PSG会長がトゥヘル合意否定もエメリとの将来は語らず2018.04.17 18:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケライフィ会長が、新監督との合意は得られていないと明かした。スペイン『アス』が伝えている。

▽PSGは今シーズン、優勝を目標に掲げてチャンピオンズリーグ(CL)に臨みながら、決勝トーナメント1回戦で王者レアル・マドリーと対戦して敗退。これによりウナイ・エメリ監督の解任報道が過熱し、後任としてシーズン終了後のトーマス・トゥヘル氏(44)の新指揮官就任が各紙により確実視されている。

▽そうした最中、エメリ監督率いるPSGは15日に行われたリーグ・アン第33節で優勝をかけて2位モナコと激突。7-1の大勝を収め、2シーズンぶり7度目のリーグ優勝を果たした。

▽試合後、フランス『Canal+』のインタビューに応じたアル・ケライフィ会長は、以下のように語っている。

「もし誰かとサインしたのなら、私たちはアナウンスしているよ」

「今、私たちには(先ほどまで)ピッチに立っていた監督が居る。私たちはとても正直だ。今は一緒に働いている監督が居るし、契約はシーズンの終わりまでだ」

▽新監督との合意を否定しつつも、エメリ監督の契約が今シーズン終了までであることを強調したアル・ケライフィ会長。以前の報道でもトゥヘル氏の就任発表は7月ごろだと伝えられており、依然として整合性は崩れていない。

コメント

関連ニュース

thumb

スポルティング、主砲FWバス・ドストが再契約にサイン! 練習場襲撃事件で被害に遭うも残留を決断

▽スポルティング・リスボンは21日、オランダ代表FWバス・ドスト(29)との再契約を発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年となる。 ▽スポルティングでは、今年5月に一部過激サポーターによる練習場襲撃事件が起こり、主力数選手が契約を解除する事態となっていた。そして、ポルトガル代表GKルイ・パトリシオや同MFウィリアム・カルバーリョが新天地を求めた。 ▽その一方で、同襲撃事件の際、前頭部に裂傷を負うなど心身共に傷を負ったドストだったが、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスに続く形でクラブと再契約する道を選んだ。 ▽ヘーレンフェーン時代の2011-12シーズンにエールディビジ得点王に輝いたドストは、2012年にヴォルフスブルクに加入。だが、同クラブでは在籍4年間で期待されたような活躍を見せられず、2016年夏にスポルティングに移籍した。 ▽すると、ヘーレンフェーン時代のパフォーマンスを取り戻したドストは、加入1年目にリーグ戦31試合で34ゴールを挙げる大活躍をみせ、キャリア2度目の得点王を獲得すると、昨季もリーグ戦30試合で27ゴールを挙げる活躍を見せていた。 2018.07.21 21:35 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤航、シント=トロイデンVVへの完全移籍で基本合意 22日C大阪戦が浦和でのラストマッチ

▽浦和レッズは21日、日本代表DF遠藤航(25)がベルギー1部リーグ・シント=トロイデンVVへ完全移籍することで基本合意に達したことを発表した。正式契約はメディカルチェック終了後となる。 ▽湘南ベルマーレでプロキャリアをスタートさせた遠藤は、2016年に浦和レッズへ完全移籍。加入当初から主力として活躍し、2016年には明治安田生命J1リーグ・1stステージ優勝、YBCルヴァンカップ優勝、2017年にはAFCチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。今シーズンもここまでJ1リーグで15試合2得点を記録。YBCルヴァンカップには4試合、天皇杯に1試合出場していた。 ▽遠藤は常に各年代別日本代表にも選出され、2016年にはリオデジャネイロ五輪にも出場。2015年にデビューを飾ったA代表では12試合のキャップ数を誇り、出場機会はなかったものの、先日まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)メンバーにも選出されていた。 ▽シント=トロイデンVVへの完全移籍で基本合意に達した遠藤は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆シント=トロイデンVV 「シント=トロイデンVVのサポーターの皆さん、こんにちは。浦和レッズから加入しました遠藤航です。もうすぐリーグが開幕となるので早くチームに合流し、プレーオフ1の進出に向けて精一杯頑張ります。よろしくお願いします!」 ◆浦和レッズ 「ベルギー1部のシントトロイデンVVに移籍することに決めました。ファン・サポーターのみなさんには突然の報告になってしまい申し訳ありません。個人的にさまざまな思いがある中で決断させていただきました」 「浦和レッズには2年半お世話になり4人の監督のもと、多くの選手と共にプレーし、成長させていただきました。みなさんとは悔しい思いも多くしましたが、このチームでルヴァンカップ、ACL優勝を経験し、浦和レッズに関わるすべてのみなさまと喜びを分かち合えたあの歓喜の瞬間は忘れません」 「次のアウェイでのセレッソ大阪戦が最後の試合となりますが、勝ってベルギーに行けるようにがんばりますので、熱い声援をお願いいたします」 ▽なお、シント=トロイデンVVには現在DF冨安健洋が在籍。インゴルシュタット所属のMF関根貴大も期限付き移籍で加入することが決定している。 2018.07.21 18:25 Sat
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、チェルシーの若手コートジボワール代表MFボガを獲得

▽サッスオーロは21日、チェルシーのコートジボワール代表MFジェレミー・ボガ(21)を獲得したことを発表した。契約年数は明らかになっていないが、契約にはチェルシーの買い戻しオプションが付随する。 ▽チェルシーの下部組織出身のボガ。2013-14シーズンには飛び級で参加したU-21チームでU-21プレミアリーグ優勝。14-15シーズンにはU-19チームでUEFAユースカップ優勝を経験している。 ▽しかし、トップチームでの出場機会はほとんどなく、17-18シーズンの開幕節バーンリー戦で後半に途中出場したのが最初で最後だった。このシーズンはそれ以降、バーミンガムへレンタル。これまでにはグラナダやスタッド・レンヌにレンタルした経歴がある。 ▽フランス生まれではあるが、代表はルーツを持つコートジボワール。U-16やU-19のフランス代表経験はあるものの、昨年6月のアフリカネイションズカップのギニア代表戦でデビューしたため、コートジボワール代表の選手となった。 2018.07.21 18:17 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、控えGKプレと2020年まで契約延長!

▽マルセイユは21日、フランス人GKヨアン・プレ(35)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽ル・マンでプロキャリアをスタートした196cmの長身GKのプレは、トゥールーズ、ソショーを渡り歩き2015年にマルセイユに加入した。 ▽加入1年目はフランス代表GKスティーブ・マンダンダのバックアップを担うが、2年目はそのマンダンダがクリスタル・パレスに移籍したことで正GKに昇格。昨シーズンはマンダンダ復帰に伴い、再び控えGKに降格もヨーロッパリーグを中心に公式戦20試合に出場していた。 2018.07.21 17:42 Sat
twitterfacebook
thumb

元イタリア代表GKアメーリアがセリエDで監督初挑戦! ミランやローマ、チェルシーでプレー

▽セリエD(イタリア4部)に所属するルパ・ローマは20日、新シーズンからの指揮官に元イタリア代表GKのマルコ・アメーリア氏(36)が就任することを発表した。 ▽現役時代、生まれ故郷のローマでプロキャリアをスタートしたアメーリア氏は、リボルノやパレルモ、ジェノアを渡り歩き2010年にミランに加入。2014年まで同胞GKクリスティアン・アッビアーティのバックアップを担った。その後、国内の下部カテゴリーのクラブを渡り歩いた後、2015年10月にはベルギー代表GKティボー・クルトワの負傷離脱でGK不足のチェルシーに短期契約で在籍。そして、2017年のヴィチェンツァでのプレーを最後に現役を退いていた。 ▽また、イタリア代表では通算9試合に出場。プレー機会はなかったものの、2006年ドイツ・ワールドカップでは優勝メンバーの1人となっていた。 ▽なお、先日にUEFA Aライセンスを取得したアメーリア氏は、地元のルパ・ローマで監督業に初挑戦する。 2018.07.21 13:51 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース