主力温存の鹿島、水原三星に敗れグループHを2位通過《ACL》2018.04.17 21:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽鹿島アントラーズは17日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループH最終節で水原三星(韓国)と戦い、0-1で敗れた。▽すでにグループ突破は決めている鹿島だが、この試合引き分け以上で首位通過が決まる一戦に向けて、直近の国内リーグ名古屋グランパス戦から6選手を変更。三竿雄や永木、金森や山口らが先発に名を連ねた。

▽1位と2位の首位攻防戦は、まずはアウェイの水原三星がチャンスを迎える。8分、相手のパスを三竿雄が目測を誤りクリアミスを犯すとこれがボックス右のワグニーニョに渡ってしまう。ワグニーニョはすかさずシュートに入るが、必死に戻った三竿雄がシュートブロック。ミスを取り消した。

▽さらに鹿島は30分に相手にボックス外左の良い位置でFKを与えると、ワグニーニョのキックをダムヤノビッチが触ってゴールイン。先制点を許してしまった。

▽失点後もなかなか攻勢に出られない鹿島は、前半終了間際にもカウンターからピンチに。ワグニーニョにボックス左へ侵入を許しシュートを打たれる。だがこれはGKの正面に飛び、クォン・スンテがブロック。0-1で前半を終えた。

▽後半立ち上がり、鹿島は相手陣内でのスムーズなパス回しからゴールに迫るがここはチャンスに繋げることはできず。それでも、後半に入って動きが良くなったホームチームは55分、味方が必死に繋いだパスを受けた山口がボックス左に侵攻。シュートを放つが枠の右に外れてしまう。

▽62分には、左サイドの三竿雄のクロスに鈴木が頭で合わせてゴールに迫ると、65分は永木のミドルシュートが枠を掠める。その間、鹿島は中村を下げて土居を投入した。

▽なかなか得点が奪えないでいる鹿島は78分に永木を代えて金崎を投入。さらに83分には山口を小笠原に変更。休ませていた主力をピッチに向かわせた。

▽試合終盤にかけて主導権を握りながらも、最後まで水原三星の牙城を崩せなかった鹿島。試合は0-1で終了。他会場の結果を待たずして、グループHは水原三星が首位突破。鹿島は2位通過となり、決勝トーナメントでは上海上港(中国)と激突する。

鹿島アントラーズ 0-1 水原三星
【水原三星】
ダムヤノビッチ(前31)
コメント
関連ニュース
thumb

モウリーニョの右腕として活躍した“名参謀”ルイ・ファリア氏がカタールで監督業をスタート

カタール・スターズリーグのアル・ドゥハイルは18日、新監督にルイ・ファリア氏(43)を招へいしたことを発表した。 ファリア氏は、ジョゼ・モウリーニョ監督の右腕として知られている存在。モウリーニョ監督が2001年に率いていたポルトガルのレイリア時代にコンディショニングコーチ兼アシスタントマネージャーを務めると、ポルトではフィジオセラピストを、その後のチェルシー、インテル、レアル・マドリーではコンディショニングコーチを務め、モウリーニョ監督2度目のチェルシー政権下ではアシスタントマネージャーに就任。マンチェスター・ユナイテッドでもアシスタントマネージャーを務めていた。 しかし、2018年6月に17年間にわたって仕えてきたモウリーニョ監督の下を去り退団。チームのトレーニングを構築したり、選手たちのコンディショニングを担当していただけに、大きな穴になると思われたが、その懸念通りチームは低迷。モウリーニョ監督も監督を退任することとなってしまった。 モウリーニョ監督の下を去った理由を「決断は家族のためだった」と語っていたファリア氏だったが、参謀役としてではなく監督としてのキャリアを初めてスタートするのはカタールの地に決定した。 アル・ドゥハイルは、かつてはレフウィヤと呼ばれていたクラブ。2010-11シーズンに初タイトルを獲得すると、2011-12シーズン、2013-14シーズンも優勝。現在まで6度のリーグ優勝を誇っている。 なお、2019シーズンのAFCチャンピオンズリーグにも出場。西地区のグループCに入っており、2017年に決勝まで進んだサウジアラビアの強豪であるアル・ヒラル、日本代表MF塩谷司が所属するUAEのアル・アイン、イランのエステグラルと同居。アジアの地で初の指揮官としてどのような活躍を見せるのだろうか。 2019.01.19 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

Jクラブの前に立ちはだかる? 上海上港のFWフッキ、母国復帰への想いも「中国で幸せ」

▽中国スーパーリーグの上海上港に所属する元ブラジル代表FWフッキ(32)が、パルメイラスからのオファーを断ったようだ。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽フッキは、2016年7月にゼニト・サンクトペテルブルクから上海上港へと完全移籍。中国スーパーリーグでは、通算59試合に出場し34ゴール30アシストを記録。今シーズンはキャプテンとしてリーグ戦25試合に出場し13ゴール15アシスト。チームも絶対王者の広州恒大を退け、リーグ優勝を成し遂げていた。 ▽フッキは、2005年にヴィトーリアから川崎フロンターレへと移籍して以降、北海道コンサドーレ札幌、東京ヴェルディ、ポルト、ゼニトと国外でプレー。再三に渡り母国への復帰を希望し、パルメイラスでのプレーを望む発言をしていたが、上海上港を離れることは難しいようだ。 「僕とパルメイラスの間には、常に噂が立っているけど、それはチームへの愛情のおかげだ。パルメイラスと同じ視点であることを明確にするよ」 「ブラジルでプレーすることは僕の願いであり、願望だけど、現時点では少し難しい」 「僕はクラブとあと2年契約が残っている。そして、中国で幸せなんだ」 ▽中国での生活にも慣れ、リーグ制覇も成し遂げたフッキ。来シーズンのAFCチャンピオンズリーグでは、今シーズンに続きJリーグ連覇の古巣・川崎Fと対戦が決定している。 2018.12.25 09:58 Tue
twitterfacebook
thumb

来季ACL最後の1枠は浦和に! 天皇杯制覇で2大会ぶり出場へ

▽来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場チーム最後の1枠が浦和レッズに決定した。 ▽ACL2019は、J1リーグ優勝クラブ、天皇杯優勝クラブが本大会のグループステージから出場。J1リーグ2位クラブと3位クラブがプレーオフからの出場となる。また、J1リーグ優勝クラブはすでに川崎フロンターレ、J1リーグ2位はサンフレッチェ広島、3位は鹿島アントラーズに決定していた。 ▽そんな中、9日に行われた第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝の浦和レッズvsベガルタ仙台が行われ、浦和がDF宇賀神友弥のスーパーゴールを守り切り、1-0で勝利。この結果、12年ぶり7度目の優勝を飾った浦和が来シーズンのACL出場を勝ち取り、2大会ぶりの出場を決めた。 ▽その浦和はACLでグループGに組み込まれる。北京国安(中国)、全北現代(韓国)、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)と同組となった。 2018.12.09 20:40 Sun
twitterfacebook
thumb

広島と鹿島のACLプレーオフ出場が決定! 鹿島天皇杯Vなら札幌が出場《ACL2019》

▽明治安田生命J1リーグ第34節が12月1日(土)に行われた結果、2位・サンフレッチェ広島と3位・鹿島アントラーズのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ出場が決定した。 ▽ACL2019は、J1リーグ優勝クラブ、天皇杯優勝クラブが本大会のグループステージから出場。J1リーグ2位クラブと3位クラブがプレーオフからの出場となる。また、J1リーグ優勝クラブはすでに川崎フロンターレに決定している。 ▽J1リーグ2位のサンフレッチェ広島は東地区プレーオフ3に組み込まれ、J1リーグ3位の鹿島アントラーズは東地区プレーオフ4に組み込まれる。対戦相手や試合日程、勝ち上がった場合のグループリーグ組み合わせについては以下の通り。 ◆AFCチャンピオンズリーグプレーオフ ▽2019年2月19日(火) 【東地区プレーオフ3】 サンフレッチェ広島 vs 【チェンライ・ユナイテッド(タイ)対 [セレス・ネグロス(フィリピン)対 ヤンゴン・ユナイテッド(ミャンマー)]の勝者】 【東地区プレーオフ4】 鹿島アントラーズ vs 【ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)対[ホーム・ユナイテッド(シンガポール)対 第1代表(インドネシア)]の勝者】 ◆グループリーグ 【グループ E】①第3代表(韓国)、②ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、③東地区プレーオフ4勝者、④東地区プレーオフ2勝者 【グループ F】①広州恒大(中国)、②第2代表(韓国)、③メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、④東地区プレーオフ3勝者 ▽また、現在鹿島アントラーズは、もう1枠が決まる天皇杯で準決勝に進出。同大会で優勝した場合はグループステージからの出場となり、プレーオフにはJ1リーグ4位の北海道コンサドーレ札幌が繰り上がって出場する。 2018.12.01 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

グループステージ組み合わせが決定! J1王者川崎FはシドニーFC、上海上港と同居の死の組に…《ACL2019》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019の抽選会が22日に行われ、グループステージの組み合わせが決定した。 ▽17回目を迎える来季のACLは、日本からは最大4チームが出場となる。明治安田生命J1リーグ優勝クラブと、天皇杯優勝クラブは本戦へのストレートインの資格が得られるが、残りの2枠のJ1リーグの2位と3位のチームはプレーオフに回り、そこで勝ち上がれば本戦への切符を手にすることができる。そのため、現在ACL本戦出場を決めているのはJ1優勝クラブの川崎フロンターレのみとなっている。 ▽なお、天皇杯はここまで鹿島アントラーズ、浦和レッズ、ベガルタ仙台、モンテディオ山形が残っているが、仮に鹿島が優勝しJ1リーグ戦でも3位以内に入った場合は、リーグ4位のチームがプレーオフに回ることになる。 ▽なお、今回からは抽選方法が変わり、各国王者が同居する“死の組”が生まれる可能性が高い。ドロワーを務めたのは元鹿島の岩政大樹氏だ。 ▽そして抽選の結果、川崎Fは、シドニーFCと上海上港、そこにプレーオフ勝者が加わるグループHとなった。シドニーFCと上海上港はそれぞれオーストラリアと中国の優勝チームであり、厳しい組み合わせとなった。また、元日本代表MF本田圭佑が所属するメルボルン・ビクトリーは広州恒大らと同居のグループFに入った。 ▽ACL2019の予選及びプレーオフ出場チーム、グループリーグ組み合わせは以下の通り。 《グループリーグ》 【グループA】 アル・ワスル(UAE) アル・ズワラ(イラク) プレーオフ勝者④ プレーオフ勝者② 【グループB】 アル・イテハド(サウジアラビア) アル・ワフダ(UAE) ウズベキスタン王者 プレーオフ勝者③ 【グループC】 アル・ドゥハイル(カタール) アル・ヒラル(サウジアラビア) アル・アイン(UAE) エステグラル(イラン) 【グループD】 ペルセポリス(イラン) アル・サッド(カタール) アル・アハリ(サウジアラビア) プレーオフ勝者① 【グループE】 韓国3(韓国リーグ2位) ジョホール(マレーシア) プレーオフ勝者⑧ プレーオフ勝者⑥ 【グループF】 広州恒大(中国) 韓国2(韓国カップ王者) メルボルン・ビクトリー(オーストラリア) プレーオフ勝者⑦ 【グループG】 日本2(天皇杯王者) 中国2(中国カップ王者) 全北現代(韓国) ブリーラム・ユナイテッド(タイ) 【グループH】 シドニーFC(オーストラリア) 川崎フロンターレ(日本) 上海上港(中国) プレーオフ勝者⑤ 《予選1回戦》 ①アル・ワフダート(ヨルダン) vs アル・クウェート(クウェート) ②セレス=ネグロス(フィリピン) vs ヤンゴン・ユナイテッド(ミャンマー) ③ホーム・ユナイテッド(シンガポール) vs 未定:インドネシア1 《予選2回戦》 ①パフタコール(ウズベキスタン) vs アル・クーワー・アル・ジャウィヤー(イラク) ②AGMK(ウズベキスタン) vs イスティクロル(タジキスタン) ③サイパ(イラン) vs ミネルバ・パンジャーブ(インド) ④ゾブ・アハン(イラン) vs 1回戦①の勝者 ⑤ペラク(マレーシア) vs キッチー(香港) ⑥バンコク・ユナイテッド(タイ) vs ハノイFC(ベトナム) ⑦チェンライ・ユナイテッド(タイ) vs 1回戦②の勝者 ⑧ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア) vs 1回戦③の勝者 《プレーオフ》 ①アル・ナスル(UAE) vs 2回戦①の勝者 ②アル・ナスル(サウジアラビア) vs 2回戦②の勝者 ③アル・ラーヤン(カタール) vs 2回戦③の勝者 ④アル・ガラファ(カタール) vs 2回戦④の勝者 ⑤韓国4 vs 2回戦⑤の勝者 ⑥中国4 vs 2回戦⑥の勝者 ⑦日本3(Jリーグ2位) vs 2回戦⑦の勝者 ⑧日本4(Jリーグ3位) vs 2回戦⑧の勝者 2018.11.22 18:40 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース