ユベントス、グリーズマン代理人に接触! アトレティコ移籍報道のディバラと入れ替わり? 2018.04.17 17:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスが、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)の代理人に接触したようだ。イタリア『Rai Sport』が報じている。

▽アトレティコの絶対的エースであるグリーズマンを巡っては、バルセロナへの移籍が内定済みとも報じられているほか、マンチェスター・ユナイテッド行きの噂も取り沙汰されている。そして、ここに来てイタリア王者も争奪戦に参戦する構えをみせているようだ。

▽また、一部のスペインメディアによるとアトレティコ側もユベントスのエースであるアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(24)に注視。先月には、アトレティコの指揮を執る同郷のディエゴ・シメオネ監督と会食を行い、来シーズンから加入での合意に至ったとの報道も噴出していた。

▽ユベントス側は今年の夏を目途にディバラの後釜としてグリーズマンの確保を目指している、と報じられている。もし、華麗なドリブルやパス、稀有な得点能力を有する両者が入れ替わることになれば、この夏最大のビッグトレードとなるだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

ヴェンゲル後任は茨の道? 今夏補強資金<オーバメヤン

▽22日、今シーズン限りでアーセン・ヴェンゲル監督22年間の長期政権に終止符を打つことを発表したアーセナル。未だ決定していない後任は、やや窮屈なチーム作りを強いられることになりそうだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽1996-97シーズンからアーセナルの指揮を執ったヴェンゲル監督は、2003-04シーズンには26勝12分けの無敗でプレミアリーグを制覇するなど多くの栄光に包まれたが、近年は低迷。今シーズンは、ヨーロッパリーグこそベスト4まで進出するも、プレミアリーグ34試合消化時点で6位と成績不振に陥っている。 ▽後任としては元バルセロナ指揮官のルイス・エンリケ氏や、アーセナルOBのミケル・アルテタ氏(現マンチェスター・シティ、アシスタントコーチ)の名前が挙がっている。いずれにせよ、後任にはチャンピオンズリーグ出場権が与えられるトップ4入りで来シーズンを終えることが期待されるが、長期政権後の再建という困難なミッションに、資金的なバックアップはそれほど期待できないようだ。 ▽『ミラー』が伝えるところでは、アーセナルの新監督に用意される夏の補強資金は、5000万ポンド(約76億円)前後とのこと。1月にドルトムントから獲得したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが6375万ユーロ(現在のレートで約85億円)、昨年の夏にリヨンから獲得したフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが5200万ポンド(現在のレートで約79億円)だったことを考えると、近年の移籍市場ではやや物足りない金額といえそうだ。 2018.04.24 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー、サラーに本気! プレーヤー+186億円オファー

▽レアル・マドリーが、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(25)獲得に向けてビッグオファーを計画しているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 ▽今シーズン、ここまでプレミアリーグ33試合31ゴールと大爆発しているサラーは、22日にイングランドプロサッカー協会(PFA)選出のPFA年間最優秀選手賞を受賞した。かねてより獲得に動いていると噂されるマドリーが、栄誉に輝いた同選手の確保を目指して本腰を入れている。 ▽伝えられるところでは、1億2300万ポンド(約186億5000万円)+MFダニ・セバージョス(21)を差し出す用意があるという。今シーズンからマドリーに加入したセバージョスは出場機会に苦しみ、公式戦20試合の出場に留まっている。 ▽しかし、リバプールのユルゲン・クロップ監督は先月末に「そんな(サラーが出ていく)状況になるなんて考えてもいないよ」と発言。エースを手放す気はないと語っていた。 2018.04.24 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ジョー去ったコリンチャンスが元柏FWホジェルを獲得…エメルソンやドゥトラら元Jリーガー多数在籍

▽コリンチャンスは、インテルナシオナルからブラジル人FWホジェル(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。クラブ公式サイトが発表した。 ▽昨シーズンのブラジル全国選手権で得点王に輝いた元ブラジル代表FWジョーが、名古屋グランパスへと移籍したコリンチャンス。新シーズンに向け、かつて浦和レッズや北海道コンサドーレ札幌、川崎フロンターレでプレーしたFWエメルソンをポンチ・プレッタから獲得していた。 ▽ホジェルは、2010年から2011年途中まで柏レイソルに所属。加入1年目はJ2で12試合に出場し3得点、チームがJ1昇格を果たした翌年はJ1で2試合の出場に終わっていた。 ▽その後は、ポンチ・プレッタやアトレチコ・パラナエンセ、水原三星ブルーウィングス、シャペコエンセ、バイーアなどでプレー。2017年1月からはボタフォゴでプレーし、今年1月からはインテルナシオナルに加入していた。 ▽昨シーズンはブラジル・セリエAで20試合に出場し10ゴールを記録。コパ・リベルタドーレスでは13試合に出場し1ゴールを記録していた。 ▽コリンチャンスには、エメルソンの他、かつて鹿島アントラーズでプレーしたMFダニーロや同じく鹿島アントラーズ、京都サンガF.C.でプレーしたFWトゥトラなど、元Jリーガーが所属している。 2018.04.24 11:10 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安律、フローニンヘンに完全移籍…G大阪に2億6000万円か

▽フローニンヘンは23日、U-20日本代表MF堂安律(19)の完全移籍加入を発表した。契約期間は2021年までの3年間。オランダ『Telegraaf』によれば、保有権を持つガンバ大阪に買取オプション行使額として200万ユーロ(約2億6000万円)が支払われるとみられる。 ▽MF家長昭博(現・川崎フロンターレ)やFW宇佐美貴史(現・デュッセルドルフ)に続くG大阪下部組織の至宝として期待を集めた堂安は、昨夏に期限付き移籍でフローニンヘンへ。フローニンヘンOBのオランダ代表MFアリエン・ロッベン(現・バイエルン)に並ぶ10代の選手としてエールディビジ歴代3位タイのゴール数をマークするなど、ここまで27試合8ゴール4アシストの成績を収めている。 ▽フローニンヘンでテクニカルマネージャーを務めるロン・ヤンス氏は堂安について、「若くして、全く異なる文化に素早く適応し、信じられないような成長を続けている。シーズンを追うにつれて、チームにとってより重要な存在になっている。彼を褒めたい」とコメントしている。 2018.04.24 07:50 Tue
twitterfacebook
thumb

まさに男の中の男! ドイツ代表DFヘクターが降格間近ケルンとの新契約締結! ドルトやバイエルンを蹴る!

▽ケルンは23日、ドイツ代表DFヨナス・ヘクター(27)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽クラブの2部降格時に700~800万ユーロ(約9億1000~10億5000万円)といわれる金額で他クラブへの移籍が可能となるオプションを有しながらも、それを行使せずに新たな2年の契約延長にサインしたヘクターは公式サイトでクラブへの忠誠を改めて口にした。 「ケルンは僕を地域リーグから代表チームでプレーできるまでに成長させてくれた。僕はこのクラブと自分自身の深い結びつきに感謝しているし、ケルンで本当に快適さを感じているんだ」 「今シーズン終了後に他のクラブに移籍することは簡単な選択だったかもしれない。だけど、僕にとってそれは正しい選択とは思えなかった。僕たちはここ数週間、多くのことを話し合ってきた。そして、僕は多くのことを考慮したよ」 「ただ、自分にとっての正しい答えは明確だった。僕はこのクラブに属していて新たなシーズンにチームとファンたちと共に全力を尽くして戦っていくってことだったよ」 ▽一方、ケルンのマネージング・ディレクターを務めるアルミン・フェー氏はヘクターの並外れた忠誠心に心から感謝している。 「ヨナスは現在のプロサッカー界ではめったに見られない特別なプレーヤーだ。そして、特別な人間だ。そして、彼の契約延長はクラブ、チーム、ファンにとって素晴らしいシグナルだ」 ▽2010年にアウエルスマッハーからケルンのリザーブチームにあたるケルンIIに加入したヘクターは、2012年にトップチームに昇格。豊富な運動量と高い戦術理解度に加え、積極果敢な攻撃参加が売りの同選手は、左サイドの複数ポジションに加え、セントラルMFでもプレー可能なユーティティー性を武器に、近年ドイツ代表でもポジションを確保している実力者だ。今季序盤戦を足首のじん帯断裂で棒に振ったものの、以降はキャプテンとして苦境に立たされるチームをピッチ内外で支えている。 ▽現在、ケルンは第31節終了時点で残留圏内の16位フライブルクと勝ち点8差の最下位に低迷しており、残り3節での逆転残留の可能性は絶望的だ。そのため、ドルトムントやバイエルンも関心を示すヘクターの移籍は不可避と思われた中、並外れたクラブへの忠誠心で残留を決断した。 2018.04.23 21:23 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース