前イタリア代表指揮官がセリエA帰還か2018.04.17 16:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イタリア代表指揮官のジャンピエロ・ベントゥーラ氏(70)のセリエA復帰の可能性が浮上した。イタリア『カルチョメルカート』が『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。

▽2016年6月にイタリア代表監督の座に就任したベントゥーラ氏。だが、スペイン代表と同組になったヨーロッパ予選グループGを2位で終えると、スウェーデン代表とのプレーオフに敗れ、イタリアは60年ぶりにワールドカップ出場を逃すことになった。その後、昨年11月にイタリアサッカー協会はベントゥーラ氏を解任した。

▽以降はフリーの状態が続いているベントゥーラ氏だが、成績不振のウディネーゼがシーズン終了までの間、同氏の監督就任を検討しているとのこと。クラブは現在13位に位置しており、降格圏の18位クロトーネとは勝ち点差「6」。決して安全圏とは言えない状況で、マッシモ・オッド監督を解任し再起を図るつもりのようだ。

▽なお、オッド監督は昨年11月に就任したばかり。就任後は第15節から5連勝を飾るなど一時的に調子を上げたが、2月の第24節からはここまで9連敗を喫している。

コメント

関連ニュース

thumb

ウディネーゼのアルゼンチン人FWマキシ・ロペスがヴァスコ・ダ・ガマへ移籍

▽ヴァスコ・ダ・ガマは14日、ウディネーゼのアルゼンチン人FWマキシ・ロペス(34)を獲得したことを発表した。契約期間は2019年12月31日までとなっている。 ▽リーベル・プレート出身のストライカーであるマキシ・ロペスは、バルセロナやマジョルカを経て、カターニャやミラン、サンプドリア、キエーボにトリノといったセリエAのクラブでプレー。2017年夏にトリノからウディネーゼに移籍し、2017-18シーズンはセリエAで28試合に出場して2ゴールを記録していた。 2018.07.15 04:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、アルゼンチン人GKムッソをラシンから獲得

▽ウディネーゼは11日、ラシン・クラブのアルゼンチン人GKファン・ムッソ(24)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなっている。 ▽ラシンの下部組織で育ったムッソは、2017年5月にトップチームデビュー。これまでラシンで公式戦33試合に出場し、2017-18シーズンはリーグ戦22試合、リベルタドーレスカップ6試合に出場していた。 ▽ウディネーゼではイタリア代表GKアレックス・メレトと、ギリシャ代表GKオレスティス・カルネジスが共にナポリへ移籍し、GKの枚数が足りなくなっていた。 2018.07.12 01:05 Thu
twitterfacebook
thumb

サンプドリアがウディネーゼのチェコ代表MFヤンクトを買い取りOP付きレンタルで獲得

▽サンプドリアは6日、ウディネーゼのチェコ代表MFヤクブ・ヤンクト(22)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。買い取り条項は1500万ユーロ(約19億4500万円)に設定されているとのことだ。 ▽2014年に母国のスラビア・プラハからウディネーゼに移籍したセントラルMFを主戦場に左サイドでもプレー可能なヤンクトは、ウディネーゼで公式戦69試合に出場して11ゴール11アシストを記録。2017-18シーズンはセリエAで36試合に出場して4ゴール6アシストを記録していた。 ▽移籍先のサンプドリアではウルグアイ代表MFルーカス・トレイラがアーセナルを筆頭にビッグクラブへの移籍が濃厚となっており、ヤンクトがその穴を埋める存在となることが期待される。 2018.07.07 01:07 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリ、メレトに続きウディネーゼからギリシャ代表GKカルネジスを獲得

▽ナポリは5日、ウディネーゼのギリシャ代表GKオレスティス・カルネジス(32)を獲得したことを発表した。契約期間は1年とのことだ。 ▽11日に33歳となるカルネジスは、2013年夏にパナシナイコスからウディネーゼへ移籍。ウディネーゼでは移籍初年度から3シーズンに渡って正GKを務めていたが、2017-18シーズンはワトフォードにレンタル移籍し、シーズン後半戦に正GKの座を奪ってプレミアリーグ15試合に出場していた。ギリシャ代表としてはこれまで49試合に出場している。 ▽昨季までの守護神ホセ・マヌエル・レイナがミランに移籍したナポリでは同日、同じくウディネーゼから将来を嘱望されるイタリア代表GKアレックス・メレト(21)を獲得していた。 2018.07.06 02:42 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ウディネーゼからイタリア代表GKメレトを5年契約で獲得!

▽ナポリは5日、ウディネーゼからイタリア代表GKアレックス・メレト(21)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までの5年間となる。 ▽2012年のウディネーゼの下部組織に入団したメレトは、2015年にトップチームデビュー。10代の頃から将来を嘱望される逸材GKは、2016年の夏にレンタル移籍したセリエBのSPALで正守護神を奪取。出場30試合で26失点と驚異的な安定感を誇ったメレトは、SPALのセリエB優勝の立役者となった。 ▽この活躍が認められ、昨季もSPALへの再レンタルが決定。しかし、昨季は開幕から筋肉系ケガで出遅れると、シーズン終盤には肩のケガで再び離脱するなど、公式戦14試合の出場にとどまっていた。 ▽また、各年代のイタリア代表に選出されてきたメレトは、2017年3月にフル代表に初選出されている。 2018.07.06 01:41 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース