マインツ戦で珍事…VARによりハーフタイム中にPKが与えられる2018.04.17 16:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽16日に行われたブンデスリーガ第30節マインツvsフライブルクの中で行われた、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による判定が物議を醸している。イギリス『BBC』が報じた。

▽試合ではFW武藤嘉紀の欠場したマインツが2-0で勝利し、7戦ぶりに白星。残留を争うライバルであるフライブルクに競り勝ち、15位に浮上して降格圏から脱出した。

▽物議を醸しているのは、この試合の重要な分岐点となった前半終了間際の一連の場面だ。DFブロシネツキのクロスがボックス内でフライブルクDFの手に当たったものの、そのまま前半が終了。しかし、ハーフタイム中にVARに確認したグイド・ウィンクマン主審は、ロッカールームに引き上げていた選手たちを呼び戻してPKスポットを指差し、マインツに貴重な先制点が与えられることとなった。

▽これに関して、フライブルクのスポーツディレクターは「あれは苦味を残す」と発言。ハーフタイム中には、『ユーロ・スポーツ』に対して「重い気持ちで受け入れる」と語った。また、不満を覚えた観客により大量のトイレットペーパーがピッチに投棄されていた。

▽『BBC』は、VARにより遺恨が残りかねない今回の一件の問題点が、テクノロジーではなくプロセスにあると指摘。VARの審判員が判定にどのようなプロセスで関わっているのかは不明だが、明白に決定が覆る場合は確実に主審に伝えなければならないと主張した。

コメント

関連ニュース

thumb

武藤嘉紀、現時点で移籍話に進展なし...代役獲得のマインツは他プレーヤーを放出か

マインツに所属する日本代表FWの武藤嘉紀だが、現時点には他クラブからのオファーは届いていないようだ。ロウヴェン・シュレーダーSD(スポーツディレクター)が明かしている。<br><br>2015年夏に4年契約でFC東京からマインツに渡った武藤だが、昨シーズン終盤には今夏の退団を示唆し、憧れのプレミアリーグに向かう可能性が報じられてきた。だが、ドイツメディアではヴォルフスブルクやボルシアMGからの興味が伝えられるも、今のところいずれも具体的な動きを見せていない。<br><br>また、クラブ側も武藤が移籍しない可能性を考えに入れている模様。地元紙『アルゲマイネ・ツァイトゥング』で、クラブのシュレーダーSDは「彼はワールドカップ後の休暇中だが、今のところ7月末に我々の下に戻る予定だ」と同選手についてコメントを残している。<br><br>また同紙によれば、武藤が今シーズンもマインツに残った場合、すでに代役としてリヨンからFWジャン=フィリップ・マテタを獲得したことでFW陣が飽和状態になるとのこと。この場合、アントニー・ウジャやアーロン・ザイデルが放出候補になると見られるようだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.14 21:41 Sat
twitterfacebook
thumb

マインツ、メスからU-21フランス代表DFニアカテを獲得

▽マインツは7日、メスからU-21フランス代表DFムサ・ニアカテ(22)を獲得した。契約期間は2023年6月30日までの5年間となる。 ▽2014年に18歳でリーグ・ドゥ(フランス2部)に所属するヴァランシエンヌでプロデビューしたニアカテ。10代の頃から将来を嘱望されるDFは、ヴァランシエンヌでの3シーズンで公式戦76試合に出場。この活躍が認められ、昨夏にはリーグ・アンのメスへ完全移籍。 ▽メスでも、レギュラー奪取に成功したニアカテは、昨季リーグ戦35試合を含む公式戦38試合に出場した。また各年代のフランス代表に選出されてきたニアカテは、今年3月にU-21フランス代表デビューを飾ると、これまで3試合に出場している。 ▽マインツ加入の決まったニアカテは、公式サイトで以下のように語った。 「サンドロ・シュヴァルツ監督とロウベン・シュレーダーSDは、マインツでのプロジェクトを丁寧に説明してくれた。僕はマインツで自分自信を成長させて、クラブやサポーターが楽しいシーズンを過ごせるための助けになりたいと思っているよ」 2018.07.08 02:35 Sun
twitterfacebook
thumb

マインツがアトレティコのカメルーン代表MFカンディを獲得

▽マインツは6日、アトレティコ・マドリーのカメルーン代表MFピア・カンディ(22)を獲得したことを発表した。移籍金は発表されておらず、契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。 ▽アトレティコの下部組織出身であるセントラルMFのカンディは、アトレティコではトップチームデビューを飾れず、2017年夏にセグンダ(リーガ2部)のグラナダへレンタル移籍。 グラナダではリーグ戦37試合に出場して5ゴールと活躍していた。また、2018年5月にはカメルーンのA代表デビューを飾っている。 2018.07.06 23:56 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがマインツからDFディアロを獲得! 契約期間は5年間

▽ドルトムントは26日、マインツからU-21フランス代表DFアブドゥ・ディアロ(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 ▽モナコの下部組織出身のディアロは、2014年12月に行われたリーグ・アン第18節のマルセイユ戦でトップチームデビュー。2015-16シーズンはベルギーのズルテ・ワレヘムへレンタルで加入。翌シーズンはモナコに復帰したが、出場機会に恵まれず、2017年の夏にマインツへ移籍した。 ▽マインツでは、開幕からレギュラーに定着するとブンデスリーガ27試合に出場2ゴール2アシストをマーク。DFBポカールでも3試合に出場していた。 ▽ディアロは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「ドルトムントのようなビッグクラブで自分の価値を証明するという、新たな挑戦が始まるのを心待ちにしているよ」 「僕は自身の役割を果たし、新たなチームメイトと一緒にドルトムントがすべての大会で目標に到達できるよう、貢献したいと思っているよ」 2018.06.27 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

今冬に加入の元オランダ代表MFデ・ヨングが今季限りでマインツを退団

▽マインツは24日、元オランダ代表MFナイジェル・デ・ヨング(33)が今季限りで退団することをクラブの公式ツイッターで発表した。 ▽アヤックスの下部組織出身であるデ・ヨングは、ハンブルガーSV、マンチェスター・シティ、ミランなどでプレー後、ロサンゼルス・ギャラクシーを経て、2016年夏にガラタサライへ移籍。 ▽2年契約で加入したガラタサライでは、加入初年度こそリーグ戦18試合に出場したが、今季は出場機会に恵まれず。今年1月初めに双方合意の下で契約を解除すると、同月7日にマインツへ移籍。 ▽今季限りの契約で加入したマインツでは、公式戦12試合に出場し、チームの1部残留に貢献した。 2018.06.25 00:04 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース