デ・ブライネ、ペップに契約延長を促す2018.04.17 14:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネは、ジョゼップ・グアルディオラ監督(47)との時間をさらに積み重ねることを願っているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。

▽グアルディオラ監督は、2016年夏にシティの指揮官に就任した。初年度はプレミアリーグで3位に終わりチャンピオンズリーグ出場権を獲得するに留まったが、2年目となった今シーズンは序盤から他のクラブを圧倒。リーグ新記録の15連勝を達成し、15日にはシティに4シーズンぶり5度目のプレミア優勝をもたらした。

▽かつて率いたバルセロナ時代にはシャビ・エルナンデス(現アル・サッド)、バイエルン時代にはフィリップ・ラーム氏らを重用して才能を十分に引き出したグアルディオラ監督。『テレグラフ』によると、シティではデ・ブライネが『新境地』に引き上げられたと感じており、指揮官の契約延長を促しているようだ。

▽先日のイギリス『ミラー』の報道によると、シティは既に現行契約が2019年6月までとなっているグアルディオラ監督と契約延長に向けた話し合いを進めており、シーズン終了前の契約延長交渉完了を目指している模様。延長期間は2020年6月までの1年間で、年俸は1500万ポンド(約22億円)になる見込みであることも伝えられている。

▽また、デ・ブライネは「昨年や、ここ2年間で若い同年代の選手が加入したのは偶然ではない。僕らはグループとして一緒に築くことを目指すよ」と語り、今の体制でさらに向上していく自信があることを示した。

▽デ・ブライネは、グアルディオラ監督の下でチームのキーマンとして扱われており、今シーズンはここまで公式戦48試合11ゴール20アシストを記録。リーグ最高の選手の1人であることに疑いの余地を抱かせないまでに成長を遂げている。

コメント

関連ニュース

thumb

シティのU-20オランダ代表MFコンゴロがヘーレンフェーンに完全移籍

▽ヘーレンフェーンは18日、マンチェスター・シティのU-20オランダ代表MFロドニー・コンゴロ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなっている。 ▽2014年にフェイエノールトからシティに移籍したコンゴロは、ハダースフィールドでプレーするオランダ代表DFテレンス・コンゴロを兄に持つセントラルMF。U-15からU-20までオランダ代表に選出されてきた経歴を持つ。シティではトップチーム出場歴がない中、2017-18シーズンはドンカスター・ローバーズにレンタル移籍し、リーグ1(イングランド3部相当)で35試合に出場し3アシストを記録していた。 2018.07.18 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、高額過ぎてコバチッチ断念か

▽マンチェスター・シティの中盤補強が難航している。 ▽シティは今夏、ナポリからイタリア代表MFジョルジーニョの獲得を狙ったが、最終的にチェルシーが制す格好に。そこで、出場機会を求めた移籍希望を口にしたレアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)を新たにリストアップした模様だ。 ▽伝えられるところによれば、そのシティはさっそくレアル・マドリーに接触。だが、レアル・マドリーから移籍金として8000万ポンド(約118億4000万円)を要求され、それの支払いに難色を示したという。 ▽また、シティはサウサンプトンに所属するガボン代表MFマリオ・レミナ(24)の獲得にも興味を示している様子。しかし、獲得に動くかどうか不透明な状況とみられる。 2018.07.18 11:35 Wed
twitterfacebook
thumb

GKジョー・ハート、シティのプレシーズンツアーにメンバー入り

▽マンチェスター・シティの元イングランド代表GKジョー・ハート(31)が、クラブのプレシーズンツアーに帯同することが分かった。 ▽シティは17日、アメリカへのプレシーズンツアーに向けたメンバー28名を発表した。メンバーにはロシア・ワールドカップに出場した選手らはほとんど含まれておらず、若手を中心にDFバンジャマン・メンディやDFアイメリク・ラポルテ、MFレロイ・ザネに今夏新加入のMFリヤド・マフレズらがメンバー入りを果たした。 ▽そんな中、イギリス『スカイ・スポーツ』は、GKジョー・ハートに注目。2006年夏に加入した同選手はこれまで公式戦348試合に出場しているが、近年ではGKクラウディオ・ブラーボやGKエデルソンの加入により居場所を追われてトリノやウェストハムにレンタルしていた。 ▽シティとの契約が2019年6月30日まで残っているため、今回のメンバー入りは当然のものなのだが、指揮官ジョゼップ・グアルディオラはエデルソンに全幅の信頼を寄せ、セカンドGKもブラーボと、ハートが出場する余地はほとんどないように思える。全くチャンスがないわけではないが、このまま飼い殺しされるぐらいならば移籍した方が同選手のためではあるが…。 2018.07.17 22:29 Tue
twitterfacebook
thumb

ジョルジーニョ逃したシティ、コバチッチを注視

▽マンチェスター・シティが、レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)獲得を検討しているようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 ▽ナポリに所属するイタリア代表MFジョルジーニョの獲得を目指してきたシティ。6月上旬には、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が「我々はシティのリーダーたちと良い関係を築けている」とコメントしたことで、契約間近とみられていた。 ▽しかし現在では、ナポリ前指揮官のマウリツィオ・サッリ監督がチェルシー行きが確定的と見られており、教え子のジョルジーニョも同クラブへの移籍が濃厚と伝えられている。一転して振られた形となったシティは、ジョルジーニョ以外の候補者の検討を迫られている。 ▽そういった中で挙がっているのが、コバチッチだ。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が昨シーズンを通してコバチッチを追跡しており、高い評価を下しているという。また、コバチッチ本人も6月下旬にマドリーからの移籍希望を表明していた。 ▽マドリーとコバチッチの契約は2021年まで残っており、契約解除金は3億ユーロ(約394億円)。そのため、マドリーが法外の移籍金を要求する可能性も否定できない。しかし、もしコバチッチに移籍許可が下りれば、競合しているとされるチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドよりも、シティが有力だろうと記事は伝えている。 2018.07.14 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

マフレズ、マンCでの激しいポジション争いにも自信アリ…ペップの指導にもワクワク

マンチェスター・シティに加入したアルジェリア代表MFリヤド・マフレズは、苛烈なポジション争いを覚悟しつつ、重要な役割を担うと誓っている。<br><br>先日、マフレズはレスターから6000万ポンド(約89億円)でシティ移籍が決まった。古巣レスターへの感謝の言葉を残し、ステップアップを喜んだが、シティにはサイドに多くのタレントが在籍しており、激しいポジションが予想される。それでも、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下でさらなるブレイクを果たせると信じているという。<br><br>「(どのようにフィットするかという疑問があるが?)全くそんなことは考えていないね。もちろん彼らは素晴らしいことを成し遂げた。信じられないプレミアリーグ記録も打ち立てたが、その問題については考えないよ。自分に自信があるし、このチームをもっと良くしたいと思う」<br><br>また、ペップの下でチームできることにはワクワクしているようだ。<br><br>「ペップは多くのことを勝ち取り、このクラブの歴史を作ってきた最高の指揮官だ。彼とともに働きたかったし、このクラブでプレーしたかった。何もためらわなかったよ。彼が僕を欲しがってくれたんだからね」<br><br>提供:goal.com 2018.07.13 11:30 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース