マインツ戦で珍事…VARによりハーフタイム中にPKが与えられる2018.04.17 16:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽16日に行われたブンデスリーガ第30節マインツvsフライブルクの中で行われた、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による判定が物議を醸している。イギリス『BBC』が報じた。

▽試合ではFW武藤嘉紀の欠場したマインツが2-0で勝利し、7戦ぶりに白星。残留を争うライバルであるフライブルクに競り勝ち、15位に浮上して降格圏から脱出した。

▽物議を醸しているのは、この試合の重要な分岐点となった前半終了間際の一連の場面だ。DFブロシネツキのクロスがボックス内でフライブルクDFの手に当たったものの、そのまま前半が終了。しかし、ハーフタイム中にVARに確認したグイド・ウィンクマン主審は、ロッカールームに引き上げていた選手たちを呼び戻してPKスポットを指差し、マインツに貴重な先制点が与えられることとなった。

▽これに関して、フライブルクのスポーツディレクターは「あれは苦味を残す」と発言。ハーフタイム中には、『ユーロ・スポーツ』に対して「重い気持ちで受け入れる」と語った。また、不満を覚えた観客により大量のトイレットペーパーがピッチに投棄されていた。

▽『BBC』は、VARにより遺恨が残りかねない今回の一件の問題点が、テクノロジーではなくプロセスにあると指摘。VARの審判員が判定にどのようなプロセスで関わっているのかは不明だが、明白に決定が覆る場合は確実に主審に伝えなければならないと主張した。
コメント
関連ニュース
thumb

ハメスのハットにアルフォンソ・デイビスの移籍後初弾! バイエルンが6発圧勝で首位キープ!《ブンデスリーガ》

バイエルンは17日、ブンデスリーガ第26節でマインツをホームに迎え、6-0で圧勝した。 前節ヴォルフスブルク戦を6発圧勝し、ドルトムントを得失点差でかわしてついに首位に浮上したバイエルン(勝ち点57)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のリバプール戦を1-3で敗れ、欧州王者への道が絶たれた。7連覇の懸かるリーグ戦に照準を切り替えることとなった中、リバプール戦のスタメンから5選手を変更。フンメルスやリベリがベンチスタートとなって出場停止だったキミッヒとミュラーが先発に戻った。 13位マインツ(勝ち点30)に対し、[4-2-3-1]で臨んだバイエルンは最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からミュラー、ハメス・ロドリゲス、コマンと並べた。 そのバイエルンが立ち上がりから圧力をかけると、開始3分にあっさり先制した。アラバの左サイドからのクロスをレヴァンドフスキが右足アウトで絶妙に合わせてネットを揺らした。 15分にもハメス・ロドリゲスがミドルシュートでGKを強襲したバイエルンだったが、25分にエツナリのコントロールシュートでゴールを脅かされると、直後にもGKノイアーのキックミスをカットされてヒヤリとさせられた。 それでも32分にハメス・ロドリゲスのコントロールシュートで追加点に迫ったバイエルンは、34分にゴレツカの丁寧な胸トラップの落としをボックス中央に走り込んだハメス・ロドリゲスがゴールに蹴り込んで加点した。 そして39分、左サイドからカットインしたコマンがボックス手前左からゴール右にシュートを突き刺し、前半で3-0として試合の大勢を決めた。 迎えた後半、開始6分にハメス・ロドリゲスが右サイドからのカットインシュートを決めたバイエルンは、55分にミュラーのプレッシングでルーズとなったボールをハメス・ロドリゲスが拾ってGKとの一対一を難なく制し、ハットトリックを達成した。 5-0として試合を終わらせたバイエルンはアラバやコマンをお役御免としていく。そして70分にはアルフォンソ・デイビスにも移籍後初ゴールが生まれ、6-0としたバイエルンが圧勝。ドルトムントを得失点差で7上回り、首位をキープしている。 2019.03.18 04:11 Mon
twitterfacebook
thumb

マインツがシュヴァルツ監督と2022年まで契約延長

マインツは21日、サンドロ・シュヴァルツ監督(40)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 昨季、マインツの監督に就任したシュヴァルツ監督はチームを14位でフィニッシュさせ、ブンデスリーガ残留に導いていた。そして今季も22試合を消化した時点でここまで11位に付け、残留に近づいている。 マインツの下部組織出身であるシュヴァルツ監督は現役時代にユルゲン・クロップ監督の指導を受け、2003-04シーズンにクラブ史上初のブンデスリーガ昇格を果たしていた。そして現役引退後、2013-14シーズンからマインツのU-19チームの監督に就任。その後、2015年2月からU-23チームの監督を率いていた。 2019.02.21 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

久保不出場のニュルンベルク、後半戦連敗スタートで最下位脱出できず《ブンデスリーガ》

ニュルンベルクは26日、ブンデスリーガ第19節でマインツとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦した。ニュルンベルクのFW久保裕也はベンチ入りも出場しなかった。 後半戦スタートとなった前節ヘルタ・ベルリン戦で終盤に途中出場したもののチームが1-3と敗れた最下位ニュルンベルク(勝ち点11)の久保は、引き続きベンチスタートとなった。 11位マインツ(勝ち点24)に対し、押し込まれる入りとなったニュルンベルクは11分、アーロンにボックス左へ侵入されたところでベーレンスが倒してPKを献上した。これをブロジンスキに決められ、先制されてしまう。 失点後もなかなか攻撃の形を作れないニュルンベルクは33分、ボックス右からミシジャンが可能性のあるシュートを浴びせると、43分に追いついた。右CKからマルグリッターのヘディングシュートが決まった。 迎えた後半もマインツが押し気味に試合を進めると、58分にCKからクアイソンにダイビングヘッドでゴールに迫られる。ここをGKマゼニアのセーブで凌いだニュルンベルクは、62分にズレリャクがネットを揺らすもVARの末にオフサイドと判定され、ノーゴールに覆ってしまう。 すると73分、スルーパスでボックス右に侵入したブロジンスキのクロスをクアイソンに決められて勝ち越されてしまう。これが決勝点となってニュルンベルクは敗戦。後半戦連敗スタートとなり、最下位を脱出できずにいる。 2019.01.27 01:34 Sun
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、半年契約でバロテッリを獲得! 日本代表DF酒井宏樹とチームメイトに

マルセイユは23日、ニースからイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(28)を獲得したことを発表した。契約期間は今季終了までの半年契約で、背番号は9を着用する。 なお、イタリア『スカイ・スポーツ』によれば、バロテッリはニースとの契約を解除しフリーでマルセイユに加入するとのこと。また、マルセイユでの給与は半年間で260万ポンド(約3億7000万円)となるようだ。 これまでインテルやマンチェスター・シティ、ミラン、リバプールとビッグクラブを渡り歩きながらもピッチ内外で様々なトラブルを起こしたバロテッリだったが、2016年夏に加入したニースで完全復活。 しかし、現行契約が終了する今シーズンは、元同僚でもある指揮官パトリック・ヴィエラ指導の下で結果を残せず、リーグ・アン10試合に出場するもノーゴールと再び不振に陥っていた。 バロテッリはマルセイユの公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「俺はマルセイユでプレーしたいと思っていた。マルセイユは世界的にもビッグクラブでサポーターはとても情熱的だ」 「ファーストゴールを決めることが待ち遠しいね。だけど、一番重要なのはチームだ。俺は多くのゴールを決めてチームメイトの助けになりたいと考えている」 「まずは金曜(25日)の試合でサポーターが俺たちをサポートしてくれることを願っている。俺もチームも全力を尽くすつもりだ」 2019.01.24 01:50 Thu
twitterfacebook
thumb

元ドイツ代表GKアドラーが日本で年越し…東京の和食や観光を満喫、新年のメッセージも

マインツの元ドイツ代表GKレネ・アドラーが、日本での滞在を楽しみ、年越しを東京で迎えたようだ。<br><br>アドラーは12月26日、女優である妻リリーとともに来日したことをSNSで公表。その後、串カツ、ラーメン、寿司、居酒屋料理など、和食を中心に日本ならではのグルメを満喫している。渋谷のスクランブル交差点や明治神宮、そのほかにも新宿、赤坂などを訪れ、著名観光スポットでの写真や動画をSNSで次々に投稿した。<br><br>日本時間1日未明には『インスタグラム』で「親愛なるみなさんへ。みんなにより良い2019年が訪れますように。僕にとっては(負傷で)苦しい時期が続いているけど、多くの挫折から新たに得ることもある。そんな中でも、いつも支えてくれるマインツのみんなに心から感謝したい。僕は日本で2019年を迎えたよ!」という新年のあいさつを東京から発信している。<br><br>1985年生まれのアドラーはレバークーゼンの下部組織育ちで、06-07シーズンにトップデビューを果たすと、すぐさま正GKに定着。2008年に初キャップを刻んだドイツ代表では、2009年のロベルト・エンケ投身自殺に伴い2010年の南アフリカ・ワールドカップ直前まで、同世代のマヌエル・ノイアーと正GK争いを展開した。度重なるケガに悩まされながらも、2012年にハンブルガーSVへ移籍し、2017年からマインツに在籍。だが現在はひざの負傷で2018年5月から長期離脱を余儀なくされている。<br><br>ハンブルガーSVでは酒井高徳と、マインツでは武藤嘉紀とともにプレーするなど、日本人選手とも親しみのあるアドラー。年末年始のオフ期間を利用して日本行きを決めた背景には、元同僚からの影響があったのかもしれない。<br><br> <br>提供:goal.com 2019.01.01 17:15 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース