PSG会長がトゥヘル合意否定もエメリとの将来は語らず2018.04.17 18:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケライフィ会長が、新監督との合意は得られていないと明かした。スペイン『アス』が伝えている。

▽PSGは今シーズン、優勝を目標に掲げてチャンピオンズリーグ(CL)に臨みながら、決勝トーナメント1回戦で王者レアル・マドリーと対戦して敗退。これによりウナイ・エメリ監督の解任報道が過熱し、後任としてシーズン終了後のトーマス・トゥヘル氏(44)の新指揮官就任が各紙により確実視されている。

▽そうした最中、エメリ監督率いるPSGは15日に行われたリーグ・アン第33節で優勝をかけて2位モナコと激突。7-1の大勝を収め、2シーズンぶり7度目のリーグ優勝を果たした。

▽試合後、フランス『Canal+』のインタビューに応じたアル・ケライフィ会長は、以下のように語っている。

「もし誰かとサインしたのなら、私たちはアナウンスしているよ」

「今、私たちには(先ほどまで)ピッチに立っていた監督が居る。私たちはとても正直だ。今は一緒に働いている監督が居るし、契約はシーズンの終わりまでだ」

▽新監督との合意を否定しつつも、エメリ監督の契約が今シーズン終了までであることを強調したアル・ケライフィ会長。以前の報道でもトゥヘル氏の就任発表は7月ごろだと伝えられており、依然として整合性は崩れていない。
コメント
関連ニュース
thumb

バルセロナが買い取りOP付きレンタルでK・ボアテングを獲得!

バルセロナは21日、サッスオーロの元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング(31)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。今季終了後に買い取る場合、必要な移籍金は800万ユーロ(約9億9000万円)とのことだ。 攻撃的MFやセカンドストライカーを本職とするK・ボアテングは、ミランやシャルケ、フランクフルトで活躍。リーガエスパニョーラでは2016-17シーズンにラス・パルマスでプレーし、リーグ戦10ゴールを挙げていた。 4大リーグ全てを経験し、今季からサッスオーロでプレーしていたK・ボアテングはセリエAで13試合に出場して4ゴール2アシストを記録していた。 バルセロナではFWルイス・スアレスのバックアッパーを務めていたFWムニル・エル・ハダディがセビージャに移籍し、攻撃陣の枚数が不足していた。 2019.01.22 05:46 Tue
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラにレンタル移籍していたボラシエがエバートンに復帰

チャンピオンシップ(イングランド2部)のアストン・ビラは21日、DRコンゴ代表MFヤニク・ボラシエ(29)がエバートンに復帰することを発表した。 爆発的なスピードを持つウインガーのボラシエはクリスタル・パレスでで活躍。今季、エバートンからアストン・ビラにレンタル移籍し、アストン・ビラではリーグ戦21試合に出場して2ゴール5アシストと主力としてプレーしていた。 しかし、チームは28試合を終えたリーグ戦で13位に沈み、昇格が厳しい状況となっていた。 2019.01.22 04:25 Tue
twitterfacebook
thumb

最下位・ハダースフィールドがドルトムントⅡから若手ドイツ人指揮官を招へい

ハダースフィールドは21日、ドルトムントⅡの指揮官を務めていたヤン・ジーヴェルト監督(36)を招へいしたことを発表した。契約期間は2021年の夏までとのことだ。 ハダースフィールドは、2017-18シーズンにプレミアリーグへ昇格。45年ぶりの1部リーグでは16位と残留に終わっていた。しかし、2年目の今シーズンは開幕から絶不調。ここまでわずかに2勝と不振に喘ぎ最下位に低迷。チームを久々の1部昇格に導いたデイビッド・ワーグナー監督(47)を1月15日に解任していた。 ジーヴェルト新監督は、ドイツの下部リーグでプレーし2009年に27歳で現役を引退。引退後は、U-18やU-17ドイツ代表のアシスタントコーチを務めると、2015年7月にエッセンで監督としてのキャリアをスタート。2016年7月からボーフムのアシスタントコーチ、ボーフムU-19の監督に就任し、2017年7月からはドルトムントⅡで監督を務めていた。 若手の指導で経験を積んだジーヴェルト監督に関しては、「前の監督であるデイビッド・ワーグナーの下で大きな成功を収め、その彼と多くの似ている点がある新たな監督を任命した」とクラブの会長が明かしている。 2019.01.22 01:35 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーやリバプールでもプレーした元イングランド代表右SB、グレン・ジョンソンが引退

かつてチェルシーやリバプールなどでプレーし、イングランド代表としても活躍したDFグレン・ジョンソン(34)が現役引退を発表した。自身のツイッター(@glen_johnson)で明かした。 ウェストハムの下部組織で育ったグレン・ジョンソンは、2002年にトップチームへ昇格。ミルウォールへのレンタル移籍を経験すると、2003年にチェルシーへと移籍。しかし、チェルシーではパフォーマンスが安定せず、当時のジョゼ・モウリーニョ監督が連れてきた、DFパウロ・フェレイラにポジションを奪われ、多くの出場機会を得られないでいると、2006年にレンタル移籍していたポーツマスへと2007年に完全移籍を果たす。 ポーツマスでは、かつて期待されていた活躍を見せ、主力としてプレー。すると、2009年にリバプールへと完全移籍。アルバロ・アルベロアがレアル・マドリーへと移籍したために、右サイドのレギュラーポジションを確保。2015年にストーク・シティへと加入した。 ストークでもポジションを確保するが、2017-18シーズンにプレミアリーグから降格したことでチームを退団。その後、フリーの状態が続いていたが、現役引退を発表した。 プレミアリーグでは通算357試合に出場し15ゴール29アシストを記録。リバプールでは公式戦通算200試合に出場し9ゴール19アシスト、ポーツマスでは100試合に出場し4ゴール12アシスト、チェルシーでは70試合に出場し4ゴール4アシスト、ストークでは64試合に出場し3アシストだった。 また、イングランド代表としても54試合に出場し1ゴールを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップ、2012年のポーランドとウクライナ共催のユーロ、2014年のブラジル・ワールドカップに出場した経験がある。 2019.01.22 01:07 Tue
twitterfacebook
thumb

ストラスブール、モナコからU-21フランス代表FWグランサーをレンタル!

ストラスブールは20日、モナコからU-21フランス代表FWサミュエル・グランサー(22)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 トロワの下部組織出身のグランサーは、2016年7月にトップチームに昇格。当時所属したリーグ・ドゥでリーグ戦32試合に出場しリーグ・アン昇格に貢献すると、昨季もリーグ戦36試合に出場し3ゴール5アシストを記録。まだまだ粗削りなものの、卓越した身体能力と勝負度胸満点の鋭い仕掛けはフランス国内で高く評価されていた。 そして、昨夏トロワに2部降格に伴い、モナコに5年契約で加入。今季ここまでは公式戦18試合に出場し、チャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦では1ゴールを記録もコンスタントな活躍は見せられていなかった。 2019.01.21 02:28 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース