前イタリア代表指揮官がセリエA帰還か2018.04.17 16:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イタリア代表指揮官のジャンピエロ・ベントゥーラ氏(70)のセリエA復帰の可能性が浮上した。イタリア『カルチョメルカート』が『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。

▽2016年6月にイタリア代表監督の座に就任したベントゥーラ氏。だが、スペイン代表と同組になったヨーロッパ予選グループGを2位で終えると、スウェーデン代表とのプレーオフに敗れ、イタリアは60年ぶりにワールドカップ出場を逃すことになった。その後、昨年11月にイタリアサッカー協会はベントゥーラ氏を解任した。

▽以降はフリーの状態が続いているベントゥーラ氏だが、成績不振のウディネーゼがシーズン終了までの間、同氏の監督就任を検討しているとのこと。クラブは現在13位に位置しており、降格圏の18位クロトーネとは勝ち点差「6」。決して安全圏とは言えない状況で、マッシモ・オッド監督を解任し再起を図るつもりのようだ。

▽なお、オッド監督は昨年11月に就任したばかり。就任後は第15節から5連勝を飾るなど一時的に調子を上げたが、2月の第24節からはここまで9連敗を喫している。

コメント

関連ニュース

thumb

泥沼ウディネーゼ、監督探し難航の末にサプライズ人事

▽ウディネーゼは現地時間24日、マッシモ・オッド監督の解任を発表した。その後、イゴール・トゥドール氏の招へいを発表している。だが、後任探しは難航していたようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』などが伝えた。 ▽シーズン途中からオッド監督が率いていたウディネーゼは、深刻な不振に陥っている。セリエA11連敗で序盤の貯金は消え、現在は15位。降格圏まで勝ち点4差という状況だ。 ▽一時はアンドレア・ストラマッチョーニ氏の復帰が濃厚と報じられていたが、残り4試合で残留を目指すというリスクのある仕事は引き受け手がいないようだ。過去にラツィオなどを率いたエディ・レヤ氏は、「ウディネーゼから連絡をもらった。ありがたい話だが断ったよ」とコメント。ウディネーゼの監督探しは難航していた様子だ。 ▽だが、その後状況は進展した。クラブ公式サイトで24日、かつてユベントスなどで活躍した元クロアチア代表のイゴール・トゥドール氏の招へいが発表されている。 ▽サプライズ人事が吉と出るのか。トゥドール・ウディネーゼの立て直しに注目だ。 2018.04.24 23:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、11連敗でオッド監督解任へ…ファンはロッカールーム乱入試みる

▽ウディネーゼのマッシモ・オッド監督が、解任へ向かっているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽オッド監督は昨年11月にウディネーゼを率いることになると、就任直後は結果が出ていたが、1月末のジェノア戦を最後に白星はなし。22日のクロトーネ戦を落として11連敗となった。 ▽ファンは憤りをあらわにしており、クラブも動く準備をしている。試合後、ゼネラルマネジャーのフランコ・コルヴィーノ氏は「熱くなったこの状況で決断することは避ける。決定には24時間を要する」と『スカイ』にコメントした。 ▽監督の即時解任を否定した形だが、報道によると、すでに事実上決定している。ウディネーゼは2014年にチームを指揮したアンドレア・ストラマッチョーニ氏にコンタクトを取っており、後任の準備は整っているようだ。 ▽クロトーネ戦を落としたあと、一部のサポーターグループは抗議のため、ロッカールームに乱入することを試みたとも報じられている。 ▽15位まで順位を下げたウディネーゼ。そろそろ連敗を止めなければ、最悪の結末もあり得る状況だ。 2018.04.23 06:09 Mon
twitterfacebook
thumb

シーソーゲーム制したナポリ、逆転スクデットへの望みをつなぐ《セリエA》

▽ナポリは18日、セリエA第33節でウディネーゼをホームに迎え、4-2で逆転勝利した。 ▽3日前に行われた前節ミラン戦をゴールレスドローで終え、首位ユベントスとの勝ち点差が「6」に広がった2位ナポリ(勝ち点78)は、4日後にユベントスとの大一番を控える中、ミラン戦のスタメンから5選手を変更。メルテンスやクリバリ、ジョルジーニョ、アランら主力に代えてミリクやジエリンスキ、A・ディアワラらバックアッパーを起用した。 ▽9連敗中の13位ウディネーゼ(勝ち点33)に対し、ナポリが押し込む流れとなると8分、ハムシクの強烈なミドルシュートがGKビザーリを強襲。さらに10分、右クロスに合わせたインシーニェのシュートが枠を捉えたが、GKビザーリのセーブに阻まれた。 ▽その後は膠着状態が続き、やや押し込まれる時間帯も増え始めた矢先の41分に失点する。中盤でのボールカットから右クロスを最後はヤンクトに蹴り込まれた。 ▽それでも追加タイム1分、ジエリンスキのクサビのパスを受けたインシーニェが絶妙なトラップで前を向いてDFをかわし、ボックス中央からゴール右にシュートを流し込んだ。 ▽前半終了間際、ヤンクトのヘディングシュートでゴールを脅かされたナポリはGKレイナが凌ぎ、1-1で前半を終えた。 ▽後半もナポリが押し込む流れとなったが55分、ウディネーゼに勝ち越される。55分、遅攻を受けると、ザンパーノの右クロスからインゲルソンにボレーシュートを決められた。 ▽ハムシクに代えてメルテンスを投入し、流れを変えにかかるナポリは64分、右CKからアルビルがヘディングシュートを決めて再び追いつくと、70分に逆転した。メルテンスのスルーパスでボックス右に侵入したカジェホンのシュートはGKに弾かれるも、ルーズボールをミリクが押し込んだ。 ▽そして75分、右CKからトネッリがヘディングシュートを突き刺して勝負あり。ナポリがシーソーゲームを制してユベントスとのポイント差を4に縮め、次節の大一番を迎えることとなった。 2018.04.19 06:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼの新指揮官候補に元インテルのストラマッチョーニ氏が浮上

▽監督人事が騒がしいウディネーゼだが、マッシモ・オッド監督の後任には元インテル指揮官を考えているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ウディネーゼは、昨年11月からオッド監督がチームを率いているものの、現在はセリエAで9連敗中と泥沼状態。チームはオッド監督の解任を考え、後任探しをしていると報じられている。 ▽18日にはセリエA第33節のナポリ戦が予定されており、現在の状況を考慮すると10連敗も考えられる。ナポリ戦はオッド監督で臨むことになるが、10連敗となれば解任は避けられないようだ。 ▽そんなオッド監督の後任には、イタリア代表を率いながらもロシア・ワールドカップ出場権を逃したジャンピエロ・ヴェントゥーラ氏が候補に挙がっていたが、ここに来てアンドレア・ストラマッチョーニ氏(42)が浮上しているようだ。 ▽ストラマッチョーニ氏は、インテルの監督を務めた後、2014年7月から2015年6月までウディネーゼで指揮。その後は、パナシナイコス、スパルタ・プラハを指揮していたが、今年3月にスパルタ・プラハの監督を解任されていた。 2018.04.18 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯出場を逃した元伊代表指揮官のヴェントゥーラ氏がウディネーゼ監督に?

▽イタリア代表を率いながらも、ロシア・ワールドカップ出場を逃したジャンピエロ・ヴェントゥーラ氏だが、セリエAクラブを率いることになるかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽ヴェントゥーラ氏は、カリアリやサンプドリア、ナポリ、エラス・ヴェローナ、トリノなどイタリアのクラブで監督を務め、2016年7月からはアントニオ・コンテ監督(現チェルシー監督)の後任としてイタリア代表監督に就任していた。 ▽ロシア・ワールドカップ欧州予選を戦っていたが、グループを2位で終了。プレーオフではスウェーデン代表と対戦したものの、2戦合計で敗れ、ワールドカップ出場を逃していた。 ▽そんなヴェントゥーラ氏が監督に就任する可能性があるクラブは、古巣でもあるウディネーゼ。ミランなどで活躍したマッシモ・オッド監督が指揮を執っているものの、14日に行われたカリアリ戦で敗戦。これで9連敗となり解任される可能性が高いという。 ▽残留が確定していない状況のウディネーゼは、後任としてヴェントゥーラ氏を考えているとのこと。2001-02シーズンにロイ・ホジソン監督の後任としてウディネーゼを指揮したが、結局14位でフィニッシュしていた。今回も率いることとなれば、どこまで復調することができるだろうか。 2018.04.16 22:30 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース