PSG会長がトゥヘル合意否定もエメリとの将来は語らず2018.04.17 18:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケライフィ会長が、新監督との合意は得られていないと明かした。スペイン『アス』が伝えている。

▽PSGは今シーズン、優勝を目標に掲げてチャンピオンズリーグ(CL)に臨みながら、決勝トーナメント1回戦で王者レアル・マドリーと対戦して敗退。これによりウナイ・エメリ監督の解任報道が過熱し、後任としてシーズン終了後のトーマス・トゥヘル氏(44)の新指揮官就任が各紙により確実視されている。

▽そうした最中、エメリ監督率いるPSGは15日に行われたリーグ・アン第33節で優勝をかけて2位モナコと激突。7-1の大勝を収め、2シーズンぶり7度目のリーグ優勝を果たした。

▽試合後、フランス『Canal+』のインタビューに応じたアル・ケライフィ会長は、以下のように語っている。

「もし誰かとサインしたのなら、私たちはアナウンスしているよ」

「今、私たちには(先ほどまで)ピッチに立っていた監督が居る。私たちはとても正直だ。今は一緒に働いている監督が居るし、契約はシーズンの終わりまでだ」

▽新監督との合意を否定しつつも、エメリ監督の契約が今シーズン終了までであることを強調したアル・ケライフィ会長。以前の報道でもトゥヘル氏の就任発表は7月ごろだと伝えられており、依然として整合性は崩れていない。

コメント

関連ニュース

thumb

レバンテ、プレースキックの名手バルディと新契約締結!

▽レバンテは23日、マケドニア代表MFエニス・バルディ(23)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。なお、今回の契約ではクラブ側に2年間の契約延長オプションが付随している。 ▽昨夏、ハンガリーのウーイペシュトからレバンテに加入したバルディはトップ下や左ウイングを主戦場に公式戦30試合に出場し9ゴール2アシストを記録。卓越した攻撃センスとドリブル、パスを武器に攻撃を牽引。とりわけ、高精度の右足から繰り出されるプレースキックは素晴らしく昨季は5本の直接FKを決めていた。また、今季のリーグ初ゴールもヘタフェ戦で決めた直接FKだった。 ▽また、2015年にデビューを飾ったマケドニア代表ではここまで11試合に出場し1ゴールを記録している。 2018.10.24 03:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ハンブルガーSVがティッツ監督を電撃解任! 後任に昨季シュツットガルト解任のヴォルフ氏

▽ハンブルガーSV(HSV)は23日、クリスティアン・ティッツ監督(47)の解任を発表した。また、後任には昨季途中までシュツットガルトを率いていたハネス・ヴォルフ氏(37)が就任することが併せて伝えられている。 ▽昨季終盤にユースチームから昇格する形でHSVのトップチームを率いることになったティッツ監督は、チームのブンデスリーガ初の降格を食い止めることはできなかったものの、1年でのブンデス復帰を託されて今季も続投した。 ▽今季ここまでは5勝2敗3分けの5位と十分に昇格を狙える位置にいたものの、ホームゲーム6試合のうちで4戦無得点など直近の戦績が芳しくないことを受けて、クラブ上層部は同監督の更迭に踏み切った。 ▽今回の電撃解任に関してHSVのラルフ・ベッカーSD(スポーツ・ディレクター)は、「我々には競技面における状況の分析を行う責務があり、そして残念ながら目指していた改善は見られず、このままではシーズンの目標達成も危ぶまれるとの判断を下した」と、ティッツ監督の解任理由を説明している。 ▽HSVの新指揮官に就任するヴォルフ氏はドルトムントの下部組織での指導を経て2016年からシュツットガルトの指揮官に就任。同シーズンに1部昇格に導く見事な手腕を発揮したものの、昨季は序盤から低迷を強いられてシーズン半ばに解任されていた。 ▽なお、ヴォルフ氏はシュツットガルト時代に日本代表FW浅野拓磨を指導しており、DF酒井高徳やFW伊藤達哉の2人の日本人選手にとっても親和性の高い指揮官だ。 2018.10.23 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックスが若き天才FWドルベリと2022年まで契約延長!

▽アヤックスは22日、デンマーク代表FWカスパー・ドルベリ(21)との契約延長を発表した。新契約は2022年までとなる。 ▽ドルベリは、デンマークのシルケボー出身。2015年7月にアヤックスU-19へと加入すると、2016年7月にトップチームに昇格していた。 ▽アヤックスでは、加入1年目に29試合に出場し16ゴール6アシストを記録。ヨーロッパリーグでも13試合に出場し6ゴール1アシストを記録。チームを決勝に導いていた。 ▽2017-18シーズンはエールディビジで23試合に出場し6ゴールとトーンダウン。今シーズンはここまで4試合に出場し3ゴール1アシストを記録と復活を予感させる活躍を見せている。 ▽デンマーク代表としても9試合に出場。ロシア・ワールドカップのメンバーにも選ばれ、グループステージのフランス代表戦に出場していた。 2018.10.23 20:04 Tue
twitterfacebook
thumb

この先もレスターに未来あり! イングランド代表DFチルウェルが新契約にサイン

▽レスター・シティは20日、イングランド代表DFベン・チルウェル(21)の契約延長を発表した。新契約は2024年までとなる。 ▽チルウェルは、レスター下部組織出身の左サイドバックで、2015年にトップチームデビュー。今シーズンはここまでプレミアリーグ8試合に出場しており、今年9月にイングランド代表デビューを果たすなど、将来が有望視される若手の1人だ。 ▽新契約にサインしたチルウェルは、「このクラブは大きく、長期的なプランもある。それに関わることができて、すごくエキサイティングな気持ちだよ」とコメントしている。 2018.10.21 10:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェノア、昨季限りで退団した元ポルトガル代表MFヴェローゾとの再契約を発表

▽ジェノアは19日、昨シーズン限りで退団した元ポルトガル代表MFミゲウ・ヴェローゾ(32)と再契約したことを発表した。契約期間などは明かされていないが、『フットボール・イタリア』によれば、延長オプション付きの1年契約だという。 ▽ヴェローゾは、2010年に母国のスポルティングからジェノアに加入し、2シーズンに渡って活躍。その後、2012年に移籍したディナモ・キエフで4年間の契約を満了し、2016年夏にジェノアへ復帰。復帰後は2シーズンで公式戦48試合に出場したが、昨シーズン終了後に退団していた。 ▽高水準のテクニックに加え、本職の守備的MF以外に最終ラインや中盤の複数ポジションをカバーできる経験豊富なユーティリティープレーヤーは、ジェノアにとって効果的な補強となるはずだ。 2018.10.20 02:05 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース