ボカがアトレティコDFゴディン獲得を熱望! 2018.04.17 17:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルゼンチンのボカ・ジュニアーズが、アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(32)獲得を熱望している。アルゼンチン『TyC Sports』が報じた。

▽ボカ・ジュニアーズは、守備の強化策としてゴディンの獲得を目指している模様。しかしながら、ディエゴ・シメオネ監督の下でアトレティコでの副キャプテンも務めるなど、重要な地位にいる同選手の獲得が難しいことも把握済みだという。

▽アトレティコとの契約を2019年夏まで残しているゴディン。2010年夏にビジャレアルから加入して以来、最後尾でチームを支え、公式戦出場数は344試合にも上る。チームが堅守を維持するためには欠かせない選手であり、移籍を選ぶ可能性は低いだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

サンプドリア、ナポリ退団の元ブラジル代表GKを獲得!

▽サンプドリアは22日、ナポリから元ブラジル代表GKラファエウ・カブラル(28)を獲得したことを発表した。なお、公式サイトでは契約期間などは明かされていない。 ▽2003年に母国の名門サントスのユースチームに入団したラファエウは、2009年にトップチームに昇格。サントスでは在籍4年間で公式戦126試合に出場し42試合のクリーンシートを達成。 ▽その後、2013年の夏にナポリへ加入すると、同期入団となったスペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナの控えGKとしての座を脱却できず、ナポリでは在籍5シーズンで公式戦45試合に出場にとどまっていた。 ▽また、2011年に初招集されたブラジル代表ではこれまで3キャップを記録しているが、2014年11月以降は招集外が続いている。 ▽なお、ラファエウは昨季限りでナポリとの契約を満了しており、フリーでの加入となる。 2018.07.23 00:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェラード率いるレンジャーズ、古巣リバプールから攻撃的MFケント獲得

▽レンジャーズがリバプールに所属するイングランド人MFライアン・ケント(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は1年間となる。 ▽7歳の頃にリバプールのアカデミーに入団したケントは、2015年の夏にトップチームに昇格すると、2016年1月に行われたFAカップ3回戦のエクセター・シティ戦でトップチームデビューを飾った。 ▽しかし、その後はトップチームでの出場機会は恵まれず、コヴェントリーやバーンズリーへレンタル移籍。昨夏にはリバプールとの長期契約にサインした後、フライブルクにレンタル移籍で加入したがここでもわずか6試合の出場にとどまると、半年でリバプールへ復帰。今冬には再びのレンタル移籍でブリストル・シティに加入していた。 2018.07.23 00:05 Mon
twitterfacebook
thumb

皇帝マルケスが現役引退! モナコやバルサで活躍し歴代3人目のW杯5大会連続出場

▽モナコやバルセロナで活躍したメキシコ代表DFラファエル・マルケス(39)が22日に自身のSNSを通じて現役引退を発表した。 ▽先日まで行われたロシア・ワールドカップ本大会で3試合に出場し、元メキシコ代表のアントニオ・カルバハル氏、元ドイツ代表のローター・マテウス氏に続き史上3人目となるW杯5大会連続出場を果たしたマルケスは、予てより伝えられていた通り、同大会をもって22年の現役生活に幕を引く決断をした。 ▽かつてのチームメートや監督ならびファンに向けて宛てられた長いオープンレターの中でマルケスは自身の現役生活を、「多くの犠牲や努力、悲しみ、時に失望があった。それでも、とりわけ多くの喜びの瞬間を思い出す」と振り返っている。 ▽さらに「フットボールは僕にあまりに多くのものをもたらした。同時に一度も諦めることはなかった。だから、フットボールから完全に離れることは不可能だよ。僕はいつでも君と繋がっている」と、自身の人生に多くのものをもたらしたフットボールへの感謝を綴っている。 ▽1996年に母国のアトラスでプロキャリアをスタートしたマルケスは、1999年にモナコに完全移籍。卓越した戦術眼と守備センス、パスセンスを武器に主力に定着すると1999-2000シーズンのリーグ・アン制覇に貢献。さらに、2003年に加入したバルセロナではフランク・ライカールト体制の主力DFとして4度のリーガエスパニョーラ制覇、2度のチャンピオンズリーグ制覇に貢献した。 ▽その後、出場機会や新たな挑戦を求めてニューヨーク・レッドブルズ、クラブ・レオン、ヴェローナを渡り歩いたマルケスは2015年にキャリアをスタートした古巣アトラスに復帰。頼れるリーダーとして活躍する一方、昨年8月には麻薬取引に関与している疑いで、アメリカ財務省から制裁を受けるなど、プライベートで問題を抱えていた。 ▽また、1997年にデビューを飾ったメキシコ代表では2002年日韓大会から5大会連続W杯出場を果たすなど、歴代3位の148試合に出場。コンフェデレーションズカップやCONCACAFゴールドカップなどのタイトルを獲得してきた。 ▽なお『レキップ』が伝えるところによれば、マルケスは自身現役最後のクラブとなったアトラスのクラブスタッフに就任する予定だ。 2018.07.22 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワのベレズツキ双子兄弟が一緒に現役引退

▽CSKAモスクワは21日、ロシア代表DFヴァシリ・ベレズツキ(36)と同代表DFアレクセイ・ベレズツキ(36)の現役引退を発表した。 ▽ヴァシリとアレクセイは双子兄弟で、共にDFとして活躍。それぞれトルペド=ジルでプロキャリアをスタートさせ、弟のアレクセイが2001年に、兄のヴァシリは翌年にCSKAモスクワ入りした。代表キャリアにおいては、2003年に兄弟一緒にロシア代表デビュー。2016年に揃って代表を引退した。 ▽CSKAモスクワは、今夏にロシア代表として自国開催のワールドカップを戦ったDFセルゲイ・イグナシェビッチ(39)が大会終了後、現役引退を表明。新シーズンより、そのイグナシェビッチを含めた3人のベテランがCSKAモスクワ守備陣からいなくなる形になる。 2018.07.22 08:15 Sun
twitterfacebook
thumb

PSV、オランダ代表GKズートと2021年まで契約延長…「PSVに残ることが最高の選択」

▽PSVは21日、オランダ代表GKイエルーン・ズート(27)との契約延長を発表した。契約期間は2021年6月30日までとなる。 ▽2006年にPSVユースに入団したズートは、2011年にトップチームに昇格。昇格後はRKCヴァールヴァイクへの武者修行を経て2013-14シーズンからPSVのトップチームに定着すると、守護神として在籍5シーズンで公式戦196試合に出場し76試合のクリーンシートを記録。これまで3度をリーグ制覇に貢献してきた。 ▽また、各年代のオランダ代表に選出されてきたズートは、2015年10月にフル代表デビューを飾ると、これまで11試合に出場していた。 ▽PSVと新たな契約を結んだズートは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ここ数週間で僕は全ての選択肢を吟味し、PSVに残ることが最高の選択だと結論を出した。僕はここで4度目のリーグタイトルを獲得することを楽しみにしているよ」 2018.07.22 04:05 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース