKをゴール前で競った昌子に当たってボールはゴール右隅方向へ。ここはGKヤン・チュンリンに左手で掻き出されるも、ゴール前で待ち構えていた鈴木がプッシュしてゴールネットを揺らした。 ▽1-0で試合を折り返すと、リードする鹿島が追加点。49分、遠藤の右CKをニアサイドの相手DFが弾き返しきれず、ゴール前右で混戦に。最後は西が冷静にゴールへ流し込み、試合を2-0にする。 ▽貴重な追加点を奪った鹿島。しかし直後、上海上港にチャンスを与えてしまう。69分、ボックス付近まで攻め込まれると、ボールを奪った安西のクリアが昌子に当たってボックス右へ転がる。これを拾ったウー・レイに右足を振り抜かれたが、左ポストに助けられる。 ▽その後も押し込まれ続けるもGKクォン・スンテの好守連発でなんとか耐え凌ぐ鹿島は75分、左サイドで仕掛けた安西がファーサイドにクロス。これに鈴木が飛び込むと、クリアを試みた相手DFの頭に当たってゴールに吸い込まれた。 ▽3-0とリードを広げた直後、鹿島は一瞬の隙を突かれてしまい、ゴール前の混戦からエウケソンに押し込まれて上海上港に1点を返されてしまう。その後も上海上港の猛攻に苦しめられたが、GKクォン・スンテを中心としたディフェンスでこれ以上の失点を許さず、試合を終わらせた。 ▽鈴木と西のゴールを含む3発で先勝した鹿島が、準々決勝進出へ前進した。鹿島はベスト8進出をかけて、16日に上海上港のホームに乗り込む。 2018.05.09 21:03 Wed
twitterfacebook
thumb

ラウンド16の対戦カードが決定! 日本勢連覇の希望である鹿島は上海上港と激突!!《ACL》

▽アジアサッカー連盟(AFC)は18日、AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)2018・ラウンド16の対戦カードを発表した。 ▽昨季、浦和レッズが日本勢として9年ぶりの優勝を果たしたACL。今季はJリーグから川崎フロンターレ、鹿島アントラーズ、セレッソ大阪、柏レイソルの4クラブが参加したが、鹿島のみ決勝トーナメントに進出を果たした。 ▽その鹿島は、ラウンド16で昨季ベスト4の上海上港との対戦が決定。今季のグループステージでは、川崎Fと同居のグループFを3勝2分け1敗で首位通過していた。 ▽その他の対戦カードでは、3大会ぶりのACL制覇を目指す広州恒大と天津権健の中国勢対決が実現。また、元日本代表FW豊田陽平の所属する蔚山現代は、水原三星との韓国勢対決となった。今回発表された対戦カードは、以下の通り。 ◆ACL2018・ラウンド16組み合わせ 【東地区】 <span style="font-weight:700;">天津権健(中国) vs 広州恒大(中国) ブリーラム・ユナイテッド(タイ) vs 全北現代(韓国) 蔚山現代(韓国) vs 水原三星(韓国) 鹿島アントラーズ(日本) vs 上海上港(中国)</span> 【西地区】 <span style="font-weight:700;">アル・ジャジーラ(UAE) vs ペルセポリス(イラン) アル・サッド(カタール) vs アル・アハリ(サウジアラビア) ゾブ・アハン(イラン) vs エステグラル(イラン) アル・アイン(UAE) vs アル・ドゥハイル(カタール)</span> 2018.04.19 00:52 Thu
twitterfacebook
thumb

瀬川の移籍後初ゴールも天津権健に打ち負けた柏、わずか1勝で大会を去ることに《ACL》

▽柏レイソルは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループE最終節でアウェイで天津権健と対戦し、2-3で敗れた。 ▽すでにグループステージ敗退が決まっている柏は、控えメンバーを中心に起用。主力組からは中谷やパク・ジョンス、小泉などが先発に名を連ねた。 ▽オープニングシュートは柏。6分に味方の浮き球パスをゴール前で瀬川がダイレクトで合わせたが枠の上に越えてしまう。天津権健も13分、左サイドのクロスをパトが頭で合わせゴールに迫るも、こちらも枠を捉えることができない。 ▽多少押され気味の柏ではあったが、17分にハモン・ロペスがボックス左からゴールに迫るなど隙を見ては効率よく得点を狙いに行く。 ▽だが、試合を動かしたのは天津権健だった。24分、左サイドからのFKをジャオ・シュリが頭で繋ぐとクォン・ギョンウォンの折り返しを自ら押し込んで先制点を奪った。 ▽天津権健は30分にも、再び左サイドを起点にジャオ・シュリがセンタリングからヘディングシュートを放つと、GKが弾いたボールをダイレクトで蹴り込み2点目。柏は6分間で2失点を喫してしまった。 ▽それでも柏は39分、自陣でボールを奪った小泉がカウンターを発動。ハモン・ロペスにボールを預けると、ハモン・ロペスはボックス中央から狙いすましたシュートを放つ。左ポストに跳ね返ったこぼれ球を小泉が押し込んで柏が1点差に詰め寄った。 ▽迎えた後半、柏は瀬川がゴールの左を掠めるシュートを放つなど積極的な入りを見せる。しかし、天津権健に一発で流れを引き留められてしまう。64分、右サイドのチュ・ジンジャオのクロスをヤン・シュウに頭で叩き込まれてしまい再び2点差に。 ▽それでも今日の柏は粘り強さを見せる。69分、敵陣中央から細貝がゴール前へロングボールを放り込むと、今井が頭で折り返す。そこに反応した瀬川が押し込み2-3とした。 ▽その後、試合終盤にかけて押し込んだ柏だったが、同点に追いつくまでには至らず敗戦。3年ぶりのACLはわずか1勝を得るに留まった。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">天津権健 3</span>-2 柏レイソル 【天津権健】 ジャオ・シュリ(前24、前30) ヤン・シュウ(後19) 【柏】 小泉慶(前39) 瀬川祐輔(後24) 2018.04.18 22:38 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース