【リーガエスパニョーラ第33節プレビュー】40戦無敗狙うバルサは苦手バライードスでのセルタ戦!2018.04.17 20:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽先週末に行われた第32節ではバルセロナがバレンシアとの上位対決を制した他、アトレティコ・マドリー、レアル・マドリーが揃って勝利。ヨーロッパリーグ(EL)出場権を懸けたセビージャとビジャレアルの上位対決はドローという結果に終わった。▽ミッドウィーク開催となる今節の注目カードは、首位のバルセロナ(勝ち点82)と9位のセルタ(勝ち点43)の一戦だ。2年ぶりのリーガ制覇に向けてあと7ポイントに迫るバルセロナは前節、絶好調のバレンシア相手に2-0の快勝を収めてリーガ新記録となる39試合連続無敗を達成。チャンピオンズリーグ(CL)のローマ戦での屈辱的な敗退を何とか払拭することに成功した。

▽この勝利をキッカケに再び勢いを取り戻したいチームは、今週末にセビージャとのコパ・デル・レイ決勝を控える中で敵地バライードスに乗り込む。ここ数年、バライードスでのアウェイゲームを苦手とするバルセロナは直近の2シーズンでいずれも4失点を喫しての敗戦を喫している。ただ、現時点でチームの最優先はコパ決勝であり、今回の遠征には負傷のMFラキティッチに加えDFピケ、MFイニエスタ、MFブスケッツの主力4選手がメンバー外となっている。そのため、MFパウリーニョ以外に主力不在のピボーテの出来が勝敗を左右する。さらに、FWアスパスを筆頭に能力の高い相手の攻撃陣をDFユムティティ、GKテア・シュテーゲンを中心にきっちり抑え込みたい。

▽前節、エースFWグリーズマンと今季限りでの退団が決定したFWトーレスのゴールなどでレバンテに快勝した2位アトレティコ(勝ち点71)は公式戦3試合ぶりの勝利を手にした。現在、チームの最優先はアーセナルとの対戦が決定したEL準決勝だが、バルセロナの優勝を遅らせるためにも勝利がほしい。監督交代後、2勝1分けと復調を見せる11位レアル・ソシエダ(勝ち点40)とのアウェイゲームに向けては古巣対戦のグリーズマンに注目。リーガ2戦連発中と好調のフランス代表は今季ゴール数を19点としており、今節で2シーズンぶりの20ゴールの大台に乗せたいところだ。

▽アトレティコと同様に前節、最下位マラガに古巣対戦のMFイスコの1ゴール1アシストの活躍で勝利した3位レアル・マドリー(勝ち点67)は、13位アスレティック・ビルバオ(勝ち点39)とホームで対戦。今節ではそのマラガ戦で温存されたエースFWクリスティアーノ・ロナウドら主力の復帰が見込まれており、直近のサンティアゴ・ベルナベウでのユベントス戦でやきもきさせたマドリディスタを前にゴールラッシュできっちり勝ち切りたいところだ。

▽また、敵地でバルセロナに敗れて10試合ぶりの敗戦を喫した4位のバレンシア(勝ち点65)は、前節連敗をストップしたMF柴崎岳を擁する10位ヘタフェ(勝ち点42)をホームに迎えて仕切り直しの白星を目指す。5位ベティス(勝ち点52)とは13ポイント差があり来季のCL出場権獲得をほぼ決めているバレンシアだが、今節では堅守ヘタフェをきっちり破ってバウンスバックを図りたい。とりわけ、5戦連続ゴールがバルセロナ戦でストップしたFWロドリゴ・モレノの奮起に期待したい。一方、MFフラミニ退場で苦戦を強いられながらもエスパニョール相手に勝ち切ったヘタフェは前回対戦で勝利している格上相手にシーズンダブルを目指す。なお、エスパニョール戦で8試合ぶり出場機会なしに終わった柴崎は、過密日程ということもあり今回の一戦でチャンスが与えられるはずだ。

▽その他の試合では7戦ぶりの勝利を目指す12位エイバル(勝ち点40)と、4戦連続無得点で3敗1分けと低迷する16位エスパニョール(勝ち点36)の不調対決に注目したい。前節のアラベス戦で2戦ぶりの先発を果たしたMF乾貴士だがゴールに絡む活躍は見せられず、今節では後ろに重心がかかるエスパニョール相手に局面打開の仕事が求められる。また、週末にバルセロナとのコパ決勝を控える7位セビージャ(勝ち点47)は、降格圏に低迷する18位デポルティボ(勝ち点26)相手のタフなアウェイゲームに挑む。

《リーガエスパニョーラ第33節》
▽4/17(火)
《26:30》
デポルティボ vs セビージャ
《28:00》
セルタ vs バルセロナ
《28:30》
ビジャレアル vs レガネス

▽4/18(水)
《26:30》
エスパニョール vs エイバル
バレンシア vs ヘタフェ
《28:30》
レアル・マドリー vs ビルバオ

▽4/19(木)
《26:30》
レアル・ソシエダ vs アトレティコ・マドリー
アラベス vs ジローナ
《28:30》
レバンテ vs マラガ
ベティス vs ラス・パルマス

コメント

関連ニュース

thumb

【プレミアリーグ第9節プレビュー】青い獅子と赤い悪魔が激突!黄色信号灯るモウ、サッリと初対決

▽リバプールとマンチェスター・シティが激突した第8節。白熱の首位攻防戦は互いに慎重な試合運びを見せ90分間でスコアが動くことなくドロー決着となった。一方で、その他の上位陣は軒並み勝利を収め、現在勝ち点「20」でシティ、リバプール、チェルシーが並ぶ三つ巴状態。さらにその下には勝ち点差「2」でアーセナルとトッテナムがトップを虎視眈々と狙っている。 ▽そんな中迎える第9節は、チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドによるビッグマッチが行われる。未だ無敗のチェルシーに対して、すでに3敗のユナイテッドは指揮官ジョゼ・モウリーニョが窮地に立たされている。前節ニューカッスル相手に2点を先攻されながらも、後半怒涛の3得点で逆転勝利を手にし何とか首の皮一枚繋げたが、追い打ちをかけるかのように今節の相手は絶好調チェルシー。マウリツィオ・サッリ新監督のもと変貌を遂げた青い獅子と、これ以上醜態は見せられない赤い悪魔がプライドをかけて激突する。 ▽今季公式戦未だ負けなしのチェルシーは前節はサウサンプトンを3-0で粉砕。エースのアザールはリーグ戦ここまで7ゴールで得点ランクトップに立つなど、チームの好調ぶりと共に選手も生き生きとしている様子だ。リーグ戦8試合無敗を維持するチェルシーだが、このユナイテッド戦で負けなければクラブ史上3度目の9戦無敗となる。これまでにその記録を達成した2005-06、14-15シーズンはともにリーグ優勝を果たしており非常に縁起のいい記録だ。 ▽ユナイテッドは相手が誰であろうと勝つしかない。前節公式戦5試合ぶりの勝利を取り戻したものの、依然モウリーニョ監督の風当たりは強い。ここでチェルシーを下すことができれば向かい風は弱まるだろうが、いかんせんここ数シーズンのスタンフォード・ブリッジでの対戦は分が悪い。12-13シーズンを最後に、ここ6試合は1分け5敗と完全に苦手としているが果たして。 ▽リバプールはハダースフィールドと対戦。ここ4試合のビッグクラブとの連戦から一息つけると思いきや、インターナショナルマッチウィークでサラーやマネ、ナビ・ケイタにファン・ダイクら主力が負傷する事態に陥っている。それでも、ハダースフィールド戦ここ12試合で9勝3分け。さらにその直近7試合では無失点に抑えており、リバプールの有利には変わりない。 ▽公式戦9連勝中のアーセナルはホームにレスター・シティを迎え撃つ。中断期間中にパパスタソプーロスが負傷も、エジル、ウェルベック、ナイルズが練習に復帰。ほぼベストメンバーで臨むことができる。さらに、リーグ戦ではホームでのレスター戦12試合で11勝1分けとすこぶる良い成績を残している。一方でレスターはここ7度のロンドン遠征は3分け4敗。データ上ではアーセナルが圧倒的有利だが。 ▽トッテナムはウェストハムとのロンドン・ダービーに臨む。これまで多くの主力を欠いていたトッテナムだが、エリクセンとデンベレの復帰が濃厚に。デレ・アリとローズはまだ離脱中だが、リーグ4連勝に向けて明るい報告となった。また、プレミアでのロンドン・ダービーでは現在4連勝中。さらにケインはウェストハム戦ここ7試合で7ゴールを挙げお得意様としている。 ▽そのほか、吉田所属のサウサンプトンはアウェイでボーンマスと対戦。公式戦ここ6試合で3勝2分け1敗と悪くない相手だ。ホームでブライトンと対戦するニューカッスルは前節のユナイテッド戦で武藤がプレミア初先発&初得点を記録。連続ゴールが期待される今節、今季初勝利を目指す。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ◆プレミアリーグ第9節 ▽10/20(土) 《20:30》 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 《23:00》 ウェストハム vs トッテナム ニューカッスル vs ブライトン マンチェスター・シティ vs バーンリー ウォルバーハンプトン vs ワトフォード ボーンマス vs サウサンプトン カーディフ vs フルアム 《25:30》 ハダースフィールド vs リバプール ▽10/21(日) 《24:00》 エバートン vs クリスタル・パレス ▽10/22(月) 《28:00》 アーセナル vs レスター・シティ 2018.10.20 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第9節プレビュー】バルサvsセビージャの首位攻防戦!

▽代表ウィーク前に行われた第8節ではバレンシアとの実力対決をドローに終えたバルセロナが4戦未勝利となり、代わってリーグ4連勝のセビージャが今季初めて首位に浮上。また、ベティスとの上位対決に競り勝ったアトレティコ・マドリーが3位に浮上。その一方で、レアル・マドリーは格下アラベスに競り負けてまさかの公式戦4戦未勝利となった。 ▽FIFAウイルスと来週ミッドウィークから再開されるチャンピオンズリーグ(CL)&ヨーロッパリーグ(EL)の影響でタフな戦いが想定される今節。だが、この厳しいコンディションの中でバルセロナ(勝ち点15)とセビージャ(勝ち点16)による首位攻防戦が開催される。 ▽守備面の問題に加え、エースFWメッシへの依存が顕著なバルセロナはCLトッテナム戦で勝利を収めたものの、直近のリーグ戦では3分け1敗と急速に調子を落とす。毎試合得点こそ記録しているが、あっさりとした失点や効果的に追加点を奪えないなど明らかに試合運びに問題を抱えている印象だ。加えて、DFユムティティに続きDFヴェルメーレンが代表ウィークで負傷し、ヒザの問題を抱えるFWスアレスも特別調整を強いられるなど、一部ポジションで選手層の問題を抱えている。この苦境の中でセビージャ戦、CLインテル戦、レアル・マドリーとのクラシコとビッグマッチ3連戦を戦うことになり、その初戦となるセビージャ戦では勝ち点3奪取が求められるところ。メッシやDFジョルディ・アルバなど代表未招集組の活躍に期待がかかる。 ▽一方、マチン監督の戦術の浸透とFWアンドレ・シウバやFWイェデルらフィニッシャーの活躍で好調を継続するセビージャは4連勝中。他のビッグクラブと異なり主力に目立った負傷者もおらず、最低限のトップ4フィニッシュはおろか、リーグタイトル争いに十分に絡めそうな気配を見せている。難所カンプ・ノウに乗り込む今回の首位攻防戦では最も苦手とするメッシを封じ込めつつ、得意のカウンターで相手の脆弱な守備を切り裂き先日のレアル・マドリー戦の大勝の再現と行きたいところだ。 ▽首位攻防戦での潰し合いを生かしつつ首位奪還を目指すアトレティコ・マドリー(勝ち点15)だが、今節は難敵ビジャレアルとのアウェイゲームに臨む。今季のビジャレアルはいまひとつ調子が上がっていないものの、FWバッカやMFカソルラ、FWジェラール・モレーノと実力者を多数擁するタフな相手だ。また、日本代表戦を戦ったDFゴディンを筆頭にほとんどの主力が代表戦を戦ったアトレティコはコンディション面で不安を抱える。その中で活躍が期待されるのは、先日の代表戦で好パフォーマンスを披露し、古巣初対戦となるMFロドリゴ・エルナンデスだ。相手のやり方を熟知した同選手が攻守両面で決定的な働きができるかがアウェイチーム勝利の鍵を握る。 ▽また、公式戦4戦勝利なし(3敗1分け)且つ無得点とロペテギ体制で最初の危機を迎えているレアル・マドリーは、土曜のランチタイムキックオフとなるレバンテ戦で5試合ぶりのゴールと勝利を目指す。ここ最近悩まされた負傷者に関してはDFカルバハルを除き全選手が起用可能となっている。だが、未だシステムと組み合わせで最適解を見いだせていない指揮官の采配面にやや不安を残す。また、粘り強い守備とFWボアテング、FWホセ・モラレスを擁するレバンテの鋭い堅守速攻に対してもMFカゼミロらを起点に最大限の集中力が求められるところだ。 ▽ここ最近、やや厳しい立場に立たされているベティスMF乾貴士とヘタフェMF柴崎岳の2人の日本人選手はそれぞれバジャドリー、ラージョと昇格組と対峙する。今回も日本代表に招集されなかった乾は休養十分な中でリーグ3戦ぶりの出場を目指す。一方、クラブでは苦境も日本代表ではウルグアイ代表戦でプレーしている柴崎は試合勘が鈍らないうちに何とか試合に出たいところだ。 《リーガエスパニョーラ第9節》 ▽10/19(金) 《28:00》 セルタ vs アラベス ▽10/20(土) 《20:00》 レアル・マドリー vs レバンテ 《23:15》 バレンシア vs レガネス 《25:30》 ビジャレアル vs アトレティコ・マドリー 《27:45》 バルセロナ vs セビージャ ▽10/21(日) 《19:00》 ラージョ vs ヘタフェ 《23:15》 エイバル vs ビルバオ 《25:30》 ウエスカ vs エスパニョール 《27:45》 ベティス vs バジャドリー ▽10/22(月) 《28:00》 レアル・ソシエダ vs ジローナ 2018.10.19 20:20 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第8節プレビュー】リバプールとシティが激突! 要注目の首位攻防戦

▽第7節ではチェルシーとリバプールが激突した。直前に行われたEFLカップ3回戦でも対戦した両者は、アザールのゴールでチェルシーが勝利。それから中2日で再び相まみえることになった前節は、アザールの2試合連続ゴールでチェルシーが先制するものの、後半途中から出場したスタリッジが土壇場でゴールを決めドロー決着。勝ち点1を分け合う結果となった。そのほかの上位陣が順当に勝利を収める中、マンチェスター・ユナイテッドはウェストハムに敗れ、早くも今季3敗目を喫した。 ▽インターナショナルウィーク前最後のリーグ戦となる今節は、リバプールはマンチェスター・シティとの大一番を迎える。2試合連続のチェルシー戦に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でナポリとのビッグマッチを戦ったリバプールは厳しいスケジュールとなっている。 ▽チェルシー戦のドローにより、開幕からの連勝が「6」でストップしたリバプールは、依然リーグ無敗も、ナポリ戦に敗れ直近の公式戦3試合では1分け2敗と調子を落としてきている。さらにそのナポリ戦で、N・ケイタが負傷しこの試合の出場は微妙に。それでもリーグ戦ホームでのシティ戦は3連勝中。首位相手に勝利を収められれば一気に自信を取り戻すことが出来そうだが…。 ▽一方、シティはCLでホッフェンハイムを下し公式戦4連勝。リーグ戦に目を向けても4連勝、またエースのアグエロは2試合連続ゴール中と万全の状態でリバプール戦に臨む。順位も気付けば首位浮上。昨季王者が不調リバプールに襲いかかる。 ▽そのシティとリバプールを追う3位のチェルシーは、10月の日本代表にも選ばれた吉田所属のサウサンプトンのホームに乗り込む。リバプールとの2連戦を1勝1分けで乗り切り、好調アザールとともにセント・メリーズ・スタジアムに乗り込む。片やサウサンプトンは、ここまでわずか1勝で16位に位置。また、プレミアでリーグでのチェルシー戦ここ5試合で全敗と今回も厳しい戦いが予想される。それでもEFLカップでは、吉田が今季2度目の先発出場を果たしエバートンをPK戦の末に撃破。この勢いを持続したいところだ。 ▽4位のトッテナムは昇格組のカーディフをホームに迎える。プレミアリーグでは2013-14シーズン以来の対戦だが、そのシーズンはトッテナムがホーム、アウェイともに1-0で勝利を収めている。ケガ人を多く抱えるトッテナムは、直近のCKバルセロナ戦で守護神ロリスが復帰したものの、2-4で完敗。デレ・アリ、エリクセン、ヴェルトンゲン、デンベレら負傷者の出場は未定だが、勝ってスッキリと中断期間に入りたい。 ▽フルアムとのアウェイ戦に臨むアーセナルは、直近のELカラバフ戦に快勝し公式戦8連勝と波に乗っている。しかし、ロンドン・ダービーではここ8試合でわずか1勝と苦手意識が。今、その苦手意識を払拭する時か。 ▽不振にあえぐユナイテッドは武藤所属のニューカッスルと対戦。ここ数試合、格下相手に敗れ、モウリーニョ監督解任も囁かれる赤い悪魔は、CLバレンシア戦も引き分け公式戦4試合勝ちなし。だが、ニューカッスル戦ここ36試合で負けたのは僅かに1回。26勝を誇っている。さらにモウリーニョ監督にとってホームでのニューカッスル戦は7戦全勝。勝利して調子を取り戻したい。 ▽その他、岡崎のレスター・シティはホームでエバートンと対戦する。リーグ戦4勝3敗で8位に位置するフォクシーズは、リーグ戦では2連勝、EFLカップも含めると3連勝と好調だ。勝てば4位や5位浮上も狙える今節、岡崎の今季リーグ戦初先発となるだろうか。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ◆プレミアリーグ第8節 ▽10/5(金) 《28:00》 ブライトン vs ウェストハム ▽10/6(土) 《23:00》 トッテナム vs カーディフ レスター・シティ vs エバートン ワトフォード vs ボーンマス クリスタル・パレス vs ウォルバーハンプトン バーンリー vs ハダースフィールド 《25:30》 マンチェスター・ユナイテッド vs ニューカッスル ▽10/7(日) 《20:00》 フルアム vs アーセナル 《22:15》 サウサンプトン vs チェルシー 《27:30》 リバプール vs マンチェスター・シティ 2018.10.05 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第8節プレビュー】バレンシアvsバルサに、アトレティvs乾ベティス開催!

▽先週末に行われた第7節では注目のマドリード・ダービーがゴールレスドローで終わった中、首位バルセロナもアスレティック・ビルバオとドローに終わり上位陣は揃って足踏み。その一方で、ここまで唯一未勝利だったバレンシアがレアル・ソシエダ相手に待望の今季リーガ初勝利を飾っている。 ▽10月の代表ウィーク前最後となる今節はバレンシアvsバルセロナの強豪対決と、アトレティコ・マドリーvsベティス、バスク・ダービーと3つのビッグマッチが組まれている。 ▽前節、ホームでビルバオと引き分けてリーガ3戦未勝利と開幕公式戦5連勝から一転一気に調子を落とすバルセロナ。それでも、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではトッテナム相手のタフなアウェイゲームをエースFWメッシの圧巻の活躍などにより4-2のスコアで快勝。公式戦4戦ぶりの白星を手にして停滞ムードを見事に払しょくした。そして、このスパーズ戦での勝利を追い風に今節は難所メスタージャでリーガ4戦ぶりの白星を目指す。トッテナム戦での勝利によりメンタル面の充実は期待できるが、FWスアレスやMFブスケッツら一部主力のコンディションは気がかりなところだ。そのため、代表招集外で今後十分な休養を取れるメッシやDFジョルディ・アルバらの活躍に期待したいところだ。 ▽一方、前節ソシエダ相手に待望のリーガ初勝利を手にしたバレンシアは直近のCLでも敵地でマンチェスター・ユナイテッドから貴重な勝ち点1をもぎ取り復調傾向だ。今季ここまでの公式戦10試合でわずかに5得点と攻撃面は深刻な得点力不足に悩まされているが、FWゴンサロ・ロドリゲスやFWロドリゴ・モレーノら質の高いタレントが揃っているだけに被カウンター時の守備に問題を抱えるバルセロナ相手に何とかゴールをこじ開けたい。ただ、勝利に向けては接戦に持ち込む展開が必須だけにメッシらの攻撃を何とか最少失点以下で凌ぎたいところだ。 ▽前節、敵地でのダービー勝利こそ逃したものの現在3強の中で最も調子が良いアトレティコは、直近のCLでもエースFWグリーズマンの活躍によってクラブ・ブルージュに3-1の勝利を収めてCLグループステージ2連勝を達成。徐々にケガ人も復帰しており、代表ウィーク前の今節をきっちり勝利で飾りたい。バルセロナ並みに高いボール支配率を誇りながらも前線のパンチ力に欠けるベティスは非常に戦いやすい相手であり、持ち味の堅守と鋭いカウンターという得意のフィールドに相手を引きずり込めば、大量得点での勝利も十分に可能だ。 ▽一方、前節レガネスに1-0で競り勝ったベティスは直近のヨーロッパリーグ(EL)でも格下デュドランジュ相手に3-0の快勝を収め公式戦3連勝で無敗記録を「8」に伸ばしている。リーガではここまで5得点と決定力に問題こそ抱えているものの、チーム最大の売りである高いボールポゼッションを守備面に生かしており、堅守で競り勝つ形を新たなチームスタイルに反映させている。とはいえ、ここまでの対戦相手に比べ攻撃陣のタレントのレベルが大幅に上がるアトレティコとのアウェイゲームではその守備力が試される一戦となるはずだ。なお、前節レガネス戦で今季初めて出場機会なしに終わったMF乾貴士に関してはELで先発出場しており、ベンチスタートが濃厚だ。 ▽前述の2つの強豪対決と共に注目を集めるのが今季最初のバスク・ダービーだ。ここまでビルバオが15位、ソシエダが13位と順位表の上ではもの足りないところだが、ビルバオはここ最近の試合でレアル・マドリー、バルセロナ相手にドローゲームを演じており、潜在能力は十分だ。また、以前は友好的なダービーという印象が強かったものの、昨季ビルバオがDFイニゴ・マルティネスをソシエダから引き抜き、今夏もGKケパの売却資金でソシエダの若きエースFWオヤルサバルの引き抜きを画策したことが明らかになっており、敵地に乗り込むソシエダ陣営は並々ならぬモチベーションで今回の一戦に臨むはずだ。 ▽また、直近の公式戦3戦未勝利(2敗1分け)でロペテギ新体制で初めての危機を迎える2位レアル・マドリーは6位アラベスとの上位対決に臨む。セビージャ戦での大敗、ホーム開催のダービーでのドローを受けて必勝が求められたCLのCSKAモスクワ戦では序盤にMFクロースのミスから与えた失点を最後まで挽回できず、格下相手に今季のCLで初黒星を喫した。また、元エースFWクリスティアーノ・ロナウド不在で迫力不足が指摘される攻撃陣では12年ぶりに公式戦3試合連続無得点に終わり、FWベンゼマを中心にアタッカー陣へのプレッシャーは高まっている。そのため、敵地での難敵アラベス戦では公式戦4試合ぶりの勝利と共に攻撃陣の爆発が必須だ。 《リーガエスパニョーラ第8節》 ▽10/5(金) 《28:00》 アスレティック・ビルバオ vs レアル・ソシエダ ▽10/6(土) 《20:00》 ジローナ vs エイバル 《23:15》 ヘタフェ vs レバンテ 《25:30》 アラベス vs レアル・マドリー 《27:45》 レガネス vs ラージョ ▽10/7(日) 《19:00》 バジャドリー vs ウエスカ 《23:15》 アトレティコ・マドリー vs ベティス 《25:30》 エスパニョール vs ビジャレアル セビージャ vs セルタ 《27:45》 バレンシア vs バルセロナ 2018.10.05 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【セリエA第8節プレビュー】ユベントス開幕8連勝なるか、代表ウィーク前の強豪勢は格下と対戦

▽先週行われた前節ではユベントスがナポリとの今季のスクデットを争うビッグマッチをC・ロナウドが全3ゴールに絡む活躍を見せて制した。そして、ローマが伏兵ペッレグリーニの全3ゴールに絡む活躍でラツィオとのダービーを制し、2連勝としている。ミラノ勢ではインテルが3連勝を飾り、ミランが4試合ぶりの勝利を挙げている。迎える第8節、代表ウィーク前の強豪勢は格下との対戦が組まれている。 ▽C・ロナウドとマンジュキッチの活躍でナポリに逆転勝利を飾ったユベントスは、開幕8連勝を懸けてウディネーゼとのアウェイ戦に臨む。開幕以降、好調を維持するチームは火曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のヤング・ボーイズ戦ではC・ロナウドが出場停止で不在の中、ディバラのハットトリックで快勝した。休養十分のC・ロナウドと復調したディバラを軸に2連敗中のウディネーゼを下して開幕8連勝としたい。 ▽ユベントスに力負けして今季2敗目を喫したナポリは、サッスオーロとのホーム戦に臨む。水曜に行われたCLのリバプール戦ではユベントス戦の敗戦を感じさせない充実の内容でリバプールを下し、グループステージ突破への足がかりとした。セリエAではユベントスに追いすがるためにも必勝が求められるが、ミランに1-4と敗れて同じく今季2敗目を喫したサッスオーロを下すことができるか。 ▽ラツィオとのダービーで途中出場のペッレグリーニが躍動したローマは、エンポリとのアウェイ戦に臨む。火曜に行われたCLビクトリア・プルゼニ戦ではゴールに見放されていたゼコがハットトリックの活躍を見せて5-0と大勝し、公式戦3連勝とした。ディ・フランチェスコ監督の首が飛びかかっていた状態からV時回復しているチームは、開幕節以来勝利のないエンポリにすっきりと勝利して公式戦4連勝としたい。 ▽ローマに競り負けてリーグ戦での連勝が4で止まったラツィオは、フィオレンティーナとのホーム戦に臨む。木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)のフランクフルト戦では9人となった中で1-4と完敗した。流れが悪くなっている中、4勝2敗スタートと若い力が躍動しているフィオレンティーナの勢いを止めることはできるか。 ▽イカルディやシュクリニアルを温存した前節カリアリ戦をL・マルティネスとポリターノの移籍後初弾で勝利してリーグ戦3連勝としたインテルは、SPALとのアウェイ戦に臨む。水曜に行われたCLのPSV戦では守護神ハンダノビッチが退場してもおかしくない判定があった中、打ち合いを制して2連勝スタートとした。公式戦5連勝と波に乗ってきた中、好調なスタートを切ったものの3連敗中のSPALを下して代表ウィークに入りたい。 ▽苦手サッスオーロに対してスソのドッピエッタとカスティジェホの移籍後初ゴールなどで4-1と快勝して4試合ぶりの勝利を手にしたミランは、キエーボとのホーム戦に臨む。ELオリンピアコス戦では途中出場のクトローネと負傷明けのイグアインのゴールで3-1と逆転勝利し、良い流れを持続した。この勢いのまま、未勝利が続く最下位のキエーボにすっきりと勝利して連勝としたい。 ◆セリエA第8節 ▽10/5(金) 《27:30》 トリノ vs フロジノーネ ▽10/6(土) 《22:00》 カリアリ vs ボローニャ 《25:00》 ウディネーゼ vs ユベントス 《27:30》 エンポリ vs ローマ ▽10/7(日) 《19:30》 ジェノア vs パルマ 《22:00》 アタランタ vs サンプドリア ミラン vs キエーボ ラツィオ vs フィオレンティーナ 《25:00》 ナポリ vs サッスオーロ 《27:30》 SPAL vs インテル 2018.10.05 18:00 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース