PK判定のオリヴァー夫妻、脅迫受け精神病に…英国警察が調査開始2018.04.17 15:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州サッカー連盟(UEFA)が、マイケル・オリヴァー主審とその妻に対するハラスメントを非難している。スペイン『マルカ』が伝えた。▽オリヴァー主審は、11日に行われたCL準々決勝2ndレグのレアル・マドリーvsユベントスで主審を務め、試合終了間際にマドリーFWルーカス・バスケスがユベントスDFメディ・ベナティアに後ろから倒されたとしてPKと判定。これに激昂して詰め寄ったユベントスの守護神、ジャンルイジ・ブッフォンにもレッドカードを提示した。

▽これにより、ユベントスはベスト8で敗退。ユベントスの選手やイタリアメディアがこの判定を大きく非難し、ファンもオリヴァー主審やその妻であるルーシーさん対してバッシングを繰り返す事態に。イギリス『BBC』によると、ルーシーさんの携帯番号がSNS上に投稿され、夫妻の自宅に押し掛けて脅迫行為をはたらく者も出ているという。

▽心無い嫌がらせに襲われている夫妻は精神病を患う状態にまで困窮しており、イギリス警察が調査を開始。また、UEFAは以下のようにバッシングをはたらいている人々を非難した。

「我々は彼らをサポートするために連絡を取っている。権威のある当局が、ソーシャルネットワーク上で不適切な行動をはたらいた人々に処分を下すと完全に確信している」

「我々は、彼らの行動を強く非難する」
コメント
関連ニュース
thumb

デ・ヘアとクルトワの大型トレードはなしか

レアル・マドリーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)とマンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)のトレードが行われる可能性はなくなったようだ。イギリス『メトロ』がイギリス『サン』の情報をもとに伝えている。 以前からマドリーが関心を寄せているデ・ヘア。同選手自身もマドリー移籍のためにユナイテッドからの契約延長の打診を断り続けているのではないかと推測されており、果てはデ・ヘアとクルトワのトレードが今夏に成立するという報道まで出ていた。 しかし、今回伝えられるところによると、クルトワはマドリー残留を希望しており、退団するとしてもパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍しか考えていないようだ。 11日にジダン監督の復帰が発表されたマドリーでは、初陣となった16日のリーガエスパニョーラ第28節のセルタ戦は、クルトワではなくGKケイロル・ナバスがゴールマウスを守った。だが、ジダン監督によると、それがナバスが正GKであることを意味するものではないという。 だが、クルトワがナバスとの守護神争いに敗れることになれば、移籍の可能性は一気に高まることになるだろう。 2019.03.20 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、トニ・クロースに100億円超のメガオファー用意か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロース(29)に巨額オファーを用意しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』がスペイン『OK Diario』の情報をもとに伝えている。 今夏の移籍市場もPSGを中心に回るかもしれない。悲願のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を目指す同クラブは、マドリーでの大会3連覇を含め、4度の優勝経験を持つクロースの獲得に動いているという。伝えられるところでは、PSGがクロース獲得に用意している移籍金は8000万ユーロ(約101億円)。2014年にバイエルンから加入した際の移籍金がわずか2500万ユーロだった。 PSGはさらに、クロースには現在マドリーから受け取っている1.5倍の年俸も用意しているようで、クラブにも選手にも首を縦に振らざるを得ない甘いオファーを打診している模様だ。 しかし、ここに歯止めをかけそうなのがジネディーヌ・ジダン監督だ。先日マドリーに復帰したジダン監督は、第一次政権時にはクロースを重宝しており、CL3連覇に欠かせない選手だった。 PSGとしては、まずはフランス人指揮官を説得するところから始めなくてはならない。 2019.03.20 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

生きる喜びが帰ってきた…K・ナバスがジダン復帰後の現在の心境を告白

レアル・マドリーに所属するコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが、ジネディーヌ・ジダン氏が指揮官に戻ってきたことで自身の心境の変化があったことを認めている。フランス『フランス・フットボール』が伝えた。 2014年の加入以降、ラ・リーガやチャンピオンズリーグ(CL)3連覇など、クラブに多大な貢献をしてきたK・ナバスだが、昨年6月に就任したフレン・ロペテギ氏や、同10月から指揮を執っていたサンティアゴ・ソラーリ前監督の下では、新加入GKティボー・クルトワの後塵を拝し、公式戦14試合しか出番は与えれていなかった。 ところが、今月11日にソラーリ前監督が成績不振により解任され、同時にジダン氏が就任したマドリーでは、早速16日のリーグ戦で先発出場。リーグ戦では9試合ぶり4試合目の出場だった。 K・ナバスは今季はここまで苦しい状況だったことを告白。契約は2020年までとなっているが、同じような状況をもう1年過ごすことは考えれなかったようだ。スペイン『Cadena COPE』のインタビューで現在の心境を明かした。 「練習で何をしても、彼(ソラーリ前監督)の下でプレーする機会はないものと思っていた。だが、僕はプロだ。それは僕に与えられた特権で、物事が正しくあるよう努めてきた」 「CLのグループステージでは、彼(ソラーリ前監督)はほとんどの選手に出場の機会を与えていたのに、僕にはそれがなかった。受け入れ難いことだったね。それでもその状況に立ち向かったよ」 「(契約については)僕がここにいる限り続けていく。だけど、同じような1年はもう過ごしたくなかった」 「生きる喜びが帰ってきたよ」 2019.03.20 14:18 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、マドリーからのアザール獲得オファーを拒否!

チェルシーが、所属するベルギー代表MFエデン・アザール(28)に対するレアル・マドリーからのオファーを拒否したようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 2012年にリールから加わって以来、チェルシーで眩く輝き続けているアザール。今シーズンも、ここまでの公式戦39試合で16ゴール11アシストと、チームを牽引している。 とはいえ、そんなアザールとチェルシーの現行契約も来シーズン終了まで。チェルシーからの契約延長オファーを固辞している上、同選手は以前からマドリーへの憧れを隠しておらず。さらに、マドリー指揮官にはアザールにとってのアイドルであるジネディーヌ・ジダン監督が復任し、今夏移籍の可能性が高まっている。 そして、今回の報道によると、マドリーはアザール獲得に向けて最初のオファーを提示したが、チェルシーが拒否。先日伝えられた通り、チェルシーは1億ユーロ(約126億円)付近での売却を狙っており、来年夏にフリーでスターを失うリスクを背負いつつ交渉を進めているようだ。 2019.03.19 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ベッカム、新型ベントレーで“ながらスマホ”…容疑認める

デイヴィッド・ベッカム氏が、運転中の携帯電話での通話を認めたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ベッカム氏は昨年11月21日に2018年新型ベントレーを運転している最中に、携帯電話を使用している姿を目撃されており、起訴されていた。『スカイ・スポーツ』によると、ベッカム氏は罪を認めており、ロンドン警視庁本部は、「ベッカム氏は容疑を認め、ブロムリー治安判事裁判所により有罪の申し立てが受理されました」と発表している。 なお、今回の一件については3月19日にも裁判所で審理される予定だが、ベッカム氏当人の出席は見込まれておらず、報道関係者などの立ち入りも認められないとのこと。今回の場合は免許点数の減点や罰金などが科されることとなりそうだ。 また、ベッカム氏の広報担当者は、『スカイ・スポーツ』の取材の申し込みに対してすぐには返答せず。ベッカム氏当人のコメントに関しても、差し控えられている。 2019.03.19 15:05 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース