ポグバいらん…モウリーニョ、数名を補強資金に還元か2018.04.17 15:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『デイリー・メール』は、マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がフランス代表MFポール・ポグバ(25)の放出を容認と報じた。

▽起用法などを巡り、シーズンを通じて不仲が取り沙汰されるポグバとモウリーニョ監督。7日に敵地で行われたプレミアリーグ第33節でマンチェスター・シティ戦で殊勲の2ゴールを挙げて大逆転勝利に大きく貢献したポグバだが、ポルトガル人指揮官の信頼回復に繋がっていないようだ。

▽シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が今年1月にポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏から売り込みがあったことが明かして以降、ユナイテッド退団がより現実的に。モウリーニョ監督は、直近11試合中7試合で途中交代を命じたポグバら数名を補強資金に還元するプランだという。

▽なお、そのポルトガル人指揮官は、ポグバのほかに、フランス代表FWアントニー・マルシャル、イタリア代表DFマッテオ・ダルミアン、オランダ代表DFダレイ・ブリントを放出候補としてみなしている模様だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ボルトがCLグループHの大一番を予想「ユナイテッドが勝利するだろう」

▽元陸上選手のウサイン・ボルトが、23日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節のマンチェスター・ユナイテッドvsユベントスの結果を予想している。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽2017年に陸上競技短距離選手を引退した後、プロフットボーラーへの転身を図っているボルト。セントラルコースト・マリナーズのトライアルを受けており、12日に行われたサウスウエスト・ユナイテッドとのフレンドリーマッチで2ゴールを決めたことが話題となった。 ▽そんな中、ボルトは23日に行われるCL第3節のユナイテッドvsユベントスについて『コリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューで「素晴らしい試合になる」と語りながらも、以前から大ファンを公言しているユナイテッドの勝利を予想した。 「素晴らしい試合になると思っているよ。両チームとも素晴らしい歴史と大きな誇りを持っている。この一戦はグループステージで最も重要な試合になるだろうね。ユベントスはセリエAで素晴らしい成績を残しているし、ユナイテッドもそこまで良い成績ではないけど、僕は自信を持っていると思うよ」 「ユナイテッドはホームでプレーできるからね。それは大きな利点となるだろう。オールド・トラフォードでの試合とアウェイでの試合は全然違うものだよ」 「多くのゴールを見たいけど、僕は1-0と予想する。そして、その1点でユナイテッドが勝利すると思っているよ」 2018.10.24 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

監督業開始間近のチャビ、「モウリーニョのようにはならない」と所信表明

▽アル・サッドに所属する元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスが、監督業のスタートが近付いていると語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽バルセロナ退団後、2015年夏にアル・サッドに入団したチャビ。選手としてプレーしながら指導者としての勉強も進めており、今年5月には監督ライセンス取得に向けマドリッドでの『UEFAプロコース』に参加したことが報じられていた。 ▽本格的な監督転身が期待される中、チャビ当人が今シーズンを現役最終シーズンと位置づけていると明かしている。 「39歳になる今シーズンが僕の最後の年になると99%確信している。疲労を感じて変化を探すのは普通のことだ」 「僕は今、コーチになってからのことを考えている。アナウンスしたりさよならを言う時ではないが、明らかにこれから何をするかに意識が向かっている」 「(ジョゼ・モウリーニョは)非常に守備的な監督であり、彼のインテルとの試合は簡単じゃなかった。あれが彼のスタイルで、チェルシーとレアル・マドリーでもそのやり方だったね。全ての小さなディテールに関して、全くスペースを与えることがない」 「僕は違うスタイルのフットボールを好む。批判しているわけじゃないんだ。でも、あんなプレーはしたくない。僕のチームは決してあんな振る舞いはしないよ」 ▽バルセロナでは、ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタらとともに史上最高とも称される中盤を形成したチャビ。その戦術眼の高さは多くの関係者やファンから絶賛されており、指揮官としての手腕にも期待が集まっている。 2018.10.23 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第3節プレビュー①】CR7がOT帰還、ポグバも古巣対決

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージの第3節が23日と24日に開催される。ここではE~Hの第3節のマッチプレビューを紹介していく。 ★CLグループステージ第3節 ▽10/23(火) 《25:55》 ◆グループE AEKアテネ vs バイエルン ◆グループH ヤング・ボーイズ vs バレンシア 《28:00》 ◆グループE アヤックス vs ベンフィカ ◆グループF シャフタール vs マンチェスター・シティ ホッフェンハイム vs リヨン ◆グループG レアル・マドリー vs ビクトリア・プルゼニ ローマ vs CSKAモスクワ ◆グループH マンチェスター・ユナイテッドvs ユベントス ◆グループE:不振バイエルンはギリシャ遠征<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181021_34_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3週間前に行われた第2節ではバイエルンがアヤックスにホームで引き分け、ベンフィカは退場者を出しながらもAEKアテネに3-2と打ち勝って初勝利とした。第3節では、バイエルンはAEKアテネとのアウェイ戦に臨む。 ▽アヤックスにホームで劣勢を強いられたなかドローに終わったバイエルンは、その後のリーグ戦でボルシアMGに完敗し、コバチ監督の首が危うい状況となっていた。ただ、直近のヴォルフスブルク戦ではロッベンが退場しながらもレヴァンドフスキのドッペルパックで3-1と勝利し、公式戦5試合ぶりの白星を飾って一先ず進退問題はお預けとなった。グループ最弱と見られるものの、熱いサポーターを擁する相手のホームでバイエルンは順当に勝利を収められるか。 ▽バイエルン相手に善戦し、高いチーム力を持つことを証明したアヤックスは、ベンフィカとのホーム戦に臨む。バイエルンに次ぐ2位の座を争うであろう両チームの対戦となるが、ヤング・アヤックスはCLの経験を豊富に持つベンフィカ相手に勝利となるか。 ◆グループF:デ・ブライネ復帰のシティがウクライナ遠征<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181021_34_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第2節ではシティがホッフェンハイムを押し切って初勝利を挙げ、リヨンとシャフタールは2-2の引き分けに終わった。迎える第3節、シティはシャフタールとのアウェイ戦に臨む。 ▽ホッフェンハイム相手にダビド・シルバの終盤弾で2-1と勝利して1勝1敗としたシティは、その後のリーグ戦でリバプール相手に手堅くゴールレスドローで終え、直近のバーンリー戦を5-0と大勝した。そのバーンリー戦では約2カ月ぶりにデ・ブライネが復帰し、チーム状態は万全。今季もブラジル人を軸にスキルフルなサッカーを展開しているシャフタールを下してグループ首位奪取を目指す。 ▽途中出場デパイの活躍でシャフタール相手に2点のビハインドを跳ね返して勝ち点1をもぎ取ったリヨンは、1分け1敗スタートとなったホッフェンハイムとアウェイで対戦する。シャフタールがシティ相手に勝ち点を落とすことが予想される中、リヨンとしてはここで差を広げておきたい。 ◆グループG:泥沼レアル・マドリーが最弱プルゼニと対戦<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181021_34_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第2節ではレアル・マドリーがCSKAモスクワにまさかの敗戦を喫した一方、ローマがビクトリア・プルゼニに5-0と圧勝した。迎える第3節では公式戦5試合勝利のないレアル・マドリーがグループ最弱のプルゼニと、ローマはCSKAモスクワとそれぞれホームで対戦する。 ▽CSKAモスクワ戦後も調子の上がらないレアル・マドリーは、リーガでアラベス、レバンテと格下相手にまさかの連敗を喫した。ロペテギ監督の首がいよいよ怪しくなってきた中、ここで敗れればグループステージ突破すら危うくなるだけに勝利しなければならない一戦となる。 ▽ジェコのハットトリックの活躍で初勝利を挙げたローマは、直近のSPAL戦でまさかの敗戦を喫し、公式戦の連勝が5で止まった。V時回復していたチーム状態から再びまずい試合を見せてしまった中、レアル・マドリーから金星を挙げたCSKAモスクワから勝利を飾れるか。 ◆グループH:CR7とポグバが古巣対決<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181021_34_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第2節ではユナイテッドとバレンシアが対戦してゴールレスドローに終わり、ユベントスがグループ最弱のヤング・ボーイズに快勝して2連勝スタートとした。迎える第3節はグループ最大の注目カードであるユナイテッドvsユベントスが開催される。 ▽バレンシアにホームで引き分けて1勝1分けスタートとなったユナイテッドは、その後のリーグ戦でニューカッスルに追い込まれながらも3-2の劇的逆転勝利を飾り、直近のチェルシー戦では2-2と引き分け、モウリーニョ監督の首が何とか繋がっている。とはいえ、チーム状態は芳しいとは言えず、引き続き結果が求められる状況だ。4年間在籍し、自身のキャリアを大きく好転させるきっかけとなったユベントスとの初の古巣対決となるポグバにも注目だ。 ▽C・ロナウドを出場停止で欠く中、ディバラのハットトリックでヤング・ボーイズに3-0と快勝して2連勝スタートとしたユベントスは、その後のリーグ戦でC・ロナウドが連続ゴールを決めてウディネーゼには勝利したものの、直近のジェノア戦を引き分けて開幕以降からの公式戦連勝が10で止まった。ビッグマッチを前に水を差された中、グループ最大のライバルであるユナイテッドとのアウェイ戦で勝ち点を奪えれば首位通過が見えてくる状況だ。こちらは6年間在籍し、レアル・マドリー在籍時の2013年3月以来のオールド・トラフォード凱旋となるC・ロナウドに注目だ。 ▽ユナイテッドから勝ち点1をもぎ取ったバレンシアは、グループ最弱のヤング・ボーイズとアウェイで対戦する。ユナイテッド戦後、バルセロナに引き分けたバレンシアは、直近のレガネス戦も引き分け、引き続き勝利から見放されている状況だ。ここで勝利を逃すと突破が厳しくなるだけに必勝を期したい。 2018.10.23 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベ指揮官アッレグリ、マンチェスター・Uを警戒「ポグバ以外にも強い選手が多い」

ユベントスの指揮官マッシミリアーノ・アッレグリが22日、チャンピオンズリーグのグループH第3節マンチェスター・ユナイテッド戦の前日記者会見に出席し、意気込みを語った。<br><br>週末のジェノア(1-1)戦で引き分け、公式戦の連勝が10でストップしたユベントスだが、23日にはジョゼ・モウリーニョ率いるマンチェスター・Uとのアウェイでの一戦に挑む。マンチェスター・Uは現在、プレミアリーグで苦戦しているとは言え、難敵であることには変わりない。<br><br>「今月は重要だ。良いスタートは切れなかったが、勝利すればグループ突破が視野に入る。マンチェスター・Uは非常にフィジカルが強いチームだ。我々は技術的に良いプレーを見せられなければ、苦しめられることになる」<br><br>「(ポール)ポグバの他にも強い選手がたくさんいる。(アントニー)マルシャルなど将来を担う有望な若手選手が多い。ユナイテッドには技術、スピード、フィジカルがあり、モウリーニョは経験豊かな指揮官だ。あらゆる面において良い試合をする必要がある。ピッチでは100分間、試合に集中しなければならない」<br><br>■マンジュキッチ欠場による影響は?前節のヤングボーイズ戦で出場停止だったFWクリスティアーノ・ロナウドが復帰する一方、FWマリオ・マンジュキッチはケガにより欠場することになる。<br><br>「いずれにせよマリオは出場しない予定だった。彼とは別の特徴を持った選手の起用を想定していた。前線が2人になるか3人になるかは分からない。いつもはマンジュキッチ、(パウロ)ディバラ、ロナウドを前線で起用し、後方の守備陣は4バックだった。おそらく明日も同じようになる。(フアン)クアドラードはウィングバックで良いパフォーマンスを見せるが、この場合、3バックにしなければならない。(アンドレア)バルザーリがサイドバックに? 3バックならありえるが、4バックではない。(フェデリコ)ベルナルデスキ? 彼も当然、他の選手と同様に成長していかなければならない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.23 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

対決直前! DFボヌッチ、ユナイテッドを振っていたと明かす

▽ユベントスに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、過去の自身へのオファーについて明かした。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽ユベントスは23日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第3節で敵地オールド・トラッフォードに乗り込んでマンチェスター・ユナイテッドと対戦。同グループの頂上決戦とみられるビッグマッチだ。 ▽この試合に関しては、かつてユナイテッドで特別な時を過ごしたユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドに注目が集まっている。しかし、ボヌッチもユナイテッドとは少なからず因縁があるようだ。 「(今夏の自身の移籍先として)基本的に、マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドにいくらかの可能性があった」 「マンチェスター・シティに関しては、(2016年に)オファーを受けた時には実際に話もしたんだ。そして、ユベントスとも話をした。そして、クラブに残ってユベントスと共に勝ち続けることに決めたよ。それが僕にとって良いことだった」 「そして今年、復帰の可能性があると言われた瞬間に、他のオファーについて聞くのを全て止めたんだ。そしてここに戻ってくることに決めたよ」 ▽そして、「ユナイテッドからも昨シーズンの終わりにオファーがあったか」と問われたボヌッチは「イエス」と短く返答。ビッグマッチを前に、対戦相手を振っていたことを明かした。 ▽ユベントス不動のセンターバックとして輝いていたボヌッチは、昨シーズンに突如としてミランに移籍。しかし、わずか1年で移籍志願が明らかとなり、今シーズンからユベントスに復帰した。 2018.10.23 11:35 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース